旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

埼玉県

極楽湯 和光店(埼玉県和光市白子)

極楽湯 和光店(埼玉県和光市白子)おふろの王様光が丘店が閉店し、極楽湯の独擅場になるかと思いきや、こんどはおふろの王様和光店が開店。チェーン店どうしの陣取り合戦は、側からみれば面白い。とはいえ、極楽湯は練馬区との都県境より約200mの距離。そもそも和光市民も埼玉県民としての意識が希薄だろうし、このあたりは都県境を越えたとて街の風景に大きな変化はない。

極楽湯 和光店(埼玉県和光市白子)和光店は2004年オープンとあって、郊外型で典型的なスーパー銭湯といった印象。駐車場は無料だし、入館料もリーズナブル。カットサロンやゲームコーナーもあるし、もちろん広々とした食事処も。フロントでは地元野菜を販売したりと、何でもありの雰囲気。原点に立ち返れば、いつでも誰とでも気軽に楽しめるのがスーパー銭湯の魅力だ。

浴室は2階にあって、洗い場はシャワーとカランが押しボタン1つずつの昔タイプ。サウナは入口で左右二手に分かれ、高温ドライサウナと中温スチームサウナの2室。一人用マットを店が用意しているのに、高温サウナでは誰も使っておらず、いきなり困惑させられる。二度目三度目では使っている人もちらほらいたから、たまたまだったのか。高温サウナはタワー型で遠赤外線ヒーター2台、室内はなかなかの年季を感じさせる。

極楽湯 和光店(埼玉県和光市白子)

温泉は地下約1,000mから湧出する黒褐色の湯。室内と露天風呂で楽しめる。いちばんの人気は檜風呂でテレビを観ながらの入浴。湯船のまわりに椅子が並び、サウナ後に外気浴する人も。岩風呂はテレビを背にしており、しずかに浸かりたい人にうってつけ。露天エリアは塀に囲まれて景色は望めないが、開放感があってよい。

ちなみに浴室内にジェットバスや電気風呂もあるが、設備投資して炭酸泉を導入したりするでもなく、温泉のみの勝負と潔い。ほぼ東京都とも言える立地なのに温泉があって、和光市駅、地下鉄成増駅、石神井公園駅、光が丘駅より無料送迎バスの運行もある。ふと思い立って、普段着のまますぐに立ち寄れるから、リピーター客も多いのではなかろうか。



極楽湯 和光店
源泉/和光温泉自然の湯(ナトリウム−塩化物泉)
住所/埼玉県和光市白子1-7-6 [地図]
電話/048-451-4126
交通/地下鉄有楽町線成増駅、東武東上線成増駅よりバス約10分
     「土支田交番前」停徒歩1分
     国道254号線「和光陸橋」交差点より笹目通りで約1.2
     ※無料駐車場200台分あり
料金/(平日)大人820円、こども380円
     (休日)大人970円、こども490円
     ※こどもは4歳〜小学生、3歳以下は無料
時間/9:00〜26:00(休日は7:00〜26:00)

おふろの王様 和光店(埼玉県和光市広沢) ※2021/12/4オープン

おふろの王様 和光店(埼玉県和光市広沢)池袋から地下鉄あるいは東上線で成増を過ぎ、埼玉県最初の駅が和光市。大都会から20分ほどで郊外都市の駅前風景。理化学研究所や本田技研、隣接する朝霞市などにまたがって自衛隊駐屯地もあって、住みよい街の印象だ。おふろの王様10年ぶりの新規オープンとなる和光店は、駅から徒歩圏でありながら、国道254号線(川越街道)沿いの好立地。和光市と民間の共同事業によって誕生した複合施設で、王様既存店よりハイクラスなおしゃれ感。受付は下足鍵のICタグを利用したセルフチェックイン方式、帰りは自動精算機という最新システムを採用。

おふろの王様 和光店(埼玉県和光市広沢)入浴以外の付帯設備として、追加料金にて利用できる「かまくらうんじ」を初めて導入。こちらは館内着での利用となり、フロントで上下を各色から選ぶ。たたんで棚に積んでいる店はあるが、ハンガーに吊るして飾るとは斬新な発想。3階建の館内は、1階にレストラン、2階にかまくらうんじとボディケア、3階に浴室がある。地下1,500mの掘削によって温泉も湧出しているが、温泉審議会許可の関係で来年1月以降の使用予定とのこと。

おふろの王様 和光店(埼玉県和光市広沢)

おふろの王様 和光店(埼玉県和光市広沢)温泉の代わりに、現在は入浴剤を使用した替わり湯。そのほかに温泉は露天あつ湯、寝ころび湯、水風呂でも使用するようだ。サウナは毎時のオートロウリュ以外は意外とカラッとして、100℃前後の熱さ。ヴィヒタが吊るしてあったりとサウナブームを意識。この近辺の温泉はなめらかな黒湯だろうけど、それが水風呂だったら最高だろうなと。そして水風呂のあとに浸かる炭酸ぬる湯の気持ちよさ。思わずうとうとしてしまう。炭酸泉は露天風呂にも。さらに露天側にはスチームサウナもあって、普通ならば中温だろうに、ここでは高温を謳い、ヒーターがけたたましく稼働している。

おふろの王様 和光店(埼玉県和光市広沢)館内着に袖を通し、かまくらうんじへ。ゲートはICタグによる自動改札。大小並ぶ「かまくら」は、白い布で覆われたセミプライベートな空間だ。モンゴルのゲル(パオ)に似ているかも。開放的なフリースペースや屋外デッキ、カフェカウンターなど、女性客のくつろぎがコンセプト。男性客がのんびり過ごすならテレビ付きのリクライニングシートにて。ほかにも一人用小空間のコワーキングスペースも。もはや温浴施設の既成イメージをはるかに超え、おしゃれで贅沢な空間へと進化している。食事処も本物志向で、豊富なメニューに頭を悩ます。せっかくなら時間をたっぷり取って、充実した一日を過ごしたい。



おふろの王様 和光店
住所/埼玉県和光市広沢1-5-55 [地図]
電話/048-20-6111
交通/東武東上線・地下鉄有楽町線・副都心線 和光市駅南口より徒歩12分
     国道254号線(川越街道)「和光市役所入口」交差点角
     ※駐車場は5時間まで無料
料金/(平日)大人950円、子供350円、幼児無料
     (休日)大人1,050円、子供450円、幼児無料
     かまくらうんじ平日500円、休日600円
     ※子供は小学生以下、幼児は3歳以下、かまくらうんじは中学生以上

新木鉱泉(埼玉県秩父市山田)

新木鉱泉(埼玉県秩父市山田)「秩父七湯」をご存じだろうか。新木、鳩の湯、芝原、千鹿谷、白久、簗場、大指を総称する鉱泉の総省らしい。同じく江戸時代に言われ始めた箱根七湯のように温泉街を形成しているわけではなく、秩父の場合は山あいに点在する一軒宿。新木鉱泉は農村集落の中に位置し、秩父札所めぐりの門前宿として江戸時代末期に創業。その歴史はもうすぐ200年。秩父札所4番金昌寺の別名、新木寺が由来だという。

新木鉱泉(埼玉県秩父市山田)浴室は離れの別棟にあって、休憩室はクラシカルな板の間。脱衣所は籠と100円有料ロッカー。扉の向こうにはこじんまりとしているけれど、モダンでクラシカルな空間。浴室内には縁に木材をしつらえた湯船、そして洗い場。小さな樽の源泉水風呂もあって、蛇口をひねって吐水させるスタイル。飲泉も可。「鉱泉に入っていただくためにサウナを用意しました」と、あくまでも主役は鉱泉。とは言いつつ、狭いサウナだが渋くていい。

新木鉱泉(埼玉県秩父市山田)露天風呂として大小2つの壺湯が並んでいる。景色を楽しむ宿ではないが、素朴な緑に癒される。日帰り入浴で貸切風呂を利用することもでき、1時間3,300円。家族で利用するならば決して高くはない。しかし、憧れは宿泊して、何もせずのんびり贅沢な時間を過ごすことだろうか。秘湯の一軒宿の雰囲気にひたれば、文豪になれそうな気もする。

新木鉱泉(埼玉県秩父市山田)


新木鉱泉旅館
源泉/新木鉱泉(単純硫黄冷鉱泉)
住所/埼玉県秩父市山田 [地図]
電話/0494-23-2641
交通/国道299号線「坂氷」交差点より県道11号線経由で約2.9
     ※無料駐車場30台分あり
料金/(平日)大人900円、小人450円
     (休日)大人1,000円、小人500円
時間/12:00〜21:00、毎週木曜日定休
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ
コメント