旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

湯河原温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

Gensen Cafe -The Ryokan Tokyo YUGAWARA(湯河原町宮上) ※2017/2/24オープン

 Gensen Cafe <The Ryokan Tokyo YUGAWARA>(湯河原町宮上)外国人観光客をいかにして獲得するか、観光地や諸施設の課題なのかもしれない。湯河原の温泉街から外れた一軒宿でも、外国人受けするコンセプトならば話題にもなるし、自ずと日本人も引き寄せられる。コテコテともいえる日本観を詰め込んだ「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」は開業1周年を迎え、このたび2/24に館内に「Gensen Cafe 」をオープンさせた。「人をダメにする温泉カフェ」のキャッチコピーのもと、温泉入浴とカフェの利用をセットにした「手ぶらdeほっこりパック」は2,000円(オープニングキャンペーン1,500円〜3/31まで)。

 Gensen Cafe <The Ryokan Tokyo YUGAWARA>(湯河原町宮上)湯河原温泉も広範囲に旅館が点在するとはいえ、The Ryokan Tokyoがあるのは高台の若草山分譲地内。観光客とは無縁の生活居住地だ。駐車場は宿泊客限定のため、観光会館や万葉公園のある藤木橋から道を分かれ、急坂を北へと歩いて上るが、かなり息が切れる。街灯は殆どなく、夜は真っ暗なので注意されたし。

伏見稲荷の鳥居を模したエントランスゲート、枯山水の庭園、漢字一文字ずつ入った提灯を竿燈に見立て、強烈なインパクトを放つ。フロントでは「ほっこりパック」の受付はカフェでと告げられたが、カフェではフロントでお待ちくださいと言う。いきなりたらい回しにされ、説明も何もなく待たされることしばし。若いスタッフばかりで、オペレーションなど改善すべき点は多々あると感じた。

Gensen Cafe <The Ryokan Tokyo YUGAWARA>(湯河原町宮上)浴衣か作務衣かを選び、タオルと一緒にバッグに入れて手渡される。浴室は階段を下る。扉を開けて気付いた。企業保養所のリノベーションだと。湯船1つにカラン6つ。窓の外に植栽の緑を半分、空を半分眺め、壁一面には桜咲く富士山。かけ流しの温泉はぬるめだと感じたが、じんわりと温まる。(写真はThe Ryokan Tokyo YUGAWARA公式サイトより転載)

Gensen Cafe <The Ryokan Tokyo YUGAWARA>(湯河原町宮上)カフェは少人数スペースを基本として衝立で仕切られており、丸いちゃぶ台、そしてヨギボー。人をダメにするソファ、快適で動けなくなるソファとのこと。確かに沈み込みが大きく、座るのか寝るのか不思議な感覚ではある。ほっこりパックにはドリンク代が含まれており、カウンターで注文する。スタッフの接客で感心したのは、3種類あるコーヒーの説明だ。小田原のアメイズコーヒーより豆を取り寄せているという。軽食も注文することができ、17時以降はバータイムとなる。外国人はもとより、若い女子が好みそうな空間だ。湯河原はちょっと遠いが、未体験の寛ぎが得られることだろう。



The Ryokan Tokyo YUGAWARA

Gensen Cafe
源泉/湯河原温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/足柄下郡湯河原町宮上742 The Ryokan Tokyo YUGAWARA [地図]
電話/0465-63-3498
交通/JR東海道線湯河原駅よりバス10分「藤木橋」停徒歩10分
     県道72号線「藤木橋」より約500m
     ※駐車場は宿泊客限定のため藤木橋付近のコインパーキング利用
料金/手ぶらdeほっこりパック2,000円
     (オープニングキャンペーン1,500円〜3/31まで)
時間/(月〜木)14:00〜22:00、(金)14:00〜23:30
     (土日祝)10:00〜23:30、年中無休

大滝ホテル(湯河原町宮上)

不動滝(湯河原)湯河原梅林はいま7分咲きで、今週末には見頃のピークを迎えるのだろう。開花情報については湯河原町観光協会「Web湯河原」などで確認していただくとして、湯河原といえば温泉である。今回訪ねたのは不動滝のすぐちかくにある大滝ホテル。不動滝は落差15mで、湯河原五大滝のひとつ(ほかは白雲の滝、清水の滝、五段の滝、だるま滝)。「湯かけまつり」(今年は5/28(土)開催)のスタート地点でもある。出世不動尊と出世大黒尊もあったのでお参りし、大滝ホテルで日帰り入浴。

大滝ホテル(湯河原町宮上)大広間や会議室なども備えた200名収容のホテルで、水着を着用の温泉プールや屋上野天風呂もあるが、日帰り入浴客の利用は5階の大浴場と露天風呂のみ。滝の湯、蛍の湯の2つの浴室は早朝をもって男女入れ替えとなり、この日は男湯が蛍の湯。脱衣所では籠を利用するが、貴重品が心配ならリターン式ではないロッカーを使用する。なお、タオルは持参のこと。

大滝ホテル(湯河原町宮上)浴室内、露天風呂とも湯船1つずつ。露天風呂からは道路を挟んで向こう側の山並みを眺める。敷地内に源泉3本を有し、道路端の1号源泉に添えられた由来碑によれば、地下350mより湧出し、毎分約150リットルで泉温106℃とのこと。パンフレットによれば地下600mより湧出し、毎分約300リットルで湧出口88.9℃とのこと。いずれにしても高温のため加水し、循環式ながら豊富にあふれさせている。

源泉について言えば、由来碑には「長年苦心研究の末堀当てた霊泉」とあるのに、パンフレットには「温泉発掘を試みると、瞬く間に湯が湧きだしました」。湯河原らしく湯が優しく、よく温まる温泉だ。

大滝ホテル(湯河原町宮上)

大滝ホテル
源泉/湯河原温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/足柄下郡湯河原町宮上750-1 [地図]
電話/0465-62-7111
交通/JR東海道線湯河原駅よりバス15分「不動滝」停徒歩1分
     湯河原駅前より県道75号線で約3.9km
料金/1,000円(小学生以上)
時間/日帰り入浴は14:00〜18:00(最終入館17:00)

ニューウェルシティ湯河原 いずみの湯(静岡県熱海市泉)

ニューウェルシティ湯河原 いずみの湯(静岡県熱海市泉)湯河原町は神奈川県のもっとも西に位置し、温泉街は千歳川沿いに開けている。そして千歳川こそが静岡県との県境をなし、一部は熱海市に宿を構えている。ニューウェルシティ湯河原も住所は熱海市泉。バス通りから専用の橋を渡るが、橋の真ん中にはご丁寧にも県境の線が引かれていた。ここはかつて社会保険庁の負の遺産・厚生年金会館だったが、民間移譲してリニューアルしたのち、昨年8月にホテルに併設して日帰り温泉施設「いずみの湯」がオープンした。

ニューウェルシティ湯河原 いずみの湯(静岡県熱海市泉)路線バスでの訪問ならばホテルの正面玄関から入館すればよいが、日帰り客の駐車場はホテルの裏手にあって、そこには専用の玄関(通用口と言うべきか)を設けている。いずれの場合もフロントに立ち寄って入館料を支払い、バーコード付きのリストバンドを受け取る。それゆえ車で訪れた客は、館内を行ったり来たりするのが意外と面倒だが、建物の構造上やむを得ない。ちなみにいずみの湯があるのは別館で、定礎板には万葉倶楽部設計事務所の名が記されていた。帰宅後にホームページをチェックしてみたら、やはりと言うべきか万葉倶楽部グループに名をつらねていた。

ニューウェルシティ湯河原 いずみの湯(静岡県熱海市泉)脱衣所のロッカーは好きな箇所を使う。履いてきたスリッパもロッカーの中に仕舞う。こういった点で要所要所が不案内な気もしたが、そもそもがホテル併設の施設だし、オープンから半年余りとあらばこんなものかと思う。

脱衣所からは浴室、露天風呂の双方に出入りできる。浴室内の内風呂はタイル張りで6帖大といったところ。通路を隔てて露天風呂を眺める。その奥には個別ブース型の洗い場、そしてトイレもある。室内はモノトーンの内装で、屋根は梁を見せた造り。

露天風呂は岩風呂、水風呂、石風呂の3つ。岩風呂はゆったりとした広さで、一角にはジャグジーを備え、また一部を仕切って水風呂としている。しかし内風呂も岩風呂も加水かつ循環式。唯一の源泉かけ流しが石風呂で、八角形の湯船。そのわきにはデッキもあるが、これから暖かくなる季節には活用の価値大であろう。ドライサウナは利用者が少ないせいか、室内にはヒノキの香りが漂っていた。じっくり汗を流し、冷たい水風呂と交互浴で気分爽快。

ニューウェルシティ湯河原 いずみの湯(静岡県熱海市泉)

無料休憩室はフロントの向かいにある。「憩い処」では軽食も注文できる。「天照の間」は畳敷きの広間だが、客の少ない平日とあってパーテーションで狭められていた。別途300円で浴衣を借りればリラックスルームを利用できる。テレビ付きリクライニングシートが並び、翌朝まで滞在するならぜひとも利用すべし。その際は深夜料金も加算されるが、合計で2,800円とあらば格安。湯河原観光のみならず、箱根や伊豆の出発点として利用するのもよいだろう。

ニューウェルシティ湯河原 いずみの湯
源泉/湯河原温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/静岡県熱海市泉107 [地図
電話/0465-63-3721
交通/JR東海道線湯河原駅よりバス7分「理想郷」停徒歩1分
     無料シャトルバスあり(1日8便)
     国道135号線「千歳橋」交差点より約2.8km
     ※いずみの湯利用者専用の駐車場127台分あり(5時間まで無料)
料金/大人1,000円、子供500円(小学生)、幼児400円(3歳以上)、3歳未満無料
     ※24:00以降は追加1,500円
時間/11:00〜翌9:00、年中無休

ゆ処こでん(湯河原町宮上) ※廃業

ゆ処こでん(湯河原町宮上)湯河原温泉街の手前のほうにある温泉施設で、温泉街へといたる道沿いにある。わりとこじんまりとした建物で、しかも通りから奥まって建っているので、看板に気づかないと通り過ぎてしまうかも。現地の看板でも、またホームページでも宣伝しているとおり、食事や宿泊も行っており、日帰り入浴は宿泊客が利用する前の時間帯に限られる。

脱衣所は100円ロッカー(返却式ではない)と脱衣籠だが、貴重品があればフロントでも預かってくれる。浴室は偶数日・奇数日の日替わりで男女が入れ替わるらしく、訪れた日は男湯が内湯のみ。女湯は露天風呂つきだった。クチコミ評価するサイトをチェックすると、露天風呂がない代わりに「ステンドグラス風呂」というのが地下にあったらしいのだが、その存在にはまったく気づかなかった。脱衣所から出入するらしい。もっと目立つようにちゃんと書いてくれないと…。

さて、この日の内風呂は本格的な岩風呂で、大小2つの湯船がある。大きいほうはまぁまぁのゆったり感。ならば小さいほうの湯船は温度を変えるとか、ジャグジーをつけるとか何かしらの相違点をつくったら良いのではと思う。源泉は無色透明で循環式、若干の塩素臭が残念だが仕方がない。窓の数が多くないのでちょっと薄暗くも感じるが、落ち着きがあるとも言えるわけで。ちなみに窓の外には石灯籠と若干の植栽のみ。料金的に消化不良は否めず、次に訪れるときは露天風呂のある日にしたい。

風呂上りは畳敷きの広間を利用。自販機もあり自由に寛ぐことができる。壁に貼ってあるチラシを見ると、立川志らく一門を招いての寄席をときおり開催しているようだ。もちろん追加料金は発生するのだが、これも企業努力と差別化だろうなぁ。いずれにせよ湯河原温泉で気軽に日帰り入浴できるところは意外と少ない。よって当然候補のひとつになると思うが、温泉施設としては平均点だろうなぁ。

ゆ処こでん
源泉/湯河原温泉(ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/足柄下郡湯河原町宮上450-2 [地図
電話/0465-62-3837
交通/JR東海道線湯河原駅バス約10分「病院入口」停そば
料金/大人1,000円、子供500円
     貸切風呂40分1,000円(延長10分ごと200円)
時間/10:00〜18:00、毎週火曜日定休

(追記-2011/4/20)
昨年廃業したようです。

おあしす(湯河原町土肥)

おあしす湯河原駅近くにある「おあしす」は、玄米菜食や半断食などの宿泊コースで差別化を図る温泉施設。アロマオイルなどを利用した各種トリートメント、岩盤浴なども行っている。ホームページによると、『心と身体のおあしす』となる施設を目指し、平成15年にオープンしたのだという。

駅前の住宅街にあり、温泉銭湯の「城堀湯」(→記事)にもほど近い。3階建のビルの塔屋に大きな看板を、通りに面して長のれんを出している。日帰り客と宿泊客のどちらが多いのかわからないが、場所的に目立つわけではないので、知る人だけが訪れるといった感じか。

おあしす浴室平日の昼間だからか先客はおらず、脱衣所も浴室も節電していて真っ暗だった。「先客はおらず」と書いたが、床の乾き具合からしてまだ誰も訪れていなかったのであろう。棚にカゴを備えただけの狭い脱衣所だが、浴室も3帖ほどの狭さだった。カランこそ2つあるが、湯船は明らかに1人用。親子ならまだしも、他人との入浴は気を遣いあうことだろう。石造りの湯船で、ふちには「大沢くずれ」という天然石、浴槽内部にまだらに見えるのは「伊豆石」であるらしい。

この施設が素晴らしいのは、加水・加温・循環ろ過・塩素消毒のいずれをも一切行わない、天然のままの温泉が楽しめることだ。こうした施設は湯河原だとほかに「ままねの湯」(→記事)があるが、あちらはものすごい熱湯で有名。おあしすはちょっと熱めの掛け流し。身体の内部からじんわりと温まる。

ただ、浴室の中で出たり入ったりを繰り返すのも限界がある。窓を開けても隣の家が見えるだけ。さすがに長風呂できるもんじゃない。そうするとこの入浴料はちょっと高いかも。もちろん「おあしす」のコンセプトは十分に納得できるのだが。

おあしす
源泉/湯河原温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/足柄下郡湯河原町土肥1-13-3 [地図
電話/0465-62-5334
交通/JR東海道線湯河原駅より徒歩4分
料金/800円(2時間まで)
時間/13:00〜20:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ