旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

温泉銭湯

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)町の銭湯で別料金を支払ってサウナを利用するくらいなら、地元のスーパー銭湯のほうが手っ取り早いし、サウナは広いし、安く済むというのが田舎者の考え。別料金のサウナ代にはたいてい貸しタオルの利用も含んでいるが、雑色のヌーランドさがみ湯はさらに上を行っている。なんと貸しタオルのほかに、館内着、カミソリ、歯ブラシまで付いてくるのだ。町の銭湯でこの至れり尽くせり感はすごい。

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)ちなみに至れり尽くせりは全館利用の場合。積み上げ式に計算していけば、この料金設定は妥当なのか。ちなみに入浴のみなら銭湯料金。入浴とサウナのコースもある。外観もフロント対応も館内の雰囲気も町の銭湯のイメージとはかけ離れており、それでいてスーパー銭湯のような派手さもなく、あえて喩えるなら公共温泉施設。浴室は1階、休憩施設は2階にある。

ジェットバスやぬるめのミクロバイブラもあるが、ヌーランドに来たら黒湯の温泉だ。透明度3cmほどは都内有数の黒さではなかろうか。さらっとした肌ざわりを堪能しつつも、ひさしぶりの銭湯だったから熱くて驚いた。露天風呂でも温泉を使用しており、こちらは室内よりもぬるめ。外気を感じながらのんびり浸かっていられる。

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)しかし、寝不足と満腹感ですぐにのぼせてしまい、いったん休憩。リラックスルームは正面にテレビを据えてリクライニングチェアが10台以上。ご丁寧に毛布まで用意しているから、ちょっと仮眠のつもりが気づけば2時間も爆睡。大広間の宴会場(90名収容!)、個室、カラオケルーム、貸しスタジオ、屋上庭園まであり、さながら健康ランド気分。館内着で寛げるのだから、もはや銭湯ではない。

そして、いよいよサウナへ。俗に言う引っ掛け鍵でドアを開ける。ベンチは向かい合わせ、片側だけ2段。温泉で温まっているせいか、すぐに大量の発汗。水風呂はかなり冷たくて驚く。サウナの熱さは想像の範囲内だが、温泉は熱すぎるし、水風呂は冷たすぎるし、なんとも極端すぎる。室内か露天にベンチがあればなお良し。脱衣所でまどろんでいる人たちはアフターサウナに違いない。

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)今回は東京ウォーカーの半額クーポンで訪ねたが、クチコミサイトの@niftyでもクーポンを出しており(全館利用800円)、アメニティ込みと考えれば遠くのスーパー銭湯に行くよりも断然安い。お風呂だけなら銭湯料金(460円)だが、リーズナブルだと感じさせてくれる。もともと第三相模湯と言ったそうで、現在でも浴場組合に加入しているが、多角的な充実ぶりと独自の集客手腕は組合内でもトップクラスだろう。

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)

天然温泉ヌーランドさがみ湯
源泉/NU LAND温泉(ナトリウム−炭酸水素冷鉱泉)
住所/東京都大田区仲六郷2-7-5 [地図]
電話/03-3739-1126
交通/京浜急行雑色駅より徒歩3分
     JR蒲田駅東口よりバス5分「仲六郷1丁目」徒歩1分
料金/全館利用:大人平日1,250円、休日1,550円、小人600円(4歳〜小学生)
     ※入浴・サウナ・タオルセット・館内着
     ※サービスタイム(18:00以降)1,000円
     入浴のみ:大人460円、中人180円、小人80円
     入浴・サウナ:大人800円 ※タオル付き
時間/10:00〜23:00、年中無休(毎週火曜日は2階施設休み)

北品川温泉 天神湯(東京都品川区北品川)

北品川温泉 天神湯(東京都品川区北品川)北品川温泉天神湯の最寄駅は京急の北品川ではなく、その次の新馬場(しんばんば)。東海道品川宿の馬場が置かれたところだ。むかし京急は北馬場と南馬場の2駅を置いていたが、これらは統合され、それぞれが北口と南口に相当する。北馬場商店街はその名残りで、古く味わいのある佇まいもちらほら。

商店街の突き当たりが旧東海道。本陣跡は明治天皇の行幸にちなんで聖蹟公園として整備されている。天神湯は駅の真下を横切る山手通り沿いに位置し、わずか5分足らずの距離ではあるが、商店街や旧東海道のぶらぶら歩きが楽しい。

北品川温泉 天神湯(東京都品川区北品川)

天神湯はひとことで言えばモダン銭湯。いま流行りのデザイナーズ銭湯の走りかもしれない。パッと見では玄関がどこだかわからず、重厚な木目の自動ドアが開いても、そこには下足ロッカーがあるのみ。この段階ではまだ中の様子はうかがい知れない。ぐるりと回り込むとフロントがあって、カフェのように洗練された休憩スペース。さらに吹き抜け階段を上がり、2階の浴室へ。壁面にはガラス越しに水が流れ、小空間を坪庭に見立てていたりと、なかなか洒落ている。


脱衣所のロッカーは100円リターン式で、扉の内側に挿入するタイプ。ジャズがBGMとして流れていた。肝心の浴室はと言えば、文字で説明するよりGoogleのインドアビューをご覧いただければ一目瞭然。補足するなら室内はあつ湯とぬる湯の2つ。わくわく感を失うような気もするが、便利な時代になったものだ。同じインドアビューなら以前ご紹介したふくの湯(文京区千駄木)の方が見応えあるけど。

北品川温泉 天神湯(東京都品川区北品川)ガラス扉を隔てた奥の湯船では、地下100mより湧出した温泉を使用している。都内随一の黒さ、泉質との評判も高く、実際に透明感はほとんどない。蒲田まで下れば黒湯の銭湯も珍しくないが、品川からちょっとの距離感とおしゃれな雰囲気が客を呼ぶのだろうか。「銭湯らしさ」との対極を目指しているのなら見事だし、ご主人はアパレル出身だとどこかで知ってさもありなん。あちこちのクチコミで接客姿勢を問う声ばかり見かけるのは残念だ。ところで、天神湯とは言うけれど、近隣に菅公ゆかりのお社はなく、向かいの荏原神社では龍神様を祀っている。旧荏原郡で最も由緒ある神社だという。

北品川温泉 天神湯
源泉/北品川温泉(ナトリウム−炭酸水素塩冷鉱泉)
住所/東京都品川区北品川2−23−9 [地図]
電話/03-3471-3562
交通/京急新馬場駅北口より徒歩3分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜24:30、毎週金曜日定休

照の湯(東京都大田区仲六郷)

照の湯(東京都大田区仲六郷)雑色の商店街は夕方の買い物客で賑わっていた。蒲田の1つ隣で、乗降客3万人は普通電車しか停まらない駅としては京急で最多だという。なるほど庶民の活気に満ち溢れているわけだ。照の湯は商店街の西外れにある、いわゆるマンション銭湯。正面をおしゃれに飾るも、下足箱の並ぶ玄関にはファンタジックなイラストと、なぜかミラーボールが回る。

フロントの左右に男女の脱衣所を振り分け、フロントの横にはちょっとしたロビーを設けている。浴室はセンター浴槽で、その周りをコの字にカランが並ぶ。椅子代わりは四角い石。浴槽との距離が近いため、身体を洗っている人の背後を避けて歩くよう。

照の湯(東京都大田区仲六郷)浴槽はいずれも小さいが、日替わり湯、電気風呂&座湯ジャグジー、古代檜風呂、鉱泉の水風呂。西伊豆の富士山を描いたペンキ絵を眺めながらの入浴だ。サウナが無料で利用できるのは嬉しいが、これまた狭くてベンチの板がぐらぐらする。ご愛嬌だ。

壁と屋根をプラ竹で囲っているから露天風呂とは呼びにくいが、温泉は岩風呂風の湯船で堪能できる。地下300mから湧出した温泉は、真っ黒で墨汁のよう。お湯は胸の深さだから長湯が楽しめる。なによりも混雑した浴室とは壁と扉で隔てているだけなのに、別世界のような居心地の良さ。夕暮れの薄明かりはなお良し。

照の湯(大田浴場連合会)

照の湯
源泉/照の湯(ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉)
住所/東京都大田区仲六郷3-23-6 [地図]
電話/03-3739-5527
交通/京急本線雑色駅より徒歩5分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:30(休日は10:00〜23:30、毎週木曜日定休

栗の湯(東京都世田谷区新町)

栗の湯(東京都世田谷区新町)銭湯で不定休とはさほど珍しくもないし、早仕舞いも地方都市では稀にある。しかし、世田谷区の栗の湯は週3日ほどの定休日にあまり規則性がなく、しかも営業終了が20時までと早いのにかかわらず、その40分前にはシャッターを下ろしてしまうという潔さ。よほど客が少なく、営業熱心でないのかと思えばそうでもなさそう。

栗の湯(東京都世田谷区新町)サザエさんの街として知られる桜新町の、首都高3号線・国道246号線を渡って南側。昔ながらの佇まいで、大きな煙突がそびえる。当月の休業日は玄関先に貼り出されたカレンダーで確認されたし。

フロントで料金を支払い、脱衣所へ。ロッカーの鍵が紛失した箇所も多いが、持ち帰り防止の貼り紙には「補充はしません」「結局使用できるロッカーが少なくなります」。どの銭湯でも抱えている問題だと思うが、開き直る姿勢は見事だ。

栗の湯(東京都世田谷区新町)浴室は壁側と島列の洗い場があって、奥には湯船が3つ並ぶ。円型の「回転風呂」は現在停止中。その隣はガリウム石温浴泉で、お湯が流れ出るところには青いランプ、2つあるジャグジーに赤いランプを設置。そして温泉の湯船。お湯は薄褐色で、メタケイ酸によって温泉法に該当。

浴場組合のホームページや「湯めぐりマップ」では16時の開店だが、実際にはもっと早くから客が駆けつけるのか、看板には15:40とあり、閉店は22時のはずが20時。しかし19:20にはシャッターを下ろし、客の受け入れは終了。近所の常連ならまだしも、銭湯お遍路の一見客にはなかなかハードルの高い銭湯だ。

栗の湯
源泉/栗の湯(温泉法の温泉)
住所/東京都世田谷区新町1-36-6 [地図]
電話/03-3702-3305
交通/東急田園都市線桜新町駅より徒歩8分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
     サウナは別途150円
時間/15:40〜20:00、不定休

御谷湯(東京都墨田区石原) ※2015/5/19リニューアルオープン

御谷湯(東京都墨田区石原)最近よく見聞きするのが、「デザイナーズ銭湯」という単語。建築家によってトータルプロデュースされた現代志向の銭湯で、天然温泉久松湯南青山清水湯武蔵小山温泉清水湯などが代表例。そしてこのたび、戸越銀座温泉などを手掛けた今井健太郎建築設計事務所によって、このたび御谷湯(みこくゆ)が新築リニューアルオープンした。

5階建のビルを構え、1階にはコインランドリーも。まず券売機でチケットを買ったら、下足札と一緒にフロントに預ける。ロッカーの鍵を貰ったらエレベーターで浴室へ。男湯4階と女湯5階は週替わり。開業初日とあって、脱衣所からして大混雑。浴室にいたってはカランがほぼ埋まっていた。ちなみに数は少ないが、シャンプーやボディソープの備え付けあり。

御谷湯(東京都墨田区石原)御谷湯は墨田区内では珍しい温泉の湧く銭湯だ。温泉は高温、中温、低温と3つの湯船に分かれており、好みの温度でじっくり浸かるもよし、交互浴を楽しむもよし。外気浴のバルコニーに面しており、室内に明るい光をもたらすが、これで景色のごく一部でも眺められたら最高だったのに。4階にいながらにして高さも感じられず。お湯はウーロン茶のような色をしており、肌ざわりもよい。

温泉の湯船はもう1つあって、ジャグジーと打たせ湯のわきに、まるで洞窟のような空間。小窓からほんのり明かりが差し込むだけの薄暗さ。人肌程度のぬるさ(不感湯)で、ついうとうとしてしまう。

扉を隔てて独立した空間に薬湯の湯船を設け、ここでは外気がわずかに感じられる。1つ1つの湯船は大きくはないが、数は多く、温度の違いもあって色々な楽しみ方ができる。奇抜なお洒落要素はなかったが、普段使いの銭湯としてはもちろん洗練されており、高齢化社会に対応すべく「福祉型家族風呂」も1階に設けている。

御谷湯
源泉/御谷湯温泉(温泉法の温泉)
住所/東京都墨田区石原3-30-8 [地図]
電話/03-3623-1695
交通/JR総武本線・東京メトロ半蔵門線「錦糸町」駅より徒歩14分
     都営大江戸線「両国」駅より徒歩14分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/15:30〜26:00、毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)

※今月は5/22-23が定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ