旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

温浴施設

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)小田急沿線住民にとって池袋は未知の大都会。サンシャインシティですらまともにたどり着けないのだから、その隣のタイムズスパ・レスタはなおさらのこと。コインパーキングでお馴染みのタイムズが運営する「大人のスパ施設」で、18歳未満は入館不可。ビルの外観は素っ気ないものだが、エレベーターの扉が11階で開いたら、目の前に広がる高級感。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)中庭を眺めるゆったりとした空間は、まるでリゾートホテルのロビーのよう。アロマの香りが漂い、ヒーリング音楽が耳に心地よく(空間音響設計)、桜色のLED照明を使用するなど随所に上質なこだわりが。入館受付を済ませ、タオルと館内着のセットを受け取るも、教えてもらわなきゃ脱衣所の場所すらわからない。スタッフの説明も丁寧で、物腰もやわらか。素晴らしい。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)浴室内には2か所にジャグジー、季節の入浴剤を使用した白湯。窓を多く設けた明るい室内に、究極までにシンプルに計算され、美しささえ感じさせる湯船の配置。モノトーンの配色が目にも優しい。露天には円型のホワイトイオンバス(シルキーバス)と2つの釜風呂。池袋で露天風呂は贅沢だし、雑踏の一切を遮断した別世界がここにあった。大都会でバリバリ仕事するのは御免だが、ビジネスマンにとって最高の癒しとなるだろう。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)サウナ室と水風呂のコンディションは感動レベル。温度計は約90℃を指しており、個人的にはいちばんの好みかも。頭と足元では約10℃の温度差が生じ、頭ばかりのぼせて我慢できないのが常なのに、レスタのサウナは全身が均一に温まる。心なしか背中がよく温まるようにも。もしサウナが苦手だとしても、無理なく大量発汗できそうだ。サウナストーンの遠赤外線効果だけでなく、換気口による微妙な空気の流れ、壁タイルの輻射熱と調湿効果なども関係するのか。どこに座っても熱のよどみを感じることはなかった。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)水風呂は約16℃で、冷たさが全身をマイルドに包み込むのは、こちらも推測すると円型浴槽の対流に関係するのか。水風呂から上がって、室内の椅子に腰かけてみる。極限まで身体を冷やしたのに寒くならず、むしろ体内から温かさがよみがえる。体温と室温がイコールの状態で心地よい。もちろん、2セット目、3セット目も同じ状態。自分の身体にベストマッチするサウナを見つけた気分だ。毎時30分にはオートロウリュが作動し、平日は19時にアウフグースを開催(金曜・日曜は1日2回、土曜は3回)。せめてあと2〜3回は増やしてほしい。(サウナ室と水風呂の写真はタイムズスパ・レスタ公式サイトより転載)

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)レストランは1つ下の10階にある。窓の外には商業ビルが建ち並ぶが、夜のほうが景色としては良いのかも。メニューブックには洒落た料理の数々が載っており、場末の大衆サウナなら2食は行けちゃう金額。旬の食材の味を活かし、見た目にも良く、そして身体にも良さそう。悩みに悩んで魚介と春野菜のセイロ蒸しを注文。不味いわけがない。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)隣り合うのは、ボディケア利用客の専用ラウンジ。ここに座るのがステータスと捉える客もいるだろう。リラックスラウンジにはテレビ付きリクライニングシートが並び、男女共用で52席。ほかに有料ラウンジ(18席)、女性専用ラウンジ(30席)も。午睡のつもりが、薄暗い照明下では爆睡になってしまいそう。18歳未満を入館不可としているにせよ、客はみな上品な方々ばかりと見受けられる。店のコンセプトがしっかりしているから、おのずと客も選ばれるのだろうか。

高級スパゆえ敷居も高いが、1年にいっぺんは奮発して訪ねたい。自分に合った最高のサウナを楽しむためにも(と言いつつ好みは変わるかもしれないけれど)。各地方都市に名店あれど、ようやく東京No.1を見つけた気分だ。

タイムズスパ・レスタ
住所/東京都豊島区東池袋4-25-9 [地図]
電話/03-5979-8924
交通/東京メトロ有楽町線東池袋駅2番出口より徒歩3分
     JR・西武・東京メトロ池袋駅東口より徒歩8分
料金/平日2,750円、休日3,100円
     深夜割増料金500円/60分ごと(最大2,500円)
     スピード利用(90分)平日1,800円、休日2,150円
時間/11:30〜翌9:00、年中無休

カプセルネット グランカスタマ 伊勢佐木町店(横浜市中区長者町)

グランカスタマ 伊勢佐木町店(横浜市中区長者町)ハイランドサウナ改めソプラティコ横浜関内より東にわずか50m、昔風情のサウナ太洋も「グランカスタマ伊勢佐木町店」として改装オープンしていた。昔風情のボロサウナがどのように変わったのか、こちらの方が興味深い。外観からして煌びやかで、しかもリーズナブル。町行く人たちは足を止めて料金表を見ている。「まんが+湯処+カプセル」の3本柱で、湯処だけならラウンジコース。太洋時代は男性専用だったのに、改装によって女性も利用可能だ。

グランカスタマ 伊勢佐木町店(横浜市中区長者町)外階段またはエレベーターで2階へ。フロントの位置は変わらないが、受付は若いお姉さん。雰囲気もおしゃれでシックに。以前は下足箱とその裏にロッカーがあって、裸のおっさんがうろうろしていたのに、軽食コーナーを兼ねたラウンジとやらに変わった。漫画本や雑誌がずらりと2万冊並ぶ。ちなみにグランカスタマのオープンは3/30だという。

グランカスタマ 伊勢佐木町店(横浜市中区長者町)湯処は女性3階、男性4階。ということは給排水設備を4階にも新設したのか。フロアはカプセルと湯処がそれぞれ半々を占め、暖簾をくぐると脱衣所だ。ラウンジだけの利用客を多くは見込んでいないのか、ロッカーの数は少ない。そして浴室に入ってびっくり。ジャグジー付きの湯船1つに洗い場があるのみで、なんとサウナは無かった。太洋時代の客はお呼びでないというわけか。

入浴だけが目的ならば60分コースでじゅうぶん。フェイスタオル付きだからふらっと立ち寄れる。横浜スタジアムも徒歩圏内だから、野球観戦帰りにも良さそうだ。

グランカスタマ 伊勢佐木町店(横浜市中区長者町)コンパクトなサイズ感だが、カプセルホテルとインターネットカフェのいいとこ取り。女性も利用でき、さらに共用フロアもある。ビジネスに観光に様々な使い方が、しかもリーズナブルにできそうだ。コンセプトが上野のおもてなしのお宿とそっくりだが、なんと姉妹店だった。それならば「なぜサウナを…」と言いたいところだが、昔風情のサウナ店をここまで立派に再生するとはお見事だ。

カプセルネット グランカスタマ 伊勢佐木町店

カプセルネット グランカスタマ 伊勢佐木町店
住所/横浜市中区長者町7-115 [地図]
電話/045-315-7272
交通/横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅より徒歩4分
     京急本線日ノ出町駅より徒歩5分
     JR根岸線関内駅北口より徒歩7分
料金/(ラウンジ)60分500円、3時間900円
     ※個室・キャビン、カプセルについては公式サイトを参照のこと
時間/24時間、年中無休

戸吹湯ったり館(東京都八王子市戸吹町)

戸吹湯ったり館(東京都八王子市戸吹町)ごみ焼却場の余熱を利用した温浴施設や温水プールは各地にあるが、八王子市の戸吹湯ったり館もそのひとつ。八王子市郊外に位置し、戸吹スポーツ公園(多目的公園)とともに隣接している。公共施設ゆえ低料金を期待していたが、大人700円は決して安くはない。規模の大きさと内容に比例するのだろうか。指定管理者として、日本環境マネジメントが運営に携わっている。

券売機でチケットを購入するが、提示するのは退館時。ロビーのちょっとした空きスペースに物販品を置いたり、マッサージチェアを置いたり。公共施設のわりには頑張っている感がある。そして、畳敷きの大広間は食堂も兼ねた休憩所。のんびりとした雰囲気で、お年寄りには喜ばれそう。

浴室は男女が週替わりとなり、その違いを言えば露天風呂が岩風呂かタイル風呂か、サウナがドライかミストか。ジャグジー、バイブラ湯、薬湯とは名ばかりの替わり湯は共通で、この日は登別カルルスの入浴剤。日替わりにしているのがすごい。露天風呂は岩風呂だったが、湯船の縁に岩を並べているだけ。どういうわけかL字型で、大部分に屋根がかかっている。

ドライサウナは狭いし、なぜか半分しかタオルを敷いていない。ここまでのところ、どれもありきたりで、所詮は公共施設だからこんなもんかと思ったが、水風呂はやけに冷たくて驚いた。

八王子市内ではオープンしたばかりの竜泉寺の湯高尾山温泉、八王子市街地のやすらぎの湯、健康ランドのふろッぴィと個性派揃い。そこにきて戸吹湯ったり館にアピールポイントは乏しいが、極めて普通という点でどの世代にも、どんなシーンにもマッチするのかも。

戸吹湯ったり館(東京都八王子市戸吹町)

戸吹湯ったり館
住所/東京都八王子市戸吹町1798 [地図]
電話/042-696-6113
交通/JR八王子駅・京王八王子駅よりバス「戸吹スポーツ公園入口」停下車
     国道411号線「戸吹町」交差点より県道46号線(高尾街道)経由で約900m
     ※無料駐車場100台分あり
料金/大人700円、中学生以下300円、3歳以下無料
時間/10:00〜22:00
     毎月第3木曜日定休(6月・11月は第2・3木曜日定休)

Bumb東京スポーツ文化館(東京都江東区夢の島)

Bumb東京スポーツ文化館(東京都江東区夢の島)先日の大サウナ博の帰りには、夢の島公園の一角にある「Bumb東京スポーツ文化館」へ。新木場駅周辺のサウナを検索してみたら、ここがヒットしたのだ。フィットネスやプールといった健康増進施設に浴室やサウナは付き物だが、ここは会員制ではないし、区民や都民といった利用者の限定はない。つまり誰でも利用可能。

ところで、Bumbとは文武両道のブンブで、民間主導の公共施設。各種スポーツ施設や研修施設のほか、レストランや宿泊施設も備えている。今回利用したのはスポーツサウナ。もちろんスポーツしていなくても利用できる。それは、むしろ少数派なのかもしれないが。券売機でチケットを購入し、そのまま地下1階のサウナ受付へ。閉館1時間前だったから、館内はがらーんとしていた。

Bumb東京スポーツ文化館(東京都江東区夢の島)

脱衣所のロッカーは10円リターン式。浴室内には洗い場6つ、バイブラ湯、ジャグジー湯、水風呂、サウナ2室と、スポーツマンの疲れを癒すにはじゅうぶんすぎる設備。サウナは高温100°Cに対して、低温90°Cとは意味がわからない。オジサン好みの温度だが、せっかく2室あるのなら、もっと温度差があってもいいのに。

浴室と脱衣所の間にはリクライニングシートも数台あるから、サウナ屋気分で休憩もできる。スポーツマンだけのものにしておくのはもったいなく、広く一般(サウナ好き)に利用されてしかるべし。

Bumb東京スポーツ文化館
住所/東京都江東区夢の島2-1-3 [地図]
電話/03-3521-7321(代表)
交通/東京メトロ有楽町線・JR京葉線・りんかい線「新木場駅」徒歩10分
料金/スポーツサウナ670円(高校生以上)
時間/13:00〜22:00、年4回休館あり

桜庵(山梨県富士河口湖町勝山)

桜庵(山梨県富士河口湖町勝山)昨年発売の「saunner」がサウナブームの火付け役だとするならば、いま円熟期を迎え、先日は「サウナの教科書」なる本も発売された。

全国選りすぐりの名店も紹介されており(多くはsaunnerと重複するが)、そのなかで気になった店といえば、山梨県富士河口湖町の桜庵。山梨県最大級のサウナストーブではセルフロウリュウが楽しめるという。

富士河口湖町といえど、河口湖畔からは遠く離れた辺鄙な場所にあるが、駐車場には県内外の高級車ばかり。ホテルとしても営業しており、さらにはエステメニューも充実。たかの友梨プロデュースだというから興味深い。

会員制なので否応なく登録させられ、運転免許証などによる本人確認も。ちなみに入会金は不要。入館料を支払い、ロッカーキー、タオル、館内着を受け取ったら、すぐ隣の暖簾をくぐって脱衣所へ。

桜庵(山梨県富士河口湖町勝山)

浴室内に湯船は2つ。バイブラ湯と炭酸泉だ。ぬるめのお湯と明るく清潔感ある雰囲気が気持ちいい。露天風呂は勝手口のようなドアから。土日祝日は薬湯、平日は週替わりのご当地風呂(この日は沖縄黒糖風呂)。テレビも備えている。女性浴室はもっと広く、湯船とサウナの数も多い。利用客の比率からしても女性の方が多いのだろう。

さて、サウナ室の話。4月1日にリニューアルしたばかりで、ikiストーブに加え、壁2面に使用した富士溶岩のダブル輻射熱パワーが売り。室温は85℃で満足な熱さだが、セルフロウリュウでさらに発汗を促進。小さなラドルだが、2〜3杯でじゅうぶん。

桜庵(山梨県富士河口湖町勝山)

岩盤浴は2階にあって、温度が異なる赤塩房、白塩房、翡翠房の3室と、クールダウンルームの氷雪房。それぞれが雰囲気抜群の室内空間だから、女性人気は必至。館内着での利用となるため、汗をたっぷり含んだままではリクライニングシートや食事処が利用しづらいかな、と。

遠路はるばる富士河口湖町まで出掛けて、温泉ではなく、しかも決して安いとはいえない入館料。しかしそれ以上の満足感はある。小学生以下は入館不可だし、穴場感があって都内近郊の温浴施設よりは空いており、ゆったりできる。本格派のエステやボディケアなどで癒されながら、たまには贅沢をと考える方にはよりおすすめだ。

桜庵
住所/山梨県南都留郡富士河口湖町勝山3337-1 [地図
電話/0555-83-5555
交通/国道139号線「東恋路」交差点より約2.3km
     富士急河口湖駅より無料送迎バスあり(詳細はホームページにて)
料金/平日1,500円、休日1,800円
     夜間割引(19:00以降):平日1,000円、休日1,300円
     ※小学生以下は入館不可
     ※バスタオル・フェイスタオル・館内着つき
     岩盤浴は別途500円
時間/10:00〜22:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ