旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

箱根大涌谷温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

仙石原品の木一の湯(箱根町仙石原)

仙石原品の木一の湯(箱根町仙石原)箱根に根ざして8施設を展開する一の湯グループの宿。仙石原地区には「品の木」「仙石高原大箱根」「はたご(⇒記事)」の3軒がある。今回日帰り入浴で利用したのは「品の木」のほうで、箱根ガラスの森美術館のすぐそば。国道138号線の裏通りに位置し、通りを隔てて「別邸」もある。ペンション風の外観だから、若いカップルには人気があるだろうなと思う。一の湯は企業の保養所を一般の旅館として再生する手法だが、施設ごとに個性があって面白い。ちなみに平成18年7月オープンで、客室は22室。

仙石原品の木一の湯(箱根町仙石原)フロントで入浴料を支払い、2階の浴室へ。脱衣所にはカゴしかないので、貴重品は下足箱わきのロッカーを利用する。

浴室はこじんまりとしたもので、洗い場は左右に6つだけ。湯船は4帖ほどの大きさで、縁のみに木を使っている。露天風呂は石を並べて作っており、こちらは4帖弱の大きさ。石と石の隙間をボンドで埋めているが、素人仕事で経費を浮かせました的な感じが微笑ましい。こざっぱりと片隅に植栽をまとめ、さほど良い景色ではないが、それなりに開放感はある。

仙石原品の木一の湯(箱根町仙石原)仙石原近辺では大涌谷温泉(箱根温泉供給の蒸気造成泉)を使用している施設が多いが、ここ品の木一の湯では露天風呂でのみ。といっても白濁していなかったのはたまたまなのか。内風呂では大平台温泉の無色透明のお湯を使用。つまり酸性硫黄泉とアルカリ性単純泉という、泉質の異なる2つの温泉を味わえるとあって、ちょっと得した気分。宿泊も低料金設定なので、仙石原を拠点とした箱根観光、あるいは御殿場方面への中継地点としても活用できる。

仙石原品の木一の湯
源泉/内風呂:大平台温泉(単純温泉)
     露天風呂:大涌谷温泉(カルシウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/足柄下郡箱根町仙石原940-2 [地図
電話/0460-85-5331(総合予約センター)
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス約25分
     「品の木・箱根ハイランドホテル前」停徒歩1分
     国道138号線「ガラスの森美術館」そば
     ※無料駐車場15台分あり
料金/大人1,050円、子供500円
     ※フェイスタオルつき
時間/13:00〜20:00

老人福祉センターやまなみ荘(箱根町強羅)

老人福祉センターやまなみ荘(箱根町強羅)強羅駅より地下通路を通って真裏にあるのが、箱根町の老人福祉センター。「お年寄りの健康増進、教養の向上、レクリエーションの場」(町の施設紹介)とあるが、さすが箱根だと思うのは浴室に温泉を引き込んでいることだ。さらには一般の外来客にも浴室を開放しているのだ。玄関先に「日帰り入浴」の文字はなかったような気がするし、館内はお役所的で観光客歓迎の雰囲気はない。しかも節電しているために薄暗いのだ。

浴室があるのは1階で、休憩室などが2階、講習室などが3階にあるようだ。受付にはパソコンで作成した料金表が貼り出されている。脱衣所には100円返却式のロッカーもあるが、先客はお年寄りというふうでもなかったけどカゴを使っていた。洗面台は2つあるが、うち1つは「老人専用」。仕様は変わらないのだが。注意書きとして「老人の利用が多いとき、断湯のとき…、は利用できません」とあった。

浴室は4帖ほどの大きさの湯船と、シャワー付きのカランが3つ。備品は固形石鹸のみ。2方向に窓があるのだが、曇りガラスで外の景色は見えないし、すぐそばを旅館に接している。湯船には手すりが設けられ、段差も大きく取っている。箱根温泉供給から引いた白濁した硫黄泉で、湯の花が湯船の底にも沈殿している。ほんのりと硫化水素臭が漂い、酸味も感じられる。強羅や仙石原では大涌谷のお湯を引く施設は多いが、手頃な料金で楽しめるという点ではおすすめしたい。しかし、入浴以外には面白味がないので「もうちょっと安ければなぁ」という気もする。

老人福祉センターやまなみ荘
源泉/大涌谷温泉(カルシウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/足柄下郡箱根町強羅1320-185 [地図
電話/0460-82-1211
交通/箱根登山鉄道強羅駅より徒歩1分
料金/大人650円、子供300円(6歳〜12歳)
時間/9:00〜15:00
    毎週水曜日、祝日、年末年始定休

箱根強羅温泉旅館組合/箱根強羅観光協会
箱根町観光協会

湯遊の里 南甫園(箱根町仙石原)

仙石原唯一の日帰り専門施設が、今回ご紹介する南甫園。玄関先に「日帰り温泉」の幟をたくさん立てているが、いままで気がつかなかったのは、定休日である水曜日に通りかかることが多かったからか。はたまた道路から引っ込んで建っているためか。平屋建ての素っ気ない建物で、外観からして宿泊施設だと思い込んでいたからかもしれない。もっと宣伝してしかるべきだが、いまどき公式のホームページすらない。それなのに温泉マニアの評価をあちこちで目にするのは、それだけ魅力的な施設だということか。

湯遊の里 南甫園(箱根町仙石原)温泉施設にしては建物の規模は大きく感じた。ネットで調べてみると、畳敷きの休憩室や喫茶スペースを備えているようだ。もとは旅館が、そのあと入浴も可能な中華料理店だった、という情報もある。そう言われると納得。現在は内装などにややくたびれた感じもあり、時間のせいもあって閑散とした印象も受けた。受付で料金を支払うと、浴室までの行き方をご丁寧に案内してくれた。廊下を進めばよいのだが。そして「お湯が熱かったら水を入れてください」と。脱衣所には「最近露天風呂にて湯あたり多発中。長時間の入浴はご注意願います」との手書きの注意文。のぼせる人がよっぱど多いのか…。

湯遊の里 南甫園(箱根町仙石原)内風呂は無色透明のお湯だが、これは温泉ではないのだろう。循環式で若干の塩素臭。室内は湯気が立ち込めているし、窓ガラスも結露していて外がよく見えない。カランは3〜4個だから、大勢の客を想定していないようだ。身体を洗ったら露天風呂に即移動したが、先客のおじさんいわく「熱いですよ〜」。

湯遊の里 南甫園(箱根町仙石原)露天風呂は大涌谷から引湯した蒸気混合造成泉。乳白色の硫黄泉で、確かにちょっと熱め。そのせいか、もしくは酸性泉であるためか、肌にピリピリした刺激を受けた。循環処理はしておらず、あふれた分だけかけ流し。色もにおいも温泉らしさがあって、評価が高いのもうなずける。しかし特筆すべきは、露天風呂から眺める景色だろう。スケール感のある庭園に面していることなど、誰が想像できようか。植栽は手入れしているようで、していないような。しかし、自然の移ろいをありのままに感じることができる。外観とのギャップ、内風呂とのギャップったら!もうちょっと営業熱心になれば、施設としてもっと良くなるのに…。

南甫園(箱根全山-箱根町観光協会)

湯遊の里 南甫園
源泉/大涌谷温泉(含硫黄−カルシウム・マグネシウム−硫酸塩泉)
住所/足柄下郡箱根町仙石原934 [地図
電話/0460-84-8591
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス30分「仙郷楼前」停徒歩2分
     ※無料駐車場30台分あり
料金/大人1,000円、3歳〜小学生500円
時間/10:00〜19:00、毎週水曜日定休

四季倶楽部フォレスト箱根(箱根町仙石原)

四季倶楽部フォレスト箱根(箱根町仙石原)箱根には「一の湯」「伊東園」「パイプのけむり」といったホテルグループが進出している。これらは企業の保養所を再生したケースが多く、共通のノウハウとサービスを提供することでコストカットを図り、格安料金での宿泊を可能にしている。「四季リゾーツ」もこうした手法で展開するホテルグループの1つで、全施設がオールシーズン1泊朝食つき5,250円。稼働率90%以上を誇るという。

全国は28施設を運営しているが、そのうち箱根には9施設。箱根はしょっちゅう行くが、そんなにあるとは知らなかった。調べてみるとすべての施設で、日帰り入浴の利用ができるらしい。今回は仙石原の「フォレスト箱根」を訪ねてみた。2001年5月にオープンした、四季リゾーツ1号店の施設だ。

通りから奥に引っ込んでいるので目立たないのは当然だが、現地のホテルらしくない雰囲気にはちょっと戸惑った。控えめな看板だし、重厚な2枚のドアによって館内の様子をうかがうこともできない。館内に入ると、まず贅沢なほどに開放的で吹き抜けのロビー。フロントでは日帰り入浴だというのに芳名帳に記名をする。「四季倶楽部」という名前からして会員制リゾートを思わせるが実際はそうではないし、格安の宿泊料金だというのに高級ホテルの雰囲気を感じさせる。

浴室は2ヶ所に分かれている。内風呂は3階に、露天風呂は渡り廊下の先の別館1階にある。まずは内風呂を訪れてみたが、こちらは温泉ではない。台形で6帖大の湯船の半分は激しいバイブラ湯。ガラス張りで目の前は雑木林の眺めだ。小さなサウナとカランが4つ、立ちシャワーが2つあるが、客室数に比して足りているのかという疑問。しかし調べてみると客室は17室だというから、この程度の広さでじゅうぶんなのかもしれない。ひっきりなしに客が出入りするものの、長湯する人もいない。みんな露天風呂へと流れていくことを前提としているからだろうか。

四季倶楽部フォレスト箱根(箱根町仙石原)露天風呂は4人が限度な大きさで、残り一人分に足を屈めてつかる。白濁したお湯は箱根温泉供給株式会社の蒸気造成温泉を引いてもので、かすかに硫黄の匂いが漂う。こちらも雑木林の眺めだが、お湯はぬるめなのでみんな長湯を楽しんでいる。簾は何のために掛かっているのか、硬くて立て付けの悪い戸をいつ直すのかというささいな疑問も。ピークを過ぎればゆったりと満喫することができた。

日帰り入浴の料金としては相場並みだが、宿泊は文句なしに安い。箱根ならば民宿でも不可能な料金ではないだろうか。それでいてハードとソフトの両面で満足度は高い。広告宣伝を目にする機会が少ないので、まだまだ露出度や認知度は低いように思うが、そのぶんはリピーターや口コミで補っているのではないだろうか。

四季倶楽部日帰りのご利用について(四季リゾーツ)
ルビコンの決断(テレビ東京-2009年10月22日放送)

四季倶楽部フォレスト箱根
源泉/大涌谷温泉(カルシウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/足柄下郡箱根町仙石原1285-12 [地図
電話/0460-84-5588
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス約30分「俵石」停徒歩5分
料金/1,050円(フェイスタオル・バスタオル貸与)
時間/15:00〜18:00、年中無休

仙石原はたご一の湯(箱根町仙石原)

仙石原はたご一の湯(箱根町仙石原)箱根町仙石原には手頃な宿泊料金で知られる「一の湯」グループの宿が3軒あるが、はたご一の湯はそのうちの1軒。全10室の小さな旅館である。湿生花園の東側に位置し、星の王子さまミュージアムラリック美術館といった観光施設にもほど近い。周辺にはホテルや企業の保養所などが点在し、ちょっとした高原リゾートの雰囲気でもある。

建物はアパートを改装したような長屋造り。客室は三島宿、由比宿、蒲原宿、…と東海道の宿場にちなんで名づけられ、外通路に面すため個別の玄関が付いている。手前にある受付で入浴料金を支払ったら、いちばん奥の「小さな大浴場」へ。日中は男女別の浴室として使用されているが、夜間は宿泊者が空いている方を貸切で使用することも可。小さな大浴場の名の通り、浴室内にはカラン3つと1.5帖ほどの小さな湯船。お湯は透明なので、温泉を引いていないのではないかと思う。せせこましいし、建具や設備はちょっとくたびれている。内風呂は退屈なので露天風呂へ。

岩風呂のつくりで、箱根温泉供給会社の硫黄泉(大涌谷温泉)を引いている。注がれるお湯は透明だが、湯船の中は細かい湯の花で真っ白に濁っている。透明度は20cmほどで、ほんのり硫黄のにおい。湯船の底は堆積した湯の花でざらざらとしており、すくうとお湯の中でふわっと舞い上がる。塀に囲まれていて、その塀の上からタンクが見えたりするが、静かな雰囲気は申し分なし。屋根は半分がすだれになっているので、狭いわりには開放感もある。お湯はちょっと熱めで、湯ざまししようと岩の上に腰掛けていたら、乾いた身体には粉状の湯の花がうっすらと付いている。濃度はじゅうぶんだ。比較的遅い時間まで日帰り入浴を受け付けている点も魅力的。箱根でにごり湯を楽しみたいなら、訪れる価値はあるだろう。

仙石原はたご一の湯
源泉/大涌谷温泉(カルシウム・マグネシウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/足柄下郡箱根町仙石原817-211 [地図
電話/0460-85-5331(総合予約センター)
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス30分「仙石原案内所前」停徒歩10分
     国道138号線「仙石原」交差点より約900m
     ※無料駐車場8台分あり
料金/大人1,050円、子供500円
時間/13:00〜20:20
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ