旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

銭湯

東京浴場(東京都品川区大井)

東京浴場(東京都品川区大井)大井町駅と西大井駅をつなぐ通りの一つが光学通り。いまは規模を縮小しているが、創業当初から製造拠点を置いているニコン(日本光学)にちなんでいる。その光学通りに面して、昔ながらの佇まいを残すのが東京浴場。たいていは地名だったり、松竹梅など縁起を担いだ屋号が多いのに、「東京」という思い切った屋号。佇まいとともに大きなインパクトを放っている。

東京浴場(東京都品川区大井)フロントで入浴料を支払い、脱衣所へ。折上格天井の開放感ある空間で、ブロック塀の高さまで岩積みの本格的な坪庭。大きな鯉が泳いでいる。さらには男女の浴室の間も坪庭としており、こちらも大きな岩を積み上げている。洗い場のカランの多さは、かつて賑わった証か。島2列のうち、1列は鏡すらなく、懐かしさの極み。戸建てやマンションの建ち並ぶ住宅地だが、むかしは日本光学のほか、鐘紡や三菱鉛筆など、工場が多く建ち並ぶ町だったという。

深湯と浅湯のほか、入浴剤の替わり湯。平日の開店直後は年配客が数人。品川区にもう1軒ある東京浴場とセットで訪ねてみると、レトロと未来志向の対比がよくわかる。



大井 東京浴場(品川浴場組合)

東京浴場
住所/東京都品川区大井2-22-16 [地図]
電話/03-3771-4959
交通/JR京浜東北線・りんかい線・東急大井町線 大井町駅より徒歩8分
     JR横須賀線・湘南新宿ライン・相鉄線直通 西大井駅より徒歩8分
料金/大人470円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜22:30、毎週月曜日定休

第三玉の湯(東京都新宿区白銀町)

第三玉の湯(東京都新宿区白銀町)いまでこそ料亭4軒、芸妓17名と小規模であるが(東京神楽坂組合)、神楽坂は東京六花街に数えられ、その賑わいは「山の手の銀座」とも呼ばれたという。飯田橋駅から続く神楽坂通りには老舗の和食料理店、しゃれた洋食レストランなどが軒を連ね、街ゆく人さえもおしゃれに見えてくる。第三玉の湯は神楽坂上交差点のほど近くにあって、散策がてら立ち寄るにはちょうど良い立地だ。

第三玉の湯(東京都新宿区白銀町)通りから奥に引っ込んで建ち、どことなく路地裏感も。若い客が吸い込まれていくのを見ると、そういう街だと思えてくるし、夜が更けた時間でたまたまなのかもしれないし。サウナ込み1,000円にはバスタオルとフェイスタオルが含まれており、「タオル1枚持って入ってください」とのこと。洗い場にはシャンプーやボディソープの備え付けもあるから、手ぶらでOKだ。

2018年11月にリニューアルし、炭酸泉と露天風呂を新設。内湯にはその炭酸泉とジェットバスが並んでおり、見上げると富士山のペンキ絵。露天風呂はわずかな広さではあるけれど、都会のど真ん中で外気を感じながらの入浴。コロナ禍にあって、サウナ室の定員は5名(女湯は4名)。入店時に下足札を預け、さらに名前を聞かれたのは人数管理のためか。じっくり蒸され、水風呂ではじっくりと冷やす。

第三玉の湯(東京都新宿区白銀町)脱衣所のテレビは密を避ける対策のため消されており、そもそも浴室やサウナで会話をする人は誰一人としておらず。若い客層にあってもマナー意識の高さは、さすが神楽坂。脱衣所の折上格天井が、この銭湯の歴史を物語る。第三というからには第一、第二があるだろう(あったのだろう)が、それが何処だったのかは聞きそびれた。

第三玉の湯(東京銭湯マップ)

第三玉の湯
住所/東京都新宿区白銀町1-4 [地図]
電話/03-3260-9326
交通/都営大江戸線 牛込神楽坂駅より徒歩5分
     東京メトロ東西線 神楽坂駅より徒歩5分
     JR総武線 飯田橋駅西口より徒歩10分
料金/大人470円、中人180円、小人80円
     サウナ込み1,000円(休日はサウナ休止中)
時間/15:00〜24:00、毎週水曜日定休

小松湯(川崎市川崎区大島)

小松湯(川崎市川崎区大島)小松湯を訪ねたとき、目の前の公園では子ども達が全力でドッヂボールに興じ、すぐ近所の酒屋ではおっちゃん達が角打ちでほろ酔いだった。小松湯の店先に貼られたポスターは、地元の大島劇場。いまでは珍しい大衆演劇専門の劇場だ。どこにでもありそうな住宅地なのに、庶民的な風情を感じさせる。こういう環境には銭湯がよく似合うし、地元に愛されているのが伝わってくる。

小松湯(川崎市川崎区大島)フロントで料金を支払い、下足札と引き換えにサウナの引っ掛け鍵を、さらにフェイスタオルとバスタオルを受け取る。銭湯でのサウナ利用には店ごとの決まり事があったり、戸惑うこともしばしば。小松湯の場合で言えば、バスタオルをどうするかということ。「腰に巻くように」との看板に従うも、あいにくサウナ利用客は他におらず、最後まで正解はわからずじまい。

小松湯(川崎市川崎区大島)遠赤外線ヒーターでこじんまりとした室内。「低い温度でもよく温まる」といった趣旨の説明もあるが、温度計は108℃を指していた。しかしそこまで熱くは感じないし、心地良くも感じる。そのあとの水風呂は銭湯にしては冷たく、身体が引き締まる。ゆいるからそのままハシゴしたせいか、小松湯では2セットに留めたのに、帰り道に軽く脚が攣ったということは、しっかり発汗したのだろう。

小松湯(川崎市川崎区大島)入浴剤の替わり湯は寝湯と座湯のジェット。ガリウム石温浴泉はバイブラと電気風呂。白乳泉は文字通り真っ白なお湯で、「天然鉱石の粉末を…」といった説明。東京浴剤(剤の字は旧字体)という会社は、ストリートビューで確認したらいまも存在し、ごく普通の一軒家に看板を掲げていた。

といったわけで、ひと通りの個性的な湯船があって、その一つ一つがじんじんとよく温まる。夜遅くまで開いているし、近所に住んでいたら風邪など引くこともないだろう。若干のぼせた感もありつつ、たまには町の銭湯も良いものだなと。



小松湯
住所/川崎市川崎区大島5-8-7 [地図]
電話/044-233-3371
交通/JR川崎駅よりバス「大島五丁目」停徒歩2分
料金/大人490円、中人200円、小人100円
     サウナは別途200円
時間/14:00〜26:00、毎月8日・18日・28日定休
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ