旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

温泉銭湯

湯どんぶり 栄湯(東京都台東区日本堤)

湯どんぶり 栄湯(東京都台東区日本堤)誰が言い始めたか、湯どんぶり栄湯に行くことを「どんぶる」と言うらしい。いかに愛されているかの証だろう。栄湯ならごく普通だが、「湯どんぶり」という豪快な冠がつくことにより、一度聞いたら忘れられないネーミングに。問題はどうやって行くか。地下鉄三ノ輪駅から徒歩圏内なのに、明後日の方角へと迷ってしまい、こんなことならバスに乗れば良かったなと。

土手の伊勢屋ちなみに最寄りのバス停は吉原大門。遊郭があった頃の唯一の入口だ。バス通りを隔てて東側一帯が、栄湯のある日本堤。町名は隅田川の治水事業によって築かれた堤防にちなみ、その歴史は江戸時代初頭まで遡る。天ぷら、桜鍋の老舗は土手を名乗り、この2軒だけは歴史情緒をいまに伝える(写真は土手の伊勢屋)。吉原大門の交差点より東へ200m、湯どんぶり栄湯はビルの佇まい。ちなみに屋上のパネルでお湯を沸かしているという。

湯どんぶり 栄湯(東京都台東区日本堤)湯どんぶり栄湯は、2か月弱の休業を経て、5/15にリニューアルオープン。店頭と脱衣所のブラックボードで改装点をPRしているが、手書きの温かみが銭湯らしくてよい。まずは、天然温泉の認可が下りたのだろう。それでいて超軟水処理を施しているというから、銭湯の基本でもある「湯」へのこだわりがすごい。そして、広々とした露天風呂(ナノファインバブル湯)を新設。しかし、訪ねた日は手直し工事中。運悪く利用できなかったから、また再訪せねばなるまい。

湯どんぶり 栄湯(東京都台東区日本堤)浴室内はよくある銭湯の光景で、バイブラ湯やジャグジーなどが並ぶ。宝寿湯の湯船だけは独立した配置で、もともと露天にしていたのだろうか。そして、新設となったヒマラヤ岩塩サウナは別途200円。下足鍵と交換で引っ掛け鍵をもらう。温度計を見たら84℃だが、発汗力のすさまじさは岩塩によるものか。真新しいサウナはやはりいい。水風呂は23.5℃だったが、高い位置から吐水し、しかも下からブクブクしているから、表示以上の冷たさを体感。この日はほかにサウナ客がおらず、ひとりでサウナと水風呂を何往復。露天で外気浴したらもっと気持ちいいだろうな、と。やはり再訪せねばなるまい。

次なる目的地は鶯谷の萩の湯と決めていたし、せっかくなら吉原のソープランド街を突っ切って歩いてみようかと。真昼間なのに数軒で客引きされるが、「写真見学だけでも…」と声を掛けられている側を、下校時刻の小学生が通り過ぎていく。客引きのお兄さんもやりにくいだろうなぁ。



湯どんぶり栄湯(東京銭湯マップ)

湯どんぶり 栄湯
源泉/温泉法の温泉
住所/東京都台東区日本堤1-4-5 [地図]
電話/03-3875-2885
交通/地下鉄日比谷線三ノ輪駅より徒歩11分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
     サウナは別途200円
時間/14:00〜24:00(日曜・祝日は12:00〜24:00)
     毎週水曜日定休

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)町の銭湯で別料金を支払ってサウナを利用するくらいなら、地元のスーパー銭湯のほうが手っ取り早いし、サウナは広いし、安く済むというのが田舎者の考え。別料金のサウナ代にはたいてい貸しタオルの利用も含んでいるが、雑色のヌーランドさがみ湯はさらに上を行っている。なんと貸しタオルのほかに、館内着、カミソリ、歯ブラシまで付いてくるのだ。町の銭湯でこの至れり尽くせり感はすごい。

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)ちなみに至れり尽くせりは全館利用の場合。積み上げ式に計算していけば、この料金設定は妥当なのか。ちなみに入浴のみなら銭湯料金。入浴とサウナのコースもある。外観もフロント対応も館内の雰囲気も町の銭湯のイメージとはかけ離れており、それでいてスーパー銭湯のような派手さもなく、あえて喩えるなら公共温泉施設。浴室は1階、休憩施設は2階にある。

ジェットバスやぬるめのミクロバイブラもあるが、ヌーランドに来たら黒湯の温泉だ。透明度3cmほどは都内有数の黒さではなかろうか。さらっとした肌ざわりを堪能しつつも、ひさしぶりの銭湯だったから熱くて驚いた。露天風呂でも温泉を使用しており、こちらは室内よりもぬるめ。外気を感じながらのんびり浸かっていられる。

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)しかし、寝不足と満腹感ですぐにのぼせてしまい、いったん休憩。リラックスルームは正面にテレビを据えてリクライニングチェアが10台以上。ご丁寧に毛布まで用意しているから、ちょっと仮眠のつもりが気づけば2時間も爆睡。大広間の宴会場(90名収容!)、個室、カラオケルーム、貸しスタジオ、屋上庭園まであり、さながら健康ランド気分。館内着で寛げるのだから、もはや銭湯ではない。

そして、いよいよサウナへ。俗に言う引っ掛け鍵でドアを開ける。ベンチは向かい合わせ、片側だけ2段。温泉で温まっているせいか、すぐに大量の発汗。水風呂はかなり冷たくて驚く。サウナの熱さは想像の範囲内だが、温泉は熱すぎるし、水風呂は冷たすぎるし、なんとも極端すぎる。室内か露天にベンチがあればなお良し。脱衣所でまどろんでいる人たちはアフターサウナに違いない。

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)今回は東京ウォーカーの半額クーポンで訪ねたが、クチコミサイトの@niftyでもクーポンを出しており(全館利用800円)、アメニティ込みと考えれば遠くのスーパー銭湯に行くよりも断然安い。お風呂だけなら銭湯料金(460円)だが、リーズナブルだと感じさせてくれる。もともと第三相模湯と言ったそうで、現在でも浴場組合に加入しているが、多角的な充実ぶりと独自の集客手腕は組合内でもトップクラスだろう。

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)

天然温泉ヌーランドさがみ湯
源泉/NU LAND温泉(ナトリウム−炭酸水素冷鉱泉)
住所/東京都大田区仲六郷2-7-5 [地図]
電話/03-3739-1126
交通/京浜急行雑色駅より徒歩3分
     JR蒲田駅東口よりバス5分「仲六郷1丁目」徒歩1分
料金/全館利用:大人平日1,250円、休日1,550円、小人600円(4歳〜小学生)
     ※入浴・サウナ・タオルセット・館内着
     ※サービスタイム(18:00以降)1,000円
     入浴のみ:大人460円、中人180円、小人80円
     入浴・サウナ:大人800円 ※タオル付き
時間/10:00〜23:00、年中無休(毎週火曜日は2階施設休み)

北品川温泉 天神湯(東京都品川区北品川)

北品川温泉 天神湯(東京都品川区北品川)北品川温泉天神湯の最寄駅は京急の北品川ではなく、その次の新馬場(しんばんば)。東海道品川宿の馬場が置かれたところだ。むかし京急は北馬場と南馬場の2駅を置いていたが、これらは統合され、それぞれが北口と南口に相当する。北馬場商店街はその名残りで、古く味わいのある佇まいもちらほら。

商店街の突き当たりが旧東海道。本陣跡は明治天皇の行幸にちなんで聖蹟公園として整備されている。天神湯は駅の真下を横切る山手通り沿いに位置し、わずか5分足らずの距離ではあるが、商店街や旧東海道のぶらぶら歩きが楽しい。

北品川温泉 天神湯(東京都品川区北品川)

天神湯はひとことで言えばモダン銭湯。いま流行りのデザイナーズ銭湯の走りかもしれない。パッと見では玄関がどこだかわからず、重厚な木目の自動ドアが開いても、そこには下足ロッカーがあるのみ。この段階ではまだ中の様子はうかがい知れない。ぐるりと回り込むとフロントがあって、カフェのように洗練された休憩スペース。さらに吹き抜け階段を上がり、2階の浴室へ。壁面にはガラス越しに水が流れ、小空間を坪庭に見立てていたりと、なかなか洒落ている。


脱衣所のロッカーは100円リターン式で、扉の内側に挿入するタイプ。ジャズがBGMとして流れていた。肝心の浴室はと言えば、文字で説明するよりGoogleのインドアビューをご覧いただければ一目瞭然。補足するなら室内はあつ湯とぬる湯の2つ。わくわく感を失うような気もするが、便利な時代になったものだ。同じインドアビューなら以前ご紹介したふくの湯(文京区千駄木)の方が見応えあるけど。

北品川温泉 天神湯(東京都品川区北品川)ガラス扉を隔てた奥の湯船では、地下100mより湧出した温泉を使用している。都内随一の黒さ、泉質との評判も高く、実際に透明感はほとんどない。蒲田まで下れば黒湯の銭湯も珍しくないが、品川からちょっとの距離感とおしゃれな雰囲気が客を呼ぶのだろうか。「銭湯らしさ」との対極を目指しているのなら見事だし、ご主人はアパレル出身だとどこかで知ってさもありなん。あちこちのクチコミで接客姿勢を問う声ばかり見かけるのは残念だ。ところで、天神湯とは言うけれど、近隣に菅公ゆかりのお社はなく、向かいの荏原神社では龍神様を祀っている。旧荏原郡で最も由緒ある神社だという。

北品川温泉 天神湯
源泉/北品川温泉(ナトリウム−炭酸水素塩冷鉱泉)
住所/東京都品川区北品川2−23−9 [地図]
電話/03-3471-3562
交通/京急新馬場駅北口より徒歩3分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜24:30、毎週金曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ