旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

熱海温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

水口第一共同浴場(静岡県熱海市水口町) ※2015/12/31廃止予定

水口第一共同浴場(熱海市水口町)熱海駅より南に下っていき水口地区まで来ると、温泉街というよりもう住宅街の風情。路地裏にもびっしりと家が建ち、熱海市民の日常生活を垣間見ることができる。そんな水口地区には2軒の共同浴場があり、観光客も利用することができるが、あくまでも地元住民の利用がメイン。通りに面して看板はなく、目印は目の前にあるバス停。路地側に2つ扉が並んでいるが、困ったことにどちらが男湯なのかが書いていない。しかも訪れたのは夜で、利用可能の時間内だというのに扉の向こうは真っ暗。しばし途方に暮れていると、入浴道具を引っ提げたおばちゃんがやって来た。左が男湯で、右が女湯、室内の電気は自分で点けるらしい。地元住民は誰もが知っていることで、いまさら案内不要なのだろう。

水口第一共同浴場(熱海市水口町)水口第一共同浴場(熱海市水口町)扉を開けると1帖ほどのたたきに、2帖大の脱衣スペース。4×4の棚が壁側にしつらえてあり、ほかにベンチと扇風機があるのみ。入浴券は向かいの小山商店で販売しているのだが、あいにく閉店していたので、第二浴場近くの谷口商店で購入(裏表に名前を書いて料金箱へ)。もしくは備え付けの紙に名前を書き、入浴料とともに箱に入れても良いらしい。「タダ風呂ではない」なんていう貼り紙もあり、当然のことながらルール厳守で入浴を。「入浴者注意事項」という貼り紙もあるが、日付は昭和39年1月。この共同浴場の歴史の古さを感じさせる。

水口第一共同浴場(熱海市水口)浴室は4畳ほどだろうか。水だけの蛇口が3つあって、奥の排水溝に向かって床は全体的に下り勾配。湯船は人造石の研ぎ出し仕上げで、1帖ちょっとの大きさ。先客が出てからしばらく時間が空いていたのか、お湯はだいぶぬるかった。蛇口をひねれば高温の源泉が出るので、適温にまで調整。のんびりとお湯につかることができた。大温泉地にして観光地の熱海とは一線を画すローカルな雰囲気を味わいたければ、ここを訪れると良いだろう。地元住民の憩いの場なので、それなりの覚悟とマナーは心がけて入浴したい。

水口第一共同浴場
源泉/熱海温泉
住所/熱海市水口町 [地図
交通/JR東海道本線熱海駅より徒歩19分、伊東線来宮駅より徒歩10分
料金/300円
時間/13:00〜21:00、毎週水曜日定休

(追記-2015/10/16)
すでにツイッターなどで話題となっているが、建物の老朽化や入浴者の激減といった理由により、水口第一・第二共同浴場は今年12月31日をもって営業を終了する。


より大きな地図で 熱海温泉の共同浴場と日帰り温泉+熱海七湯源泉めぐり を表示

清水町浴場(静岡県熱海市清水町)

清水町浴場(熱海市清水町)熱海の清水町界隈は起雲閣芸妓見番といった観光施設はもとより、グルメシティやマックスバリュといったスーパーもあり、中心街というべき賑やかさがある。そんな一画にあるのが清水町浴場だ。町内会館ビルの1階にあり、熱海の共同浴場にしては珍しく、観光客の立ち寄りを歓迎する看板が立っていた。施設は無人なので、まずはすぐ目と鼻の先にある小川商店で入浴券を購入する。「お名前は?」と聞かれるが、これは入浴券に記入するため。「脱衣所の中にある箱に、名前が見えるようにして入れてね」とのこと。

清水町浴場(熱海市清水町)入浴券を携えて清水町浴場へ。おばちゃんに教えてもらったとおりに、脱衣所内の小箱に入れる。小川商店が閉まっているときは、備え付けの紙に名前、住所、電話番号を記入し、お金とともに料金箱に入れるという制度。不正入浴を防止するための制度だろうが、チェック体制は驚くべきほどに厳しい。脱衣所は2帖ほどの広さに鍵なしのロッカー、洗面台、扇風機があってせせこましい。

清水町浴場(熱海市清水町)小山商店のおばちゃんが「狭いけれど…」としきりに言っていたが、その言葉は本当だった。間口約1間、奥行約2間の細長い浴室。洗い場は2人分で、共同浴場では珍しくカランは最新式の混合栓。柱の関係なのか湯船には出っ張りがあるが、広さは2帖弱といったところ。山田湯は蛇口にホースをつないでいたが、清水町浴場ではパイプを使用している。源泉を出したり、水を出したりして湯温を調整する。素朴な感じで狭いならまだしも、重厚感ある造りなだけに余計な圧迫感をも感じさせる。もうひとり来たらいっぱいだし、気を遣ってしまうだろう。源泉そのものを楽しめるのは良いが、この雰囲気にして500円という入浴料をどれだけの人が納得できるのか。しかもこの1年の間に、ちゃっかり値上げしているし。住民の皆さんの管理とご好意なので、利用させてもらえるだけありがたいのだが。わりと見つけやすい場所だし、看板に惹かれて訪れる観光客も多いだろうなぁと思う。

清水町浴場
源泉/熱海温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/熱海市清水町11-5 [地図
交通/JR東海道線熱海駅より徒歩20分
     またはバス「清水町」停徒歩3分
料金/500円
時間/11:00〜21:30(金曜日・土曜日は22:00まで)
     毎月6・16・26日定休


より大きな地図で 熱海温泉の共同浴場と日帰り温泉+熱海七湯源泉めぐり を表示

山田湯(静岡県熱海市和田町)

山田湯(熱海市和田町)熱海といえば旅館やホテルが林立し、広い範囲で温泉街を形成しているが、共同浴場も8軒ある(うち1軒は旅館なので数に含めてよいのか微妙だが)。これは意外と知られていないし、熱海市としても積極的には紹介していない。あくまでも地元住民のための入浴施設であるから、マナーの悪い観光客に開放したくないという気持ちもあるだろうし、実際にこのうちの2軒は地元住民専用として運営されている。ほかの6軒も限りなく地元住民専用といった感じで、大きな看板を出していないばかりか、路地裏のひっそりとした佇まい。逆に興味をそそられる。共同浴場にこそ熱海の温泉の良さがあるのではないか、との思いで路地裏をさまよい歩いた。

山田湯は個人が運営する共同浴場で、熱海駅より南に約1.8kmの住宅地の中にある。熱海金城館を過ぎたら右折し、「みのる亭」という洋食屋のわきの路地を入っていく。朝一番で訪れたため、みのる亭はまだ開店しておらず、さっそく迷子に。犬を散歩しているおばちゃんに聞いたら「確かそこの路地を…、行ったことはないんだけど…」という返事。スロープ状の路地を下りていくと、確かに山田湯はあった。建物は木で半分隠れてしまっているし、玄関先には洗濯物が干してある。そもそも屋号を掲げておらず、扉の男湯・女湯の表記がなければ共同浴場だとは気づかないだろう。

番台には誰もおらずどうしたものかと思っていたら、気配に気づいたのかおばちゃんが小走りでやってきた。このおばちゃんこそ山田さんで、自宅は隣にある。朝から営業している温泉は貴重なだけに、観光客もたまに訪れるそうだ。棚と籠、ベンチがあるだけのシンプルな脱衣所だが、掃除は行き届いている。おばちゃんの温泉に対する愛情の表れだろう。さっそく好印象を持った。

山田湯(熱海市和田町)カラン4つと1.5帖ほどの湯船が1つあるだけの浴室で、こちらもこざっぱりとしている。お湯はぬるめだったが、必要に応じて蛇口をひねり、源泉を足していく。青いホースを湯船に突っ込んでおり、ほかに方法はなかったのかと思うが、これも素朴さのうち。湯船の上には富士山と水車小屋を描いたモザイクタイル。忍野八海だろうか?そうだとしたらなぜ山梨県の景色?という気もするが。相客はおらず、のんびりと湯につかることができた。訪れた時間帯のせいでもあるが、窓からは明るい日差しが入り、とてもさわやかな気分。熱海で共同浴場を訪れるなら山田湯がおすすめだ。

山田湯
源泉/熱海温泉(カルシウム・ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/熱海市和田町3-9 [地図
電話/0557-81-9635
交通/JR東海道本線熱海駅より徒歩24分
     または熱海駅よりバス「染殿橋」停徒歩3分
料金/大人300円、中人150円、小人50円
時間/8:00〜11:00、15:30〜21:00、不定休


より大きな地図で 熱海温泉の共同浴場と日帰り温泉+熱海七湯源泉めぐり を表示
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ