旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

運び湯

湯処 美濃里(岐阜県岐南町下印食)

湯処 美濃里(岐阜県岐南町下印食)岐南町の養心薬湯のオープンまで時間があったので、すぐ近所にあるスーパー銭湯「美濃里」へ。こちらは朝7時オープンだし、食事処では朝食営業を行うなど積極的な運営が功を奏してか、駐車場もだいぶ埋まっていた。マックスバリュやダイソーに隣接しているから、集客面での相乗効果も高いのだろう。フロントではリストバンドを受け取り、退館時に一括精算となる。脱衣所のロッカーは好きな箇所を使用する。

湯処 美濃里(岐阜県岐南町下印食)浴室内には替わり湯のほか、ジェット、バイブラのほか、寝ころび電気風呂といった変わり種も。露天の岩風呂と壺湯では「いけだゆげ温泉」を使用。涼足部屋とは気になるネーミングだが、利用は夏季のみ。足湯ならぬ足ぬる水なのだろうか。そして、驚くべきはジェットバスにデッキチェアが沈んでいたことだ。所沢のベッド&スパのインスパイアだろうか。バイブラではないから浮遊感はないし、中途半端さは否めないが。

湯処 美濃里(岐阜県岐南町下印食)遠赤外線ヒーターのタワーサウナは、ベンチこそ板を張り替えたが、壁はそのまま。内扉も故障していたし、冷水と涼水の2つある水風呂の温度計も故障中。全体的にきれいな施設なのに、あまりサウナには関心がないのだろうか(サウナイキタイで確認したら、サウナの内扉は2か月経ってようやく修復。こんどは天井が落ちかかっているというから心配だ)。

湯処 美濃里(岐阜県岐南町下印食)風呂あがりすぐにリクライニングシートでうたた寝できるのは嬉しい。テレビと自販機と多少の漫画本というシンプルな空間で、おもに中高年が微睡みのひとときを過ごしていた。休憩所はもう1か所新設され、こちらは若者好みのコンセプトだが、別棟にあって、宣伝も不十分なせいか利用者はごくわずか。利用者にとっては快適かもしれないが。

店内には岩盤浴もあり、趣の異なる4室+クールルーム+ひとり用穴ぐら小空間。しかもリーズナブルな料金だから、女性客を中心にファンが多いはず。近所のスーパー銭湯としてはアイテムが充実しており、目立たないけどできる奴、といった印象だ。

湯処 美濃里
源泉/いけだゆげ温泉(ナトリウム−炭酸水素塩泉)
住所/岐阜県岐南町下印食2-60-1 [地図]
電話/58-275-2614
交通/名鉄名古屋本線岐南駅より徒歩2分
    国道21号線(岐大BP)徳田1丁目交差点より約400m
    ※無料駐車場180台分あり
料金/大人平日600円・休日700円、小人300円
    朝風呂平日550円
    岩盤浴は別途450円
時間/7:00〜25:00、偶数月の第2火曜日定休

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)北条五代の城下町、小田原。東海道線や小田急線などが乗り入れる小田原駅から、繁華街を小田原城方面へ。その道すがらにあるのが小田原お堀端・万葉の湯。もともとは写真現像を本業としていた会社だが、いまや万葉の湯を全国に9店舗、箱根湯本天成園湯河原ニューウェルシティといったリゾート型施設も展開。その本社のお膝元にあるのが、ここ小田原館だ。繁華街の立地とあって、駐車場は地下に設けている。

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)下足を袋に入れ、フロントで入館受付。そもそもがハイソな料金体系なので、ネットのクーポンを利用。よほど常連に見えたのか、説明は何一つなく、ロッカーキーのリストバンドを受け取り、そして更衣室へ。浴衣か甚平に着替えたら、館内はエレベーターでの上下移動。浴室は5階にあって、階段を上がると屋上には露天風呂。ビルのつくりであるせいか、天井は低め。平日だからか客は少なく、静かでがらーんとした印象。

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)ロウリュ炭サウナは消臭効果を狙ったものか、しかし炭の香りが鼻に残る。やや低めにも感じる温度だったが、ヒーター(イズネス)との距離が近いせいか、オートロウリュは暴力的すぎる。ハーブスチームサウナのドアを閉めない客がいるし、水風呂では汗を流すどころか、頭から、タオルも、とたまたまなのか客のマナーはひどい。

浴室に内風呂と半露天風呂、屋上露天に岩風呂や樽風呂など。湯船ごとにはっきりとした温度差があったら良いのだが。雰囲気を言うならば、観光ホテルの大浴場のよう。温泉は湯河原からの運び湯だが、風呂よりも飲食目当ての客が多いのか、長湯して温泉を楽しむような客の姿はなく。

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)飲食は他店と共通するメニューばかりだが、小田原らしく地魚料理や旬のメニューで趣向を凝らしている。金額も一丁前だし、客層がわりと高めなのも納得できる。館内の休憩施設としては、テレビ付きリクライニングシートの仮眠室、ヨギボーを置いた読書室、キッズスペース、貸切個室など。終電を逃した客やビジネス利用も想定できるが、普段づかいとして数時間を過ごすのではなく、半日ないし一日を過ごしたい施設。そのつもりでないと入館料の元は取れない(と言っている時点で貧しいが)。

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)
小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)

小田原お堀端 万葉の湯
源泉/湯河原温泉万葉の湯(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/神奈川県小田原市栄町1-5-14 [地図]
電話/0465-23-1126
交通/東海道線・小田急線・箱根登山線・大雄山線 小田原駅東口より徒歩1分
     国道255号線「大工町通り」交差点より約350m
     国道1号線「小田原市民会館前」交差点より約500m
     駐車場142台分あり(5時間まで無料)
料金/大人2,300円、小学生1,200円、幼児900円、3歳未満無料
     深夜3時以降は別途大人1,700円、小学生・幼児1,000円
     ※料金は税別
時間/24時間、年中無休
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ