旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

日本秘湯を守る会

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

蛇の湯温泉たから荘(東京都檜原村数馬)

蛇の湯温泉たから荘(東京都檜原村数馬)白川郷の合掌造り、京都の町家など、地域の風土に根ざした建築様式は興味深い。東京都の最西端、檜原村数馬では兜造りの古民家を数棟見ることができる。兜造りは合掌造りにも似た様式だが、兜のように見えることからその名が付いた。小屋裏では養蚕が行なわれていたという。蛇の湯温泉たから荘の兜造りは、江戸時代中期の建築で、国の登録有形文化財に指定されている。(文化遺産オンライン

蛇の湯温泉たから荘(東京都檜原村数馬)古民家の昔風情は座敷にも表れている。太平洋戦争に出征した先祖様のご尊顔や、赤紙(召集令状)などが飾られ、傍らの座卓は雑誌が雑然としていたり、まるで個人のお宅を訪ねているかのよう。客室は別棟にあるようだから雰囲気はわからぬが、母屋だけは素朴な民宿の趣。山里の斜面に建っているため、階段を下って浴室へ。ロッカーはないから籠を使う。

蛇の湯温泉たから荘(東京都檜原村数馬)浴室には湯船1つ。窓の外は鬱蒼とした緑の景色。そして、南秋川の渓流を見下ろす。温泉は自然湧出で、泉温10.6℃の無色透明。蛇の湯温泉は「武蔵野風土記」にも記された古湯で、たから荘ただ1つ。ちなみに、東京都唯一の「日本秘湯を守る会」加盟旅館でもある。秘湯を実感するより、むしろ「ここも東京なのか!」とロケーションに驚くばかり。そして、ひと昔前はこのような鉱泉宿が各所にあったのだろう。旅情ムードに浸るとともに、タイムスリップしたかのような錯覚を覚えた。

蛇の湯温泉たから荘(東京都檜原村数馬)

蛇の湯温泉たから荘
源泉/蛇の湯温泉(単純硫黄冷鉱泉)
住所/東京都西多摩郡檜原村数馬2465 [地図]
電話/042-598-6001
交通/JR五日市線武蔵五日市駅よりバス65分「仲の平」停下車
     国道20号線「本町」交差点より山梨県道33号線経由で約22.6km
     国道411号線「油平」交差点より都道7号線〜206号線経由で約30km
料金/大人1,000円、小学生700円、幼児500円、2歳以下無料
時間/10:00〜18:00

地獄谷温泉後楽館(長野県山ノ内町平穏)

地獄谷温泉後楽館(長野県山ノ内町平穏)地獄谷温泉は「湯田中渋温泉郷」のひとつで、渋温泉あるいは上林温泉より山道を行く。横湯川の川べりに湧く温泉で、猿が温泉につかることで有名な「地獄谷野猿公苑」、国の天然記念物で高さ20mほどになるという「渋の地獄谷噴泉」で知られている(⇒記事)。後楽館は地獄谷温泉唯一の宿で、周囲を山々に囲まれ、車で直接訪れることはできない。野猿公苑や噴泉を見物するときには玄関の前を通っていくのだが、猿が温泉につかっているのを見ておきながら、自分が温泉につからないのはもったいない。

地獄谷温泉後楽館(長野県山ノ内町平穏)地獄谷温泉後楽館(長野県山ノ内町平穏)

日帰り入浴が終了する15時まで時間がなかったのだが、「いま大人数が来てるから15時過ぎでいいよ」とのこと。先に野猿公苑に向かうも、遊歩道は高台にあるため露天風呂を眺めることができる! なんという開放感だろうか。これは期待が持てる。温泉猿を堪能して戻ってくると、ちょうど先客が風呂から上がったところで、図らずも独り占め。

地獄谷温泉後楽館(長野県山ノ内町平穏)旅館は幾度かの増築を経ているようで、本館より下っていくと浴室棟がある。脱衣所は棚のみのシンプルさ。浴室は鄙びた風情をも感じさせるが、シャンプーやボディソープは完備。分析書によると、源泉は自然湧出で毎分134リットル。70.5℃(使用60.0℃)の高温であるため、湯船には源泉の倍以上の量の水が出っ放し。しかし湯船はちょっと熱め。

窓を開けると噴泉が正面に見え、また噴泉に通じる橋が間近に見える。もちろん橋を渡っていく人も見えるのだが、通行人からしたらこんな近くで風呂につかっているとは思わないだろう。

地獄谷温泉後楽館(長野県山ノ内町平穏)地獄谷温泉後楽館(長野県山ノ内町平穏)

浴室から扉を隔てて露天風呂につながっているが、あとから気づいたが露天風呂は混浴だった。女性は脱衣所から出入りするようだ(女性専用の露天風呂も別にあるらしい)。さて、露天風呂は手前が石づくりで、奥はコンクリートづくり。奥のほうがちょっとぬるめだ。どちらも真正面に噴泉を眺め(2枚目の写真)、噴泉を眺めている人からも丸見えという大胆なロケーションだ。立ち上がるとかなり恥ずかしい感じ。驚いたのは入浴中に猿が後ろを通り過ぎていったこと。さすがに猿と混浴はなかったが、こんなハプニングは地獄谷温泉だけだろう。

地獄谷温泉後楽館
源泉/地獄谷温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩温泉)
住所/長野県下高井郡山ノ内町平穏6818 [地図
電話/0269-33-4376
交通/渋温泉街より約2km、地獄谷有料駐車場より徒歩約10分
     上記は冬期通行止となるため、上林温泉より徒歩約30分
料金/大人500円、子供250円
時間/12:00〜15:00

蒼の山荘(山北町中川)

蒼の山荘(山北町中川)日本秘湯を守る会に加盟する宿は全国に数あれど、神奈川県では中川温泉「蒼の山荘」のみ。神奈川県内では不便な地にあるものの、中川温泉には現在6軒の宿と1軒の日帰り温泉施設があり、一応の温泉地としての体は成している。それゆえに秘湯という響きがピンとこないのだが、蒼の山荘には秘湯を感じさせる何かがあるに違いない。ちなみに蒼の山荘はかつて山水閣といい、そして秘湯を守る会に認定されたのは平成17年のことである。

中川温泉の宿は微妙な距離で点在しているが、蒼の山荘の目印は「日本秘湯を守る会」の提灯。屋号を記した看板は目立たない。客室数10室のわりにロビーや娯楽室など広々としており、館内は蕗谷虹児(Wikipedia)という画家のギャラリーとして、数多くの作品が展示されていた。戦時中に山北町で疎開していたというが、蒼の山荘とどういう縁があるのかはわからない。本棚には「少年倶楽部」など懐かしの漫画雑誌も並んでいるが、きっとご主人の趣味なのであろう。間接照明のほのかな明かりが照らす先に浴室がある。1階は男湯で2階は女湯だ。

蒼の山荘(山北町中川)しゃれた館内の雰囲気とは対照的に、脱衣所は薄暗い。棚と籠、洗面台、扇風機があるのみ。浴室にいたっては破れかぶれな雰囲気すら漂う。換気が悪くて壁が黒ずんでいるのは仕方ないとしても、5つある照明器具のうちの1つが外れかかっているとは何事か。露天風呂はかつて2つあったようだが、現在小さな湯船は落ち葉を集める場所として放置されている。その上を覆う屋根もよしずがボロボロでみっともない。秘湯と鄙びているさまは同義語ではないはずだが…。

蒼の山荘(山北町中川)それでも温泉としては訪れるべき価値があった。地下320mから湧出するという源泉は、循環ろ過しているものの、かけ流しであるため、湯船からは大量にあふれている。内湯も露天も岩風呂のつくりで、源泉の成分によってい岩はぬるぬるし、ところどころ緑に変色している。露天風呂はなだらかな斜面に接し、目の前には雑木林が広がっている。人間の手をあえて加えず、木々や草花の自然なままの姿を堪能してもらおうとの計らいか。秘湯を守る会の宿紹介には「宿の周りの自然景観を守るために、無理して山を買い取った」とある。なるほど立派な心意気だ。pH10.1という高アルカリ泉で、つるつるとした肌ざわり。その浴感以上に、自然との共存が素晴らしく、神奈川県の温泉施設では稀有な存在であるな、と思った。

蒼の山荘
源泉/中川温泉(単純温泉)
住所/足柄上郡山北町中川897 [地図
電話/0465-78-3311
交通/JR御殿場線山北駅よりバス約43分「中川温泉入口」停徒歩5分
     国道246号線清水橋交差点より県道76号線で約10.3km
料金/大人1,000円、小人500円(小学生以下) ※タオルつき
時間/10:00〜15:00

八丁の湯(栃木県日光市川俣)

八丁の湯(栃木県日光市)女夫淵温泉より遊歩道を歩くこと約1時間、奥鬼怒温泉郷のいちばん手前にあるのは八丁の湯だ。ひなびた佇まいの木造旅館で、玄関先には楓の大木が真っ赤に色づき、まさに山の中の一軒宿といった雰囲気を醸し出している。とはいいつつ、客の増加や多様化するニーズに応えるためか、最近建ったと思われるログハウスも数棟点在し、まさに新旧同居といった感じ。

玄関正面にフロントがあり、館内左手奥に男女別の内湯、右手奥に進めば混浴の露天風呂が3つ、右手真っ直ぐに女性専用の露天風呂と教えてくれたのだが、清掃直後で下段の混浴露天風呂と女性専用露天風呂しかお湯が張っていないという。つまり男性が入れるのは1ヶ所のみだが、宿のおじさんが笑顔でそう言うなら仕方あるまい。

八丁の湯(栃木県日光市)八丁の湯(栃木県日光市)八丁の湯(栃木県日光市)

確かに上段の露天風呂はお湯を張っている最中だった。ホームページによると、石造りの湯船は昭和4年の開業時からのものだという。数段下ると岩を組んでつくった露天風呂があり、ここが唯一入浴できた湯船なのだが、これだけでもじゅうぶん訪れる価値はあった。正面の断崖には流れ落ちる滝と紅葉、眼下には鬼怒川の清流。湯船に舞う落葉の数たるや半端ではないのだが、それだけ野趣に富み、そして開放的である。源泉は湯船に大量に注がれ、お湯は崖下へと掛け流しされている。無色透明で糸くずに似た白い湯の花が大量に混じっているが、女性専用の露天風呂ではもっと細かかったとのこと。源泉は敷地内8ヶ所の山肌から自然湧出するというが、泉質の微妙な違いだろう。湧出量は合計220リットルで、いずれも湯温が50度前後のため、湯船にそそぐ湯量で調整しているそうだ。

八丁の湯(栃木県日光市)玄関先は絶好の撮影スポットかつ休憩スポットのわりに温泉を訪れる人はおらず、貸切状態で利用できたのは最高の贅沢だった。ちなみに八丁の湯というのは、日光沢と鬼怒川の合流地点から8丁(約2km)のところに温泉があったから、ということらしい。

左の写真は女性専用露天風呂。あまり大きくないらしい。



八丁の湯パンフレット

湯西川・川俣・奥鬼怒温泉観光協会

八丁の湯
源泉/奥鬼怒温泉(単純温泉)
住所/栃木県日光市川俣876 [地図
電話/0288-96-0306
交通/東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅よりバスで約100分、女夫淵温泉より徒歩60分
料金/500円
時間/9:00〜15:00、年中無休

鶴の湯温泉(秋田県仙北市田沢湖)

鶴の湯温泉(秋田県仙北市)乳頭温泉郷は田沢湖の北東、乳頭山の西麓に点在する温泉の総称で、最寄りの田沢湖駅から約1時間の距離にあるにもかかわらず、多くの入浴客が訪れる日本を代表する温泉地だ。鶴の湯温泉、大釜温泉、妙乃湯温泉、蟹場温泉、孫六温泉、黒湯温泉、休暇村田沢湖高原という7つの一軒宿から成り、それぞれが独自の源泉を持っている。その泉質は異なり、10種類以上になるという。ブナの原生林に囲まれ、緑豊かなロケーションだ。乳頭温泉郷の由来となった乳頭山は、女性の乳房に似た形だからその名が付いたのだとか。それも戦前のことだというから、たいして古い話ではない。ちなみに乳頭温泉郷でもっとも古い開湯は、鶴の湯温泉の江戸時代だとされている。

田沢湖方面から県道127号線で乳頭温泉郷を目指すと、数軒のホテルが建ち並ぶ田沢湖高原温泉(Yahoo!トラベル)を通過する。そこから約3kmの地点が、鶴の湯温泉へと至る道路の入口。途中に水芭蕉の群生地を2ヶ所。見頃は4月下旬から。その後は高原の林道といった雰囲気の道路をひらすら走るが、このあたりは標高800mだという。途中で別館「山の宿」(日帰り入浴不可)を通過し、しばらくすると鶴の湯温泉が見えてくる。

乳頭水ばしょう群生地乳頭水ばしょう群生地乳頭水ばしょう群生地
乳頭水ばしょう群生地乳頭水ばしょう群生地乳頭水ばしょう群生地

乳頭温泉郷でいちばんの人気を誇る鶴の湯温泉は、休日だと9時の時点で日帰り客が行列を作っているという。それならばと8時頃に到着したが、すでに客がちらほら。しかし早すぎたので、茶屋でトーストを食べて一服していたら、だんだんと客が列を作り始めていた。慌てて列に加わるも、すでに50人以上が並んでいた。入浴開始時の10時には列をさばくため、事務所の前にテーブルを出して入浴料を徴収。同時に、ある程度の人数で入浴制限を行っていた。なるほど、噂どおりの賑わいぶりだ。

鶴の湯温泉(秋田県仙北市)敷地内には黒塗りの建物が数棟建ち並んでいる。茅葺き屋根が立派な本陣と呼ばれる建物は築350年になるといい、秋田藩主の佐竹義隆が湯治に訪れた際には警護の士が詰めていたという。ほかの建物もまた味わい深く、全体としてひなびた雰囲気を演出している。これらの建物から湯の沢を隔てた向こう側に、白湯や黒湯といった湯小屋、鶴の湯などの露天風呂がある。

まずは湯の沢を渡ったらすぐの白湯、黒湯へ。この2つは隣どうしにあり、浴室内で行き来できる。どちらも小さな湯船が1つあるだけで、白湯がやや熱めなのに対し、黒湯はややぬるめ。温泉の成分が湯船のふちに堆積し、黒や緑に変色。ひなびた風情をより一層醸し出している。白湯、黒湯とは言うけれど、どちらもお湯は乳白色。しかし天気の悪い日は、黒湯のお湯が多少黒っぽく見えるのだという。ちなみに鶴の湯温泉では4つの源泉があり、いずれも乳白色をしているが、これらは泉質や温度が異なる。そしてこれらは、半径50m以内に湧出するというから驚きだ。

鶴の湯温泉(秋田県仙北市)鶴の湯温泉(秋田県仙北市)鶴の湯温泉(秋田県仙北市)

混浴露天風呂である鶴の湯のわきを通って、今度は中の湯へ。それぞれに脱衣所があるものの、腰にタオルを巻き、裸で移動する人も多い。しかし女性の目を考えるとこの行動はどうなのか?と考えさせられる。混雑していることもあって、脱衣所の床ははびしょ濡れだし。小さな湯船1つの浴室を通って、露天風呂の鶴の湯へ。

鶴の湯温泉といえばこの露天風呂。山の斜面を背後に控え、ぐるりと緑の大自然が取り囲む。雪景色の写真でも有名だ。お湯は青白く、日差しが反射してまぶしい。お湯は足元から湧出し、また一角に設けられた滝の湯(打たせ湯)からもかなりの勢いで注がれている。底には玉石が敷き詰められており、足裏に心地よい。湯船の規模は広大で、濁り湯であるため女性でも入浴しやすいと思ったが、実際には大勢の眼差しに圧倒されるそうだ。写真撮影をするマナーの悪い客もおり、このあたりが有名になりすぎた温泉の弊害か。しかし鶴の湯は女性思いの温泉だ。女性専用の露天風呂として別に2ヶ所が設けられている。

鶴の湯温泉(秋田県仙北市)鶴の湯温泉(秋田県仙北市)鶴の湯温泉(秋田県仙北市)

帰りに別館「山の宿」に立ち寄り、名物料理の山の芋鍋を食べた。写真の通り、出てきたものは山で採れたものばかりで、素材の旨味を堪能することができた。こうした食事と温泉を繰り返していたら、きっと心身ともに健康になれるだろうな、と思う。

乳頭温泉組合
日本秘湯を守る会(鶴の湯温泉)

鶴の湯温泉
源泉/鶴の湯温泉
     (白湯:含硫黄−ナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素泉)
     (黒湯:ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉)
     (中の湯:含重曹食塩硫化水素泉(旧泉質名))
     (滝の湯:含硫黄−ナトリウム−塩化物・炭酸水素泉)
住所/秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50 [地図
電話/0187-46-2139
交通/JR秋田新幹線田沢湖駅よりバス40分「アルパこまくさ」から送迎あり(予約制)
料金/大人500円、小人300円
時間/10:00〜15:00、月曜日は清掃日のため日帰り入浴は内湯のみ

「湯の色じゃない 名の由来 乳頭温泉郷」(朝日マリオン・コム)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ