旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

オールナイト営業

湯〜とぴあ宝(名古屋市南区前浜通)

湯〜とぴあ宝(名古屋市南区前浜通)大型店舗の強豪ひしめく名古屋市にあって、駅徒歩圏が魅力の湯〜とぴあ宝。ラッコかオットセイかアシカなのか、巨大な屋上看板が目印。「名古屋最大級スパリゾート」を謳っており、健康ランドのようなゆったり感。ゆえにファミリーや年配層に人気がありそう。一般料金には館内着やタオルが付くが、サービスタイムを狙えばリーズナブルに楽しめる。

湯〜とぴあ宝(名古屋市南区前浜通)下足箱の鍵と引き換えにロッカーキーを受け取り、長い廊下の先にようやく脱衣所。「樹木の湯」「輝石の湯」と名付けられた浴室は月替わりだが、過去3度訪ねて偶然にも毎回同じ。樹木の湯は2つ並んだ総檜風呂が自慢だ。そして、脱衣所のモニターでも宣伝していた森下仁丹の薬仁湯を一押しとしており、湯船には薬仁湯の袋詰めが浮かんでいる。ほかに入浴剤の替わり湯もあるが、こちらは隅に追いやられてかわいそう。

湯〜とぴあ宝(名古屋市南区前浜通)サウナは4室が並んでいる。オートロウリュ付きの高温ロッキーサウナ、壁3面が備長炭の低温サウナ、霧の漂うミスト塩サウナ、クールダウン用の冷凍サウナというラインナップ。数だけで言えば、名古屋市内でいちばん充実しているのではなかろうか。水風呂と白湯は隣り合わせにあるが、どちらも水風呂で強弱を付けたらサウナ好きは大喜びするはず。

湯〜とぴあ宝(名古屋市南区前浜通)

「名古屋最大級 14種類の露天風呂」という通り、露天にもたくさんの湯船。油断できないのは寝転び電気風呂。背中に電極板があるので寝かせてくれないし、起き上がるのもひと苦労。ほかには炭酸泉、檜たらい湯、壺湯、足湯など。全体的にちょっと熱めなのは、客層を考慮しているのだろうか。

湯〜とぴあ宝(名古屋市南区前浜通)2階には休憩室やボディケアなど。リクライニングシートがずらりと並ぶ休憩室は、真正面に愛知各局のテレビが並んでおり、ヘッドレストのスピーカーは手元のダイヤルで変える。リクライニングシートにはプライベート感覚の有料豪華版もあって、予約もできるので、宿泊を検討している人にはおすすめ。まんが図書館、キッズスペース、ゲームコーナーなど娯楽も充実し、ほかに本格フィットネスジムなども。演歌歌手やアイドルの歌謡ショーも定期的に開催され、こちらも人気のようだ。

湯〜とぴあ宝(名古屋市南区前浜通)

湯〜とぴあ宝
住所/名古屋市南区前浜通1-9 [地図]
電話/052-611-1126
交通/JR東海道本線笠寺駅より徒歩7分
     金山駅より無料送迎バスあり
     国道23号線「北頭」交差点より約500m
     ※無料駐車場500台分あり
料金/大人平日1,800円・休日2,000円、小人600円、幼児無料
     夕方17時以降:大人平日900円・休日1,000円、小人500円、幼児無料
     ※深夜割増料金1,980円(金土祝前日は+200円) ※深夜2:00以降
     朝風呂タイム(5:00〜11:00):大人平日730円・休日830円、小人500円
     平日限定お昼寝タイム(11:00〜16:00):大人800円、小人500円
時間/24時間、年中無休

富嶽温泉 花の湯(静岡県富士宮市ひばりが丘)

富嶽温泉 花の湯(静岡県富士宮市ひばりが丘)富士宮の地名が指すところのお宮さんは、もちろん富士山本宮浅間大社。日本各地に約1,300ある浅間神社の総本社だ。浅間大社は木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)を祀っており、花が咲く=繁栄を象徴することに因んで、花の湯は名付けられた。もちろん富嶽とは富士山。国道139号線の登山口入口交差点そばにある。

富嶽温泉 花の湯(静岡県富士宮市ひばりが丘)時之栖グループで、ホテルを併設した大型施設。雰囲気は健康ランドの業態に近い。フロントまでの通路は、そこでも何か催し物ができそうなくらい広々とし、ところどころにある装飾は大きく華やかだ。健康増進フロアと称して卓球台やビリヤード台があったりと、とにかく贅沢な広さ。もちろん脱衣所や浴室も広々としているのに、入館プランには60分の立ち寄り券もあって、よほど通い詰めた常連でないと無理ではないかと。

富嶽温泉 花の湯(静岡県富士宮市ひばりが丘)浴室に入るとまずは死海風呂。海水の10倍濃度で身体が勝手に浮くが、髭剃りのあとはつらい。ほかに広すぎる炭酸泉と温泉バイブラ湯、スチームサウナとドライサウナ、水風呂。ドライサウナは年季の入ったサウナ店をほうふつとさせる。浴室が広すぎるがゆえ、水風呂からの外気浴など遠すぎて面倒になる。しかし今回の目当ては、露天の一角にあるサウナ小屋。その名も「窯じいのフィンランドサウナ」。

富嶽温泉 花の湯(出ていた。宮市ひばりが丘)公式サイトやツイッターなどでは告知されていないが、いろいろ調べてみると金土日祝のみ利用可。しかし、館内ポスターで昼から夕方までと知り、もうとっくに日も暮れたし途方に暮れていたところ、窯じいさんはまだ薪をくべていた。聞くと「今日は19時半くらいまでかなぁ」と、アバウトだ。

小屋が簡素だからこそ、石をゴロゴロ積んだストーブが厳つい。薪サウナは熱さにとげがなく、窯じいさんがロウリュをすると、湿度とともに体感温度が一気に高まる。ひとり用の小さな水風呂だが、小屋のすぐ隣にあって、その隣にある椅子で外気浴。すべてが数歩以内で完結するのが良い。

富嶽温泉 花の湯(静岡県富士宮市ひばりが丘)広々として開放的な露天スペースには、草津の湯、替わり湯、そしてひとり用の壺湯が5〜6ほど並ぶ。壺湯にはドクダミや刻み柚子などの袋詰めが浮いており、それぞれ異なる効果と香りが楽しめる。真冬は寒すぎて、せっかくあるウッドデッキで外気浴などもってのほか。水風呂のあとは、ぬるめの壺湯が気持ち良すぎて、しばしうとうと。

富嶽温泉 花の湯(静岡県富士宮市ひばりが丘)休憩室やレストランは2階にある。階段の踊り場にはグランドピアノ、上がった先には七福神。クラシカルな応接間、無料マッサージチェア、カラオケボックス(休止中)など、統一感なく何でもあって、ひとつひとつがゴージャス。宴会場のうち数室に「〇〇家」の看板が出ていたが、コロナ禍でなければ新年会などで賑わうのだろう。大広間には無数の座卓が並び、その奥にはリクライニングシートの仮眠室。併設するホテルの客室もわりとリーズナブルなので、利用シーンによって使い分けるとよいのかも。

富嶽温泉 花の湯(静岡県富士宮市ひばりが丘)

富嶽温泉 花の湯
源泉/富嶽温泉(単純温泉)
住所/静岡県富士宮市ひばりが丘805 [地図]
電話/0544-28-1126
交通/国道139号線「登山道入口」交差点そば
     ※無料駐車場500台分あり
料金/1日券(平日)大人1,540円、小人715円
     1日券(休日)大人2,090円、小人935円
     立ち寄り券60分(平日)大人814円、小人407円
     立ち寄り券60分(休日)大人1,034円、小人517円
     夜間券(平日)大人1,320円、小人605円
     夜間券(休日)大人1,540円、小人825円
     オーバーナイト追加料金:大人2,000円、小人1,000円
時間/10:00〜翌9:00

SOLA SPA 新宿の湯(東京都新宿区歌舞伎町) ※2021/9/25プレオープン

SOLA SPA 新宿の湯(東京都新宿区歌舞伎町)歌舞伎町のど真ん中にあった「メンズサウナこり・こり」が閉店したのは昨年11月。テルマー湯とAKスパは別格として、新宿の大衆店といえば新宿区役所前カプセルの独壇場。そこにきて突如舞い込んできたのがこりこりの復活。新しい運営会社となり、SOLA SPAという店名で9/25にプレオープン(10/15グランドオープン)。スパソラニ牧の原モア温泉につづく4号店で、ある程度は予想していたがまずはオープンしてから、という戦略なのだろうか。

SOLA SPA 新宿の湯(東京都新宿区歌舞伎町)ピンクの看板を目印に、階段を地下へと降りていく。フロントはこりこり時代よりも広々と感じるし、土曜日の夜なのにまだまだ客足が鈍いのは想像できた。タオルと館内着は別料金で、館内着でないと休憩スペースは利用できないのかと訊くと、正直それはグレーゾーンだと。レストラン営業は消防署の届け出が済んでいないらしく、提供できるのは3品のみ(おそらく火気を伴わない品)。22時頃までは注文できると曖昧な返答。

SOLA SPA 新宿の湯(東京都新宿区歌舞伎町)もともと休憩室だったスペースはがらーんとしており、こりこりって実は広かったんだなぁと。運営会社にとっての本業であるボディケアをここに置きたいようだ。もともとVIPルームだったスペースを休憩室として開放しており、半分がリクライニングシート、もう半分は畳敷き。自販機はジュースとアイスが1台ずつで、しかも現金のみ。そもそもマジックテープ仕様のロッカーキー自体が久しぶり。

SOLA SPA 新宿の湯(東京都新宿区歌舞伎町)そして、地下2階にまずはレストラン。バーカウンターがあるからそうなのだろう。どう見ても営業している雰囲気ではないが、なぜかここだけディスコティック。気合いを入れるポイントがおかしい。そして気づいたが、もともとが男性専用施設だったところを、女性客も利用できるようになった。とはいえ限られたスペースの転用により、女性はパウダールーム、ロッカールーム、浴室を別々に設けており、おそらく女性浴室はさほど広くないのでは。男性客でさえまだ少ないのに、女性客にいたっては皆無。

SOLA SPA 新宿の湯(東京都新宿区歌舞伎町)男性はロッカールームと浴室が隣り合わせで、浴室入口にも収納棚あり。湯船の配置はもちろん、浴室内の動線はこりこり時代と変わらず。右回りにコの字の突き当たりにサウナがあって、現在利用できるのは高温サウナのみ。既存のガスの遠赤外線ヒーターに加え、小型の電気ヒーターを新たに設置。天井から電気を引っ張ってくるとか、ベンチにヒーター直置きとか驚くし、セルフロウリュで水をかけてもジューとも言わない。テレビも12分計も普通の時計も動かず、ただの置物と化していた。

SOLA SPA 新宿の湯(東京都新宿区歌舞伎町)サウナと水風呂の間には、椅子がずらりと10脚以上。置けば良いという話ではなく、むしろ置きすぎ。水風呂の広さはともかく、新宿で一番冷たいと言えるだろう。2つ並んだ湯船を冷水・冷やし湯にするのは無理だったのか。横須賀トーホーのように出入口を2か所とし、回遊型とするアイデアはなかったのだろうか。いろいろと考えさせられるが、まだオープンしたばかり。これから徐々に良くなっていくと考えれば楽しみでしかない。そして、運営会社は今後静岡と大阪2店舗を予定し、1年後には10店舗を見込んでいるという。牧の原も歌舞伎町も見切り発車は否めないが、勢いがあることだけは確かだ。

SOLA SPA 新宿の湯(東京都新宿区歌舞伎町)

SOLA SPA 新宿の湯
住所/東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 [地図]
電話/03-6205-9925
交通/新宿駅東口より徒歩5分
     西武新宿駅より徒歩2分
料金/1時間1,000円、3時間1,500円、6時間2,000円、12時間2,500円
時間/24時間

※サウナの写真はプレスリリースより転載


カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ
コメント