旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

朝風呂

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区根岸) ※2017/5/29リニューアルオープン

ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区根岸)鶯谷駅北口の萩の湯は8年前に訪ねたきりで、過去記事を読み返してみても、稚拙な文章を恥ずかしく思うばかり。さして印象に残る銭湯ではなかったが、このたび2年と数か月の休業期間を経て、「ひだまりの泉 萩の湯」としてリニューアル。新しいものに飛びつく性格でもないが、風呂屋となればすぐさま駆けつけたい。奇しくもオープン当日に訪ねることができた。

ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区根岸)

休業情報すら気にも留めていなかったが、リニューアルの全貌が明らかになるにつれ、インターネット上の話題も沸騰。いざ目の前にして驚いたのは、新築リニューアルだったこと。かつての面影を一新し、9階建SRC造のマンション併設型銭湯に生まれ変わった。ちなみに5〜9階は「テルマエドムス根岸」として賃貸中。入居者は月に数回無料入浴できるから、引っ越しをご検討中の銭湯マニアはぜひ。

エントランスには開店祝いの花が並ぶも、あまり華やかさを感じなかったのは、前日にプレオープンを済ませていたせいか。2階にL字カウンターのフロント、銭湯では珍しい本格的な食事処(客席数50超)を設け、浴室は3階(男湯)と4階(女湯)に分かれる。

1flobby
jetbroroten
saunamizuburo
(館内の写真はひだまりの泉 萩の湯公式サイトより転載)

浴室内にシャンプーやボディソープを設置。タオルセット70円、サウナは平日120円・休日170円と良心的。どうりでサウナの利用者が多いわけだ。サウナ室は広々30人程が座れるだろうか、女湯には別に塩サウナもある。水風呂があまり冷たくないのは客が多いせいか、じっくり浸かっていられるから個人的には好みだが(柔軟に対応する派)。水風呂の向かい側、湯船の背中を長ベンチとしているから、すぐさま休憩可能。

高温風呂の文字に覚悟を要すのはひと昔前の銭湯。萩の湯はちょっと熱め。ひと通りのジャグジー、ぬるめの炭酸泉に加え、露天岩風呂は光マイクロバブル湯。町の銭湯でもどんどん最先端のワードが飛び出すし、説明文を読んだところですっかり忘れてしまったが、洗浄効果と温熱効果が云々。岩風呂の半分は腰ほどに浅く、さっとひとっ風呂では済まされない。天井が1坪ほど吹き抜けているだけだから、半露天と言うべきか。しかし植栽の演出も抜かりない。

ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区根岸)食事処では幅広いメニューを揃え、ちょっとしたスーパー銭湯級。この界隈はファミレスも少ないようだし、家族で訪ねて食事もできる銭湯は貴重だろう。もちろん仕事帰りに立ち寄り、一杯やるもよし。19時過ぎのピークタイムにはほぼ満卓の大盛況。オープン初日とあってオペレーションに不慣れなせいか、週末の混雑が心配になる。食事をしていたら全力銭湯さんとばったり出会い、はじめましてのご挨拶。

ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区根岸)町の銭湯では珍しく、萩の湯は入れ墨・タトゥー客の入館禁止。脱衣所でバイト君が座ってぼーっとしていたが、「入れ墨客のチェックをしている」と。そんな仕事があるものかとさらに聞けば「濡れている床を拭いたり」。じゃあさ、あちこちロッカーの扉が開けっ放しだから閉めたら。やること色々あるだろう。ハードはスーパー銭湯級でもソフトは追い付かず。

ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区根岸)脱衣所はもちろんのこと、浴室内数か所やサウナ室に向けても防犯カメラが監視する。この厳重警戒の意図も気になるが、スタッフ巡回で対応できないのだろうか。と、気になることもありつつ、新しい銭湯はやはりいい。近隣には2年前にリニューアルした斉藤湯、今月中旬にリニューアルした湯どんぶり栄湯など素晴らしい銭湯があり、この界隈から新しいイメージが作られていく。そう思うと楽しみで仕方ない。

ひだまりの泉 萩の湯
住所/東京都台東区根岸2-13-13 [地図]
電話/03-3872-7669
交通/JR山手線鴬谷駅より徒歩3分
料金/大人460円、小学生180円、幼児80円
     サウナは別途平日120円・休日170円
時間/6:00〜9:00、11:00〜25:00、毎月第3火曜日定休
     ※朝風呂営業は6/1より

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之) ※2017/4/27オープン

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)深谷市の深谷花園温泉花湯の森、国済寺天然温泉美肌の湯の2店舗のほか、ホテルやショートゴルフ場などを展開する株式会社リゾート花湯の森。このたび集大成とでも言うべき、本格的な日帰り温泉リゾート施設を4/27にオープンさせた。熊谷市内を東西に横切る国道17号バイパスに面し、敷地面積は約7,200坪(東京ドーム半分)のビッグスケール。館内の岩盤浴エリアを「温活cafeネスト」と名付け、関東最大級を自称する。オープンから2週間経ち、平日にもかかわらず駐車場はほぼ満車の大盛況だ。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)正面の門には「いろはのゐ」「たかの友梨」と二大テナントの看板。肝心の「花湯スパリゾート」とはどこかに書いてあったのか、気づかなかった。フロントでは利用形態を選択し、ICタグ付きのロッカーキー、受付レシートを貰う。今回は温活カフェネストコースを利用。女性スタッフは可愛らしい着物をお召しで、安っぽいスパ銭とは一線を画す。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)長く一直線の廊下の先にリネンカウンターがあって、ここでタオルセット、館内着、大判タオルの一式を受け取る。途中には男女別のうたた寝処、ボディケア受付などがあり、もう片方は中庭に面している。ウッドデッキで読書なんかをしてみたら賢く見られそうだが、あいにくの小雨模様。待ち合わせがてらの足湯も楽しそう。目の前に映る光景は花湯の森とよく似ているし、雰囲気やコンセプトはおがわ花和楽の湯雅楽の湯といった埼玉屈指の人気店を意識しているのだろうか。

浴室は温泉使用の湯船のほか、ジャグジーなど、全体的にゆったりとした空間。露天側を全面ガラス張りとし、奥行きのある眺めと明るさを確保している。地下1,500mから湧出した温泉は、若干黄色っぽくもあるが、透明感ある単純泉。サウナ室は緩く6段のベンチ。テレビをはさんで遠赤+ロッキー。ロウリュの開催に期待したいし、水風呂はもっと冷たくしてほしい。せっかくスペースが空いているのだから、椅子も何脚か置けそう。現状ではちょっと惜しい。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)

広々とした露天は、喩えるなら高原別荘地の雰囲気。木立ちの中に屋根付きの湯船が点在し、小川も流れる。植栽や土盛りの具合いといい、造成完了後に急ごしらえで間に合わせた感が見て取れるが、それも新規オープン施設ならでは。季節の移ろいや年数を経て景色がどう変わっていくのか楽しみだ。シルク湯のほか、寝ころび湯、つぼ湯、岩風呂ときて、源泉の非加熱かけ流しは檜風呂にて。ちょっとぬるめが心地よい。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)温活cafeネストは館内着(岩盤浴着兼用)での利用が条件。無数に並んだテレビ付きリクライニングシートのエリアと、ヒマラヤ岩塩や富士溶岩など8種類からなる岩盤浴エリアに分かれている。サーバーを置いてコーヒーと紅茶は飲み放題としているが、温活の字のごとく、温かい飲み物しかない。冷たいジュースを飲みたくても、わざわざ館内中ほどの自販機まで買いに行かねばならず面倒。フリーWi-FiやインターネットPC、約1万冊の漫画や雑誌など、アイテム自体に目新しさは無い。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)岩盤浴エリアでのロウリュウは平日3回開催(12:00/18:00/21:00)。銅羅が開始の合図だ。室温67℃のハンデがありながらも「灼熱」を自称するにはおこがましく、合いの手の「わっしょいわっしょい」は埼玉流かもしれないが、おふざけの度がすぎる。初めての客ばかりだからいまは喜んでるけれど、他店を見て基本をもっと研究してほしいし、店のコンセプトにもそぐわない。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之食事は「讃岐のだし匠 いろはのゐ」と「カフェ プルミエール」の2店。どちらも地元では名の知れた店のようだ。今回は前者に入ってみたが、いくら名物といえども、お品書きには讃岐うどんと天ぷらばかり。親子のみならず三世代も利用するであろうスパ銭においては、もっと幅広い選択肢を設け、あらゆる客層の満足を追求すべきではないのか。もちろん高級感やこだわりは理解できるが。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之特製天丼だし御膳と小うどん計1,580円を食したが、おなかいっぱいにはならない。スパ銭を訪ねる頻度、過ごし方、求めるものは人それぞれ。日常的に風呂だけ利用するならば、平日700円でとてもリーズナブル。広々とした露天風呂につかれば旅行気分も味わえる。のんびり過ごすなら館内着に袖を通し、ついでに岩盤浴も利用したならコスパ最強。つくづく食事が残念に思う。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)

花湯スパリゾート
源泉/熊谷天然温泉(単純温泉)
住所/埼玉県熊谷市上之1005 [地図]
電話/048-501-1126
交通/JR熊谷駅よりバス「龍渕寺前」または「宿裏」停徒歩約10分
     国道17号線(熊谷BP)上之交差点至近
     ※無料駐車場約220台分あり
料金/入浴コース(平日)大人700円、小学生以下400円
            (休日)大人800円、小学生以下500円
     温活cafeネストコース(平日)大人1,180円、(休日)1,280円
     朝風呂(休日のみ6:00〜9:00)大人600円、小学生以下400円
     ※20時以降は夜割、コース料金より100円引き
     ※深夜延長料金:金土祝前日のみ1,200円
時間/日〜木10:00〜翌2:00
     金土祝前日10:00〜翌9:00

サウナ錦糸町(東京都墨田区錦糸)

サウナ錦糸町(東京都墨田区錦糸)「男には帰れない夜がある」とか「男のサボリ湯」とか、サウナ店のキャッチコピーは愉快で印象的だ。ダメ男に直接訴えかけるようでありながら、自己肯定感を誘う。そこにきてサウナ錦糸町はどうだ。「一流の男は、みなドMだ。そうだ、サウナ入ろう」。無茶苦茶すぎて笑える。じつはこのサウナ錦糸町は、過去に訪ねたとき脱力感しか残らず、ブログにも書かなかった店。今回は有益な情報を得られた。

サウナ錦糸町(東京都墨田区錦糸)錦糸町駅北口より東京スカイツリーを真正面に眺めるタワービュー通りを行く。やがて見える古びたビルがカプセルイン錦糸町で、男性専用が「サウナ錦糸町」、女性専用が「ゆずりはの湯」。ちなみに現地には「サウナきんし町」「サウナきんし」の文字もあり、いったいどの表記が正しいのだろうか。サラブレッド像や仏像に出迎えられ、階段を上がるとフロント。券売機でチケットを購入する。

サウナ錦糸町(東京都墨田区錦糸)さらに階段を上がると、男性ロッカー室とすぐ隣接して浴室。入口の棚には近所の常連なのか、はたまたカプセルの長期滞在客か、私物の洗面用具が多数。そして扉を開けると、背中に素敵な絵を彫った客が2名ほど。下町の風物詩か、浴室の雰囲気もどこか銭湯っぽい。両サイドの壁側に洗い場を設け、センター浴槽とでも言うべきか、真ん中には湯船。室内の狭さに不釣り合いなほど湯船は大きく、しかもこれは水風呂。(写真は公式サイトより転載)

サウナ錦糸町(東京都墨田区錦糸)「現在、地下180mにある地下水ポンプの不調により水風呂の水をジャンジャン出すことができません。早急に復旧しますが、それまでは静かな水風呂ライフをお楽しみください」。そういえばむかし訪ねたときは、ジャンジャン水があふれていた。いまはたいして冷たくもない。温かい湯船は数段下ったラドン風呂。とはいえ仕切りもなく、本当にラドンが発生しているかは怪しい。そもそも外の看板には「アロマ七色風呂いかがですか!!」とあったが、そんな風呂はない。(写真は公式サイトより転載)

サウナ錦糸町(東京都墨田区錦糸)サウナはカラカラの120℃で、熱さに痛みが伴う。向かい合わせにベンチは3段。横になって寝る客がいるし、テレビは浴室側に出っ張っているせいか、音はあまり聞こえない(浴室に音漏れ)。何もかもご愛敬なのかもしれない。銭湯感覚での入浴なら1時間でも持て余してしまう。タオルや館内着込みの料金だから、手ぶらで訪ねると思えばかえって安いのかも。ちなみに館内着は丈の短い浴衣タイプで、下衣なし。(写真は公式サイトより転載)

サウナ錦糸町(東京都墨田区錦糸)休憩室はロッカーに隣接して、ダイニングテーブルのセットが1組。無人の室内にむなしくテレビが流れる。リクライニングシートの部屋もあって、こちらは半消灯。昔ながらのサウナ店の雰囲気を残している。階段を上がると漫画コーナーがあって、こちらは最近リニューアルした様子。健全な客ならこちらで過ごすだろう。しかしどこも客はおらず、空間を持て余している。

サウナ錦糸町(東京都墨田区錦糸)サウナ室での常連さんの会話によれば、ゴールデンウィーク明けに1か月くらい工事して、リニューアルするようだ。水風呂の地下水ポンプやシャワーを直したり、休憩室を縮小して食堂を新設したり。常連さんいわく「シャワーが出ない、お湯が出ないでは客は呼べない」と。確かに現状は安かろう悪かろうだし、観光で泊まりに来たカプセル客のがっかり度は如何ばかりか。というわけでリニューアルに期待しても良いのだろうか。公式サイトの日本語版英語版とでは印象が大きく異なるのも気になるから、ぜひサイトのリニューアルもお願いしたい。

サウナ錦糸町(東京都墨田区錦糸)


サウナ錦糸町 ※男性専用
住所/東京都墨田区錦糸2-6-3 [地図]
電話/03-3621-1919
交通/JR総武線・東京メトロ半蔵門線錦糸町駅より徒歩2分
料金/サクットコース(1時間)大人700円、子供300円
     サウナ早朝割引(3時間)900円 ※5:00〜9:00
     サウナクイックコース(3時間)1,000円
     サウナのんびりコース(6時間)1,500円
     サウナ宿泊コース(24時間)2,200円 ※19:00〜翌10:00
時間/24時間、年中無休

(追記-2017/6/8)
リニューアルオープンは6/13に決定。ニューウイング吉田支配人の情報です。


カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ