旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

白岩温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン

小川温泉共同浴場(静岡県伊豆市上白岩)

小川温泉共同浴場(伊豆市上白岩)旧中伊豆町の白岩温泉白岩の湯(⇒記事)は以前ご紹介したが、今回はその近所にある小川温泉共同浴場。県道沿いにあって地域の行政施設に隣接した白岩の湯とは対照的に、小川温泉は大見川寄りの集落にあるため少々わかりづらい。とはいっても県道から約600m、大見川に架かる橋のたもとに建っている。バス停の名前から推測すると、小川というのはこの集落の名前であるようだ。

まだ日も暮れていない時間だというのに大勢の客が訪れていた。建物の正面の駐車スペースは満車状態だったから、この集落だけでなく近隣からの客も多いようだ。素朴な風情の建物は中央に廊下を設け、その右側に受付がある。いちごや海苔といった地場産品、さらにはツナ缶が並んでいたが、お土産に買っていく人が多いのだろうか。左側には浴室があるのだが、男湯は奥に位置するため、脱衣所入口はカーテンのみ。棚と流しがあるだけで、いたってシンプル。

浴室にはカラン4つと湯船1つ。すでにすべてのカランが埋まり、1.5帖ほどの湯船にも4人がつかっている。常に入れ替わりがあるのはいいけれど、窮屈な感じは続く。これから夜になるにつれてもっと混み合うという。白岩の湯も混んでいたが、それには近隣住民の温泉好きもあるだろうし、なにより200円という入浴料の安さだろう。「今日はぬるいね」なんておじいさんは言うが、客観的に言えば適温の範疇。しかしみんな好き勝手にコックをひねり、湯量で温度を調整している。おじいさんいわく「白岩の湯はぬるくて嫌だ」。2つの共同浴場にはそれぞれ根強い支持層がいて、地域を二分しているのだろうか。浴室にはモザイクタイルで花咲か爺さんが描かれている。女湯は浦島太郎なのだとか。

周囲に観光すべきスポットはないため、多くの人は上白岩地区を素通りしてしまうだろう。もうひとつの共同浴場「白岩の湯」は県道沿いにあるため、その存在に気づく人がいるかもしれないが、小川温泉共同浴場を知る人はよっぽどの温泉マニア。ひっそりと営業しているのかと思いきや、地域の常連ばかりで面食らうが、だからこそ共同浴場めぐりは面白い。

小川温泉共同浴場
源泉/白岩温泉(ナトリウム−硫酸塩泉)
住所/静岡県伊豆市上白岩1268-2 [地図
電話/0558-83-2357
交通/国道138号線修善寺より県道12号線
     「資料館前」交差点より大見川方面へ約600m
料金/200円
時間/14:30〜20:30、毎週木曜日定休

⇒白岩温泉白岩の湯

白岩の湯(静岡県伊豆市上白岩)

修善寺から伊東へ横断するためには、県道12号線で山越えをしなくてはならない。しばらくは大見川沿いののどかな景色が続くが、このあたりは伊豆市として広域合併する以前は中伊豆町だった地域だ。途中でコンビニに立ち寄ったのだが、一段下がって隣接している建物には「白岩の湯」と大きな看板が掲げられているのを発見。正面にまわってみてわかったのは、ここは中伊豆交流センターという、会議室などを備えた伊豆市の行政施設だということ。併設する白岩の湯は地域住民のための共同浴場であるが、観光客の利用も可能。そのうえ入浴料は200円と格安だ。

白岩の湯(伊豆市上白岩)白岩の湯(伊豆市上白岩)(夜の白岩の湯)
白岩の湯(伊豆市上白岩)白岩の湯(伊豆市上白岩)(昼の白岩の湯)

玄関先の受付で料金を支払い、館内のいちばん奥にある浴室へ。脱衣所では籠を使用し、ほかに洗面台とベンチがあるだけのシンプルなつくり。たいして広くはないので場所を譲り合いながら服を脱ぐようだったが、浴室の扉を開けてびっくり。5つしかないカランはすべて埋まり、扇形の湯船にも5人。さらに客は増える一方。石鹸の泡が湯気とともに室内に漂い、目にしみる。平日だというのに、いつもこんなに混雑するのだろうか。さすがに落ち着かず、ほどほどに温まったところで出てきてしまった。館内にソファと座卓の休憩室もあったが、おじさんが事務仕事に取り組んでいたので、さすがによそ者が入室できる雰囲気ではなかった。

この地区には共同浴場がもう1軒あり、そちらは「小川温泉共同浴場」(⇒記事地図)という。市営施設である白岩の湯とは源泉が異なり、さらにはかけ流しで提供されているのだとか。もっと素朴な雰囲気を味わいたいならば、そちらを訪れてみると良いだろう(大人200円、子供100円、15:00〜20:30)。

白岩の湯
源泉/白岩温泉(富士見温泉白岩3号:単純温泉)
住所/静岡県伊豆市上白岩367 [地図
電話/0558-83-2298
交通/国道138号線修善寺より県道12号線で約4km。「資料館前」交差点そば
     ※無料駐車場50台分あり
料金/大人200円、子供100円
時間/10:00〜20:00、毎週火曜日・年末年始定休

(10/01/31追記)---------
昼間の写真を追加しました。

⇒小川温泉共同浴場
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ