スパリゾート雄琴 あがりゃんせ(滋賀県大津市苗鹿)琵琶湖畔の雄琴温泉といえば、歓楽温泉街のイメージがありつつも、実際には観光ホテルが点在しているせいか温泉街としての華やかさはなかった。それでもホテルや旅館9軒に対して、特殊浴場は33軒。あがりゃんせの敷地に隣り合って密集しているようだが、まったく気づかなかった。雄琴温泉自体は1,200年の歴史を持ち、最澄が開いたと言われている。京都から車で20分とアクセスは良く、日帰りで気楽に利用できる点であがりゃんせの魅力は大きい。

スパリゾート雄琴 あがりゃんせ(滋賀県大津市苗鹿)あがりゃんせは全国230店舗を構えるラーメンチェーン、「天下一品」が運営している。創業者会長への愛が大きく、豪華な装飾といい、芸能人とのツーショットなど、温浴施設としては独自路線を突っ走っている。巨大スーパー銭湯のようでもあり、健康ランドのようでもあり。広い館内にレストランが焼肉、和食、イタリアン、フレンチと4店もあることに驚くが、いちばんの驚きは天下一品のラーメンが味わえないことだ。

スパリゾート雄琴 あがりゃんせ(滋賀県大津市苗鹿)滋賀県内ではサウナに力を入れている店舗としても名高い。遠赤外線ヒーターのほか、石積みのヒーターもあって、ロウリュは1日4回開催。ほぼ満員の盛況ぶりで、団扇を持ったスタッフ2名が登場。ストレッチロウリュともあるが、スタッフのトークの途中でなんとなくストレッチが始まる。ジョウロでアロマ水をかけ、トークと扇ぎの2セットを繰り返し、最後はおかわり扇ぎで終了。備長炭の深い水風呂が心地よい。

スパリゾート雄琴 あがりゃんせ(滋賀県大津市苗鹿)全体が大きな屋根に覆われているので露天風呂としてはちょっと違和感もあるが、広々としたスペースに湯船が点在。一角には自販機があって、リストバンドで購入できる。こんなの珍しいし、夏は爽快だろう。岩風呂、壺湯ともにテレビを眺めながらの入浴。夜は真っ暗だが、琵琶湖に面しており、明るいうちは開放的な景色を眺める。

スパリゾート雄琴 あがりゃんせ(滋賀県大津市苗鹿)休憩やボディケアは2階にあって、圧巻は琵琶湖に面してずらりと並ぶリクライニングシート。公式サイトには「200台増設」とあり、ということは合計で何台あるのか。湖岸に面して建物がどこまでも続いており、京滋最大級という岩盤浴やフィットネス、図書コーナー、カラオケルームなど、なんでもござれの充実感。大衆演劇の公演も行われており、渋滞にはまらずスムーズに行けば、おふろcafeびわこ座とのはしごも可能かと。入館料はちょっとお高めだけど、さすがスパリゾートというだけの設備と寛ぎがあった。

スパリゾート雄琴 あがりゃんせ(滋賀県大津市苗鹿)



スパリゾート雄琴 あがりゃんせ
源泉/雄琴温泉:美肌の湯(単純温泉)
     大湖の復活(ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉)
住所/滋賀県大津市苗鹿3-9-5 [地図]
電話/077-577-3715
交通/JR湖西線おごと温泉駅より無料送迎バス約5分
料金/(平日)大人1,650円、子供 800円(3歳以下無料)
     (休日)大人1,850円、子供 900円(3歳以下無料)
     ※岩盤浴無料(別途ウェア代200円)
時間/10:00〜25:00、年中無休

※サウナと露天風呂の写真は公式サイトより転載