旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

日帰り温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン

エキチカ温泉・くろしお(静岡県焼津市栄町) ※2017/3/10リニューアルオープン

エキチカ温泉・くろしお(静岡県焼津市栄町)大衆演劇の公演をやめて久しい焼津駅前健康センターだが、このたび驚くべきニュースが飛び込んできた。建物内外の全面リニューアルを半年間かけて行い、3/10より「エキチカ温泉・くろしお」としてオープンしたという。駅前からエキチカへ。確かに駅前と呼ぶには微妙な距離感だが、なぜか謙虚にエキチカへ。くろしおは当地に湧く黒潮温泉から。外観もシックに様変わりし、健康センターの面影はもうなかった。

エキチカ温泉・くろしお(静岡県焼津市栄町)料金体系は朝風呂と深夜を除くと、1時間制(延長可・超過料金加算)かフリータイムの2通りと極端だが、今回はもちろんフリータイムで訪問。タオルと館内着のセットはフロントで受け取る。ちなみに1時間の制限は銭湯じゃあるまいし慌ただしい気もする。脱衣所のスチールロッカーは扉に番号が大きく書かれ、昔の名残りにひと安心。

浴室も限られた広さでは改修しようがなく、昔のまま。洗い場がL字型に並び、室内中央には温泉を使用した大小2つの湯船(片方はバイブラ湯)。もうひとつ別の湯船は美泡の湯。ぬるめのミクロバイブラ湯だが、かつての薬湯を惜しむ声も聞こえてきそう。黒潮温泉は天然ガスの採掘に端を発し、安定した湯量と泉温を確保するためか、現在使用している源泉は地下1,500mより51℃で湧出。焼津市内8施設で使用している。

エキチカ温泉・くろしお(静岡県焼津市栄町)

ラジウムサウナはストーブを入口と奥の2か所に設置し、効果のほどはさておきアメジスト(?)の原石も。温度計は90℃を指し、黒タイルの壁はちょっとでも身体が触れると熱い。せめて背中には板を渡してほしい。そして、テレビでサスペンスドラマは反則技。耐えきれず水風呂、さらに休憩のルーティンをひたすら繰り返す。浴室内には客は入れ替わりで2〜3人しかおらず、サウナにいたっては終始貸切。良いのか悪いのか。

エキチカ温泉・くろしお(静岡県焼津市栄町)休憩スペースは2階に充実。レストランを突っ切ると、リクライニングシートが多数並ぶ。女性専用は別の場所にも。まるでホテルのロビーのようなラウンジは商談にも使えそう。喫煙室兼用だが、カウンター席には電源完備。館内は無料Wi-Fiだからビジネス利用にもってこい。非喫煙者なら窓の外に焼津駅の方向を眺めるカウンター席をおすすめするが、こちらは部屋の作りではないため館内の雑音が気になるかもしれない。

エキチカ温泉・くろしお(静岡県焼津市栄町)快適で動けなくなる魔法のソファーとして話題の「ヨギボー」は、湯河原町のGensen Cafeにて体験済みだが、ところ変われば使われ方も変わるのか、ここでは子供の遊び道具と化していた。ライブラリーは文字通りの空間だが、整然とした配置が本格的すぎて、誰も利用しないという残念な状況。健康センター時代の主な客層であるお年寄りは切り捨てなのか、リニューアルによってどんな客層を想定しているのか、ちょっと理解に苦しむ。

エキチカ温泉・くろしお(静岡県焼津市栄町)健康センター時代は食事も楽しみのひとつだったが、いまは大広間ではなく、洒落たテーブル席の空間。自慢の大型プロジェクターは、室内が明るすぎて何を映し出しているのかわからない。熊谷市のおふろcafe bivouacでも注目を集めたボルダリング体験はここでもできるが、流行り物に飛びついた感を、いったいどう消化すれば良いものやら。

エキチカ温泉・くろしお(静岡県焼津市栄町)セルフスタイルでプレートに盛り付ける「量り売りスタイル」は新発想といえるが、控え目にしたつもりが1,830円とはブーイング。夜ピークなのに他に客はおらず、いつ調理したかわからないから冷めているし、我慢ならずにレンジでチン。健康センター時代のような海の幸を楽しみにしていたが、パックに入ったまぐろ丼なら焼津で食べる意味がない。手持無沙汰なバイトの人件費や食材ロスを考慮すれば、いっそのこと食べ放題のビュッフェスタイルにしたほうが良さそう。

エキチカ温泉・くろしお(静岡県焼津市栄町)滞在型のコンセプトは昨今の主流といえるし、洒落た雰囲気も非の打ち所がない。しかし、既存客の反応はどうか。客は何度か訪れるうちに自分に合った使い方を見つけるだろう。それまで様々な手段で情報発信していかないと、一度きりの客で終わってしまいそう。大きくイメージを変えたからこそ、その真価がいま問われるし、以前の活気を早く取り戻してほしい。

エキチカ温泉・くろしお(静岡県焼津市栄町)


エキチカ温泉・くろしお (旧:焼津駅前健康センター)
源泉/やいづ黒潮温泉(カルシウム・ナトリウム−塩化物泉)
住所/静岡県焼津市栄町1-31-1 [地図]
電話/054-627-7200
交通/JR東海道本線焼津駅南口より徒歩2分
料金/時間制コース(60分) ※最終受付24:00
      (平日)大人600円、小人350円
      (休日)大人700円、小人500円
      ※館内着・タオルなし ※超過料金30分ごとに150円加算
     フリータイムコース
      (平日)大人1,380円、小人350円
      (休日)大人1,480円、小人500円
      ※館内着・タオルあり ※深夜1時以降の滞在は深夜料金1,500円加算
     深夜コース
      (平日)大人2,000円
      (休日)大人2,100円
      ※館内着・タオルなし ※午前1時〜午前5時の入館
     朝風呂コース
      (全日)大人600円、小人300円
      ※館内着・タオルなし ※5:00〜8:00
時間/10:00〜翌9:00、年中無休

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)野球観戦で東京ドームはしょっちゅう行くのに、スパラクーアを訪ねるのは今回が初めて。ライトスタンド裏手の商業ビル5階〜9階で営業している。巨人軍の庭で、かつ高級スパであるからしてエレベーターに乗る以前から緊張する。6階のフロントでは、横一列に並んだスタッフが一斉に手を挙げる。「左から2番目の受付にお進みください」と案内役も。まるで野球のチケットカウンターか、はたまた遊園地のアトラクション。こんな温浴施設は初めてだ。

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)タブレットで説明を受け、リストバンドを受け取る。脱衣所入口のカウンターでは館内着とタオルセットを受け取る。ロッカーは番号指定で、ICタグをタッチして開閉。ずらりと並んだロッカーのいちばん奥に浴室入口。大型施設すぎて気持ちが落ち着かない。

ジャグジーもいくつかあるが、メインは温泉を使用した大浴槽だ。地下1,700mより湧出し、薄っすらと茶褐色。塩分を多く含むため、乾燥するこの時期は若干ヒリヒリする。湯船が浅めなのは好みが問われるところだが、長く浸かりたいなら半身浴、あるいは寝湯で。

曲線を描いた湯船が印象的な室内から、さながら屋上庭園といった雰囲気の露天風呂へ。こちらはぬる湯、あつ湯の2つ。時折り聞こえてくるのは、悲鳴を乗せ、轟音とともに滑り落ちるジェットコースター。塀で完全に遮断せず、せっかくならチラ見でもと思うのだが、ラクーアならではのやかましさだ。

サウナは愛好者泣かせの個性的な3室。2回ずつ計6回セットも入ってしまったから、いくら時間があっても足りない。オールドログは約100℃で、山小屋をイメージした静かな小空間。スタジアムは階段状で最上段は約90℃、テレビを観ながら。村田や長野など巨人の選手のバットを入口に飾っている。ヴィルデンシュタインは約80℃で、ロウリュを1日5回開催している。

アロマ水をかけ、タオルで熱気を回旋するだけのシンプルな内容。だからこそ真価が問われる。満員の客を前にして、熱波師の腕の見せ所だ。この日16時の回では、最初の1杯目でわかった。「熱いやつが降りてくる」と。ひさびさに刺激の強いロウリュを味わった。2つある水風呂は、どちらかもっと冷たくてもよいと思った。

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)奮発して訪ねたので、少しでも得をしようとランチパックを利用。なかなか男一人じゃベトナム料理なんて食べる機会もないが、実質1,000円で堪能できるとはありがたい。ふと見渡せばカップル率も高いが、リクライニングシートの空きなど全く無くて、カップルが仲良く寛げないと思えば可哀想だが、これが人気店の現実。まったりしていないで風呂に入りなさいと言いたいが、風呂に入って食事したってせいぜい3時間くらいだから、ショートコースの料金設定があればよいのに。

パンフレットを見ると、8階〜9階のヒーリングバーデ(岩盤浴)をイチオシしているが、入館料と合わせ、さらに食事したら5,000円なんてあっという間。さすが東京はデートも高くつくなと若いカップルを心配する。WBCの試合前とあって、ここから隣の東京ドームへ向かう同志も多数。スーツ姿のサラリーマンも多く、さまざまな客が、さまざまな目的で訪ねるようだ。

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)

東京ドーム天然温泉 スパラクーア
源泉/小石川温泉(ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/東京都文京区春日1-1-1 東京ドームシティLaQua5〜9F [地図]
電話/03-5800-9999
交通/東京メトロ丸の内線・南北線後楽園駅より徒歩1分
     都営地下鉄三田線春日駅より徒歩2分、三田線水道橋駅より徒歩3分
     JR中央線・総武線水道橋駅より徒歩6分
料金/大人2,634円、小学生以上18歳未満1,836円、小学生未満は入館不可
     深夜割増料金(1:00〜6:00)1,944円加算
     休日割増料金(土・日・祝・特定日)324円加算
     ヒーリングバーデは別途864円(11:00〜23:30)
時間/11:00〜翌9:00(18歳未満は11:00〜18:00)、年中無休  

オートレストラン長島(三重県桑名市長島町) ※2017/3/31閉店

名古屋近郊で最大かつ人気のレジャースポットといえば、ナガシマリゾートだ。中核をなす遊園地「ナガシマスパーランド」は国内2番目の敷地面積を有し、その周辺にはホテルや温泉施設、アウトレットパークも。ちょっと距離は離れているが、また、植物園もあって、これらを総称してナガシマリゾートと言うらしい。一方で名鉄系の会社は長島スポーツランドを運営。木曽川、長良川、揖斐川の河口に位置し、南北に細長い地域。明治になって治水事業が行われるまでは、たびたび水害に見舞われていたという。教科書で習った「輪中」もこの地域によく見られる。それなのになぜこんなにも開発が進められたのか。

オートレストラン長島(三重県桑名市長島町)長島温泉が湧出したのは1963年のこと。天然ガス探査がきっかけだという。それから半世紀。長島地区には日帰り温泉施設が4軒(湯あみの島里の湯クアハウス長島オートレストラン長島)、地域住民のための共同浴場が2軒もあるのだから驚く。かねてより訪ねてみたいと思っていた長島温泉だが、今回の旅の目的地はオートレストラン長島。いまどきオートレストランという名前もシブいが、天然温泉、食事、ゲームの三本柱を売りにするドライブインだ。来たる3/31をもって閉店する。

オートレストラン長島(三重県桑名市長島町)本来ならネオンサインが派手に輝く夜に行くべきだが、今回は名古屋から直通バスを利用。バス停からドライブインまで歩いて訪ねる人はあまりいないだろう。駐車場は大型トラックでほぼ埋め尽くされていたが、館内は閑散としていた。とくにゲームコーナーは電気の無駄遣いと言わざるを得ない状況。地元の野菜や物産品でも売れば多少は活気付くだろうし、客層も変わっていたかもしれない。

オートレストラン長島(三重県桑名市長島町)平日の昼間だからか、温泉もさほど客は入っていなかった。浴室内には大小2つの湯船と水風呂があるも、ほぼ独り占め。タイル張りのシンプルな雰囲気は、大浴場の名に相応しい。長島温泉は無色透明、地下1,400mより湧出し、泉温51.7℃、かけ流しだから湯量も豊富なのだろう。露天風呂は岩風呂と一人用の釜風呂。塀に囲まれており、開放感は乏しい。サウナはカラカラに乾き、熱さが突き刺す。テレビはないが、常連客の会話が聞こえてくる。それにしても無駄に広い。

オートレストラン長島(三重県桑名市長島町)客がいちばん多いのはレストラン。味噌カツやきしめんなどご当地メニューを揃えているのが嬉しい。見た所、皆さんドライバーらしく、御飯の大盛りは無料。客のリクエストに応えてダブルとんかつ定食が復活とか、なかなか普通じゃ聞かない話だ。ボリュームもさることながら、24時間いつでも食事できるのが、いちばんのサービスではなかろうか。温泉利用は翌朝まで、ボディケアは深夜までと使い勝手がよい。

ゴールデンランド木曽岬温泉(三重県木曽岬町源緑輪中)長島温泉のリゾートなイメージとは無縁。おそらく観光客はいちばん訪ねることはないだろう。地元の人だって休日にデートで、家族で遊びに行こうと思うだろうか。外観を派手に装っているが、ちょっと不器用な努力家。ガテン系ウエルカム。そんな印象を持った。ちなみに、木曽川を渡ればすぐそこに、かの有名なゴールデンランド木曽岬温泉。いまなら両方セットでの訪問が可能だ。

ゴールデンランド木曽岬温泉(三重県木曽岬町源緑輪中)ゴールデンランド木曽岬温泉(三重県木曽岬町源緑輪中)

いかす温泉天国では、違ったアプローチで訪問記を書いています。
「No.20 ドライブインのお目当ては味噌カツと天然温泉」

オートレストラン長島
源泉/長島温泉(単純温泉)
住所/三重県桑名市長島町福吉526-17 [地図]
電話/0594-45-8866
交通/名鉄バスセンターから約40分「長島スポーツランド」停下車
     国道23号線(名四国道)沿い、無料駐車場100台分あり
料金/温泉は大人550円(中学生以上)、小人250円
時間/24時間(温泉は10:00〜翌7:00)、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ