旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

鶴巻温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

鶴巻温泉弘法の里湯に足湯が誕生 ※2016/3/30〜

鶴巻温泉・足湯鶴巻温泉・足湯

鶴巻温泉の日帰り温泉施設「弘法の里湯」敷地内で建設が進められていた足湯は、いよいよ本日オープンする。13時に竣工式(テープカット)が行われたあと、一般に開放するという。

足湯の隣には温泉スタンドも設置され、どちらも無料で利用できる。ただし利用は弘法の里湯営業日の10:00〜17:00に限る(月曜定休・祝日の場合は翌日休)。鶴巻温泉駅前の市有源泉より引き湯。

鶴巻温泉で「足湯」の新設工事が開始。誘客効果は見込めるのか!?

昨年4月に新設された鶴巻温泉駅前の「手湯」は、利用する観光客の姿など見たことがなく、地元のお年寄りの憩いの場にただ何となく存在している状況で、案の定市民の税金をドブに捨てたと言わざるを得ない。しかしその結果をじゅうぶんに精査せず、そして反省を踏まえることもなく、既定路線のごとく今度は「足湯」の新設工事が始まった。完成は4月を予定。

鶴巻温泉・足湯
鶴巻温泉・足湯

場所は市営の弘法の里湯敷地内。手湯に比べれば利用価値は高いだろうが、果たして足湯目当てに鶴巻温泉を訪れる人などいようか。甚だ疑問である。

そもそも足湯の利用料金を取るのか知らんが、無料だとすれば源泉と燃料費、管理費の無駄遣い。有料だとすれば図々しい。ハイキングで訪れる観光客はいままで通りに弘法の里湯を利用し、乱暴な言い方だが金を落としてほしい。となれば、弘法の里湯の2階休憩室の経済価値を高めることや、究極の話をすれば駅前の広大な空き地(現在は駐車場)を何とかし、町全体の活性化や魅力向上を図るべく議論していただきたい。

インフラを整備し、待っていれば客が来るなど素人の考え。いまどき手湯、足湯など時代遅れも甚だしく、いったいどのような青写真を描いているものか関係各所に問うてみたい。

鶴巻温泉・足湯


(参考)
鶴巻温泉駅前に「手湯」設置。これぞ税金の無駄遣い。
鶴巻温泉源泉活用の具体的な取組みに関する報告書(PDF)

鶴巻温泉駅前に「手湯」設置。これぞ税金の無駄遣い。

鶴巻温泉駅前手湯

鶴巻温泉駅前に「手湯」の設置工事が行われている。
近所に住む市民の立場から言わせてもらえば、これぞ税金の無駄遣いだ。
建設費540万円といえども、年度内に急ごしらえするなど実に腹立たしい。

そもそも手湯では観光客が呼べず、収入にはならない
鶴巻温泉には市営の弘法の里湯しか観光資源がなく、朝夕に弘法山へ向かうハイカーの姿があるだけで、昼間の駅前は実に閑散としている。店がないのだから仕方がない。そんな状況で、手湯が設置されたからといって誰がわざわざ立ち寄ろうか。手湯の利用時間はせいぜい10分として、交番の目の前に路上駐車する勇気があるか。そして、手湯そのもので料金は徴収できず、まわりに店がないのだから相乗効果も生まれない。あるとすれば自販機の売り上げくらいか。もし、手湯で満足し、弘法の里湯に行くことをやめたとすれば本末転倒だ。

手湯なら加温要らず。理由はお手軽感
秦野市が保有する「つるまき千の湯」源泉(湧出量毎分380リットル・泉温38.8℃)を使用するものの、足湯には加温が必要。それなら手湯と、実に発想が貧困だ。設置したところで、今後は衛生管理や清掃等に税金が投入されるのだろう。順次、足湯や配湯スタンドの整備も検討されているというが、ぜひ手湯設置後の利用状況、その他効果を議論してからにしていただきたい。

既存施設としての弘法の里湯に、もっと期待はできないものか
「源泉かけ流し」をやりたいのなら、小さくても湯船を新設すればよいだろう。施設内の蕎麦屋、土産物売店は誘客に貢献しているのか。2階の休憩室は広さを持て余しており、軽食メニューしかないから客単価増加に繋がらない。駐車場が有料であることにブーイングの声も少なくない。と、思いついただけでも改善すべき要素はある。温泉街の再活性化というならば、駅前マンション裏の広大な空き地を何とかしろと言いたい。その土地に健康ランドでも建設して、大衆演劇で客を呼んだほうが、よほど活性化への近道だろう。

鶴巻温泉源泉活用の具体的な取組みに関する報告書(PDF)



鶴巻温泉駅前・手湯
鶴巻温泉駅前・手湯
完成した鶴巻温泉の手湯(2015/4/3撮影)

鶴巻温泉弘法の里湯、11/1リニューアルオープン

鶴巻温泉弘法の里湯(秦野市鶴巻北)新源泉の接続と設備の改修のため8/17以来休業していた「鶴巻温泉弘法の里湯」が、昨日11/1にリニューアルオープン。
これまでの源泉と新たに掘削した「つるまき千の湯」の2つの源泉が掛け流しで楽しる、とのこと。


⇒鶴巻温泉弘法の里湯の記事はこちら

弘法の里湯
源泉/鶴巻温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/秦野市鶴巻北3-1-2 [地図]
電話/0463-69-2641
交通/小田急線鶴巻温泉駅より徒歩2分
     ※敷地内に有料駐車場20台分あり(1時間150円、以後30分毎100円)
     ※近隣には駐車場多数あり
料金/(平日)1 日:大人1000円、子供500円
             ※市内在住・在勤:大人800円、子供400円
         2時間:大人800円、子供400円
             ※市内在住・在勤:大人600円、子供300円
     (休日)2時間:大人1000円、子供500円
             ※市内外共通
     ※未就学児は無料
時間/10:00〜21:00、毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)

鶴巻温泉新源泉掘削に関する話題まとめ

鶴巻温泉の新源泉に関する話題は、「弘法の里湯」の記事に追記としてまとめていましたが、こちらのページを新設して移動しました。
⇒鶴巻温泉弘法の里湯の記事


(2010/1/15)-------------------------------------------
鶴巻温泉地区・新たな温泉掘削を準備(2008/10/11の記事)
「2月の市議会第1回定例会における施政方針で古谷義幸市長が「鶴巻温泉地区の新たな温泉掘削の準備を進める」と表明したことを受け、6月に県に温泉掘削の申請を行なっていた市に、9月12日付けで許可が下りた。」
鶴巻温泉・公設源泉掘削に「待った」(2010/1/15の記事)
「秦野市が鶴巻温泉駅北口で準備を進めている公設源泉の掘削計画に対して、鶴巻地区に住む有志らが1月7日、市に掘削中止を含めた見直しを要求する要望書と署名を提出した。」
鶴巻温泉・検討会が構想(案)を提出(2010/1/16の記事)
「秦野市が鶴巻温泉駅北口で計画している公設源泉掘削について、源泉の活用方法などを協議していた「鶴巻地区源泉活用等検討会」が、このほど構想(案)をまとめ、1月12日に古谷義幸市長に提出した。構想(案)には、源泉かけ流し足湯や給湯所などの整備が盛り込まれている。」

(2010/2/13)-------------------------------------------
鶴巻温泉・住民有志らが市長へ「見直し」要望(2010/2/13の記事)
「秦野市が鶴巻温泉駅北口で計画を進めている公設源泉掘削に対して、地域住民の有志らが掘削中止を含めた見直しを要求している問題で、住民ら7人が2月10日に秦野市役所を訪問し、古谷義幸市長に改めて要望を訴えた。」

(2010/9/5)-------------------------------------------
鶴巻温泉・掘削工事を開始(2010/6/12の記事)
「秦野市が鶴巻地区で計画を進めている、公設源泉の確保に向けた大深度温泉の掘削工事がこのほど始まった。工事場所になる鶴巻温泉駅北口広場には仮囲いが設置され、6月中旬には掘削を開始し、県からの許可期限にあたる9月12日までに掘削を完了させる。」

期限間に合わず、工事を休止(2010/9/5の記事)
「秦野市が鶴巻地区で工事を進めている公設源泉の確保に向けた大深度温泉(1010m)の掘削工事が、県からの許可期限にあたる9月11日までに間に合わない可能性が出てきたことから、市は工事を休止し県に掘削許可の再申請をしていることが、1日までにタウンニュースの取材でわかった。」

(2010/12/4)-------------------------------------------
鶴巻温泉の新源泉掘削工事で、ついに温泉が湧出(2010/12/4の記事)
「鶴巻温泉駅前広場で6月から新源泉の掘削工事を進めていたが、秦野市は11月29日に温泉湧出を発表した。予定では泉温46度、毎分約350リットルの湧出量を想定していたが、神奈川県温泉地学研究所の楊湯試験によると、泉温38.8度、毎分約370リットルとのこと。具体的な活用方法は今後協議して行くという」

(2011/2/17)-------------------------------------------
2011/2/17に新源泉名は公募(応募数143点)により「つるまき千の湯」に決定。
1,000m掘削したことと「鶴は千年」に掛けて名付けられた。

(追記-2011/8/8)-------------------------------------------
鶴巻温泉弘法の里湯新源泉(つるまき千の湯)を引込むための改修工事により
8/17日(水)〜10/31(月)まで休業









(2011/11/1)-------------------------------------------
改修工事終了。11/1リニューアルオープン。




その他、「弘法の里湯」の話題

(2007/11/24)
2007/11/21に入場者数100万人を突破。
平成13年10月にオープンしてから6年と2ヶ月での達成は、当初予想の12年を大きく上回った。今年8月に実施したアンケートでは都内や横浜からの利用者が7割以上を占め、近年では駅周辺のマンション住民などによる「公衆浴場的な利用」も増加しているという。(タウンニュース秦野版11/24号より)

(2011/5/11)
2011/5/11に来場者150万人を達成。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ