旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

温浴施設

ふじかぐやの湯(静岡県富士市大淵) ※2020/10/4オープン

ふじかぐやの湯(静岡県富士市大淵)富士山南麓には、かぐや姫は月ではなく、富士山に帰ったという伝説があるという。竹取塚などゆかりの地のある富士市にオープンした温浴施設は、伝説にちなんで「ふじかぐやの湯」と名付けられた。ごみ焼却場の余熱を利用した温浴施設で、お役所らしく「循環啓発棟」の位置づけ。リサイクルや環境問題などを啓発する「ふじさんエコトピア」を併設している。

ふじかぐやの湯(静岡県富士市大淵)入浴料700円は相場かと思うが、食事セット1,000円は破格すぎる。勧められるままに券売機でチケットを購入し、下足箱の鍵とともにフロントへ。その場で食事メニューを選ぶ必要があるのかは再考の余地あり。食券とロッカーキーをもらう。富士市といえば製紙業が盛んとあって、物販コーナーにはトイレットペーパーも並んでいる。館内には大広間のほか、有料個室やカラオケも。コロナ禍で使用中止しているが、そもそもニーズはあるのか。

ふじかぐやの湯(静岡県富士市大淵)

浴室内にはあつ湯、ぬる湯、ジェットバスが並び、壁一面ガラス張り。昼間なら日差しあふれる室内も、夜はなんだか殺風景。露天には炭酸泉と檜風呂。屋根に覆われているし、塀は高いし、のどかな立地にあるのに景色はまったく拝めない。大型モニターで富士山のライブ映像を流しているが、それも夜だと微妙。せっかくの新規オープンなのに、サウナは休止中。仕方なく小さな水風呂で温冷交代浴。

ふじかぐやの湯(静岡県富士市大淵)食事は富士宮風やきそばをチョイス。追加で注文したおでんが静岡風でなかったのは、過剰な期待だった。それにしても安いし、小腹を満たすにはじゅうぶん。ごみ焼却場があるくらいだから、郊外立地であることは言うまでもなく、そのせいか客はまばら。さらに、コロナ禍のオープンとあって、出だしからつまづいてしまった感。市民に認知され、これから客足が伸びていくことに期待したい。

ふじかぐやの湯
住所/静岡県富士市大淵676 [地図]
電話/0545-30-6167
交通/新東名高速(西富士道路:国道139号)新富士ICより約3.6
     ※無料駐車場あり
料金/大人700円、子ども350円
時間/9:00〜21:00、毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)

浜松トラックステーション(静岡県浜松市東区流通元町)

浜松トラックステーション(静岡県浜松市東区流通元町)国内貨物輸送48億トンのうち、9割を占めるトラック輸送。その事業者団体が全日本トラック協会で、昼夜ともなく走り回るトラックドライバーの休憩施設として、全国27か所にトラックステーションを運営している。道の駅のトラック専用、あるいは昔ながらのドライブインを想像してもらえば良いのか。食堂や仮眠室、コインシャワーなどを備えており、数は少ないが湯船のある施設も。さらにサウナまでとなると、全国でもただ一軒、浜松のみ。

浜松トラックステーション(静岡県浜松市東区流通元町)東名高速の浜松ICを降りてすぐ、浜松トラックステーションは流通団地の一角にある。広大な駐車場はトラックで埋め尽くされていたが、建物前面の数台分が一般車の駐車スペース。地味すぎる外観に一般客ウェルカムな雰囲気は漂っておらず、しかしエントランスから見える食堂の灯りにほっとする。写真付きでメニューを掲示しているし、食券購入だし、初めての人でも安心。というわけで、先に食事を済ますことにした。

IMG_1779ご飯のおかわり自由。おかずのボリュームは期待の方が大きかったか。食堂の一部は売店となっており、やはりトラックドライバー愛用の品揃え。雑誌は写真週刊誌とグラビア誌が半々くらいと微笑ましい。そして、満を辞して浴室へ。券売機でチケットを購入するが、トラック協会員と一般客では料金が異なる。窓口兼事務所のおじさんに提示し、薄暗い2階へと階段を上る。

浜松トラックステーション(静岡県浜松市東区流通元町)無駄にだだっ広い空間にスチールロッカーが並ぶ。常連が鍵を持ち帰っているのか、単なる紛失なのか、使用不可の箇所が多い。浴室には湯船、水風呂、サウナが1つずつ。おそらくかけ湯ともう1か所は蓋がされ、使用不可となっている。会員の福利厚生の名目ならアリだけど、ちょっと管理が悪すぎる。サウナは入室の一歩目からすのこ板はガタガタ鳴るし、薄暗いし、テレビはおろか時計すらない。

浜松トラックステーション(静岡県浜松市東区流通元町)トラック野郎のイメージが古いのか、客層はじつに穏やかで、しかし言葉を発する人はいない。と、そこに入れ墨を背負ったお兄さんが現れ、湯船の中で髭でも剃っているのかと思いきや、美顔ローラーで黙々とコロコロと。こんどは週刊誌を手にサウナ室へ。もしタイミングが重なったら、緊張感しかなかっただろうなと。浴室外にはリクライニングシートも数席あるが、入れ墨のお兄さんは大胆にも全裸のまま。ゆっくりと寛ぎ、英気を養ってほしいなと。

浜松トラックステーション
住所/静岡県浜松市東区流通元町2-3 [地図]
電話/053-421-5311
交通/東名高速道路浜松ICより約300m
     国道1号線・国道152号線「北島」交差点より約1.6km
     ※無料駐車場あり
料金/一般700円、協会員480円、小中学生210円
時間/浴室営業は12:00〜翌10:00(サウナは12:00〜25:00・6:00〜10:00)

SPA大手町 FITNESS CLUB(東京都千代田区大手町)

SPA大手町 FITNESS CLUB(東京都千代田区大手町)「JR東京駅から地下通路でダイレクトにアクセスできます」と公式サイトにあるが、そもそも大手町がどのあたりなのか知らないし、京葉線のホームから迷いに迷って30分以上。なかなか心が折れる距離だった。地下通路はさらに遠く、銀座まで通じているというから都会はすごい。兎にも角にも、ようやくたどり着いたスパ大手町は、男女スパゾーンのほか、トレーニングジム、スイミングプールを主体とした会員制施設。スパゾーンに限ってビジター利用もできると知り、訪ねてみたのだ。

SPA大手町 FITNESS CLUB(東京都千代田区大手町)地下通路から「大手町フィナンシャルシティ グランキューブ」の入口はご覧の通り。ビジネスカジュアルに身を包んでおいてよかった。券売機でチケットを購入するが、ビジターはさらに用紙も。名前や電話番号だけでなく、血液型や緊急連絡先も。万が一とは言うが、ここまで書かせる施設は滅多にない。通路の突き当たりにロッカールーム。ここで靴を脱ぎ、(通路の目の前ではなく)ロッカーの中にしまう。ややこしい。受付でもらったカードを挿入して施錠。

SPA大手町 FITNESS CLUB(東京都千代田区大手町)オープンは2016年5月とあって綺麗だし、コンパクトながらもシックで上質な雰囲気。洗い場10個に立ちシャワー1つ、シャンプーやボディソープを備えている。都心の銭湯でサウナ別料金を支払うと思えば、べらぼうに高くもないのかなと。地下1,500mから湧出した、茶褐色の温泉も堪能できるし。湯船は2つあって、41℃、38℃と湯加減もちょうどいい。唯一のネックは、ビジター利用が10:00〜19:00に限られること。大手町界隈にお勤めのビジネスマンでも、仕事帰りのひとっ風呂はまず無理。会員優遇と思えば仕方ないか。

SPA大手町 FITNESS CLUB(東京都千代田区大手町)

身体を洗っている間にロウリュが行われたらしく、マッチョなお兄さんがうちわを残してサウナマットの交換。室温82℃のマイルドな空間だから、乾いたマットは嬉しい。水風呂が20℃を超えていようが、都心なら贅沢な気分。潜ったりバシャバシャやったり、迷惑な客もいないし。客のマナーも最上級に思えてくる。これでもかと水風呂につかり、帰りはいちばん近い出口より千代田線にて。エアコンの効いた電車に1時間以上揺られていたら、さすがに寒かった。
(浴室、フロアマップの画像は公式サイトより転載)

SPA大手町 FITNESS CLUB
源泉/大手町温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/東京都千代田区大手町1-9-2 [地図]
     大手町フィナンシャルシティ グランキューブB1F
電話/03-6262-5188
交通/地下鉄大手町駅C2c出入口直結
料金/ビジターは1,080円 ※90分以内(女性のみ岩盤浴もあり、別途540円)
時間/ビジターは10:00〜19:00
     第1・3・5日曜日は定休、夏期や年末年始などにも定休あり
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ