旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

道の駅

両神温泉薬師の湯(埼玉県小鹿野町両神)

両神温泉薬師の湯(埼玉県小鹿野町両神)奥秩父と呼ぶべき山あいに道の駅両神温泉がある。いまは小鹿野町に吸収合併したが、ここは旧両神村。登山好きには日本百名山、秩父三山の両神山で知られている。温泉と登山は相性が良いし、ドライブがてらの立ち寄りもあるのだろう。接道する埼玉県道37号線は、西秩父の皆野町から秩父市大滝方面へと南北を縦断するが、観光道路よりも生活道路の性格が強い。そのためか、道の駅のなかでも「住民サービス部門モデル」として、こちらは地域福祉拠点としての役割も担っている。

両神温泉薬師の湯(埼玉県小鹿野町両神)朝一番に訪ねたせいか、地元のお年寄りが開店前から列をなしていた。浴室は2階にあって、「大展望浴場」の名の通り、周囲の山並みを眺める。開放的な景色を望みたいが、窓の下半分は1階部分の屋根。大きな湯船1つにはバイブラとジェットを備えており、温泉は無色透明。露天風呂やサウナはない。地元の人たちにとっては通い慣れた銭湯のような存在か、1時間足らずで客は入れ替わる。地域福祉の役割は果たしているが、旅行客にとってはやや物足りない内容。

両神温泉薬師の湯(埼玉県小鹿野町両神)休憩室は大中小を備えており、ほかにボディケア、カラオケ、売店、食堂と田舎のスーパー銭湯並みに揃っている。隣接する地域資源活用センターでは、そば打ちや豆腐作り体験ができるという。いくら公共施設といえども、広さを持て余していること見て取れる。小鹿野町にとって地域福祉拠点の位置付けながらも、道の駅の知名度や優位性を活かさなければもったいない。観光拠点としての相乗的な集客効果に期待したい。

両神温泉薬師の湯(埼玉県小鹿野町両神)

両神温泉薬師の湯
源泉/両神温泉すすきの湯(温泉法の温泉)
住所/埼玉県秩父郡小鹿野町両神2380  [地図]
電話/0494-79-1533
交通/国道299号線「黒海土バイパス前」交差点より県道37号線経由で約3.9km
     ※大型無料駐車場あり
料金/大人600円、小学生240円、幼児120円
時間/10:00〜20:00、毎週火曜日定休

大滝温泉遊湯館(埼玉県秩父市大滝)

大滝温泉遊湯館(埼玉県秩父市大滝)埼玉県の西の果て、道の駅大滝温泉は三峰神社や中津峡など奥秩父観光の拠点。周囲は山深く、荒川の源流に沿って、国道140号線は山梨県へと続く。道の駅には民俗資料館や食事処などとともに、日帰り温泉施設の「大滝温泉遊湯館」が建つ。ドライブの疲れをいやしに立ち寄るのもよし。しかし実際は地元のおじいさんの憩いの湯だったりするが。

大滝温泉遊湯館(埼玉県秩父市大滝)建物は川べりに建っており、浴室は男女とも1階と地下1階の2フロアに分かれており、それぞれに脱衣所と洗い場を設けている。1階は檜風呂、地下1階はこじんまりとした岩風呂で、どちらも荒川を見下ろし、対岸には緑の山並み。地下は窓がないから風を受けて露天気分が味わえる。サウナは地下1階にあって、こちらからも荒川を見下ろす。

大滝温泉遊湯館(埼玉県秩父市大滝)サウナがあるのに水風呂はない。それならば岩風呂を水風呂にしたら良いのにと思う。脱衣所を2フロアに設けるほど来店客がいるのか謎だし、それならば裸のままの休憩スペースに転用できないものかと。公共施設(第3セクター運営)の垢抜けない雰囲気にそれなりの年季が加わり、結果として旅情を感じさせる。秩父市街地から30分走るので、湯めぐり目的ならばそのまま山梨県へと抜けるのも面白そうだ。

大滝温泉遊湯館
源泉/大滝温泉三峰神の湯(ナトリウム−塩化物泉)
住所/埼玉県秩父市大滝4277-2 [地図]
電話/0494-55-0126
交通/国道140号線沿い(西武秩父駅前より約20辧
     ※無料駐車場80台分あり
料金/大人平日700円・休日800円、小学生400円、乳幼児200円
時間/10:00〜20:00(4/1〜11/30)、10:00〜19:00(12/1〜3/31)
     毎週木曜日定休(祝日の場合は営業)

前橋荻窪温泉 あいのやまの湯(群馬県前橋市荻窪町)

前橋荻窪温泉 あいのやまの湯(群馬県前橋市荻窪町)榛名山、妙義山、赤城山は上毛三山と言われ、群馬県民に広く親しまれている。前橋市街地から眺めるのが赤城山で、その手前にあるのが道の駅赤城の恵。幹線道路に面しているわけではなく、夜だと真っ暗で不安になるロケーション。清掃工場に隣接していると言えば、想像していただけるだろうか。東京ドーム2個分は広いのかそうでもないのか微妙だが、道の駅=荻窪公園ということらしい。市民憩いの公園でありながら、せっかくなら観光客にも立ち寄ってほしいというわけか。

前橋荻窪温泉 あいのやまの湯(群馬県前橋市荻窪町)あいのやまの湯は正式には「前橋市荻窪公園温水利用健康づくり施設あいのやまの湯」といい、前橋市営の施設。あいのやま(會ノ山)は字名で、かつてのゴルフ場跡地に仮設浴場があったという。いまは大浴場のほか、温水プール、個室付き貸切風呂、レストラン、ボディケアなどを備えており、市営にしては大型施設と言えよう。垢抜けていないのは否めないとしても。

前橋荻窪温泉 あいのやまの湯(群馬県前橋市荻窪町)浴室は毎週水曜日に男女入れ替え。大きな内風呂と露天風呂、それにサウナと小さな水風呂。湯船の種類は少ないし、楽しい設備があるわけでもない。温泉は地下1,200mより湧出し、無色透明で泉質に特徴があるわけでもなく、せっかく来たからとじっくり浸かるしかない。パンフレットには「フィンランド式サウナ」とあるけれど、訪ねた日はボナサウナ。料金相応の気軽さが、市民に支持されている理由なのかも。

前橋荻窪温泉 あいのやまの湯(群馬県前橋市荻窪町)

前橋荻窪温泉 あいのやまの湯(群馬県前橋市荻窪町)

前橋荻窪温泉 あいのやまの湯
源泉/前橋荻窪温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物温泉)
住所/群馬県前橋市荻窪町530-1 [地図]
電話/027-264-3030
交通/JR両毛線前橋駅よりバス約30分「荻窪公園」停下車
     国道17号線「上武上泉」交差点より約2km
     ※無料駐車場413台分あり
料金/大人520円、小人310円(3歳以上小学生以下)
時間/10:00〜21:00、毎月第1・3火曜日定休

※浴室と露天風呂の写真は公式サイトより転載
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ