旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

混浴

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

岩の湯(栃木県那須塩原市塩原)

塩原渓谷歩道塩原温泉郷は那須塩原市内を流れる箒川沿いに点在し、泉質の異なる11の温泉地の総称。1200年以上の歴史を持ち、田山花袋は『温泉めぐり』(1918)で塩原十一湯を「温泉郷」として記した。「私の考えでは、箱根、塩原、この二つが都会の人たちの行って浴するのに最も適したものであろうと思う」とある。箒川と国道400号線は並行しているが、観光客にとって東の起点は東北道西那須野塩原IC。西の起点は国道121号線の上三依で、東西に抜けようとするとその距離は約27km。広範囲に点在するので、湯めぐりは綿密な計画のもとで楽しみたい。

塩原温泉郷での日帰り入浴はホテルや旅館を利用することとなるが、福渡温泉と古町温泉に3ヶ所の混浴露天風呂、新湯温泉に3ヶ所の共同浴場がある。いずれも地元の人たちが管理する施設だが、100円〜300円の安さで利用できるとあって観光客の人気を集めている。今回は露天風呂だけを回ってきたので、順番に紹介したいと思う。

福渡温泉福渡温泉福渡温泉
福渡温泉福渡温泉岩の湯(栃木県那須塩原市塩原)

福渡(ふくわた)温泉は、塩原温泉郷のうち東から2番目に位置する。その手前の大網温泉は湯守田中屋の1軒しかなく、実質的に福渡はいちばん最初に目にする温泉街だと言える。といっても宿泊施設は大小10軒ほど。国道400号線沿いの福渡橋のすぐそばに無料駐車場(ガソリンスタンド隣)があるので、そこに車を置き、川沿いの遊歩道を東に歩いていく。しばらくすると公衆トイレの隣に「泡の湯」と消えかかったペンキで記された小屋があるが、ここはかつて共同浴場だったのだろうか。さらに行くと箒川の対岸、福渡不動吊橋のたもとに「岩の湯」がある。ちなみに対岸には民家がないため、岩の湯とその先の不動の湯の開放時間外は吊橋が閉門となる。

岩の湯(栃木県那須塩原市塩原)脱衣スペースというべきか、簡単な棚があって、そこと大きな岩のところは対岸や橋を渡る人の視線から隠れるようになっている。2つある湯船も手前は完全に岩陰になっているものの、奥は穏やかに流れる箒川を眺めながらの開放感。混浴だが水着やタオル巻き不可(塩原の露天風呂では共通事項)なので、女性には厳しいかもしれないが、湯船が2つあるだけマシかも。時間やタイミング次第か。

温泉は岩間を通したパイプから注がれているほか、湯船の底からも湧いている。やや緑色に濁っており、あふれたお湯は川に流れていく。手前の湯船のほうが温め。奥はやや熱めなので、対岸から見られることを覚悟で湯冷ましするような人ばかり。それを含めての開放感をぜひ体験してほしい。

岩の湯
源泉/福渡温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素塩泉)
住所/栃木県那須塩原市塩原 [地図
電話/0287-32-4000(塩原温泉観光協会)
交通/東北道西那須野塩原ICより国道400号線で約13km
料金/200円
時間/6:30〜21:00

塩原温泉旅館組合

温泉めぐり (岩波文庫)
温泉めぐり (岩波文庫)
クチコミを見る

切明温泉川原の湯(長野県栄村堺切明)

秋山郷は新潟県津南町と長野県栄村にまたがって点在する12の集落の総称で、江戸文政年間の文人・鈴木牧之によって紹介された。西に鳥甲山、東に苗場山、その谷間には中津川が流れる。メインとなるルートは津南町からの国道405号線だが、車のすれ違いもままならない険しい山道が続く。志賀高原からのルート(奥志賀公園栄線)もあるが、冬期は閉鎖される。かつて飢饉が襲ったときには餓死者も出て、3つの村が滅んだという。いまだって落石や雪崩などで道路が分断されたら、たちまち陸の孤島と化すだろう。いまもむかしも秘境であることに変わりはない。

切明温泉への道切明温泉への道新潟県津南町と長野県栄村の県境

この厳しい環境の中で、自然の恵みといえば集落に湧く温泉だ。北から逆巻、結東、小赤沢、屋敷、上野原、切明の温泉があり、各地に数軒の旅館もある。小赤沢温泉は酸化した鉄分による赤褐色のお湯、屋敷温泉は目の前に中津川を眺めながらの露天風呂が楽しめる。そして切明温泉の名物といえば、川そのものが露天風呂というワイルドなロケーションだ。

小赤沢集落小赤沢温泉楽養館屋敷集落
雪に埋もれる小赤沢(左)と屋敷(右)集落。小赤沢温泉楽養館(中)は4/20時点で冬期休業中だった。

切明温泉の歴史は古く、江戸時代中期に箕作地区の名主・島田三左衛門によって発見されたという。鈴木牧之の「秋山紀行」では湯本と記されているが、江戸時代中期には宿が流され、復活したのは昭和47年のこと(村営の宿・雄川閣)。現在はほかに2軒の宿が営業をしているが、民家は1軒もない。

切明温泉川原の湯切明温泉川原の湯切明温泉川原の湯

雄川閣より吊り橋を渡り、中津川の川原を200mほど歩いていく。雪が足首以上に積もり、道の格好をなしていないが、川から立ち上る湯気でだいたいの位置はわかった。川原には大小の石がゴロゴロしており、すでに岩風呂のように石が並んでいる。川底から湧く温泉と川を流れる冷たい水が混じり合い、人肌程度の温さ。浅いところをよく見るとぷくぷく湧き出していて、そこは若干熱め。川の水が注ぐところは当然冷たく、加減が難しいのだが、スコップで作るなど面倒だし、そもそもスコップを持っていないし。湯加減以上に困ったのは、川底に堆積した落ち葉や藻がぬるぬるして気持ちが悪いこと。諦めて足湯で済まそうかとも考えたが、3分後には服を脱いでいた。もちろん脱衣所はないので、水着やバスタオルがあるとよいかも。と言いつつ、自分は持っていないが。

切明温泉川原の湯切明温泉川原の湯

温くても冷たくても慣れてしまえば極楽露天風呂。都会のスーパー銭湯では味わえないこの開放感、むしろ開放的過ぎるかもしれない。温泉が大自然の恵みだと実感できるひとときだ。

切明温泉川原の湯

切明温泉川原の湯
源泉/切明温泉(カルシウム・ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/長野県下水内郡栄村堺切明 [地図
交通/国道405号線・117号線「大割野」交差点より約33km
料金/無料
時間/24時間

津南彩発見(津南町観光協会)
秋山郷観光協会
栄村観光協会
越後秋山郷(アトラスデザインワークス)

切明温泉の宿
雄川閣 切明リバーサイドハウス 雪あかり

百穴温泉春奈(埼玉県吉見町北吉見)

吉見百穴のついでに立ち寄れる温泉はないかと探してみたところ、すぐ近くに「吉見温泉春奈」という施設があった。吉見百穴も観光地としてはB級だが、吉見温泉春奈は正真正銘のB級スポット。鄙びっぷりはすさまじい。しかも「東京からいちばん近い混浴」との声もあって、ますます興味深い。ふらりと立ち寄る客も少なからずいるのだろうが、現地周辺の看板からして時代遅れな感じは否めない。看板なんて単なる目印に過ぎず、訪れる客の多くは常連か興味本位ではなかろうか。

百穴温泉春奈百穴温泉春奈百穴温泉春奈

吉見百穴の入口にゲート型の看板があり、そこから市野川の土手を北へ。昔ながらの旅館というのが第一印象。背後は雑木林で、時おりパーンパーンと乾いた声がして驚くが、これは近所の百穴射撃場から聞こえてくる銃声。

百穴温泉春奈百穴温泉春奈百穴温泉春奈

フロントには誰もおらず、館内も静まり返っていた。何度か声を張り上げて呼び掛けると、やがておばちゃんが応対に出てきてくれた。浴室は館内の奥にあると言うが、そこまでに目にするものは、全て昭和で時が止まっているかのよう。脱衣所の暖簾くらいは新調しても良さそうだが。ロッカーなんて気の利いたものはなく、カゴを使用するので、貴重品はおばちゃんに預けておく。

百穴温泉春奈百穴温泉春奈百穴温泉春奈

浴室のくたびれ加減はどう表現してよいかわからない。室内のほとんどを大きな岩風呂が占め、奥は一段上がってタイル張りの浴槽。看板には「美容と健康に露天風呂」とあったけど、アーチ型の屋根に覆われている。室内は広く、じゅうぶんに採光も確保されているが。女性専用の内風呂もあるのだが、目隠しのため窓ガラスには白ペンキが吹き付けられている。ほかにやりようがあっただろうに…。

百穴温泉春奈百穴温泉春奈

客は10人ほどいたが、なぜかタイル張りの浴槽に集っていた。しばらくして事情がわかったのだが、1人の女性客を集団で取り囲んでいるのだ。とは言え、皆が知り合いというわけではないようだ。中心になって会話を盛り上げる人がいる一方で、少し離れたところから様子をうかがっている人も。女性客はアベックで訪れているようだが、ここの施設を理解しているのだろう。傍から見れば異様な光景だが、不思議なくらいに平然としている。女性は40代とお見受けしたが、女性が「岩風呂に行こう」と言えば皆で移動するし、「もう出よう」と言えば皆が浴室をあとにする。というわけで、集団が去ったあとの浴室は無人に。唖然を通り越し、もう笑うしかない。

しばらく間を置いてから大広間の休憩室へ。浴室と同じように女性を囲んで集団ができているが、やはり中心で盛り上げ役、遠巻きに様子をうかがう客という構図ができている。女性客はもう1人おり、しばらくするとその集団が浴室へ。遠巻きの客というのは、実際には流動層だったりするのだ。エロトークが聞こえてきたりして、男性であってもいきなりこの雰囲気はハードルが高い。気に入るか、嫌になるかどちらかだろう。泉質うんぬんは二の次。温泉の楽しみ方もいろいろだし、どうこう言うつもりはないが、少なからず衝撃的な体験だったことは間違いない。

百穴温泉春奈
源泉/百穴温泉(温泉法の温泉)
住所/埼玉県比企郡吉見町北吉見1159 [地図
電話/0493-54-1888
交通/関越道東松山ICより約4.8km
料金/大人1,500円、小人750円
時間/(平日)10:00〜21:00、(休日)10:00〜19:00
    毎週月曜日定休

※「A重油高騰のため 平成23年3月20日ヨリ 御一人様休憩料 大人1,500円、小人750円」との貼り紙があった。

吉見百穴の記事

(追記-2011/8/7)
この記事をリライトしたものを「まぼろしチャンネル」(5ch)に掲載しています。
No.04 マニアには有名!?百穴温泉は怪しさ満点 - いかす温泉天国
合わせてご覧ください!
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ