旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横浜温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン

新横浜フジビューホテル(横浜市港北区新横浜)

新横浜フジビューホテル(横浜市港北区新横浜)いま発売中の「横浜ウォーカー」9月号は、日帰りスパ&スーパー銭湯特集。神奈川県内(一部県外)の70施設が取り上げられており、割引クーポンも付いているので、お買い求めになった方も多いのではないだろうか。個人的にはほぼ全てを訪問済みだが、そんななか、未訪問だった施設が新横浜にあった。それが新横浜フジビューホテル。ホテルや旅館の日帰り入浴といえば箱根や七沢などの温泉地に多いが、新横浜とは盲点だった。しかも新横浜に温泉が沸いていただなんて。

新横浜フジビューホテル(横浜市港北区新横浜)新横浜駅前にはホテルや商業系ビルが建ち並んでおり、フジビューホテルも ペディストリアンデッキから確認できる場所にある。温泉利用の受付は西館地下1階で行っており、フロントを経由せずに直接訪ねる。券売機でチケットを購入し、下足箱の鍵と脱衣所ロッカーの鍵を引き換え、フェイスタオルとバスタオルを受け取る。温泉入浴はビジターだと1,500円だが、横浜ウォーカーの割引クーポン利用ならば、宿泊客同様の1,000円になる。

新横浜フジビューホテル(横浜市港北区新横浜)浴室にはゆったりとした広さの湯船が2つ並んでいる。片方は40℃、もう一方は38.5℃を指していた。烏龍茶のような茶褐色で、地下1,500mから湧出。ジャグジーなどはないが、温めのお湯にじっくり浸かるのもよいだろう。ホテルの日帰り入浴とあって、昼間は客が少なく、静かにのんびり入浴することができる。ちなみに源泉は42.2℃で、湧出量は毎分260リットル。非加熱・かけ流しの湯船が1つあれば最高だが。

新横浜フジビューホテル(横浜市港北区新横浜)ドライサウナ(女湯はスチームサウナ)や水風呂も完備。水風呂は31℃だったから、サウナのあとだと物足りないが、のんびり過ごしたい人にはもってこい。湯船の一角には植栽があしらわれ、ガラス越しに眺めるが、その上は吹き抜けの明かり採りになっている。奥の扉の向こうは、外気浴ができるわけでもなく、単なる空調が効いた部屋。どう過ごせばよいか考えてしまうが、浴室内も含めてホテルの大浴場ならではの贅沢な空間活用だ。そして、ここは穴場の温泉施設であることは間違いないし、新横浜で宿泊する方には「せっかくなら温泉のあるホテルはいかが?」とおすすめしたい。

新横浜フジビューホテル(横浜市港北区新横浜)

新横浜フジビューホテル
源泉/新横浜温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/横浜市港北区新横浜2-3-1 [地図
電話/045-473-0021
交通/JR横浜線新横浜駅北口・横浜市営地下鉄新横浜駅4番出口より徒歩3分
料金/大人1,500円、小学生700円
     岩盤浴(女性専用):大人1,500円、セット料金2,500円
時間/14:00〜23:30
     毎月最終日曜日定休(翌月曜日が祝日の場合は月曜日定休)

スパ イアス(横浜市西区北幸)

スパ イアス(横浜市西区北幸)横浜西口の娯楽の殿堂といえばハマボール。昭和45年のオープン以来、ボウリング場をメインとして市民に親しまれてきたが、老朽化による建て替えを経てグランドオープンしたのが平成21年3月。その際に誕生したのが「スパ イアス」だ。地上8階建て、延床面積8,000坪の複合型アミューズメント施設(HAMABOWL EAS)のうち、4階〜7階に及ぶ大型施設で、東京ドームシティの「スパ ラクーア」がプロデュースを行った。

スパ イアス(横浜市西区北幸)コンセプトは「都会の日常に極上のスパ時間を」。大人の癒し空間のため、館内利用は18歳以上とし、地下1,500mから湧出した温泉を使用しているほか、岩盤浴やマッサージなど多様なサービスで人気を集めている。入館料は多少高めだが、在館時間制限なし、オールナイト営業、立地の良さや施設自体の充実ぶりからして利用価値は申し分ない。東口のスカイスパ、みなとみらいの万葉倶楽部とともに、観光やビジネスで横浜を訪ねたときには重宝することだろう。

スパ イアス(横浜市西区北幸)立地について横浜市民はもちろん、神奈川県民の多くの方がご存知だろうからいまさら詳しく説明するまでもないが、横浜駅西口より新田間川沿いにまっすぐ歩いて400mほどの距離。エレベーターで4階に行くと、スパイアスのほかスイーツビュッフェなどがあって、まるでテナントビルのようなフロア構成。スパイアス自体はこのフロアにフロントしかなく、利用方法の説明を受け、リストバンドを貰ったら5階へ。階段を上って正面のカウンターでは、館内着とタオルセットを受け取る。

スパ イアス(横浜市西区北幸)浴室に入ると左右に分かれて洗い場、正面にジャグジーと水風呂、左手にサウナ、右手に温泉の湯船がある。ジャグジーは一段高く設けており、押しボタン式でジェット噴射など。温泉の湯船は深さが2段階で、浅い方では半身浴が楽しめる。お湯はうっすらと茶褐色。湯船の細かな茶系タイルと相まって、シックかつ曲線で洗練された印象を受けた。男湯はドライサウナのみだが、女湯にはほかにスチームサウナもあるようだ。

露天風呂は人工炭酸泉のほか、温度の異なる温泉の湯船が2つ。不感温度(人肌程度のぬるさ)の湯船は長湯ができるためおすすめだ。露天風呂とは言うけれど、勾配天井のルーバーからやわらかい光が射し込み、間接照明を補助的に使用。しかし、景色はおろか外気も感じず、また奥行きがないため、開放感には乏しい。ちなみに浴室側に大きく窓をとっているので、室内にも明るい光が入ってくる。

スパ イアス(横浜市西区北幸)

岩盤浴は6階に2室(うち1室はロウリュウサウナ)、7階に2室(うち1室は女性専用)ある。あらかじめ脱衣所で館内着に着替え、タオルセットを持って移動する。6階には九州沖縄の郷土料理店とアジアンレストラン、ボディケアやマッサージなど多彩な6店舗が並び(5階にも3店舗)、「階段広場」と称する吹き抜け空間があって、いちばん奥にロウリュウサウナ「玄蒸(げんじょう)」と、岩盤浴室「瑪瑙(めのう)」がある。

ロウリュウイベントは毎日8回行われる。定員45名(先着順)で、30分前には館内アナウンスが流れるが、日本語に引き続いて英語でも。さすが国際都市横浜だ。ロウリュウ自体は最近の流行りで、神奈川県内でも新規店舗を中心として5〜6店で行われているが、岩盤浴着での男女同室はスパイアスだけ。円形の室内の中央にサウナストーブを設けており、室内の熱気をスタッフがじゅうぶん旋回したのち、アロマ水をかけて再び旋回。熱波を個別に直接浴びせることはなく、スタッフのトークしかり、上品なイベントだった。火照った身体を冷ますなら、玄蒸に隣接したクールルーム「涼風」へ。

岩盤浴室のうち、「瑪瑙」(6階)と「火火」(7階)は男女共用、「朱蓮」(7階)は女性専用。スパイアスでは岩盤浴の敷布として各々のバスタオルを使用する。汗を拭うのはフェイスタオル。合理的なシステムだと言える。

スパ イアス(横浜市西区北幸)

食事は先ほど簡単に紹介した2店のほか、5階にもカフェがある。マッサージしかり、いずれも店舗もテナントとして入居しているようだ。7階には多目的休憩スペース、5階にはテレビ付きリクライニングシート(男女共用・女性専用)の休憩スペースもあり、ここでは翌朝まで滞在可能。18歳以上を対象とした施設ということもあって、館内は総じて静かでゆったりと寛げる。深夜割増料金を加算しても総額4,380円。ポイントカードやキャンペーンなどお得なサービスもあり、リピーターを中心とした評判の高さに納得。「極上」のうたい文句に相応しい都市型施設だ。

スパ イアス(横浜市西区北幸)

スパ イアス
源泉/横浜天然温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/横浜市西区北幸2-2-1 [地図
電話/045-290-2080
交通/JR・東急・京急・相鉄・市営地下鉄横浜駅西口より徒歩5分
料金/2,600円(入湯税100円別途)
     休日割増料金 200円(土・日・祝日)
     深夜割増料金1,680円(深夜3:00〜6:00の滞在)
     ※18歳未満は入館不可
時間/10:30〜翌9:00

ハマボールは東日本大震災以後長らく休館していたが、12/15にリニューアルオープン。1/31までオープニングキャンペーンを開催中。

富士の湯(横浜市鶴見区矢向)

南武線矢向駅徒歩圏には温泉銭湯が2軒ある。駅の東側の商店街にあるのが矢向湯、西側の住宅地にあるのが富士の湯だ。どちらも駅までの距離感は同じくらい。驚くべきことと言えば、茶色と黄土色の違いはあれど、そっくりな外観ということだ。親戚関係にあるのか、同じ工務店が施工したのか、こんど訪ねたときは聞いてみようと思う。

富士の湯(横浜市鶴見区矢向)富士の湯は貨物線の踏切を渡ってすぐ。分類としてはビル銭湯で、その名も富士ビル。フロント式でロビーも備えている。脱衣所には自販機、洗面台、マッサージチェア。

浴室は男女日替わりとしているらしく、一般的な銭湯に比べればだいぶ広い。この日の男湯は、入って右手に立ちシャワー2つとカラン6つ。真ん中に5-5の島カラン。湯船のふちに壁を設けてカラン3つ。左手から奥にかけて湯船はL字型に並んでいる。

いちばん大きな湯船には座湯ジャグジー・バイブラ・ショルダーネック・電気風呂・歩行浴を配置。底に玉石が埋め込まれた2帖弱の空間は四方からジャグジーが噴き出し、手すりに掴まりながらぐるぐると歩く。傍から見れば地味だが、これがじつに楽しい。サウナと向い合わせで水風呂。そしてもうひとつは、富士の湯の看板とも言える温泉の湯船だ。透明度30cmほどの黒褐色で、なめらかな肌ざわり。段差に腰掛けて半身浴を満喫した。

この日は露天風呂が女湯側にあったらしく、またの機会にチャンスが巡ってくればいいかな、と。銭湯でしかも温泉というだけでも素晴らしいのに、温泉以外の湯船にも趣向を凝らしており、ちょっとひとっ風呂のつもりが1時間。玄関先には「街のオアシス」との看板を掲げているが、まさにその通りだ。

富士の湯(神奈川県浴場組合)
富士の湯(横浜市浴場組合)

富士の湯
源泉/横浜温泉(ナトリウム・カルシウム−炭酸水素塩泉)
住所/横浜市鶴見区矢向3-28-12 [地図
電話/045-581-0333
交通/JR南武線矢向駅西口より徒歩4分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途220円
時間/14:00〜24:00、不定休(月1回)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ