旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

箱根蛸川温泉

絶景日帰り温泉 龍宮殿本館(箱根町元箱根)

絶景日帰り温泉 龍宮殿本館(箱根町元箱根)芦ノ湖を見下ろす高台に建つ龍宮殿本館。本格的和風建築の歴史と格式が漂う、堂々たる佇まい。それもそのはず、浜名湖弁天島から移築したこの建物は、国の登録有形文化財に指定されている。宇治の平等院鳳凰堂をモデルとし、1938年の建築だという。箱根ではプリンスホテル系列の旅館として営業していたが、老朽化による改修工事を経て、2017年7月より日帰り温泉施設として再スタートを切った。

絶景日帰り温泉 龍宮殿本館(箱根町元箱根)日帰り温泉と言えど、館内に気軽な雰囲気は皆無で、まさにホテルマンの接客。今回は横浜ウォーカーの割引クーポンで訪ねたが、通常ならば2,000円弱。階段ホールはクラシックホテルの雰囲気で、2階は有料ギャラリーとして開放している。入浴客はまずフロントで料金を支払い、下足箱とロッカーの鍵を引き換え。浴室は館内を右手に進んだ奥にある。

絶景日帰り温泉 龍宮殿本館(箱根町元箱根)内風呂と露天風呂はひと続きではなく、脱衣所から双方に扉がある。いったん身体を拭いてから。若者はなぜタオルを持たずに浴室に入るのか。脱衣所やサウナ室がビシャビシャで、せっかくのハイソ気分が台無しに。内風呂側には大きな湯船と洗い場が、しかし景色を眺めるならば露天風呂がおすすめ。窓を開放しているだけだが、目の前に木立ちが迫り、その先に芦ノ湖と西岸の山なみが広がる。

絶景日帰り温泉 龍宮殿本館(箱根町元箱根)サウナ室の小さな窓からも、座る場所によっては芦ノ湖を見下ろす。フィンランドサウナと名付けられ、砂時計の下には「水かけボタン」。2基並んだ小さなヒーターに水が噴射される。あまりにも少量なので何度もボタンを押したいが、次の作動までには時間がかかる様子。陶器の水風呂に身を窮屈に屈め、ベンチで休憩。温泉は無色透明、駒ヶ岳西麓に湧く蛸川温泉。昭和62年に開湯し、のちに箱根十七湯に数えられた、比較的新しい温泉だ。

絶景日帰り温泉 龍宮殿本館(箱根町元箱根)



絶景日帰り温泉 龍宮殿本館
源泉/蛸川温泉(カルシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139 [地図]
電話/0460-83-1126
交通/箱根新道芦ノ湖根大観ICより約5km
     ※無料駐車場100台分あり
料金/大人1,800円、小学生1,000円、幼児500円(3歳以上)
     ※入湯税別途50円(12歳以上)
     ※ギャラリー龍宮殿は別途料金。大人300円、小学生200円、幼児無料
時間/8:00〜20:00

※露天風呂の写真は公式サイトより転載
※男湯はフィンランドサウナ、女湯はスチームサウナ

ザ・プリンス箱根(箱根町元箱根)

ザ・プリンス箱根(箱根町元箱根)箱根園は西武鉄道グループが開発した複合型リゾート施設で、芦ノ湖畔の広大な敷地には箱根園水族館、温水プール(夏期のみ)、雪・そり遊び広場(冬期のみ)、ショッピングプラザ、芦ノ湖遊覧船乗り場などがあり、宿泊施設としてザ・プリンス箱根(旧箱根プリンスホテル)、隣接して龍宮殿(昭和11年築の浜名湖ホテルを移築)やコテージなどが建つ。季節を問わず宿泊して丸1日楽しめる、いわば箱根観光の定番スポットだ。

そんな箱根園の旗艦ホテルが「ザ・プリンス箱根」で、本館と別館合わせて客室は136室。芦ノ湖を間近に望むロケーションで、敷地内からは蛸川温泉の源泉が湧出し、別館にある大浴場は「湖畔の湯」と名付けられている。日帰り入浴の際は別館を直接訪ねる。建物は本館・別館ともに平屋のように見えるが、傾斜地に建っているため、別館の場合は地上階が3階で湖畔の湯は1階。受付カウンターにて料金を支払う。

ザ・プリンス箱根(箱根町元箱根)浴室内には8帖ほどの大きさの内風呂と小さな水風呂、ミストサウナがある。露天風呂側を全面ガラス張りとしており、明るい日差しが差し込んでくる。

露天風呂はドーナッツを半分に切ったような形をしており、女湯と壁を隔てて左右対称のつくり。湯船は浅く、お湯は温めだが、手前にある寝湯(4人分)にいたっては気持ち良すぎて熟睡してしまった。いちばん奥のほうは植栽の隙間から目線の高さで芦ノ湖を眺める。わずか30〜40mの近さだろうか。湯船自体が広々としていることもあって開放感が味わえるし、静かでのんびりとした環境もよい。肝心の泉質はというと、箱根十七湯のなかでは希少かつマイナーな蛸川温泉だが、特徴は感じられず。ちなみに蛸川温泉は昭和62年に湧出し、平成5年に名付けられた(当初は元箱根温泉)箱根でいちばん新しい温泉だ。

ザ・プリンス箱根
源泉/蛸川温泉(カルシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/足柄下郡箱根町元箱根144 [地図
電話/0460-83-1111
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅からバス1時間5分「箱根園」下車
     国道1号線「大芝」交差点より県道75号線で約3.4km
料金/大人1,500円、中学生以下800円、3歳以下無料
時間/12:00〜16:00、無休

ザ・プリンス箱根(箱根町元箱根)龍宮殿(箱根町元箱根)
箱根園ガイドマップ(左)と龍宮殿(右)
龍宮殿も日帰り利用可。大人1,470円。ただし繁盛期・休前日を除く。

箱根園(プリンスホテルズ&リゾーツ)
SEIBU GROUP News 「箱根の温泉 vol.5(最終回):蛸川温泉」(Facebook)
箱根全山(箱根町観光協会)
箱根ナビ(小田急電鉄)

カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ