旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

岐阜県

とき温泉KAMABA(岐阜県土岐市土岐津町)

とき温泉KAMABA(岐阜県土岐市土岐津町)名古屋市や豊田市にアクセスが良いことから、岐阜県土岐市はベッドタウンの一面を持つのだという。この10月にはイオンモールが進出し、その敷地面積は東海4県最大で、広域圏からの集客を見込んでいる。とき温泉KAMABAはイオンモールと同時オープンし、敷地内でありながらも住宅展示場の裏手にあって、車で移動したほうが良いのか悩む距離感。なにしろ敷地が広すぎるので、相乗効果はどうなのか。

とき温泉KAMABA(岐阜県土岐市土岐津町)とき温泉KAMABAは、埼玉県川越市の小江戸温泉KASHIBAの姉妹店。土岐市の陶磁器生産にちなんで「窯場」なのだろうし、銭湯の「釜場」にも通じている。KASHIBAと同様、入浴料金に岩盤浴利用も含まれており、土岐よりみち温泉にとっては強力なライバル出現だ。浴室、フロント、岩盤浴の3つの建物が渡り廊下で結ばれており、柱、梁、筋交いなどに無垢材を使用。館内は明るく、開放的だ。

とき温泉KAMABA(岐阜県土岐市土岐津町)温泉は地下1,500mより湧出し、無色透明。浴室と露天風呂で使用している。浴室内にはほかにシルク風呂と水風呂、サウナがあって、露天には炭酸泉や壺湯、替わり湯、ジェットバスなど。サウナは座面の奥行きがあるので、足を伸ばして利用可。設定温度が低めなぶん、オートロウリュの湿度で体感温度を上げる。露天風呂は広々としており、景色は望めないが、小高い立地にあるため開放的。ちなみにイオンモールの敷地は、陶磁器用粘土を採掘していた鉱山跡だという。

とき温泉KAMABA(岐阜県土岐市土岐津町)岩盤浴エリアの手前には、おしゃれで気軽に寛げる休憩スペースのほか、テレビ付きリクライニングシートもずらり。4室ある岩盤浴は、設定温度や使用している鉱石が異なり、当地にちなんで志野、織部、瀬戸黒、黄瀬戸と名付けられている。休憩スペースといい、岩盤浴といい、思いのほか長居してしまうのだが、どんなに満喫しても千円札でお釣りがくるというコスパの良さ。回転率が悪くて休日はパンクしないのか気になるところだ。

とき温泉KAMABA(岐阜県土岐市土岐津町)

とき温泉KAMABA
源泉/とき温泉KAMABA(含弱放射能−ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/岐阜県土岐市土岐津町土岐口1372-1 [地図]
電話/0572-56-2615
交通/JR中央本線土岐市駅または多治見駅よりイオンモール土岐行きバス
     東海環状自動車道「土岐南多治見IC」より約4
     ※無料駐車場約3,600台分あり
料金/大人平日800円・休日900円、子供450円、幼児250円
     ※子供は4歳〜小学生、幼児は4歳未満
時間/10:00〜23:00、年4回程度メンテナンス休館あり

※露天風呂と休憩スペースの写真は公式サイトより転載

養老温泉ゆせんの里(岐阜県養老町押越)

養老温泉ゆせんの里(岐阜県養老町押越)大垣市の南に隣接する養老町。地名や古くは元号の由来にもなった養老の滝があることでも知られている。老いを養う霊泉との言い伝えは、ゆせんの里にも共通するのかもしれない。田園風景のど真ん中に突如現る洋風の建物は、田舎ならではの大きさ。本館と温熱療養館の2棟に分かれており、ホテルやグラウンドゴルフも併設している。館内はのんびりとした雰囲気で、これまた田舎ならではでほっとする。

養老温泉ゆせんの里(岐阜県養老町押越)本館にみのり乃湯、温熱療養館に紫雲の湯、汗蒸幕、岩盤浴、ラドン房があって、それぞれ別料金。それ以外にもレストランや休憩スペースなどたくさんあって、フロアマップを見てもよくわからない。何度か訪ねていればシンプルに温泉だけ、時間や目的によって組み合わせたりできるだろうけど、初めてなら「みのり乃湯」が王道かと。スーパー銭湯感覚で利用できる。というわけで本館で受付を済ませ、下足箱の鍵と引き換えにリストバンドを受け取る。

養老温泉ゆせんの里(岐阜県養老町押越)温泉は地下1,700mから湧出し、湯量は毎分500リットルと豊富だ。うっすら茶濁色とかすかな鉄さび臭が特徴で、温泉を目当てに訪ねる人も多そう。浴室内にはかけ流しの源泉の湯、加温したあつ湯。露天にも湯船が1つあって、明るいタイルの色遣いや植栽の配植からして洋風庭園を意識。

サウナはこじんまりとした空間に非力なヒーター1台で、おじいさん達とのんびりテレビを眺める。みのり乃湯は明るく気楽ではあるけれど、子づれでわいわいといった感じではなく、どちらかと言えば通好みな雰囲気だ。

IMG_1237渡り廊下で温熱療法館へ。汗蒸幕の追加登録を済ませたら、本館で専用ウェアに着替えるようにと。そしてまた温熱療法館2階へと移動し、言われるがままにバスタオルを頭から被い、薄暗く灼熱のドーム空間でじっと汗を流す。高さ9mと日本最大級を誇り、立ち上がると120℃くらいの熱さだと言う。そんなに長くは入っていられないので、ホールに出て、フリードリンクと塩分の補給をしながら、そのあと何度か。

養老温泉ゆせんの里(岐阜県養老町押越)汗蒸幕はあるごの湯湯の華アイランドでも利用したことあるが、温熱療法というだけあって真面目に向き合わなければいけない気がした。なにせ入館料よりオプション料金の方が高いのだから。

湯治という言葉はゆせんの里の場合、温泉に浸かるだけでなく、汗蒸幕、ラドン浴、岩盤浴にも当てはまる。食事や休息も含め、その日の気分や時間に合わせて有意義に過ごしたい人に向いている。熱心なファンに支えられているのだろう。

養老温泉ゆせんの里(岐阜県養老町押越)

養老温泉ゆせんの里
源泉/養老温泉2号線(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/岐阜県養老郡養老町押越1522-1 [地図]
電話/0584-34-1313
交通/東海環状自動車道養老ICより約3
料金/みのり乃湯:大人平日720円・休日820円、子供410円
     朝風呂(8:00〜10:00):大人560円、子供410円
     汗蒸幕オプション800円
     その他料金の詳細は公式サイト参照のこと
時間/本館8:00〜22:00、温熱療法館10:00〜23:00

大垣天然温泉 湯の城(岐阜県大垣市外野)

大垣天然温泉 湯の城(岐阜県大垣市外野)サウナ好きにとっての大垣サウナの人気は言うまでもないが、大垣市内にはコロナの湯、湯の城という、東海地方では実力派のチェーン店も進出している。どちらもパチンコ店を経営母体とし、安くて気軽さが売り。そして、どちらもイオンモールに併設または隣接という共通点もあって、集客力はすごそうだ。今回訪ねた湯の城大垣店は、名古屋の大曽根店やアーバンクアの姉妹店。

大垣天然温泉 湯の城(岐阜県大垣市外野)早朝6時からの営業とあって、出勤前のサラリーマンが多いのかと思いきや、やはりリタイア世代の割合が多い。朝風呂入館は無料でレンタルタオルが利用できるし、ほかにもタオルと食事が付いて1,000円という価格破壊なプランも。ほかにもパチンコ店のカード提示で割引きがあったりと、もしかしたらまともに通常料金を支払う客は少ないのかも。

大垣天然温泉 湯の城(岐阜県大垣市外野)サウナで言えば、浴室と岩盤浴の2つのロウリュウを売りにしており、浴室サウナでは「岐阜エリア初登場」「岐阜史上かつてない熱さ」を謳う。期待して訪ねたが、2台ある遠赤外線ヒーターのひとつがイズネスで、タワーサウナ最上段での熱さは刺激的。しかし、想像通りとも言える。オートロウリュウは2時間とあって、次回まで待ちきれないが、岩盤浴のオートロウリュウとは1時間ずらしている。浴室と岩盤浴の移動を考慮しても無駄がなく、実施時間のわかりやすさも客にとってのメリット。

大垣天然温泉 湯の城(岐阜県大垣市外野)大垣は水の都と言われている。湯の城の水質うんぬんは正直なところよくわからなかったが、水風呂でいったん身体を冷やしてからの源泉ぬる湯は最高だった。約30℃の源泉を加温せず、そのまま使用。ほかに、白濁して発泡する高濃度酵素風呂、ナノ炭酸泉とぬる湯のオンパレード。

露天風呂はゆとりの広さのなかに、岩風呂や壺湯など。この店舗自体が源泉を持っているのに、全国の名湯を再現した人工温泉もある。哀しいかな、どちらも無色透明で泉質の違いもよくわからず。個人的にはぬる湯好きなので、浴室内の湯船の方が際立つ個性もあって楽しめた。

大垣天然温泉 湯の城(岐阜県大垣市外野)今回は利用しなかったが、岩盤浴エリアはロウリュウサウナほか、コンセプトの異なる岩盤浴3室、さらに充実した内容の休憩スペースからなる。フリーコーヒー、リクライニングシートなどもあって平日500円(休日550円)はお得感ありすぎる。浴室と岩盤浴とで1日中満喫できるし、買い物やパチンコついでにふらっと立ち寄るのもいい。スーパー銭湯は庶民の娯楽であることを、あらためて再確認させてくれる。

大垣天然温泉 湯の城(岐阜県大垣市外野)

大垣天然温泉 湯の城
源泉/大垣温泉湯の城(ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩温泉)
住所/岐阜県大垣市外野2-16 [地図]
電話/0584-87-1126
交通/JR東海道本線大垣駅南口よりバス「イオンモール大垣」停下車
     国道258号線「築捨町5丁目」交差点より約1.1
     ※無料駐車場1,100台分あり
料金/(平日)大人750円、小人300円、3歳未満無料
     (休日)大人850円、小人350円、3歳未満無料
     岩盤浴(平日)大人500円、小学生300円 (休日)大人550円、小学生350円
時間/6:00〜24:00(祝日を除く火曜日は9:00開店、金土祝前日は25:00閉店)
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ
コメント