旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

赤沢温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)

赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)伊豆には海岸に面した露天風呂がいくつかあって、その中には無料で開放しているところもある。河津浜露天風呂では入浴を断念したが、そのリベンジを果たすべく一気に北上し、赤沢露天風呂へ。実は以前も赤沢を訪れたのだが、夜の海岸は真っ暗で場所がわからなかったため、二重の意味でのリベンジなのだ。国道135号線より漁港に下りていくと、バスの待機所と駐車場があり、そこから先には漁村の風景が続く。あらかじめ調べた情報によると、目印はデラックストイレだというが、それがまず見つからない。しかし海岸に面しているというのはわかっているので、漁村とは反対側に向かって歩いていく。集落から1軒だけ離れたところにある民宿の裏側は広場のようになっていて、そのわきに通路がある。そしてその先に岩を組んでつくった小さな露天風呂があった。見つかるときというのは、意外と容易いものである。

赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)湾の対岸にはDHCが運営する赤沢日帰り温泉館やホテルなどの巨大施設が建ち、そこだけ煌々とした明るさを見せているが、あくまでも頼りとなるのは月明かりのみ。聞こえるのはザバーンザバーンという波の音だけ。開放感はもちろんだが、海岸からは一段高い位置にあるため、たとえ海岸に人がいたとしても視線は気にならないはず。

湯船のふちはコンクリートで固められており、そのへんで適当に服を脱ぐ。外気温が低いせいかお湯は人肌よりもぬるめ。というか、温泉は溜めてあるだけなのだろうか、どこから注がれているのかわからない。排出口にはペットボトルを逆さにして蓋がされていた。湯船の底は若干ぬるぬるするし、藻のようなにおいもあり、新鮮な感じはしない。しかしインターネットで調べてみると、ボランティアの方が清掃を行っているという情報もある。

冬は寒くて出るのが嫌になっちゃう温度だが、夏なら快適だろう。海水浴やダイビングの客で赤沢自体が混雑するのかもしれないが。時間的に言えば明け方の入浴がいいらしい。昇ってくる朝日を真正面に眺めることができるから。それにしても、DHCが運営するリゾート型施設と比較したときの、極端すぎる個性は面白い。



赤沢露天風呂
源泉/赤沢温泉
住所/静岡県伊東市赤沢 [地図
交通/国道135号線で赤沢漁港へ。民宿砂場のそば。
料金/無料
時間/24時間


(以下、2011/4/15追記・写真掲載)

赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)
赤沢漁港のバス停から南の方角を眺めると、海岸に水が流れている。
その上が露天風呂(奥は公衆トイレ)。民宿の敷地を抜けていく。

赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)
海岸沿いの通路の奥に露天風呂。通路の手前には看板があった。
「ここは、露天風呂ではありません」と書いてあるが…。

赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)赤沢露天風呂(静岡県伊東市赤沢)
現地。そして現地からの眺め。
「5時に鍵を掛けます」とあるけど、施錠されていなかった。

赤沢日帰り温泉館(静岡県伊東市赤沢)

赤沢日帰り温泉館赤沢日帰り温泉館(静岡県伊東市赤沢)赤沢温泉は伊東市の最南部の海沿いにある小さな温泉地。民宿も数軒あるようだが、赤沢温泉=DHCといっても過言ではない。化粧品や健康食品などの大手企業DHCは平成13年(2001)に赤沢温泉ホテルの運営を手始めとし、「赤沢温泉郷」としてリゾート開発を進めている。その中の日帰り温泉施設として15年にオープンしたのが、赤沢日帰り温泉館である。

赤沢日帰り温泉館からの眺望地上4階地下1階の大きな建物で、3〜4階がそれぞれワンフロアの大浴場。男女別日替わりで、訪れた日は4階が男湯だった。パンフレットを見る限りでは、湯船の配置に若干の違いがあるものの、どちらもオーシャンビュー。(写真は4階エレベーターホールからの眺望)

赤沢日帰り温泉館3-4F内風呂は幅15mはあろうかというほど大きく、しかも海に面した窓は全面ガラス張り。相模灘がどこまでも広がり、時おり漁船が往来する。右手には山なりの伊豆半島。海っぺりの135号線を走る車。室内といることを感じさせない開放感と素晴らしい眺望である。露天風呂は幅が20mとさらに大きく、気持ちのいい風に吹かれながら長湯できる。内風呂と同様、海側に設けた溝にお湯が溢れるようになっており、視界を遮る塀などは一切なし。空、海、お風呂に境目がなく、一体となったようなパノラマ感。とにかくスケールが大きい。

露天風呂の隅には打たせ湯、そして小さな湯船にはジャグジーも完備。浴室内にはドライサウナ、スチームサウナ(3階のみ)もあり、ドライサウナには海を見渡す大きな窓がある。そして1人用の桶風呂と陶器風呂もあり、これらはシルクやハーブの入浴剤を使用した「DHCの湯」。洗い場のボディソープやシャンプー、洗面所の化粧水などももちろんDHCの商品。これらの商品は1階売店で伊豆の特産品とともに売られているが、テレビCMのような宣伝やセールストークなど一切なく、ただ置いてあるだけ。商売っ気が旺盛なのかと誤解していたが、意外なほどにあっさりとしている。

赤沢日帰り温泉館1-2F休憩所は2階にある約100帖の大空間。こちらも海に面してガラス張りになっており、畳の上でごろ寝しながらひと休みできる。しかも枕と毛布の用意まである。同じフロアには趣向の違う4つの貸切風呂があり、これらは予約制。地下1階のエステサロン、隣接する赤沢温泉ホテルの予約状況とあわせて休憩所設置のモニターで確認することができる。

休憩所を見渡してみたところ、若いカップルや女性どうしのグループが半数以上を占めていたし、館内もそれなりにしゃれた雰囲気だったが、唯一疑問だったのは休憩所のBGMはなぜか演歌だったこと。

タオルやバスタオルは脱衣所にあるものを自由に利用できるため、手ぶらでもOK。伊豆の温泉施設にしてはちょっと料金が高めだし、大人も子供も一律料金なので家族づれには高くつく。だが、この眺望や施設の快適性を考えれば妥当な設定なのかもしれない。若い人には間違いなくおすすめなのだが。ドライブがてらにぜひどうぞ。

赤沢日帰り温泉館
源泉/赤沢温泉(カルシウム・ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/静岡県伊東市赤沢字浮山170-2 [地図]
電話/0557-53-2617
交通/伊豆急伊豆高原駅より無料送迎バスで約15分
料金/(平日)1,200円 (休日)1,600円
時間/(平日)10:00〜22:00 (休日)9:00〜22:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ