蔦温泉(青森県十和田市)南八甲田連峰の東麓、八甲田樹海と呼ばれるブナ原生林の中に蔦温泉がある。周辺には蔦沼、長沼、菅沼、瓢箪沼など大小の7つの沼があり、蔦温泉を起点として1周約1時間の遊歩道が整備されている(蔦沼周辺マップ)。自然散策が好きな方には有名なのかもしれないが、この先を南下したところにある奥入瀬渓流と比べれば、訪れる観光客は少ない。しかしながら、静かな大自然が囲む立地に一軒だけ宿を構えるさまは、まさに秘湯といった感がある。

蔦温泉の開湯は古く、久安3年(1174)にはすでに湯小屋があったという。共同管理の湯治場から旅館になったのは、ちょうど100年前の明治42年(1909)。いまでも本館には、古きよき温泉宿の風情が存分に残っている。この旅館には「久安の湯」と「泉響の湯」という2つの浴室があり、どちらも改築を経ているが昔ながらの湯小屋の雰囲気が楽しめる。

蔦温泉旅館(青森県十和田市)蔦温泉旅館(青森県十和田市)蔦温泉旅館(青森県十和田市)

久安の湯は時間帯によって男女入れ替えで、9:00〜20:00は男性専用、それ以外は女性専用となる。浴室は天井が高く、すべてが木造。大部分を湯船が占め、ほかにかけ湯用の汲み湯枡があるのみ。無色透明の源泉は、湯船の底板の隙間から湧き出しており、時折り小さな気泡が浮かび上がってくる。分析表によると自然湧出で、その量は測定不可だという。贅沢なほどの量が湯船からあふれている。泉温は44.6℃とのことだから、湯船の中ではちょうど良いくらいの温度。薄暗い室内には湯気が立ち込めており、かなり鄙びた印象だ。壁の一角に設けた水槽には金魚や熱帯魚ではなく、付近の川魚を泳がせるセンスのよさ。飾り気の無さはさすがである。

泉響の湯は男女別に浴室が設けられている。久安の湯より新しいことは一目瞭然であるが、浴室の造りや雰囲気は似ている。床と腰高まではタイル張りだが、ほかはすべて木造。隅にシャワーブースもあるのだが、かけ湯には湯だまりのお湯を使う。あえてカランを設けなかったことには評価したい。湯船の大きさは久安の湯とほぼ同じで、こちらも足元から源泉が湧き出している。泉響という名前は、井上靖が蔦の雰囲気を「泉響颯颯」と詠んだことによる。「泉の音がそよ風に乗って聞こえてくる」といった意味なのだとか。

蔦温泉のペナント
懐かしのペナント。「昔の売れ残りですよ」と売店のおじさんは笑った。

酸ヶ湯温泉から蔦温泉への道酸ヶ湯温泉から蔦温泉への道蔦温泉から奥入瀬への道
(左・中)酸ヶ湯から蔦温泉への道。(右)蔦温泉から奥入瀬への道

蔦温泉旅館
源泉/蔦温泉
     (旧湯:ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉)
     (新湯:ナトリウム−硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉)
住所/青森県十和田市奥瀬字蔦野湯1 [地図
電話/0176-74-2311
交通/JR東北本線青森駅よりバス1時間43分「蔦温泉」停下車
     東北自動車道十和田ICより国道103号線で約1時間30分
料金/大人500円、小人(小学生)200円
時間/9:00〜16:00

蔦温泉旅館(日本秘湯を守る会)