旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

箱根姥子温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン

箱根仙石原プリンスホテル(箱根町仙石原)

箱根仙石原プリンスホテル(箱根町仙石原)秋には黄金色のススキ目当てに、多くの観光客が訪れる仙石原高原。その西側には古くに開発された高級別荘地が広がり、果ては大箱根カントリークラブ。コースに隣接して建つのは箱根仙石原プリンスホテル(昨年4月にホテル大箱根より名称変更)。洋風の佇まいが印象的なリゾートホテルで、14:00〜18:00の間に限って日帰り入浴も受け付けている。

箱根仙石原プリンスホテル(箱根町仙石原)フロントで入浴料金を支払うと、「階段かエレベーターで1つ下の2階へ」とのこと。格式高い雰囲気漂うレストランを横目にして緊張するが、2階に降りると「この先は宿泊客限定」の立て札に足止めを食らう。しばし思案の末に構わず行くと浴室はあった。料金にはフェイスタオルとバスタオルのレンタルも含んでおり、脱衣所に用意されている。

かつては内湯1つのみで、窓越しに庭と接していたが、現在はそこがシンプルモダンな中庭に。その先はルーバー越しに露天風呂を配置。緑を間近に眺め、高原に吹く心地よい風に乗って草花のにおいも感じられる。お湯はぬるめなので、姥子温泉の滑らかな泉質を堪能できる。露天風呂の湯船に隣接して腰掛け湯もあり、狭く薄暗い空間で瞑想気分に浸るもよし。

宿泊客のチェックインよりも前に訪ねたなら、独り占めして優雅な時間を過ごすことができそう。ゴルファーだけでなく、美術館めぐりを楽しむ人にも教えてあげたい温泉だ。

箱根仙石原プリンスホテル
源泉/新姥子温泉(単純温泉)
住所/箱根町仙石原1246 [地図]
電話/0460-84-6111
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス約35分「仙石高原」停徒歩9分
     国道138号線「仙石原」交差点より約2.5km
     ※無料駐車場あり
料金/大人1,500円、小学生750円、未就学児無料
時間/日帰り入浴は14:00〜18:00、年中無休

姥子温泉 芦ノ湖一の湯(箱根町湖尻)

姥子温泉芦ノ湖一の湯(箱根町湖尻)芦ノ湖は箱根を代表するレジャースポット。周囲18km、面積6.8k屬録斉狎邯最大で、湖畔には箱根関所跡箱根神社箱根園水族館などの見どころがあり、休日は観光客で賑わう。湖の南側「元箱根」「箱根町(関所跡)」と北側「湖尻(桃源台)」は遊覧船によって結ばれており、約30分のクルージングを楽しむことができる。今回紹介する「姥子温泉芦ノ湖一の湯」は一の湯グループの旅館で、湖尻の遊覧船乗り場からヘアピンカーブを越えた先にある。

洋風ロッヂの外観だが、地図を見たところもともとはスルガ銀行箱根寮。保養所だったのだろうか、客室21のわりにこぢんまりとしている。内風呂と露天風呂は離れたところにあり、いったん服を着て移動しなければならない。まずはフロント斜め後方の別棟にある露天風呂から。

姥子温泉芦ノ湖一の湯(箱根町湖尻)露天風呂は男女別に設けられているが、夜間は宿泊者が貸切で利用することもできるようだ。3帖ほどの岩風呂風の湯船とシャワーが1つあるだけで、周囲を塀に囲まれて面白みがない。配管設備はむき出しで、ややくたびれた感じも。旅館としての外観はきれいなので、徐々に手直しが図られることであろう。お湯は湯船のふちまでたっぷり入っており、勢いよくあふれ出ていく。外を通る車の走行音がかすかに聞こえる程度で、周囲はひっそりと静まり返っている。1人で、または宿泊して貸切で利用するならともかく、ほかの人が入ってきたら絶対に狭いだろうな、と思う。といったわけで、なんだか落ち着かないので、今度は内風呂へ。

姥子温泉芦ノ湖一の湯(箱根町湖尻)館内を2階に上がると客室が並んでおり、その先に内風呂がある。カラン3つと、1.5帖ほどの湯船があるだけのこぢんまりとした感じ。湯船は外側にタイルを貼っているが、内側はヒノキなのかいいにおいがする。お湯はちょっと熱めで、かなりの量がかけ流しで注がれており、湯船につかると勢いよくあふれ出る。お湯自体は無色透明だが、湯船の底やあふれ出たところの床は、温泉の成分によって黒ずんで変色している。姥子温泉は湖尻より北東に約1kmの地点に湧く温泉で、箱根十七湯のひとつ。眼病に効くとされ、坂田公時(金太郎)が目を傷めたとき、山姥が箱根権現のお告げで姥子温泉を見つけ、目を全快させたのだという。

窓を開けてみるとうっそうとした雑木林が迫っている。シンプルな浴室で何も楽しみがないが、この豊富な湯量を体感できるだけでじゅうぶんだろう。湯船は小さいので、1人で独占できたら贅沢な気分が味わえる。内風呂だけは訪れてみてもいいかも。しかし、それだと入浴料金が高いか…。

箱根全山〜箱根十七湯/姥子温泉〜(箱根町観光協会)
箱根芦ノ湖遊覧船(伊豆箱根鉄道)
箱根海賊船(小田急電鉄)

姥子温泉 芦ノ湖一の湯
源泉/姥子温泉
     元箱根温泉:マグネシウム・カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉
住所/足柄下郡箱根町湖尻160-51 [地図
電話/0460-85-5331(総合予約センター)
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス30分「ホテル箱根アカデミー」停徒歩4分
     県道75号線「湖尻」(桃源台遊覧船乗り場)より約500m
     ※無料駐車場20台分あり
料金/大人1,050円、子供500円
時間/13:00〜20:00(露天風呂は19:30まで)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ