旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

甲府温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

トータス温泉(山梨県甲府市小河原町)

トータス温泉(山梨県甲府市小河原町)甲府駅から南に伸びる平和通りと国道20号線甲府バイパスが交差するのが中小河原立体交差点。甲府市内で温泉めぐりをする人は何度も通る交差点だろう。そしてこの交差点のすぐそばにあるのがトータス温泉だ。ループ線に沿った生活道路に面しており、またトータスマンションの陰に隠れているためちょっとわかりにくい。

以前紹介した新亀遊温泉と同じく地元の亀遊不動産が経営しており、「トータス」とは亀の意味。とくに深い意味はなさそうだ。券売機でチケットを購入し、下足箱の鍵と引き換えにロッカーの鍵を受け取る。フロントのわきには20帖ほどの休憩室があって、テレビを見ながら寛いだり、横になってゴロ寝する人、弁当を広げる人などさまざま。銭湯より100円高いが、その価値はそこにあるのだろう。2006年2月オープンとあって建物の内外はとてもきれいだ。

トータス温泉(山梨県甲府市小河原町)浴室には熱い、温いの2つの湯船があって、驚くべきは大量のお湯があふれ出ていることだ。甲府ではこれが普通なのだが、客が少ない時間帯では贅沢すぎる光景だ。露天風呂は岩風呂風のバイブラ湯で、さらに温めで気持ちがいい。温泉は「金の湯」と名乗るだけあって、琥珀色が特徴的で、光に当たると一層輝いて見える。かすかな濁りもあり。そしてタイヤのような、打ち立てのアスファルトのようなにおいをかすかに感じる。

市内でも個性的な温泉の1つだと思うが、露天風呂の2つの看板にはちょっと興醒め。山梨県内ではおなじみの大月短大田中収名誉教授のありがたいお話、「甲府構造性盆地地質構造概念図」が誇らしげに掲げられているが、勉強しに来たのではないのだから…という思いが。以下に挙げたパンフレットと同じことが書かれているので、興味のある方はぜひご覧いただきたい。

トータス温泉パンフレット

相変わらずのテンプレートの焼き直しといったら怒られてしまうだろうか。入口の看板にもあったが『「クロス・アイランド山梨」甲府トライアングル構造性盆地形成の大ロマンを物語る名湯』と難しい言葉で言わなくても、温泉の良さは常連客がいちばんよく知っているはずだ。

トータス温泉
源泉/トータス温泉(ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉)
住所/山梨県甲府市小河原町668 [地図
電話/055-243-2889
交通/JR身延線甲斐住吉駅より徒歩9分
     国道20号線(甲府バイパス)中小河原立体交差点そば
料金/大人500円、小学生200円、6歳未満100円
時間/10:00〜23:00、毎週水曜日定休

新遊亀温泉(山梨県甲府市太田町)

新遊亀温泉(山梨県甲府市太田町)甲府市内の温泉銭湯はたびたび取り上げているが、新遊亀温泉もそのひとつ。甲府駅から南甲府駅方面に下った住宅地の一画にあって、すぐ近くには市民の憩う遊亀公園(附属動物園)がある。「遊亀温泉」「新遊亀温泉」のどちらが正しいのか謎だったが、下にリンクを付けた読売新聞の記事によれば、現オーナーの所有となった昭和50年頃に「新遊亀温泉」に変えたとのこと。そろそろ統一してもよかろうと思うが、このアバウトな感じも銭湯らしさか。

風通しのためか玄関も脱衣所も扉は半分開けっ放しで、浴室まで見通せる。番台のある昔ながらの銭湯空間。ロッカーもあるのにカゴを使う人がほとんどだった。テレビや腰掛け台、天井からぶら下がるファンなど珍しくはないが、昼間から常連客でのんびりした雰囲気。浴室には3つの湯船がL字型に並んでいて、奥が「熱い」「温い」、手前が「普通」。45℃と25℃の源泉を混ぜ合わせることで温度に差をつけている。インターネットのほかの情報によれば、旧源泉が遊亀温泉(45℃)、新源泉が新遊亀温泉(25℃)のようだ。

やや茶色がかったお湯は洗い場のほうへとふんだんにあふれていく。なんと贅沢なことか。洗い場は壁側が5つと7つ(固定シャワー付き)、島列は2-2のカラン。甲府市内でも人気のある銭湯の1つだ。

新遊亀温泉
源泉/ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉
住所/山梨県甲府市太田町11-5 [地図
電話/055-232-0974
交通/JR身延線南甲府駅より徒歩15分
料金/大人400円、中人170円、小人70円
時間/14:00〜22:00(日曜日は7:00〜22:00)、毎週木曜日定休

湯ったり紀行「浴槽三つ 好みの温度で 新遊亀温泉(甲府市)」(読売新聞)

草津温泉(山梨県甲府市上石田)

草津温泉(山梨県甲府市上石田)甲府を訪ねるたびに市内の温泉銭湯に立ち寄っているが、屋号と外観のインパクトでいえば、やはり「草津温泉」だろう。甲府なのに草津とはこれ如何にといったところだが、草津は温泉の代名詞。東京や横浜にも草津と名の付く銭湯があるから、甲府にあってもおかしくはない。店の前の通りは目下付け替え工事中だが、かつては山梨交通の電車が走っていたことから、通称「廃軌道」と呼ばれている。店の真向かいとその裏手に駐車場があり、夕暮れ時からはいつも賑わっている。

草津温泉(山梨県甲府市上石田)銭湯というよりミニ日帰り温泉施設といった雰囲気。早朝6時から夜22時まで営業しているのが嬉しい。フロントで下足箱とロッカーの鍵を引き換えて脱衣所へ。扉には「入浴前にチンチンと肛門様をよく洗いましょう」との注意書き。ここまで露骨だとなんだか…。そして扉を開けて浴室に入ってすぐ、こんどは温泉についての薀蓄。山梨県の温泉施設ではおなじみ、大月短大・田中収名誉教授によるもの。

草津温泉パンフレット草津温泉パンフレット
(草津温泉パンフレットより)

源泉は47.7℃で無色透明。飲泉することもできる。浴室の中央には広々とした湯船(39〜40℃)があって、その両側に洗い場。浴室の奥にも湯船が2つあって、片方は熱め(45〜46℃)、もう一方は地下水(22〜24℃)。あつ湯好き・ぬる湯好きのどちらも満足できるし、水風呂もあわせて交互につかってみるのも良いだろう。露天風呂は塀に囲まれているし、奥行きもないので開放感ではイマイチだが、屋外の風に当たって気分転換といった感じ。店内には童謡の独唱が流れていた。声高らかに歌い上げていたが、いったい誰の選曲だったのか。これもまた町の銭湯の楽しいところだ。

草津温泉
源泉/ラドン含有・含芒硝・重曹・食塩泉(旧泉質名)
住所/山梨県甲府市上石田1-10-12 [地図
電話/055-222-4216
交通/JR中央本線甲府駅バスターミナルよりバス9分「荒川橋」停前
     国道52号線(美術館通り)「貢川橋西詰」交差点より県道5号線を約100m
料金/大人400円、小学生170円、幼児70円
時間/6:00〜22:00、年中無休(元日のみ休業)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ