旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

箱根塔ノ沢温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

塔の沢一の湯本館(箱根町塔ノ沢)

一の湯本館(塔ノ沢)箱根湯本駅前から函嶺洞門を過ぎ、塔ノ沢地区に入ると、道の両側には趣のある木造旅館が建ち並ぶ。「一の湯」も明治期に建てられた数寄屋造りの木造4階建で、創業は寛永7年(1630)だという。背後は早川渓谷の流れに面し、いわゆる老舗旅館なのだが、箱根各地に点在する系列旅館7店舗と合わせて「一の湯グループ」として営業展開している。これらグループ各旅館では1人あたり1万円前後という格安の料金で宿泊できる。

一の湯本館では日帰り入浴も受け付けており、日帰り客も宿泊客と同じ浴室を利用する。玄関を入るとフロント、そして右手にお土産コーナー、左手に囲炉裏を囲んだ休憩コーナーがあり、浴室はその先にある。女湯が「金泉の湯」、男湯が「恵みの湯」で深夜から午前中の間は男女が逆になる。宿泊して朝風呂につかるならば両方の湯に入れるというわけだ。ちなみに湯船は金泉の湯のほうが大きな造りのようだ。

浴室には洗い場と湯船が1つあるだけ。洗い場には蛇口が3つ並び、水しか出ない。お湯は目の前にある溝に溜まっているので、そこから手桶で汲み上げて使う。このお湯は源泉そのもので、かけ流しとなっている。「江戸時代の上がり湯の不便さを…」というが、シャワーの生活に慣れてしまっていると、たしかに不便である。湯船のほうは循環かけ流し。黒い石造りで、4〜5人が入れそうな台形の形をした浴槽。

旅館のお風呂としてはこじんまりとしているが、露天風呂・展望風呂付きの客室もあるのでこの大きさでも混まずにやっていけるのかも。旅館の日帰り入浴だと宿泊客がチェックインする時間帯には終わってしまうのが普通だが、ここは20時まで利用できるでちょっと立ち寄りたいときには非常に便利。当日に限って、箱根のほかの地区にある「一の湯」グループの旅館のお風呂にも入浴できる。あちこち湯めぐりしたい人にはおすすめ。(→一の湯グループ「湯めぐり・立寄り(日帰り)温泉」を参照)

塔ノ沢一の湯本館
源泉/塔之沢温泉(単純温泉)
住所/足柄下郡箱根町塔ノ沢90 [地図
電話/0460-85-5334
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅より旅館組合送迎バス
     または箱根湯本駅よりバス3分「上塔ノ沢」停徒歩1分
     湯本駅前より国道1号線で函嶺洞門を過ぎ、玉の緒橋を渡ってすぐ
料金/大人1,050円、子供500円(タオル付き)
時間/13:00〜20:00

ひめしゃらの湯(箱根町塔ノ沢) ※2012/10/31閉館

ひめしゃらの湯ひめしゃらの湯は箱根ベゴニア園に隣接する日帰り温泉施設。小田急系の施設だけあって、電車の車内や駅ポスターなどでも宣伝しているので、沿線での知名度はあると思う。ちなみにベゴニア園では球根ベゴニアを中心に各種ベゴニア、そして熱帯花木が約600種、10,000株ほどが咲き誇っているという。訪れたこともないし、ベゴニアについての知識もないのでよくわからないのだが、簡単に言えば植物園である。

国道1号線の箱根湯本駅前より登山電車のガードをくぐってすぐに左折。土産物屋が並びわりと賑やかな駅前とはうってかわって、寂しい山道をひたすら走る。しかも登り始めはかなりの急勾配だったりする。ベゴニア園とひめしゃらの湯があるのは、その山道のどん詰まり。駅から約1km弱の距離だと思う。途中ところどころには看板と小さな駐車場があるが、もちろん施設の前にも20〜30台分の駐車場がある。

内湯はかなり大きくて、左右にジャグジーとバイブラつき。2面がガラス張りになっており、明るいし、清潔感があり、まともな施設だなという印象。塩素臭がちょっと気になるが。岩風呂の露天風呂もまた大きめで、こちらはぐるりと森に囲まれている。手入れしているようで、森林浴の気分を味わえるという点ではおすすめできる施設。山の斜面に建っているため、ベンチに座って目を凝らせば、木々の隙間からは国道を走る車が崖下に見える。ちなみに施設名の「ひめしゃら」は、屋久島から箱根までの太平洋岸の山地に分布するツバキ科の樹木で、7月中旬頃に小さな花を咲かせるという。露天風呂に苗木が植えてあったが、それよりも森の雰囲気の素晴らしさは一度体験してほしい。昼の緑もよいが、夜はきれいにライトアップされるので、それもまた良し。

といういわけで、入館料の1,050円は箱根では相場なのだが、温泉だけが目的ならば18時以降の600円はかなりお得感あり。

ひめしゃらの湯
源泉/塔ノ沢温泉(ひめしゃら源泉:単純温泉)
住所/足柄下郡箱根町塔ノ沢4 [地図
電話/0460-85-8383
交通/箱根登山鉄道塔ノ沢駅より徒歩4分
     箱根湯本駅より送迎バスあり
料金/大人1,050円、小学生以下500円
     (18:00以降)大人600円、小学生以下300円
     ※ホームページに100円割引クーポンあり
     ※箱根ベゴニア園とのセット券は大人1,450円、小学生以下700円
時間/10:00〜20:00



(追記-2012/7/27)
小田急箱根グループでは、総額約35億円規模の大型設備投資を実施。
その一環として、2013年3月オープン予定で日帰り温泉施設を新設する。
これは既存の「ひめしゃらの湯」を大幅に拡充したもので、古民家風の里山温泉をイメージした「里山 湯治村」をコンセプトとし、目玉となる貸切個室露天風呂は19室を用意(関東最大級)。既存施設においては、露天風呂の増設、壷風呂、サウナの新設、内風呂の内装改修、休憩室の拡充などによって新設施設と一体感を図るという。
プレスリリース(pdf)-2012/5/14

これにより、ひめしゃらの湯は2012/10/31をもって閉館となる予定。

(追記-2013/1/9)
温泉施設の名称が「箱根湯寮」に決定。オープン予定が3月下旬と発表された。
プレスリリース(pdf)-2013/1/8
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ