旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

日帰り温泉

梅ヶ島温泉湯元屋 虹の湯(静岡市葵区梅ヶ島)

梅ヶ島温泉湯元屋 虹の湯(静岡市葵区梅ヶ島)静岡市内から北にひた走ること1時間以上。梅ヶ島温泉は山梨県との県境にほど近く、標高1,000mの山あいにある。歴史は1700年前まで遡るされ、静岡市の秘湯、信玄の隠し湯とも言われているという。温泉街として10軒余りの旅館が点在するが、せっかくならいちばん外れに位置する湯元屋へ。ここが県道29号線の終点で、この先は林道となって安倍川の源流へと続く。

梅ヶ島温泉湯元屋 虹の湯(静岡市葵区梅ヶ島)湯元屋は食堂を兼ねた日帰り入浴施設。開店の10時を少し過ぎた頃に到着し、一番乗りだと言われたが、まだ露天風呂にはお湯がたまっていないという。「ゆっくりしていってください」とのことだったので、浸かりながら待とうかと。内湯からパイプを通じて外の露天風呂へとお湯が流れていく仕組みで、実際には殆どお湯がたまっていなかった。午後の客に間に合えば良いとのことか。こういうのんびりした感じは悪くない。

梅ヶ島温泉湯元屋 虹の湯(静岡市葵区梅ヶ島)塀の外からは時おり観光客の話し声が聞こえてくるが、あいにく湯元屋には誰もやって来ない。こじんまりとした雰囲気は共同浴場のよう。安倍川の対岸には湯之神社や湯滝があったり、ちょっとした広場のようでもあるが、かつては市営浴場があったという。移転してオープンしたのが、梅ヶ島新田温泉黄金の湯だ。また後日紹介したい。

梅ヶ島温泉湯元屋 虹の湯(静岡市葵区梅ヶ島)

梅ヶ島温泉湯元屋 虹の湯
源泉/梅ヶ島温泉(単純硫黄泉)
住所/静岡市葵区梅ヶ島5258-13 [地図]
電話/054-269-2318
交通/JR静岡駅よりバス1時間45分「梅ヶ島温泉」下車
   静岡市内より県道27号線〜県道29号線で約45km
料金/大人700円、小学生以下300円
時間/10:00〜17:00、不定休


梅ヶ島温泉後陽成天皇の第八皇子、良純親王は甲州天目山に病気療養中であったが、霊泉ありというお告げを受け、安部峠を目指した。その道中、赤い小蛇3匹の導きにより梅ヶ島へとたどり着き、温泉につかると難病がたちまち快癒したという。親王は日頃より崇拝する御仏の化身であると信じ、三蛇大権現としてお祀りしたという。明治になって神仏分離令により湯之神社と改称した。湯之神社からは梅ヶ島温泉街を一望し、そしてすぐわきには湯滝が流れ落ち、源泉洞窟の岩風呂が残る。

湯之神社湯滝

天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(茨城県龍ケ崎市中里) ※2018/6/26オープン

天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(茨城県龍ケ崎市中里)湯舞音と書いて「ゆぶね」と読む。龍ヶ崎店だが、いまのところ他に姉妹店はない。スパ銭の名前も色々だ。というわけで利根川を渡って、遠路はるばる茨城県龍ケ崎市へ。新興住宅地として開発された地区の、ショッピングモールの一角。共用の駐車場も大きいが、各店舗の規模も大きい。そのなかで、湯舞音は龍ヶ崎初の天然温泉、地域最大規模の複合施設として先月26日にオープン。祝い花の中には建築大手、新昭和の名前も。気になって調べてみたら子会社が運営しているようだ。

天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(茨城県龍ケ崎市中里)

フロントで下足箱の鍵とリストバンドを引き換える。ICタグが付いており、館内利用のほか、ロッカーの開閉もこれで行う。2階に上がると、まずは併設するフィットネスクラブ。会員の温泉利用は無料だから相乗効果が期待できるというわけ。そして脱衣所があって、浴室へと続く。

天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(茨城県龍ケ崎市中里)夏は不感温浴バイブラ(36℃)が気持ちいい。あちこち浸かって、戻るのは結局ここ。その隣には入浴剤を使用した週替わりのイベント湯。露天にはうっすらと湯を張った寝ころび湯、つぼ湯のほか、温泉を使用した湯船が2つ。地下1,000mから湧出した強塩泉。黄緑がかっているが、炭酸泉の方は無色透明。やはりと言うべきか、この店のいちばん人気は炭酸泉だ。

天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(茨城県龍ケ崎市中里)サウナ室のベンチは段差が低く、余った天井高がもったいない。天井付近の温度計は90℃だったから、最上段でも85℃くらい。ロウリュ対応のせいか平常時の熱さは物足りず、よく言えば万人受け。ちなみにロウリュは不定期開催の様子。水風呂は深さ、奥行きともスパ銭にしては贅沢なレベル。露天風呂にはリクライニングチェアーも並び、外気浴ならぬ日焼け覚悟の日光浴が楽しめる。(露天風呂とサウナの写真は公式サイトより転載)

天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(茨城県龍ケ崎市中里)岩盤浴は別途400円だが、テレビ付きリクライニングシートで寛げると思えば安いものだ。なにしろ入浴だけの客の休憩スペースとしては、畳敷きの小空間しかないのだから。岩盤浴着のまま館内利用しても良いというが、汗をかいて冷たくなった服で過ごせるかは、その人次第。2室ある岩盤浴室のうち、大きい部屋の方では定期的にヨガやストレッチの有料講座を開催。その間は岩盤浴客の利用は不可。もう1室ではロウリュを1日3回開催(14時・17時・20時)。手拍子と掛け声で賑やかな雰囲気。

天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(茨城県龍ケ崎市中里)食事はピークをずらしたせいか、レストランはゆったりとしていた。ちょっと値段もお高い気もするが、コンセプトやメニューの品揃えを反映しているのか。写真は看板メニューの「季節のKikyo御膳」1,480円也。レストランに限らず、スタッフのキビキビ、ハキハキとした接客に好感が持てる。施設としては玉岡設計の型にはまった感あるけど、もっと田舎らしさがあってもいいような。これからは常連さんがお店を作っていくような感じがするし、さらなる進化にも期待したい。



天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店
源泉/龍ヶ崎温泉(ナトリウムー塩化物強塩温泉)
住所/茨城県龍ケ崎市中里2-1-2 [地図]
電話/0120-30-5426
交通/JR常磐線佐貫駅バス「八原小学校」停徒歩3分
     国道6号線(藤代BP)「牛久沼東」交差点より約7.8km
     ※無料駐車場約1,000台分あり
料金/(平日)大人750円、子供350円
     (休日)大人850円、子供400円
     ※岩盤浴は平日400円、休日500円
時間/9:00〜25:00、年中無休

天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば(静岡市駿河区古宿)

天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば(静岡市駿河区古宿)大江戸温泉物語もいまや日本全国35か所で、さまざまな形式の温浴施設と宿泊施設を展開する。静岡市内で運営するのは、日本平の南麓にある天下泰平の湯すんぷ夢ひろば。静岡市内では駿府天然温泉天神の湯おふろcafe bijinyuと並ぶ大型施設だ。うすら寂しい山の中腹にあって、真っ暗な道に突如広がる大駐車場。その奥に現れた入場門は、さながら時代劇のセットのよう。

天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば(静岡市駿河区古宿)館内では現実社会からかけ離れた空間が広がり、カップルや家族づれなら一日楽しめるはず。スーパー銭湯のつもりで入浴だけを目的とするならもったいない。広々とした浴室は、天下の湯(男湯)、泰平の湯(女湯)と名付けられ、男湯ならば元服の湯〜天下統一の湯〜江戸移城の湯といった具合に、8つある湯船を徳川家康の歴史になぞらえている。とはいえ、エピソードが記されているだけで、湯船そのものに仕掛けはないのだが。

天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば(静岡市駿河区古宿)浴室と露天風呂とは全面ガラス張り仕切られており、昼間なら明るく開放的だろう。夜の露天風呂は広すぎて薄暗い。8つある湯船のうち、温泉を使用しているのは男女とも内湯の1つだけ。売りはむしろ2週間ごとに入れ替わる人工温泉や、露天風呂の自然薬草の湯。サウナと水風呂もあるのに、館内案内図に記載されない哀しさ。おまけ扱いか。

ほかに、岩盤浴や夏期限定の水着露天ゾーンも。宿泊用の客室もあるが、テレビ付きリクライニングシートの広々とした仮眠室もあり、オーバーステイの追加料金で翌朝までの滞在が可能(仮眠室翌8時まで、館内利用翌10時まで)。安価だし、収容人数も多いから、いざという時に役立ちそうだ。

天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば(静岡市駿河区古宿)
天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば(静岡市駿河区古宿)

天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば
源泉/すんぷ竹千代の湯(カルシウム・ナトリウム−塩化物冷鉱泉)
住所/静岡県静岡市駿河区古宿294 [地図]
電話/054-237-4126
交通/国道150号線「古宿」交差点より約500m
     ※無料駐車場461台分あり
料金/(平日)大人700円、小人400円、幼児無料
     (休日)大人900円、小人400円、幼児無料
     ※オーバーステイ(24時以降)平日1,000円、休日1,500円
     ※岩盤浴は別途300円
時間/6:00〜24:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ