旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

旧藤野町

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

藤野やまなみ温泉(相模原市緑区牧野)

藤野やまなみ温泉(藤野町)藤野やまなみ温泉は旧藤野町立の温泉施設。しゃれた建物だとは思うんだけど、入り口のあたりはなんとなくお役所っぽい。

牧野という集落の真ん中の丘の上にあり、そのせいか露天風呂は開放的ではあるんだけど、周囲の山々を見下ろすような感じでもある。遮られる建物が一切ないという、このロケーションは都会にはない贅沢。夜は星空が近いんだろうなぁと思う。露天風呂も内風呂もそんなには大きくないけど、窓が大きくて明るいので狭さは感じない。露天風呂は循環ろ過併用だが、内風呂は源泉かけ流し。

町営温泉ならば町民割引を設定してもよいのではないだろうか。秦野市営の弘法の里湯みたいに。と思ったら藤野町は来年3月に相模原市と合併してしまうのだ。ならばなおさら集落の人の憩いの場として、地元に還元してやらないと、と思う。平日の昼間に訪れたせいか地元住民率が高かったし。

藤野やまなみ温泉
源泉/藤野温泉(ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/相模原市緑区牧野4225-1 [地図
電話/042-686-8073
交通/JR中央線藤野駅よりバス15分「やまなみ温泉」下車
     国道20号線「日連入口」より県道76号線を南下。県道沿い。
料金/大人600円、小中学生300円(3時間)
時間/10:00〜20:00、毎週水曜日定休(祝日の場合翌日)

ふじの温泉 東尾垂の湯(相模原市緑区牧野)

東尾垂の湯(藤野町)東尾垂の湯はふじの温泉病院と老人保健施設・なごみの里に隣接してある。JR中央線藤野駅からはこれらの送迎バスが出ているので、そのバスについて行ったが、電柱の看板を目印に車を走らせればすぐわかる。駅からは約10分ほどだが、そうとう田舎に来たなぁと実感するはずだ。

源泉は92年から病院で利用されていたが(津久井1号泉・アルカリ性単純温泉)、この施設がオープンしたのは2003年。しかし2005年12月には改装されてひと回り大きくなっている。田舎の民家風のたたずまいで館内もきれい。地元の人の評判もよい。

利用料は大人850円。ハンドタオルとバスタオルはレンタルで、その料金も込み。4時間の時間制限があるのだが、そこまでの暇つぶしはちょっとつらい。食事もできるけど。風呂自体は内風呂と露天風呂、それにサウナなどがあるのだが、1つ1つはそんなに大きいというわけではない。露天風呂のみ源泉かけ流し。周囲に広がる山並みを眺めることができる。

ふじの温泉 東尾垂の湯
源泉/ふじの温泉(単純温泉)
住所/相模原市緑区牧野8114-2 [地図
電話/042-689-2360
交通/国道20号線「日連入口」から県道76号線を南下、「賽の神」の三叉路を西へ
     ※病院の送迎バスも利用可能(藤野駅発、1時間に約1本の間隔)
料金/大人850円(中学生以上)、子供350円(4時間以内)
時間/10:00〜21:00、年中無休

五感の里薬師の湯(相模原市緑区牧野) ※廃業

五感の里(藤野町)五感の里はJR藤野駅より「東尾垂の湯」に行く途中にある温泉。途中の分かれ道にはさりげなく看板があるので、見落とさないようにしたい。坂を下って行くと、やたらとデカイ施設が見えてくる。駅から車で10分弱。送迎のマイクロバスも1時間に1本ある。

建物は3階建て。フロントが3階で、2階はだだっ広い休憩室、1階は浴室。がけ地に建っているのだ。館内は地方の健康センターか駅前のサウナかという雰囲気。平日だったせいかがらーんとしている。脱衣所は縦型のロッカーが数多く並び、清潔感やおしゃれさを感じさせない。

地元の人に聞くと「夕方行くと薄暗い感じがするよ」とのこと。たしかに薄暗い。浴室のつくりを見るとちょっと古く感じるのだが、1997年オープンであるようだ。コンクリート打ちっぱなしの建物で重厚感を感じさせること、そして照明が少ないせいだと思う。目の前に山の斜面が立ちはだかっていることも薄暗さの一因である。内風呂にいたっては山側がガラス張りになっていているのだが、光もほとんど射さない。しかし目の前には緑が広がり、またすぐ脇には小川が流れており、ロケーションはとてもよい。紅葉の時期はどうなんだろうなぁ。

ちなみに内風呂と露天風呂は手の込んだ岩風呂でともにかなり広い。露天にはほかにハーブの湯がある。「視聴嗅味触」で五感の里とのこと。時間がある人にはいい施設だと思う。若い人向けではないかもしれないけど。

五感の湯薬師の湯
源泉/藤野温泉(ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/相模原市緑区牧野4750 [地図
電話/042-689-3200
交通/国道20号線「日連入口」から県道76号線を南下し、「賽の神」三叉路を西へ
     ※無料送迎バスもあり。
料金/大人840円、子供420円(3時間以内)
     レディースデー(毎週火曜日):840円→630円
     夜間割引(19時以降):大人630円、子供315円
時間/10:00〜21:00、毎週木曜日定休


(2010/03/10追記)
08年7月31日をもって廃業していたらしいです。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ