旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

世田谷区

SAUNALAND UNDER NORTH HEAVEN -サウナランド下北沢-(東京都世田谷区北沢) ※期間終了

SAUNALAND UNDER NORTH HEAVEN(サウナランド下北沢)小田急線が地下に潜ってからというもの、駅前の様子が一変してしまった下北沢。線路跡はいまだ整備が進められており、「下北線路街空き地」ではテントサウナのイベントが行われていた。昨年初頭も同様のイベントが行われていたが、今回の「サウナランド アンダーノースヘブン(サウナランド下北沢)」は、会期が1/21〜3/21までちょうど2か月間開催。

SAUNALAND UNDER NORTH HEAVEN(サウナランド下北沢)事前予約が原則だが、平日の昼間に直接訪ねてみたら「すぐ入れますよ」と。テントサウナイベントだけあって、受付は簡素な仮設テント。会場は仮設シートで覆われ、脱衣所は仮設プレハブ。水着に着替えてプレハブを出ると、目の前には大小のテントサウナ4張りと、仮設プール、椅子がいくつか並んでいた。すべて仮設とはいえ、これも保健所の許可を得た公衆浴場。水着とはいえ男女別浴。

SAUNALAND UNDER NORTH HEAVEN(サウナランド下北沢)案内のお姉さんに説明をいただき、端から順番に入ってみる。まずは、アロマオイル4種類から好みでセルフロウリュできるというテント。つぎは、クラフト温泉「ルフロ」を使用したテント。そして、スチームジェネレーターを備えたテント。熱めに仕上げており、ラドル2杯程度のロウリュでさらに熱く、スチームジェネレーターは熱すぎて2〜3分で脱出。真冬ならまだしも、といった激熱体験は、施設では決して味わえない。

SAUNALAND UNDER NORTH HEAVEN(サウナランド下北沢)最後に大型のテントへ。薪ストーブ3基を備え、熱波師によるアウフグースイベントでは立ち見含め最大で20〜30名を収容したという。会場は仮設シートで覆われているものの、下北沢という土地柄、周りの雑居ビルの上階を眺めるし、その中にはパチンコミナミの屋上看板も。そして、シートを隔てて外からは、子供たちのきゃっきゃした声が聞こえてくる。

SAUNALAND UNDER NORTH HEAVEN(サウナランド下北沢)サウナと水風呂を繰り返しているうちに、やっぱり春先とはいえ、寒くて身体がおかしくなってきそう。温かいシャワーを浴びておしまい。このようなイベントが都会の一画で行われているなんて、よくよく考えれば不思議なこと。サウナが身近に感じられ、河原やキャンプ場に行かずともテントサウナが楽しめる。なかなか貴重な体験だった。

SAUNALAND UNDER NORTH HEAVEN(サウナランド下北沢)


SAUNALAND UNDER NORTH HEAVEN(サウナランド下北沢)
期間/2023/1/21〜3/21
住所/東京都世田谷区北沢2-33-12付近 下北線路街 [地図]
電話/ー
交通/小田急線・京王井の頭線 下北沢駅東口より徒歩4分
料金/平日90分:男性2,800円・女性2,000円
     休日90分:男性3,700円、女性3,000円
時間/10:00〜22:00

駒の湯(東京都世田谷区三軒茶屋)

駒の湯(東京都世田谷区三軒茶屋)東京に銭湯は数あれど、サウナーの支持率の高さで言えば三軒茶屋の「駒の湯」だろう。冷たい水風呂として広まったのは2014年発行のムック本「saunner」がきっかけではなかろうか。最新デザイナーズ銭湯やレトロ銭湯に目が行きがちなのに、なんてことはない銭湯(失礼!)が日の目を見る時代。サウナーのフットワークの軽さと情報発信力の賜物だろう。

三軒茶屋駅より歩いて5分ほど。レンガ調の外壁のビル銭湯で、コインランドリーを併設。フロントでサウナ込みの料金(750円)を支払うと、タオルセットの入ったビニールバッグを渡される。赤いバンドがサウナ利用客の証しなのだろうが、誰も手首に巻くことなく、バッグごとフックに引っかけておくのが流儀。

シャンプーやボディーソープは浴室内に備え付けがあるので、サウナ客は手ぶらでOK。手前に洗い場があって、奥には大きな湯船が1つ。ジャグジーと電気風呂の設備あり。タイル壁だが富士山などを描いた数枚のペンキ絵を貼っている。

サウナは奥がコの字2段にベンチを設け、10人も座ったら目一杯な狭さ。最初のうちは遠慮して入口側に座ったから、扉が開くたび寒い。サウナー諸氏のおすすめだし、もっとカーッと熱いのかと思いきや、温度計を見れば80℃でちょっと拍子抜け。いきなりガターンガターンとけたたましい音が響き渡り、さすがに常連も驚いていたが、ヒーターの稼働音だろうか。ボナサームだから身体をやさしく包み込む。

銭湯のわりに水風呂はゆったりとした大きさ。温度計の15℃という数字だけ見れば若干の覚悟もいるが、しっかりと温まっているせいか、身体のほてりをじっくり冷ましていく感じ。休憩する場所がないから立て続けにもう1セット。

三軒茶屋駅銭湯図解の塩谷歩波さんが薦める、人生に疲れたときの銭湯。「サウナで演歌を聴き、そして泣く」はずが、常連さん達から聞こえてくる会話に笑ってしまう。サウナと水風呂のパワーを感じたのは、むしろ店を出て外のベンチで一服しているときだ。冷え切った夜なのに、身体の芯からぽかぽか温かい。手足の先からも。少しばかり活力もみなぎった気がする。

駒の湯(せたがや銭湯ガイド)

駒の湯
住所/東京都世田谷区三軒茶屋2-17-13 [地図]
電話/03-3421-4513
交通/東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋」駅より徒歩5分
料金/大人460円、中人180円、小人80円、サウナは別途290円
時間/15:30〜24:00、毎週月曜日と第1・3火曜日定休

栗の湯(東京都世田谷区新町)

栗の湯(東京都世田谷区新町)銭湯で不定休とはさほど珍しくもないし、早仕舞いも地方都市では稀にある。しかし、世田谷区の栗の湯は週3日ほどの定休日にあまり規則性がなく、しかも営業終了が20時までと早いのにかかわらず、その40分前にはシャッターを下ろしてしまうという潔さ。よほど客が少なく、営業熱心でないのかと思えばそうでもなさそう。

栗の湯(東京都世田谷区新町)サザエさんの街として知られる桜新町の、首都高3号線・国道246号線を渡って南側。昔ながらの佇まいで、大きな煙突がそびえる。当月の休業日は玄関先に貼り出されたカレンダーで確認されたし。

フロントで料金を支払い、脱衣所へ。ロッカーの鍵が紛失した箇所も多いが、持ち帰り防止の貼り紙には「補充はしません」「結局使用できるロッカーが少なくなります」。どの銭湯でも抱えている問題だと思うが、開き直る姿勢は見事だ。

栗の湯(東京都世田谷区新町)浴室は壁側と島列の洗い場があって、奥には湯船が3つ並ぶ。円型の「回転風呂」は現在停止中。その隣はガリウム石温浴泉で、お湯が流れ出るところには青いランプ、2つあるジャグジーに赤いランプを設置。そして温泉の湯船。お湯は薄褐色で、メタケイ酸によって温泉法に該当。

浴場組合のホームページや「湯めぐりマップ」では16時の開店だが、実際にはもっと早くから客が駆けつけるのか、看板には15:40とあり、閉店は22時のはずが20時。しかし19:20にはシャッターを下ろし、客の受け入れは終了。近所の常連ならまだしも、銭湯お遍路の一見客にはなかなかハードルの高い銭湯だ。

栗の湯
源泉/栗の湯(温泉法の温泉)
住所/東京都世田谷区新町1-36-6 [地図]
電話/03-3702-3305
交通/東急田園都市線桜新町駅より徒歩8分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
     サウナは別途150円
時間/15:40〜20:00、不定休
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ
コメント