旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

箱根二ノ平温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン

湯処長楽(箱根町小涌谷)

湯処長楽(箱根町小涌谷)以前、二ノ平地区にある共同浴場「亀の湯」を紹介したが、この近辺には小規模の旅館も何軒か点在する。そのうちの1軒が亀の湯の斜向かいにある「湯処長楽」。ドーム型の屋根を持った3階建の建物で、館内でまず感じたのはアットホームな雰囲気。何度目かの呼び鈴で出てきたのは、85歳になるというおばあちゃん。「元気ですね」と声をかけたら、3年前に圧迫骨折をわずらったが、医者の治療でだいぶ良くなったとのこと。最後に「温泉もいいみたい」という言葉があってほっとした。

浴室は1階奥(長の湯)と地下1階(楽の湯)にある。男湯と女湯という区別はせず、浴室自体は大きくないため、貸切的な感じの利用になるようだ。訪れたときはどちらも女性が利用中で、30分ほどロビーで待たされた。ダイニングテーブルが幾つか並び、食堂を兼ねている。待ち時間の間の話し相手がおばあちゃんだった、というわけである。なお、客室にはミニキッチンを備えているため、自炊の長期滞在も可能だ。

案内されたのは1階の浴室だった。3帖ほどで横長の湯船が1つ、それにカランが3つあるだけのシンプルさ。本当は樽型の露天風呂も備えた地下1階の浴室が良かったが、こればかりは運だから仕方ない。内装も湯船もタイル張りの素朴な浴室で、室内は湯気で真っ白。窓を開けてもよしずが掛かっているために外の景色はうかがえない。それでも循環ながらかけ流しで、蛇口からホース伝いに熱いお湯が絶えず注がれている。斜向かいの亀の湯と雰囲気は変わらないじゃないかという気もするが、ひたすら温泉を堪能するのみである。

正月は箱根駅伝の青学大チームが合宿していて賑やかだったそうだし、外国の旅行ガイドにも紹介されているから、各国の観光客も多数訪れるという。リーズナブルな宿泊料金も魅力のひとつ。ここを拠点にして箱根を満喫するのも良いだろう。

湯処長楽(箱根・二ノ平小涌台地区飲食店組合)

湯処長楽
源泉/二ノ平温泉(ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉)
住所/足柄下郡箱根町小涌谷525 [地図
電話/0460-82-2192
交通/箱根登山鉄道彫刻の森駅より徒歩7分、小涌谷駅より徒歩8分
料金/大人550円、小人300円
時間/9:00〜20:00

亀の湯(箱根町二ノ平)

亀の湯(箱根町二ノ平)二ノ平温泉は昭和38年に湧出した箱根では新しい温泉地。小涌谷と強羅の中間に位置するが、彫刻の森美術館の周辺と言ったほうがわかりやすいかもしれない。狭いエリアではあるが、県道723号線沿いには一般住宅のほか、小さな旅館が点在する。そんな二ノ平の小涌谷寄りにあるのが「亀の湯」である。民家と思って通り過ぎてしまいそうな小さな建物だ。

浴室は男湯と女湯と家族風呂が1つずつ。以前訪れたことがあるのだが、2人くらいしか入れないんじゃないか?というほど湯船が小さかった記憶があるので、今回はあえて客が少なそうな時間を狙って訪れた。平日18時頃。客どころかフロントにも誰もいなかった。「番台は不在が多いですがご自由にどうぞ」といったことが書いてあり、どうしたものかと様子をうかがっていると、奥の部屋からテレビの音がかすかに聞こえる。「ごめんください」と何度か声を掛けてみるが、返事がない。「ご自由に」ということなので、勝手に入っちゃうか!と、男湯をのぞいてみると湯船にお湯が入っていない!

亀の湯(箱根町二ノ平)-家族風呂すると、部屋からおばちゃんが現れ、「今日は雨がひどいからこっちに入って」。そこは家族風呂だった。客が少ないので家族風呂と女湯にしかお湯を入れていないと言う。といっても、浴室自体は男湯や女湯と広さはたいして変わらず、湯船なんて約1帖半といったところ。蛇口からはお湯がちょろちょろ出っぱなしだが、湯船の底からお湯を抜いているので溢れることはない。源泉は70℃だが水で温度を下げているのか、蛇口から出るのは熱湯ではない。湯船のお湯もぬるめだったが、じっと浸かっていると身体がよく温まる。「浴槽内に蛇口より水を入れないで下さい。温泉が熱い時は桶で数杯水を入れて体をならしお入り下さい。ぬるい時は湯を沢山出してお入り下さい」とのこと。

帰る頃にはおばちゃんがフロントに座っていた。「これからお客さんが来る時間だから、座ってないとね」。19時を過ぎる頃からは地元客が訪れるらしい。観光客は平日の昼間か休日が多いのだとか。いつしか話題は昨今の不景気や物価高、食品偽装へと変わり、「困っちゃうわよね。何を信じてよいのやら」。話し好きの楽しいおばちゃんだ。

箱根全山〜箱根十七湯/二ノ平温泉〜(箱根町観光協会)

亀の湯
源泉/二ノ平温泉(ナトリウム−塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉)
住所/足柄下郡箱根町二ノ平1080 [地図
電話/0460-82-2344
交通/箱根登山鉄道彫刻の森駅または小涌谷駅より徒歩6分
料金/大人550円、子供450円
     家族風呂は大人700円、子供400円
     休憩室1,000円(11:00〜17:00)
時間/11:00〜21:00、定休日なし
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ