旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

秘湯

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

蛇の湯温泉たから荘(東京都檜原村数馬)

蛇の湯温泉たから荘(東京都檜原村数馬)白川郷の合掌造り、京都の町家など、地域の風土に根ざした建築様式は興味深い。東京都の最西端、檜原村数馬では兜造りの古民家を数棟見ることができる。兜造りは合掌造りにも似た様式だが、兜のように見えることからその名が付いた。小屋裏では養蚕が行なわれていたという。蛇の湯温泉たから荘の兜造りは、江戸時代中期の建築で、国の登録有形文化財に指定されている。(文化遺産オンライン

蛇の湯温泉たから荘(東京都檜原村数馬)古民家の昔風情は座敷にも表れている。太平洋戦争に出征した先祖様のご尊顔や、赤紙(召集令状)などが飾られ、傍らの座卓は雑誌が雑然としていたり、まるで個人のお宅を訪ねているかのよう。客室は別棟にあるようだから雰囲気はわからぬが、母屋だけは素朴な民宿の趣。山里の斜面に建っているため、階段を下って浴室へ。ロッカーはないから籠を使う。

蛇の湯温泉たから荘(東京都檜原村数馬)浴室には湯船1つ。窓の外は鬱蒼とした緑の景色。そして、南秋川の渓流を見下ろす。温泉は自然湧出で、泉温10.6℃の無色透明。蛇の湯温泉は「武蔵野風土記」にも記された古湯で、たから荘ただ1つ。ちなみに、東京都唯一の「日本秘湯を守る会」加盟旅館でもある。秘湯を実感するより、むしろ「ここも東京なのか!」とロケーションに驚くばかり。そして、ひと昔前はこのような鉱泉宿が各所にあったのだろう。旅情ムードに浸るとともに、タイムスリップしたかのような錯覚を覚えた。

蛇の湯温泉たから荘(東京都檜原村数馬)

蛇の湯温泉たから荘
源泉/蛇の湯温泉(単純硫黄冷鉱泉)
住所/東京都西多摩郡檜原村数馬2465 [地図]
電話/042-598-6001
交通/JR五日市線武蔵五日市駅よりバス65分「仲の平」停下車
     国道20号線「本町」交差点より山梨県道33号線経由で約22.6km
     国道411号線「油平」交差点より都道7号線〜206号線経由で約30km
料金/大人1,000円、小学生700円、幼児500円、2歳以下無料
時間/10:00〜18:00

赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)

赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)赤城山は榛名山、妙義山と並んで上毛三山のひとつ。上州名物といえば空っ風だが、これは赤城山から吹き下ろす北風のことで、「赤城颪」とも言うそうだ。しかし、夏を迎えようとするこの日は、赤城山を峠を上るにつれ霧がひどくなってきた。そして、今回の目的地「御宿総本家」に到着したときは、あたり一面濃霧に包まれていた。

赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)赤城温泉郷は赤城山南麓に点在する宿の総称で、その中でも御宿総本家の創業はひときわ古く、元禄2年(1689)だという。現地からは老舗の風格はまったく感じられないが、まず気になったのは「Many Interesting Objects are Displayed in our Ryokan. SOUHONKE」の文字。ここを訪ねる外国人はよほどの旅行通だと思うが。

玄関をくぐるとフロントマンが出迎えてくれた。内風呂は1階、露天風呂は3階にあるという。廊下には古今東西の雑貨が並んでいるが、それらに趣味の統一感はなく、お世辞にも高価な品には見えない。それはさておき、内風呂はすごかった。




いかす温泉天国(まぼろしチャンネル)に全篇を掲載しています。
No.12 温泉マニア感涙。赤城山麓の個性派旅館
どうぞご覧ください!




赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)
赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)
赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)
赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)赤城温泉御宿総本家(群馬県前橋市苗ケ島町)


赤城温泉御宿総本家
源泉/赤城温泉(カルシウム・マグネシウム・ナトリウム−炭酸水素塩泉)
住所/群馬県前橋市苗ケ島町2034 [地図
電話/027-283-3012
交通/国道353号線「三夜沢町」交差点より県道16号線で約6.4km
     (JR両毛線前橋駅より約24km)
料金/500円
時間/8:00〜21:00(要確認)

赤城温泉郷(前橋まるごとガイド)
好きですまえばし第31号:特集「THE温泉」(PDF)

切明温泉川原の湯(長野県栄村堺切明)

秋山郷は新潟県津南町と長野県栄村にまたがって点在する12の集落の総称で、江戸文政年間の文人・鈴木牧之によって紹介された。西に鳥甲山、東に苗場山、その谷間には中津川が流れる。メインとなるルートは津南町からの国道405号線だが、車のすれ違いもままならない険しい山道が続く。志賀高原からのルート(奥志賀公園栄線)もあるが、冬期は閉鎖される。かつて飢饉が襲ったときには餓死者も出て、3つの村が滅んだという。いまだって落石や雪崩などで道路が分断されたら、たちまち陸の孤島と化すだろう。いまもむかしも秘境であることに変わりはない。

切明温泉への道切明温泉への道新潟県津南町と長野県栄村の県境

この厳しい環境の中で、自然の恵みといえば集落に湧く温泉だ。北から逆巻、結東、小赤沢、屋敷、上野原、切明の温泉があり、各地に数軒の旅館もある。小赤沢温泉は酸化した鉄分による赤褐色のお湯、屋敷温泉は目の前に中津川を眺めながらの露天風呂が楽しめる。そして切明温泉の名物といえば、川そのものが露天風呂というワイルドなロケーションだ。

小赤沢集落小赤沢温泉楽養館屋敷集落
雪に埋もれる小赤沢(左)と屋敷(右)集落。小赤沢温泉楽養館(中)は4/20時点で冬期休業中だった。

切明温泉の歴史は古く、江戸時代中期に箕作地区の名主・島田三左衛門によって発見されたという。鈴木牧之の「秋山紀行」では湯本と記されているが、江戸時代中期には宿が流され、復活したのは昭和47年のこと(村営の宿・雄川閣)。現在はほかに2軒の宿が営業をしているが、民家は1軒もない。

切明温泉川原の湯切明温泉川原の湯切明温泉川原の湯

雄川閣より吊り橋を渡り、中津川の川原を200mほど歩いていく。雪が足首以上に積もり、道の格好をなしていないが、川から立ち上る湯気でだいたいの位置はわかった。川原には大小の石がゴロゴロしており、すでに岩風呂のように石が並んでいる。川底から湧く温泉と川を流れる冷たい水が混じり合い、人肌程度の温さ。浅いところをよく見るとぷくぷく湧き出していて、そこは若干熱め。川の水が注ぐところは当然冷たく、加減が難しいのだが、スコップで作るなど面倒だし、そもそもスコップを持っていないし。湯加減以上に困ったのは、川底に堆積した落ち葉や藻がぬるぬるして気持ちが悪いこと。諦めて足湯で済まそうかとも考えたが、3分後には服を脱いでいた。もちろん脱衣所はないので、水着やバスタオルがあるとよいかも。と言いつつ、自分は持っていないが。

切明温泉川原の湯切明温泉川原の湯

温くても冷たくても慣れてしまえば極楽露天風呂。都会のスーパー銭湯では味わえないこの開放感、むしろ開放的過ぎるかもしれない。温泉が大自然の恵みだと実感できるひとときだ。

切明温泉川原の湯

切明温泉川原の湯
源泉/切明温泉(カルシウム・ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/長野県下水内郡栄村堺切明 [地図
交通/国道405号線・117号線「大割野」交差点より約33km
料金/無料
時間/24時間

津南彩発見(津南町観光協会)
秋山郷観光協会
栄村観光協会
越後秋山郷(アトラスデザインワークス)

切明温泉の宿
雄川閣 切明リバーサイドハウス 雪あかり

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)

那須湯本は「那須七湯」の中心的温泉街で、大小のホテル、旅館が点在している。日帰り温泉施設としては「鹿の湯」(⇒記事)が有名。しかし今回は「那須の珍湯」を自称する老松温泉喜楽旅館を訪ねた。

詳細は、
那須の珍湯!?そこには衝撃的な光景が… : いかす温泉天国
(まぼろしチャンネル)にて。

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
那須街道の郵便局にさしかかるカーブの手前「旭橋」が進入路。看板が目印。しばらく行くと、使われず放置された建物がある。

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
ガラクタとともに首だけの人形も捨てられている。不気味なこと極まりない。そして、こんどは「那須の珍湯」の石碑。お金の使い方を間違えているとしか言いようがない。

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
そこから先は未舗装の道。駐車場は石碑のところに適当に。やがて旅館の建物が見えてきた。旅館と自宅は向かい合って建っている。

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
左が旅館。右が自宅。どちらも相当の年季が入っている。

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
旅館の痛み具合は凄まじかった。自然災害!?重機で解体途中!?なぜこうなった…。

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
いちおう営業はしていた。

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
浴室はまともだった。湯治場的な雰囲気がいい。那須湯本が引いているわけではなく独自の源泉だという。白濁した硫黄泉。

老松温泉喜楽旅館
源泉/老松温泉(泉質不明)
住所/栃木県那須郡那須町湯本181 [地図
電話/0287-76-2235
交通/那須街道(県道17号線)旭橋より約400m
料金/大人500円、小人300円(0歳〜10歳)
     ※45分以内
時間/8:00〜20:00、年中無休

詳細は、
那須の珍湯!?そこには衝撃的な光景が… : いかす温泉天国
(まぼろしチャンネル)にて。

葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)

大町市街地から大町ダムを経て、高瀬川を上流へさらに約5km。高瀬渓谷に湧くのが葛温泉だ。慶長年間の飢饉の際に村人が葛を採りに山中に入り、温泉を発見したのが発祥とされている。400年に渡って湧き続けているのだが、昭和44年8月の豪雨は土石流となって旅館3軒が流失、交通が寸断され孤立状態となる水害(44災)を経験した。これを契機に大町ダムが建設され、葛温泉は現在、仙人閣湯宿かじか高瀬館の3軒が高瀬川沿いに点在している。

しかし今回は旅館の日帰り入浴ではなく、目当ては河原の野湯。「無料&格安温泉」(SAN-EI MOOK)という本を参考にして訪れたのだが、「県道を走りながら見当をつけて橋を渡り〜」という記述で、その場所は特定できた。橋といえば「湯宿かじか」に渡る橋くらいしかなく、そこから河原を眺めてみると、ゴロゴロとした岩場の中に湯溜まりのような箇所がいくつかある。天然なのか人工なのかはわからないが、どう見ても岩風呂だ。橋を渡ってそこに近づくと、「ここで水あそびしてはいけません」という看板のすぐ傍から、「河原へと下りてください」と言わんばかりにロープが垂れ下がっている。これで、河原までの斜面は容易に上り下りすることができる。

葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)
葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)
葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)
葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)

河原のあちこちから温泉が湧いていた。周囲の石が変色しているし、煮えたぎる感じもすぐわかる。熱湯なのは一目瞭然なので、川の水と混じって程よい湯加減を探すも、むやみに手を突っ込むと火傷は必至。かといって川に近づくと水が冷たい。河原をさんざん歩き回ってみたが、熱すぎたり冷たすぎたりして入浴できそうな場所はない。川の水がもう少し多ければよかったのだろうけど、季節や天候が左右するし、大雨やダムの放流によって増水したら危険な場所。そもそも県道や橋から丸見えのロケーション。

葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)
葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)

この記事を書くにあたって調べてみたら、源泉は約80℃あるという。どうりで熱いわけだ。野湯としてはアクセスしやすいし、高瀬渓谷の景色も良好だが、いつでも気軽に温泉を楽しめるというわけではない。それを踏まえて野湯であるのかもしれないが。今回は残念だったが、長野県内には河原の野湯として有名な温泉があちこちにある。これらを訪ねてみるのも面白い。

葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)
葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)

葛温泉河原の野湯
源泉/葛温泉(単純温泉)
住所/長野県大町市平 [地図
交通/長野道豊科ICより県道326号線経由で約40km
料金/無料
時間/24時間

大町市観光協会

無料&格安温泉―入湯料すべて500円以下!全国実湯200湯 (SAN-EI MOOK)
無料&格安温泉―入湯料すべて500円以下!全国実湯200湯 (SAN-EI MOOK)
クチコミを見る
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ