旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

日帰り温泉

大名古屋温泉(名古屋市中川区横井)

最近では観光プラス温泉をモットーにあちこち旅行しているが、名古屋市内については温泉の情報を何も持ち合わせていなかった。携帯電話のネット機能で検索してもよいのだが、土地勘のない場所では余計に混乱してしまう。カーナビでは温泉地の情報は出るものの、個別施設についての情報は乏しい。結局は本屋を訪れ、ガイドブックを立ち読みして情報を入手した。市内には日帰り温泉施設やスーパー銭湯が数店舗あるようだが、チェーン店を訪れたのでは面白みに欠ける。そうしたところ、強烈に目に飛び込んできたのが「大名古屋温泉」であった。なにしろ名前にインパクトがある。すぐさま目的地にセットし、いざ現地へ。

大名古屋温泉(名古屋市中川区横井)名古屋市西部の庄内川の近くに大名古屋温泉はある。敷地のすぐ南側を関西線と近鉄が走る。「ホテルに併設」という記載に、気楽さはないのかなと勝手に想像していたが、健康ランドを思わせる大衆的な外観にまず拍子抜け。一般的にイメージする日帰り温泉施設とはちょっと違うし、ましてやホテルとも違う。名古屋も大都市なだけに温泉施設の競争も激しいとは思うのだが、完全にわが道を行っちゃっている感じだ。穴場スポットを見つけてしまったようで、なぜだかわくわくする。

大名古屋温泉(名古屋市中川区横井)玄関わきの券売機で入浴チケットを購入するが、すぐそばでおじさんが待ち構えている。形式的にフロントがあるにもかかわらず、だ。「浴室はこちらです」「タオルは持ってますか?」「脱衣所のロッカーは100円必要ですよ」とやたらと親切に教えてくれた。館内をじっくりと見渡す暇を与えてくれず、促されるままに浴室へ。わずかな距離の廊下を経た別棟に浴室があり、廊下からはきれいに手入れされた中庭を挟んでレストランが見える。脱衣所は広めに作ってあり、数多くのロッカー(100円返却式)が並んでいる。

浴室に入って驚くのは、湯船の大きさと湯量の豊富さだ。16m×8m、深さ90cmという湯船はまさにプール感覚であるが、「泳がないでください」との注意書きがあるため、歩行浴として利用するほかない。団体客が一度に入浴すれば、俗に言う「千人風呂」の雰囲気であろうが、平日の昼間だったためか相客はおじさんばかり4〜5人。とにかくがらーんとしており、大きな湯船もこれではもったいない。ほかにはバイブラ湯、ジャグジー(3人分)、電気風呂、打たせ湯(2人分)もある。一部を循環しているようだが、お湯は掛け流し。しかもかなりの量があふれ出ている。浴室は一面がガラス張りで、窓の外は日本庭園風の趣。そんな景色の反対側には露天スペースが設けられ、直径4mほどの円形湯船のほかはベンチとビーチチェア、そして楓の木々が植栽されている。周囲の景色は望めず、たまに電車の走行音が聞こえるのみ。ゆったりとしすぎている感も否めず、ほかに寛げる何かがあったら…という気がしなくもない。そういえば浴室内の壁の一部はまるでピカソのような構図のタイル画であったが、その一部分にはしゃちほこが描かれていた。さすが名古屋である。

館内のあちこちに掲示してある新聞の切り抜きによると、大名古屋温泉は昭和47年に地下1,100mから湧出したのだとか。名古屋市内のほかの地区では冷鉱泉しか湧出しないのか、ここは「市内唯一の高熱天然温泉」だという。といっても源泉の湯温は45℃(脱衣所内の成分分析表では42℃とあるが…)。「かすかに硫黄のにおい」「下呂温泉の泉質に近いと評する人も」などと新聞では紹介しているが、感じ方は人それぞれだと思う。とはいえ、カランにも源泉を使用しており、すべすべした肌ざわりをしっかりと実感できた。大衆的な温泉だからと高をくくっていたが、温泉の良さは期待以上だった。

大名古屋温泉(名古屋市中川区横井)風呂上りに館内を見て回る。浴室棟は平成11年のリニューアル時に完成したそうだが、それ以外の部分はひと昔前の館内設計をそのまま引きずってきている。1階の休憩所のソファでおじさんが寝ているのはわけがわかんないが、隣接するちびっ子向けゲームコーナーを含めてえらく閑散としていた。フロントわきの土産物コーナーはなぜか乾物ばかり。ターゲットにしている客層がよくわからない。2階にはいずれも畳敷きで大宴会場と休憩室がある。日帰り客に開放しているのは休憩室のほうで、だだっ広い室内にごろ寝しているのは僕を含めて3人。なんともったいないことか、と思う。2階の一部と3階はホテルの客室で、宿泊費は10,500円(素泊まり5,800円)とのこと。どの程度の稼働率か知らないが、この施設は団体客があってこそ利用価値を発揮できるように思う。いっそのこと24時間営業の健康ランドにしてしまったらどうか、とすら思うがいかがなものか。もちろん現状の穴場的路線を突っ走ってもらっても一向に構わないし、時代に迎合しないスタイルもまた魅力的であるとは思う。

大名古屋温泉
源泉/大名古屋温泉(単純温泉)
住所/愛知県名古屋市中川区横井2-75 [地図
電話/052-411-1577
交通/JR関西線・近鉄名古屋線八田駅より徒歩15分
     八熊通り・県106号線「新前田橋東」交差点より約800m
     ※無料駐車場あり
料金/大人850円、小人300円、幼児100円
     (16:00以降)大人550円、小人300円、幼児100円
時間/9:00〜22:00、毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)

大名古屋温泉パンフレット

峠山パークランドオアシス館(岩手県西和賀町本内)

峠山パークランドオアシス館(岩手県西和賀町)前回の記事では鉄道の駅にある温泉「ほっとゆだ」を紹介したが、今回は高速道路のSAにある温泉。秋田自動車道の錦秋湖SAにある温泉施設で、「峠山パークランドオアシス館」と言う。一般道からもアクセス可能なHO(ハイウェイオアシス)で、正確に言うと上下線の供用施設であるSAから、進入路を隔てて隣接している。錦秋湖SA自体はその名の通り、錦秋湖のほとりに位置するが、峠山パークランドは近くにそびえる峠山にちなんでいる。もうちょっとシンプルな名前にできなかったものか、とも思うが。キャンプ場やグラウンドゴルフ場などを付属した施設で、町などが出資する西和賀産業公社が運営。平成9年にオープンした。

峠山パークランドオアシス館(岩手県西和賀町)SAからは連絡橋を歩いて渡る。2階建の建物で、1階に特産品売り場とレストラン、2階に浴室とカーペット敷きの大広間がある。訪れたのが休日の夕方とあって家族連れが多く、大広間では仮眠をとるドライバー(つまりお父さん)が多い。混雑は覚悟していたが、びしょ濡れの脱衣所や混雑した洗い場には閉口した。広い湯船も子供にとっては単なる遊び場で、泳いだり潜ったりとやりたい放題。たまたまだったと思いたいが、さすがに我慢ならず露天風呂へ避難。

広い内湯とは対照的に、露天風呂は直径2mほどの円形の湯船。タイル張りで風情はなく、手すりが高いため湯船につかりながらだと景色は望めない。立ち上がっても、山と高速道路への進入路とガソリンスタンドが見えるだけ。しかも日が暮れると真っ暗。正面に見えるのは峠山だと思うのだが、現地では権五郎山と呼ぶらしい。後三年の役(1083〜1087)の際、源氏の武士鎌倉権五郎影正が傷ついた眼を沢で洗ったところ、そこに棲むカジカは片目になってしまったのだという(メッコカジカ伝説)。脱衣所にも何らかの説明書きがあったような気もするが、いま検索してみたところではこんな感じの情報が見つかった。

混雑と塩素臭が気になり、温泉らしさはあまり感じられなかった。しかし立地の良さや手軽さから、ドライブの疲れを癒すには貴重な施設だ。子供にとっても旅の思い出のひとコマとなることだろう。

西和賀町観光協会
西和賀産業公社

[鎌倉権五郎影正の伝説について]
わらびと(岩手県埋蔵文化財センター所報)-pdf

峠山パークランドオアシス館
源泉/錦秋湖温泉(峠山の湯:ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/岩手県和賀郡西和賀町本内46地割125番地106 [地図
電話/0197-82-2915
交通/秋田自動車道錦秋湖SA、国道107号線からも利用可
料金/大人500円、中学生以下300円、幼児無料
     貸切風呂2,000円(予約制・1時間)
時間/8:00〜21:00

ほっとゆだ(岩手県西和賀町川尻)

ほっとゆだ(岩手県西和賀町)「温泉のある駅」として温泉ファンのみならず、鉄道ファンにも有名なのが、JR北上線ほっとゆだ駅である。平成元年に新駅舎運用に合わせて温泉施設「ほっとゆだ」をオープンすると、平成3年には陸中川尻からほっとゆだへと駅名をも改めた。平日上り9本、下り10本の列車が停車し、昨年の乗車人員は1日平均191人だという。いわゆるローカル線のローカル駅に過ぎないが、紅葉スポットで知られる錦秋湖のほとりに位置し、湯本・湯川など和賀川沿いに点在する湯田温泉峡の玄関口としても知られている。

改札口からは売店を通って行き来することができ、わずか数十mという近さ。売店にはちょっとした食料品から雑貨類まで揃い、温泉施設の受付にも草刈鎌が並ぶというのどかさ。温泉施設自体も鉄道旅行客より、地元のおじさん達の利用のほうが多かった。入浴料金の安さもあってか、町の共同浴場のような感覚で利用されている。

浴室内には浅湯、あつ湯、バイブラ湯という3つの湯船がある。わずかに黄色がかった源泉はあつ湯に注がれており、常連客が勝手にバルブを開けて湯量と湯加減を調節していた。貼り紙にもあったが、湯量は減少傾向にあるとのこと。カランから出る量はだいぶ少なく、この問題は深刻だといえる。

ほっとゆだといえば、浴室の壁に鉄道用信号が掛けられていることで有名だ。列車が到着する45〜30分前は青、30〜15分前は黄、15〜発車時は赤に点灯する。次に到着する列車の時刻を脱衣所で確認し、浴室で信号を見ていたら、青→黄ときて、つぎに青と赤が同時に点灯。鉄道信号ではこれはどういう意味なのかと疑問だったが、考えてみれば上下線の発着があるわけで。信号の表示を目安として風呂から上がればじゅうぶん間に合うのだが、もし乗り遅れたら大変だ。信号の表示を補うために時計やアナウンスがあればよいのだが。話が脱線してしまったが、いま流行りの「乗り鉄」派にはおすすめ。じつは僕も高校生の頃、乗り鉄の途中で訪れたことがあるのだが、そのときのひとっ風呂はいまでも忘れられない思い出だ。

錦秋湖錦秋湖はあまりにも寂しい景色だった。

ほっとゆだ(西和賀産業公社)
ほっとゆだ(JR東日本:各駅情報)
西和賀町観光協会


ほっとゆだ
源泉/川尻温泉(駅前の湯:ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/岩手県和賀郡西和賀町川尻40地割53 [地図
電話/0197-82-2911
交通/JR北上線ほっとゆだ駅隣接
料金/大人250円、中学生以下100円
     休憩室:大人350円、中学生以下200円
時間/7:00〜21:00、毎月第2水曜日定休(祝日の場合は翌日)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。鶴巻温泉。twitter@bikke4126

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ