旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

朝風呂

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

オートレストラン長島(三重県桑名市長島町) ※2017/3/31閉店予定

名古屋近郊で最大かつ人気のレジャースポットといえば、ナガシマリゾートだ。中核をなす遊園地「ナガシマスパーランド」は国内2番目の敷地面積を有し、その周辺にはホテルや温泉施設、アウトレットパークも。ちょっと距離は離れているが、また、植物園もあって、これらを総称してナガシマリゾートと言うらしい。一方で名鉄系の会社は長島スポーツランドを運営。木曽川、長良川、揖斐川の河口に位置し、南北に細長い地域。明治になって治水事業が行われるまでは、たびたび水害に見舞われていたという。教科書で習った「輪中」もこの地域によく見られる。それなのになぜこんなにも開発が進められたのか。

オートレストラン長島(三重県桑名市長島町)長島温泉が湧出したのは1963年のこと。天然ガス探査がきっかけだという。それから半世紀。長島地区には日帰り温泉施設が4軒(湯あみの島里の湯クアハウス長島オートレストラン長島)、地域住民のための共同浴場が2軒もあるのだから驚く。かねてより訪ねてみたいと思っていた長島温泉だが、今回の旅の目的地はオートレストラン長島。いまどきオートレストランという名前もシブいが、天然温泉、食事、ゲームの三本柱を売りにするドライブインだ。来たる3/31をもって閉店する。

オートレストラン長島(三重県桑名市長島町)本来ならネオンサインが派手に輝く夜に行くべきだが、今回は名古屋から直通バスを利用。バス停からドライブインまで歩いて訪ねる人はあまりいないだろう。駐車場は大型トラックでほぼ埋め尽くされていたが、館内は閑散としていた。とくにゲームコーナーは電気の無駄遣いと言わざるを得ない状況。地元の野菜や物産品でも売れば多少は活気付くだろうし、客層も変わっていたかもしれない。

オートレストラン長島(三重県桑名市長島町)平日の昼間だからか、温泉もさほど客は入っていなかった。浴室内には大小2つの湯船と水風呂があるも、ほぼ独り占め。タイル張りのシンプルな雰囲気は、大浴場の名に相応しい。長島温泉は無色透明、地下1,400mより湧出し、泉温51.7℃、かけ流しだから湯量も豊富なのだろう。露天風呂は岩風呂と一人用の釜風呂。塀に囲まれており、開放感は乏しい。サウナはカラカラに乾き、熱さが突き刺す。テレビはないが、常連客の会話が聞こえてくる。それにしても無駄に広い。

オートレストラン長島(三重県桑名市長島町)客がいちばん多いのはレストラン。味噌カツやきしめんなどご当地メニューを揃えているのが嬉しい。見た所、皆さんドライバーらしく、御飯の大盛りは無料。客のリクエストに応えてダブルとんかつ定食が復活とか、なかなか普通じゃ聞かない話だ。ボリュームもさることながら、24時間いつでも食事できるのが、いちばんのサービスではなかろうか。温泉利用は翌朝まで、ボディケアは深夜までと使い勝手がよい。

ゴールデンランド木曽岬温泉(三重県木曽岬町源緑輪中)長島温泉のリゾートなイメージとは無縁。おそらく観光客はいちばん訪ねることはないだろう。地元の人だって休日にデートで、家族で遊びに行こうと思うだろうか。外観を派手に装っているが、ちょっと不器用な努力家。ガテン系ウエルカム。そんな印象を持った。ちなみに、木曽川を渡ればすぐそこに、かの有名なゴールデンランド木曽岬温泉。いまなら両方セットでの訪問が可能だ。

ゴールデンランド木曽岬温泉(三重県木曽岬町源緑輪中)ゴールデンランド木曽岬温泉(三重県木曽岬町源緑輪中)

いかす温泉天国では、違ったアプローチで訪問記を書いています。
「No.20 ドライブインのお目当ては味噌カツと天然温泉」

オートレストラン長島
源泉/長島温泉(単純温泉)
住所/三重県桑名市長島町福吉526-17 [地図]
電話/0594-45-8866
交通/名鉄バスセンターから約40分「長島スポーツランド」停下車
     国道23号線(名四国道)沿い、無料駐車場100台分あり
料金/温泉は大人550円(中学生以上)、小人250円
時間/24時間(温泉は10:00〜翌7:00)、年中無休

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)上野界隈にはサウナ店が点在し、北欧プレジデントセンチュリーなど名前からして個性的。極めつけはダンディだ。ショートコースの料金設定がなく、いままで訪ねる機会を逸していたが、楽天などで格安クーポンを発見。我ながら賢い作戦だ。

ダンディズムを極めるべく、いざ上野へ。鈴本演芸場の並びにあって、パチンコ店などが入居するビルの3階〜8階で営業。中央通りに面し、上野駅、上野広小路駅、御徒町駅などがいずれも5分圏内だから、交通の便は抜群に良い。エレベーターホールのテレビでは店内紹介が流れており、色あせた映像はいつの時代かと。

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)エレベーターを6階で降りると、すぐ目の前はフロントだ。ロッカー室やレストランも同じフロアにある。入館手続きを済ませたら、館内着に着替えて7階の浴室へ。二股温泉の新規導入を全館挙げてPRするが、人工温泉装置がかなり年季を経ているのは何故か。

浴室の天井は高く、一部はロフトのような構造。上から「アカスリどうですかー?」と呼び込みがしつこい。露天風呂はわずかな広さだけど、東京出張のサラリーマンには喜ばれているのかも。近隣のビル群を眺め、夜の灯りがまぶしい。窓ガラス越しにサウナ室のテレビが観えるのは素晴らしいアイデアだ。

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)サウナはカラカラに乾いた熱さで、温度計は100℃以上を指しているが、体感はさほどでもない。浴室と露天の二方向を窓にしているから、熱逃げするのだろう。あまりしっくりこないから3セット目は手短に終わらせようと思っていたのに、テレビが面白くて気付けば12分計が2周半。ふだんは10分ないし頑張って15分なのに、そのときは噴き出した汗がやがて気化して、身体の熱を奪っていく不思議な感覚。

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)思いがけず長時間をサウナ室で過ごし、慌ててレストランへ。和洋中と意外にメニュー豊富で、ステーキや焼き魚もある。サウナ店ならではといえば、オロナミンCとヤクルトをかけ合わせた「オロヤク」だろう。終電の時間が刻一刻と近づき、3階の休憩室(リクライニングシート・簡易マット)に立ち寄る暇はなく、結局は小走りで上野駅へ。駅に近いからありがたい。カプセルは3フロア・3ランクに分かれており、300円ずつの加算でランクアップとわかりやすい料金体系だ。

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)

サウナ&カプセルホテル ダンディ ※男性専用
住所/東京都台東区上野2-6-11 エッグビル [地図]
電話/03-3839-8100
交通/地下鉄上野広小路駅、上野御徒町駅より徒歩1分
     JR御徒町駅、京成上野駅より徒歩3分
     地下鉄湯島駅より徒歩4分
     地下鉄仲御徒町駅、JR上野駅より徒歩5分
料金/早朝入浴1,000円 ※5:00〜12:00(最終受付10:00)
     普通入浴1,800円 ※10:00〜23:00
     深夜入浴2,800円 ※23:00〜翌10:00
時間/24時間、年中無休

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)週イチ休みなのに、ふと思い立って名古屋を訪ねた。深夜の高速バスを調べてみたら、東京・横浜を出発して明け方に名古屋に到着する便が、直前割引きだと片道2,000円弱。下手したら千葉や埼玉に行くよりも安く、東名秦野BSにも停まるから個人的には都合がいい。バス代は曜日や時期によって変動するので、興味がある方は杉崎高速バスのサイトで確認してほしい。

名古屋には定刻通り5:45に到着。目指すはウェルビー名駅だ。モーニングサウナなら通常料金より割安だし、13時まで滞在できるから、時間を気にせずサウナと向き合い、その後のうたた寝も。名古屋駅から南へ真っすぐ徒歩5分、名鉄レジャックビルの4階へ。

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)以前訪ねた栄店よりずっとコンパクトで、リクライニングシートの休憩室を中心に、ロッカー、浴室、レストラン、ネットブースと必要な要素はすべて隣り合っている。浴室にはバイブラ湯とその一部に寝湯ジャグジーと寝ころび湯。そして打たせ湯のように水が落下する水風呂。ウェルビーだから冷たさにも気合いが入っているかと思いきや、水温は15℃くらいだったから我慢できちゃう。水に打たれて気分爽快。

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)そして、個性的なサウナが3室。フィンランドサウナはストーブ2基の本格派で、ウェルビー名物のストレッチロウリュを16時、18時、20時、22時、24時の計5回開催(休日は14時も)。塩ミストサウナには霧が降り注ぎ、室内に吊るされたヴィヒタ(白樺の小枝を束ねたもの)の香りが清涼感を漂わせる。もちろんヴィヒタで身体をバシバシ叩いて、フィンランド気分を満喫するもよし。

個人的にお気に入りは森のサウナだ。薄暗く狭い室内だが、ここではセルフロウリュを楽しめる。ほどよい熱さに設定されているけれど、もうちょっと熱さ(湿度)が欲しい時は、小さな柄杓で1〜2杯。他の客への声掛けをお忘れなく。手桶で乱暴にバシャっと掛ける客がいてうんざりした。白樺とケロ材、ヴィヒタの香りが漂い、気分はさながら森林浴。サウナハットも流行の予感がする。

サウナのあとはデッキチェアで休息を。サーキュレーターの前が特等席で、火照った身体を一気にクールダウン。効率よく水分補給を図るためにも「サウナ水」はありがたい。経口補水液をアレンジしたというが、生姜の味付けを施したものは市販熱望の傑作だ。

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)そして、リクライニングシートで寛ぎのひととき。支配人お手製のアイマスク(ホット/クール)など心憎い気遣いも。フリーWi-Fi完備だが、ネットブースで次の目的地を検索し、たっぷり5時間満喫させてもらった。全102室のカプセルホテルもあるから、旅行やビジネスでの宿泊(4,220円〜)にもおすすめだ。なにしろ名古屋駅至近。それでいて本格的サウナが楽しめるとあっては、利用しない手はない。

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店 ※男性専用
住所/名古屋市中村区名駅南1-25-2 名鉄レジャック4F [地図]
電話/052-586-2641
交通/JR・名鉄・近鉄・地下鉄「名古屋」駅より徒歩5分
料金/通常サウナ2,570円(深夜0:00〜6:00は730円加算)
     60分サウナ1,540円
     モーニングサウナ1,540円(6:00〜13:00)
時間/24時間、年中無休

なごみの湯(東京都杉並区上荻)

なごみの湯(東京都杉並区上荻)最近ロウリュを体験していないなぁと、荻窪のなごみの湯へ。事前にホームページで確認したところ、岩盤浴(ヒーリングスパ)では1時間おきに、熱さレベル5段階のスケジュールで開催している。入館料2,000円とはハイソな部類だが、タオルや館内着のセットが付いて、リクライニングシートでのんびり過ごせると思えば、都内では貴重な存在か。

新宿から荻窪までは最短10分。そして、荻窪駅西口から徒歩1分という利便性の良さ。岩盤浴が割引きとなる20時以降を狙って訪ねたら、フロントには客が列をなしていた。地下1階・地上5階建のビルは、男女の浴室、食事処、岩盤浴などがフロアごとに分かれている。まずは入館受付を済ませ、男湯のある4階へ(女湯は2階)。フロントで渡されるカードは、ロッカーの扉に挿し込む。館内での飲食などは、鍵に付いたバーコードを使用する。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)

浴室にはジャグジー、バイブラ湯、炭酸泉、水風呂とひと通り揃っている。室内はスーパー銭湯によくある合理的な配置ではなく、むしろコンパクトな健康ランド。茶褐色の温泉は半露天の湯船とつぼ湯のみで使用。ぬるめの湯加減だから長湯して楽しめる。高い塀に囲まれているのは場所柄やむを得ず、わずかに外気を感じるのみ。

サウナは3室。ロッキーサウナは板を張り替えたばかりか、真新しい木の香りが漂う。ボナサウナは壁の裏から熱気が対流するが、換気が悪く、蒸されたサウナマットから嫌なにおいがした。ほかにスチームサウナがある。ちなみに女性はロッキーサウナとミストサウナの2室がある。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)岩盤浴は5階にあって、まずは目当てのアツアツ熱風隊ロウリュウ(レベル4)を体験。開始前から今や遅しと客が待ち構え、20人程が集まった。円形の室内中央に置かれたサウナストーブにアロマ水をかけ、1周しながらタオルで熱気を回旋、客に熱気を送りながらもう1周という流れ。これを4回に分けて行うのだから、滝のように汗が噴き出す。ヒーリングロウリュウ(レベル1)では、天井からシャワー状に水が降り注ぐ。

ロウリュウは盛況だったのに、岩盤浴室はまばらにしか客はおらず。床がタイル張りの岩盤浴室は3階にもあるが、わざわざ移動するのが面倒。色彩効果を演出したベンチ型(カップルシート)の部屋と、岩塩を敷きつめたドーム型の部屋もあるが、岩盤浴のイメージではなくて戸惑う。むしろリラックス空間だと思えばよいか。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)地下1階のレストルームには、テレビ付きのリクライニングシートが並ぶ。深夜料金を支払えば朝まで滞在できるから、気軽な宿代わりにもなる。女性専用として2階と5階にも部屋も設けており、女性に優しい店だとも言える。また、リクライニングシートは追加料金で事前予約も可能だ。休憩スペースに関しては、家族や仲間でわいわい過ごすには適さず、独りまたは少人数向け。今回は慌ただしく時間が過ぎて行ってしまったが、半日ないし1日を満喫するつもりなら、遠くの温泉地よりアクセス良好な荻窪となるのだろうか。

なごみの湯
源泉/武蔵野温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/東京都杉並区上荻1-10-10 [地図]
電話/03-3398-4126
交通/JR中央線・東京メトロ丸ノ内線荻窪駅西口より徒歩1分
料金/大人2,000円、小人1,050円、幼児530円
     ※大人は中学生以上、小人は4歳〜小学生、幼児は3歳以下
     ※岩盤浴は平日450円、休日1日券800円・時間制450円
     朝風呂入館(5:00〜9:00)1,250円
     深夜料金(25時以降滞在)1,350円
時間/10::00〜翌9:00(休日は9:30〜翌9:00)

八千代ほっこり湯(千葉県八千代市八千代台南)

八千代ほっこり湯(千葉県八千代市八千代台南)やまとの湯八千代店としてオープンし、玉光湯ひじりのね八千代店を経て、2014年6月より八千代ほっこり湯に。これほどまでに運営会社に恵まれなかった店も珍しい。八千代台の駅から近く、それでいて大型駐車場を持っているのだから、立地の良さは申し分ない。スーパー銭湯としてはひと昔前のサイズ感だが、商圏に見合っているのだろう。仕事帰りや買い物ついでに、朝風呂に、家族づれでもお一人様でも、ふらっと立ち寄れる気軽さが魅力だ。

八千代ほっこり湯(千葉県八千代市八千代台南)館内の様子はインドアビューで公開しているが、そのメリットは何だろうか。館内の奥まで見渡せるような空間を食事処、ボディケア、休憩スペースと簡単にゾーン分けしているだけだから、初めて訪ねる人でも迷うことがない。入館も食事処も券売機でチケットを購入し、下足箱も脱衣所ロッカーも100円リターン式。ここまでスーパー銭湯に対するおおよそのイメージ通りだが、強いて言うなら物販コーナーの豊富な品揃え。よほど売り上げ好調と見た。



大きな湯船にはジャグジーやバイブラ湯など配列よく並べ、別に人工炭酸泉も設けている。轟音とともに大量の蒸気を発生するスチーム塩サウナ、「県内最大級」が売り文句のからっからに乾いたドライサウナ、ゆったりとした水風呂が浴室内のすべて。洗い場のカランは押しボタン式で、島列はお湯だけ(しかもシャワーヘッド固定)、壁列では壁伝いに給水配管が通っている。手元で温度調整できる混合栓が主流の昨今、改装物件だなぁと実感する瞬間だった。

八千代ほっこり湯(千葉県八千代市八千代台南)

天然温泉を謳っているけれど、露天風呂でのみ使用している温泉は、遠く離れた湯河原からの運び湯。直線距離でも100km以上あり、しかもタンクローリーでの限られた運搬量だから、可能な限り循環使用しているのだろう。湯河原温泉本来の泉質や鮮度はいかがなものか。八千代ほっこり湯の運営会社は、昨年12月に佐倉天然温泉澄流をオープンしており、ゆくゆくは切り替えも検討するのだろうか。

八千代ほっこり湯
源泉/湯河原温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/千葉県八千代市八千代台南1-8-1 [地図]
電話/047-484-1126
交通/京成本線八千代台駅東口より徒歩4分
     駐車場180台分あり(入浴利用で4時間無料)
料金/(平日)大人600円、小人300円、幼児150円
     (休日)大人700円、小人350円、幼児150円
     ※大人は中学生以上、小人は4歳以上
時間/7:00〜24:00、偶数月第3木曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ