旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

箱根宮城野温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン

勘太郎の湯(箱根町宮城野)

勘太郎の湯(箱根町宮城野)勘太郎の湯は箱根町宮城野にある日帰り温泉施設。地元の建設業者・勝俣組が運営している。近所にある宮城野温泉会館は共同浴場的な雰囲気であるため、観光客は勘太郎の湯のほうが利用しやすいかもしれない。平成3年開店ということで、箱根町の日帰り施設では先駆け的な存在。建物は高床式みたいな構造になっており、何本も柱が立つ基礎部分が駐車場。階段を上って1階にフロント、浴室、食事処。2階は80帖の畳敷きの大広間で、休憩室ならぬ「休養室」。

脱衣所は換気がじゅうぶんでないためかカビ臭さに閉口。まぁしょうがない。浴室にはジャグジーつきの大きな湯船が1つ。しきりに宣伝している「天照石」は湯船の底に置かれていて、「天然放射線を放ち、マイナスイオン作用、遠赤外線を反射する極めて希少な天然岩石」とのこと。自然治癒力の向上、ストレス症、自立神経失調症の改善に効果が期待できるらしい。この類の天然岩石を使用しているスーパー銭湯も多く、ネットの通販でも購入できるので、たいしてありがたいとは思わないのだが。

露天の岩風呂は和風のつくりで、これまた湯船は大きめ。岩風呂の奥にはさらに露天大理石風呂があり、こちらは1つしかないので男女週替わり。湯船のふちに大理石を用いた円形風呂で完全かけ流し。せっかくの露天風呂なのに、周囲に建物が密接しているのか知らんが、竹垣などで目隠しされているため空を眺めるしかない。箱根でこのロケーションはちょっと哀しい。

ところで勘太郎の湯には由来があるそうで、「勘太郎の翁の夢枕に現れた不動明王のお告げによって温泉を掘り当てた」らしい。金運や厄よけ、商売繁盛などのご利益があるとしているが、「信じるか信じないかはあなた次第」といったところか。

勘太郎の湯
源泉/宮城野温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/足柄下郡箱根町宮城野923 [地図
電話/0460-82-4477
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス20分「宮城野」停徒歩2分
     箱根宮ノ下より国道138号線で御殿場方面へ ※無料駐車場50台分あり
料金/大人1,000円(中学生以上)、子供500円(1歳〜小学生)
     ※夕方(平日PM5:00以降、土日祝PM6:00以降)入館の場合は20%割引
     ※ホームページに50円割引券あり
時間/(平日)10:00〜19:00
     (休日)10:00〜20:00
     毎週金曜日定休(祝日の場合は翌日)

宮城野温泉会館(箱根町宮城野)

宮城野温泉会館「宮城野温泉会館」は町営の日帰り温泉。外観からして町の公民館っぽい。外観のわりには浴室はこじんまりとしている。内湯は5〜6人が入ればいっぱいといった感じで、カランは4つ。石鹸しか置いていない。露天風呂は石造りで10人以上入れそうな感じだが、高い塀に囲まれており、よしずが屋根代わりにかかっているので、開放感はない。

観光客が訪れる温泉施設というよりは、むしろ銭湯を思わせる雰囲気。それもそのはず一般客の入湯料が650円なのに対して、町民は100円という安さ。なので夕暮れ時などは地元住民で賑わっている。

宮城野温泉会館
源泉/宮城野温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/足柄下郡箱根町宮城野922 [地図
電話/0460-82-1800
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅バス約20分「宮城野」停下車
     国道138号線・宮城野交番を裏手に下る
料金/(入浴のみ)大人650円、子供300円
     (入浴休憩)大人1050円、子供500円
     (箱根町民)大人100円、子供50円
時間/10:00〜21:00、毎週木曜定休(祝日の場合は翌日)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ