旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

朝風呂

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜) ※2019/8/20オープン

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)新習志野駅前のミスターマックスショッピングセンターに、温浴施設がこのたび新規オープンした。京葉線沿線で駅徒歩圏とは、貴重かつ待望と言えるだろう。電車はもちろん、東関東道や湾岸道路(国道357号線)のアクセスも良く、SC自体に大型立体駐車場を完備。基本は日帰り温泉でありながら、キャビンでの宿泊も可能とあって、ディズニーリゾート、幕張メッセ、マリンスタジアムなど多様な利用方法が考えられる。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)店舗は駐車場側のエレベーターで3階へ。下足箱の鍵がそのまま清算用リストバンドとなるシステムで、自動改札の通過で入館料が登録されるのだろうか。浴室利用のみならば、フロントをスルーしてそのまま館内へ。岩盤浴利用や子づれの場合はフロントに立ち寄って、売上を加算する。すべての客がフロントに立ち寄らないので、フロントの混雑回避と人件費の抑制には繋がるけれど、「いらっしゃいませ」の声掛けがないのは寂しい。

IMG_0421フロントのすぐそばにある更衣室は、岩盤浴や館内着を利用する客のために。もちろん浴室側には脱衣所もある。更衣室・脱衣所と呼び名を分けているけれど、以下の2点で悩ませるし、正解がわからない。ヾ簇徑瓩任いた汗を浴室で流し、濡れた岩盤浴着に再び袖を通す。岩盤浴でかいた汗を濡れた大判タオルで拭き、私服に着替える。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)広々としたホールの先に、岩盤浴エリア。温度の異なる2室は、いずれもセラミックタイル敷き。さらに55℃のサウナ室では、オートロウリュを2時間おきに開催。始まりも終わりもわからず、本当にロウリュが作動したのかわからずじまいで、正直いまいちな感じ。浴室サウナよりも広いので、スタッフによるパフォーマンスがあれば楽しいかも。クールルームは10℃の小部屋で、ほかに簡易的な休憩スペースをわずかに設けている。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)岩盤浴でうとうとしていたら、食事のラストオーダーを知らせる館内放送が。その大音量に飛び起き、メニューを見ながらあれこれ悩むも、気づいたら店じまいをしていた。ラストオーダーが21:30とは都会の施設ではあり得ないが、3分前とはいえ放送を流すだけ親切か。直営カフェのほか、はなまるうどんやCoCo壱番屋など計5店舗からなるフードコート形式。キッチンを中央に設け、温浴側と外部の双方から利用できる形式。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)看板の矢印に従い、通路をくねくね進むと浴室。ロッカーは当然ながら鍵付きで、いくつものリストバンドを手首に巻くことになる。脱衣所から風除室を経て左に露天風呂。右に浴室。湯船の数は多いけど、意外とコンパクトな印象も。サウナ室では1時間おきにオートロウリュが作動し、10秒×3回でそれなりの熱さに。最近のトレンドを意識して「ロウリュ」を掲げてはいるけれど、サウナや水風呂は極めて万人向け。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)露天風呂では茶褐色の温泉を使用し、源泉掛け流しの湯船もある。長湯禁物の注意書きもあるが、ほどほどのぬるさが眠気を誘う。テレビもあるが、その背後の大型スクリーンでは習志野市の観光紹介などを映し出している。

千葉工大とのコラボを通じ、新しい施設といえども近隣との繋がりで、積極的に地域色をアピール。ちなみに習志野市は、明治天皇が演習場を視察した際の「習え篠原」に由来するとか。篠原少将についてはご自身で調べてほしい。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)気づけば閉店間際。とはいえ、キャビン(カプセルホテル)に宿泊する客もいるから、人影まばらな館内。最後は自動精算機で支払いを済ませる。 ちなみに、キャビンは男性60部屋、女性46部屋の計108室で、宿泊は3,800円より(日にちによって異なる)。チープに夜を明かすならばリクライニングシートにて。入浴と深夜パックで平日2,700円。温泉、岩盤浴、サウナ、キャビンといいとこ取りの印象だが、賑わいとともに良くなっていきそうな店舗だ。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)


天然温泉 湯〜ねる
源泉/新習志野温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩泉)
住所/千葉県習志野市茜浜2-2-1 [地図]
電話/047-409-3726
交通/JR京葉線新習志野駅より徒歩2分
     国道357号線(湾岸道路)「香澄」交差点より約200m
     ※駐車場897台分あり
料金/岩盤浴プラン:平日1,300円、休日1,400円
     入浴プラン(大人):平日900円、休日950円
     入浴プラン(小人):平日400円、休日450円
     朝風呂(大人):平日500円、休日600円
     朝風呂(小人):平日300円、休日350円
     深夜パック(25時以降自動加算):平日1,800円、休日2,400円
時間/10:00〜25:00(深夜滞在可、朝風呂6:00〜8:00)

※露天風呂の写真は公式サイトより転載

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)博多駅の博多口を出ると、さっそく目の前に「カプセル サウナ」の看板が飛び込んできた。駅前サウナとは言うけれど、大都市でこの好立地は珍しい。下見がてら寄ってみるが、外観はホテルそのもので、サウナ利用に関する宣伝や料金表示などは一切なく、不安な気持ちになる。公式サイトなどで下調べし、夜になって再び現地へ。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)広々としたロビーに、長いカウンター形式のフロント。大型ホテルの雰囲気だが、エントランスより入ってすぐに下足ロッカーがあったり、その鍵と引き換えにロッカーキーを渡されたりと、普通のホテルとはシステムが一風異なる。サウナ利用客のロッカーは2階にあって、ご丁寧にロッカーキーのバンドにも「2F-○○○」と記載してある。館内着に着替えたら11階の浴室へ。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)ホテルの大浴場にあらず、もはやスーパー銭湯の雰囲気。なんとなく年季は感じさせるけど。ちょうどロウリュが始まるタイミングに、慌てて入室。ikiストーブにアロマ水をかけ、三つ折りにしたバスタオルで扇いでいく。ホテルだから上品なロウリュを想像していたが、スーパー銭湯寄りの元気のよさ。もうひとつ、足湯つきのぬるいサウナ室も。ロイヤルサウナと名付けた頃は、画期的だったのだろうと想像してみたり。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

浴室内には入浴剤使用の日替わり湯、ジャグジー、打たせ湯などもあり、さらに階段を上がると露天風呂も。駅前立地にしてこの充実ぶりは素晴らしいの一言。休憩室にはリクライニングシートがずらりと並び、さらには床に毛布を敷いて雑魚寝をする強者も。なるほど安宿という認識なのか。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

どうやらカプセルが主体のホテルのようで、エレベーターには「個室カプセル」「連結カプセル」との謎のフロア表記。前者は机もあって、後者は一般的にイメージするカプセルホテルの雰囲気。カプセル料金すらも抑えたい人はリクライニングシートと、懐具合でチョイスする感じで。

ホテルキャビナス福岡 ※男性専用
住所/福岡市博多区博多駅前2-18-1 [地図]
電話/092-436-8880
交通/JR福岡駅博多口より徒歩1分
料金/ロイヤルサウナ2,200円
     120分サウナ1,100円
     モーニングサウナ1,200円(4:00〜11:00)
     ※消費税別途
     ※深夜0時〜4時に入館・滞在の場合は深夜料金486円加算
時間/24時間営業

武雄温泉 鷺乃湯(佐賀県武雄市武雄町)

武雄温泉佐賀県内の温泉で全国的にも名の知れたところでは、武雄、嬉野、古湯か。このうち電車でのアクセスが良いのは武雄温泉。福岡から佐世保線で約1時間、駅から温泉街までは歩いて15分。歴史は約1,300年と古く、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際には兵士が湯治場として訪れ、宮本武蔵やシーボルトいった歴史に名を残した著名人たちも立ち寄っている。また、江戸時代中期に造られた鍋島藩主専用の「殿様湯」は、いまでは貸切湯として利用することができる。

武雄温泉楼門武雄温泉のシンボルといえば楼門。そして、楼門をくぐった先に建つ新館。どちらも大正4年築で、国の重要文化財に指定されている。設計は辰野金吾。日本銀行本店や東京駅など知られ、日本近代建築の父とも言われている。辰野は肥前唐津藩の下級役人の子として生まれ、佐賀県にゆかりのある人物であるから設計依頼を受けたのか。

武雄温泉新館新館の構想として「サウナ方式のむしぶろや、1階にビリヤード場、2階に舞台と客席がある娯楽場」(館内説明文による)などが描かれていたのだとか。資料館として見学することができ、五銭湯、十銭湯、上々湯(二十銭)の各浴室が保存・復元されている。昭和48年までは共同浴場として利用されていたという。温泉好き、歴史好き、建築好きの皆が学び、楽しめるスポットだ。

武雄温泉 鷺乃湯(佐賀県武雄市武雄町)楼門と新館が建つ一画には、大衆浴場(元湯、蓬莱湯、鷺乃湯)、貸切湯(殿様の湯、家老の湯、天平の湯、桜華の湯、芭蕉の湯)、旅館(楼門亭)がある。明治9年築という元湯のレトロ風情も気になるが、今回は露天風呂やサウナもある鷺乃湯へ。温泉地によくある日帰り施設だから、観光客も立ち寄りやすいはず。券売機でチケットを買い、フロントに提示し、2階へ。

武雄温泉パンフレット
武雄温泉パンフレット

内湯、露天風呂、サウナ、水風呂のコンパクトな浴室。洗い場にはボディソープとリンスインシャンプーあり。無色透明の温泉はあまり特徴は感じられないが、露天風呂は新館の裏手を間近に眺め、さらには緑の山なみも。旅行気分が盛り上がる。残念なのは塀にべたべたと貼った注意書き。脱衣所もしかり。観光客と地元客のどちらにマナー喚起を訴えているのか。こうした点も含め、地方の観光温泉風情かと。

武雄温泉パンフレット

武雄市観光協会

武雄温泉 鷺乃湯
源泉/武雄温泉(単純温泉)
住所/佐賀県武雄市武雄町大字武雄7425 [地図]
電話/0954-23-2001
交通/JR佐世保線武雄温泉駅より徒歩15分
     国道34号線「武雄高校前」交差点より約750m
     ※無料駐車場3か所合計100台分あり
料金/大人600円、小人300円(3才〜小学生)
時間/6:30〜24:00、年中無休
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ