旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

日帰り温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

なごみの湯(東京都杉並区上荻)

なごみの湯(東京都杉並区上荻)最近ロウリュを体験していないなぁと、荻窪のなごみの湯へ。事前にホームページで確認したところ、岩盤浴(ヒーリングスパ)では1時間おきに、熱さレベル5段階のスケジュールで開催している。入館料2,000円とはハイソな部類だが、タオルや館内着のセットが付いて、リクライニングシートでのんびり過ごせると思えば、都内では貴重な存在か。

新宿から荻窪までは最短10分。そして、荻窪駅西口から徒歩1分という利便性の良さ。岩盤浴が割引きとなる20時以降を狙って訪ねたら、フロントには客が列をなしていた。地下1階・地上5階建のビルは、男女の浴室、食事処、岩盤浴などがフロアごとに分かれている。まずは入館受付を済ませ、男湯のある4階へ(女湯は2階)。フロントで渡されるカードは、ロッカーの扉に挿し込む。館内での飲食などは、鍵に付いたバーコードを使用する。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)

浴室にはジャグジー、バイブラ湯、炭酸泉、水風呂とひと通り揃っている。室内はスーパー銭湯によくある合理的な配置ではなく、むしろコンパクトな健康ランド。茶褐色の温泉は半露天の湯船とつぼ湯のみで使用。ぬるめの湯加減だから長湯して楽しめる。高い塀に囲まれているのは場所柄やむを得ず、わずかに外気を感じるのみ。

サウナは3室。ロッキーサウナは板を張り替えたばかりか、真新しい木の香りが漂う。ボナサウナは壁の裏から熱気が対流するが、換気が悪く、蒸されたサウナマットから嫌なにおいがした。ほかにスチームサウナがある。ちなみに女性はロッキーサウナとミストサウナの2室がある。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)岩盤浴は5階にあって、まずは目当てのアツアツ熱風隊ロウリュウ(レベル4)を体験。開始前から今や遅しと客が待ち構え、20人程が集まった。円形の室内中央に置かれたサウナストーブにアロマ水をかけ、1周しながらタオルで熱気を回旋、客に熱気を送りながらもう1周という流れ。これを4回に分けて行うのだから、滝のように汗が噴き出す。ヒーリングロウリュウ(レベル1)では、天井からシャワー状に水が降り注ぐ。

ロウリュウは盛況だったのに、岩盤浴室はまばらにしか客はおらず。床がタイル張りの岩盤浴室は3階にもあるが、わざわざ移動するのが面倒。色彩効果を演出したベンチ型(カップルシート)の部屋と、岩塩を敷きつめたドーム型の部屋もあるが、岩盤浴のイメージではなくて戸惑う。むしろリラックス空間だと思えばよいか。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)地下1階のレストルームには、テレビ付きのリクライニングシートが並ぶ。深夜料金を支払えば朝まで滞在できるから、気軽な宿代わりにもなる。女性専用として2階と5階にも部屋も設けており、女性に優しい店だとも言える。また、リクライニングシートは追加料金で事前予約も可能だ。休憩スペースに関しては、家族や仲間でわいわい過ごすには適さず、独りまたは少人数向け。今回は慌ただしく時間が過ぎて行ってしまったが、半日ないし1日を満喫するつもりなら、遠くの温泉地よりアクセス良好な荻窪となるのだろうか。

なごみの湯
源泉/武蔵野温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/東京都杉並区上荻1-10-10 [地図]
電話/03-3398-4126
交通/JR中央線・東京メトロ丸ノ内線荻窪駅西口より徒歩1分
料金/大人2,000円、小人1,050円、幼児530円
     ※大人は中学生以上、小人は4歳〜小学生、幼児は3歳以下
     ※岩盤浴は平日450円、休日1日券800円・時間制450円
     朝風呂入館(5:00〜9:00)1,250円
     深夜料金(25時以降滞在)1,350円
時間/10::00〜翌9:00(休日は9:30〜翌9:00)

八千代ほっこり湯(千葉県八千代市八千代台南)

八千代ほっこり湯(千葉県八千代市八千代台南)やまとの湯八千代店としてオープンし、玉光湯ひじりのね八千代店を経て、2014年6月より八千代ほっこり湯に。これほどまでに運営会社に恵まれなかった店も珍しい。八千代台の駅から近く、それでいて大型駐車場を持っているのだから、立地の良さは申し分ない。スーパー銭湯としてはひと昔前のサイズ感だが、商圏に見合っているのだろう。仕事帰りや買い物ついでに、朝風呂に、家族づれでもお一人様でも、ふらっと立ち寄れる気軽さが魅力だ。

八千代ほっこり湯(千葉県八千代市八千代台南)館内の様子はインドアビューで公開しているが、そのメリットは何だろうか。館内の奥まで見渡せるような空間を食事処、ボディケア、休憩スペースと簡単にゾーン分けしているだけだから、初めて訪ねる人でも迷うことがない。入館も食事処も券売機でチケットを購入し、下足箱も脱衣所ロッカーも100円リターン式。ここまでスーパー銭湯に対するおおよそのイメージ通りだが、強いて言うなら物販コーナーの豊富な品揃え。よほど売り上げ好調と見た。



大きな湯船にはジャグジーやバイブラ湯など配列よく並べ、別に人工炭酸泉も設けている。轟音とともに大量の蒸気を発生するスチーム塩サウナ、「県内最大級」が売り文句のからっからに乾いたドライサウナ、ゆったりとした水風呂が浴室内のすべて。洗い場のカランは押しボタン式で、島列はお湯だけ(しかもシャワーヘッド固定)、壁列では壁伝いに給水配管が通っている。手元で温度調整できる混合栓が主流の昨今、改装物件だなぁと実感する瞬間だった。

八千代ほっこり湯(千葉県八千代市八千代台南)

天然温泉を謳っているけれど、露天風呂でのみ使用している温泉は、遠く離れた湯河原からの運び湯。直線距離でも100km以上あり、しかもタンクローリーでの限られた運搬量だから、可能な限り循環使用しているのだろう。湯河原温泉本来の泉質や鮮度はいかがなものか。八千代ほっこり湯の運営会社は、昨年12月に佐倉天然温泉澄流をオープンしており、ゆくゆくは切り替えも検討するのだろうか。

八千代ほっこり湯
源泉/湯河原温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/千葉県八千代市八千代台南1-8-1 [地図]
電話/047-484-1126
交通/京成本線八千代台駅東口より徒歩4分
     駐車場180台分あり(入浴利用で4時間無料)
料金/(平日)大人600円、小人300円、幼児150円
     (休日)大人700円、小人350円、幼児150円
     ※大人は中学生以上、小人は4歳以上
時間/7:00〜24:00、偶数月第3木曜日定休

所沢温泉 湯楽の里(埼玉県所沢市下富)

所沢温泉 湯楽の里(埼玉県所沢市下富)所沢市街地より北に川越方面へ。所沢温泉湯楽の里は県道沿いにあるが、さほど交通量が多いわけでなく、どちらかと言えばのどかなロケーション。そんな周囲の環境とマッチするがごとく、生い茂る木々と和風の佇まいにしばし目を奪われる。立派な長屋門は駐輪場に、蔵はカットハウスに転用され、おそらくは立派なお屋敷の名残りだろう。

所沢温泉 湯楽の里(埼玉県所沢市下富)しかし館内は典型的かつ大衆的なスーパー銭湯の雰囲気で、大空間は仕切りもなく食事処の奥の方まで見渡せる。さっそく券売機でチケットを購入し、いざ浴室へ。ジャグジー各種が並び、腰掛湯、白湯、水風呂、人工炭酸泉。やけに広い高温タワーサウナ、価格高騰によりよもぎの使用中止となったスチームサウナ。よくある光景だから特筆すべきことはない。

所沢温泉 湯楽の里(埼玉県所沢市下富)

露天風呂では地下1,700mの大深度掘削により湧出した、無色透明の温泉を使用している。2つ並んだ岩風呂は源泉掛け流しと循環式。さらには壷湯と寝湯も。同じ所沢市内の施設ならば埼玉スポーツセンター天然温泉の方が、泉質、雰囲気ともに好みだが、こちらはぐるりと塀に囲まれているも木立を眺めながらの入浴。樹齢100年のけやき、かしの木とは立派なものだ。チェーン店だからと高をくくってはならぬ。

岩盤浴は今回利用しなかったが、35分間の入替制かつ予約制。個人的には時間に縛られたくないが、入館料と食事代もセットになった得々プランは魅力的(平日・会員限定)。客入りも良く、なにしろ回転が速いのは、地元の通い湯として定着している証だろう。ごろ寝できる休憩室もあるから、ゆっくりと過ごすこともできる。

所沢温泉 湯楽の里
源泉/湯楽の里所沢温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/埼玉県所沢市下富604 [地図]
電話/04-2943-0126
交通/西武新宿線新所沢駅または本川越駅よりバス「下富」停徒歩5分
     県道6号線(川越所沢線)「下富」交差点より約400m
     ※無料大型駐車場あり
料金/(平日)大人740円、小学生以下410円
     (休日)大人870円、小学生以下460円
     ※岩盤浴は別途410円(予約制35分)
時間/9:00〜25:00、年中無休

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井) ※2016/12/20オープン

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)今年5月末をもって惜しまれつつも閉店したグランローザ潮の湯だが、長い沈黙の時を経て、12/20に「のだ温泉ほのか」としてグランドオープンした。ほのかは北海道内で6店舗を展開する温浴チェーンで、道外では千葉蘇我店(湯の郷ほのか)に続く2店舗目。グランローザは岩盤浴に特化した施設だったから、これをどう活かし、どう変わったのか非常に興味深い。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)外観にはど派手な「ほのか」のネオンが輝く。贅沢なほど広々としたロビーは相変わらずだ。入館料には「湯着」が含まれており、これを着て岩盤浴を利用できるし、もちろん館内着にしても良い。個人的には濡れて冷たくなった服は嫌だし、風邪をひいてしまいそうだ。タオルは持参したものを使うとして、となれば岩盤浴の大判タオルだ。

「身長以上の大きさのタオルはお持ちですか?」とマニュアル通りの質問を投げかけられるも、はたしてどの程度の人が持参してくるのか、逆に問いたい。ましてやオープン2日目だ。そういえば蘇我店でも同じ質問をされたなぁと思い出しながらも、追加料金は100円。それでも入浴プラス岩盤浴で1,300円ならば良心的。ICタグ付きのロッカーキーに登録し、飲食代金などと合わせて全て後払い。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)

浴室の設備仕様はさすがにいじりようがなく、昔のままでほっとする。源泉使用で「琥珀の湯」と名の付いた湯船は、以前のまま加水した合わせ湯だろうか、琥珀というより透明。ほかにジャグジーと水風呂、高温サウナではいまのところロウリュの開催予定なし。浴室内が閑散とし、静まり返っているのは宣伝不足で客が少ないせいか。いや、グランローザ時代もそうだった気もする。

露天風呂にはテレビが設けられ、源泉使用の岩風呂に客は集中していた。「潮の湯」の名を残したことに敬意を表したい。デッキチェアもテレビの方を向き、新たに壷湯も2つ新設。また、入浴剤を使用したイベント湯は美白の湯となった。肝心の温泉はといえば、地下1,310mから湧出し、泉温46.7℃は千葉県1位、湧出量毎分450リットルは6位。塩分を多く含む淡黄色の湯だ。

789FFEFB-9F32-4C5D-91B7-EA055CF7AA31岩盤浴はかつて脱衣所から直接出入りしたが、改装によって出入口は男女共通の1か所に。通路に岩塩を敷きつめることはやめたが、岩盤浴というよりむしろ岩塩浴(入口にもそう書いてあった)。大きく分けると温度の異なる2室とクールルームがある。

さすがに39℃では汗もほとんどかかずに熟睡。それならばと50℃でうとうとしていたら突然の館内放送。19時より岩盤浴サウナでロウリュを開催します、と。おしゃべりしながらソフトな熱波で楽しませてくれるのだが、さすがに15分以上は長すぎてぐったり。とはいえ、ぜひ定期開催を願いたい。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)さらに2階にも岩盤浴を新設したから驚いた。こちらはいずれも床はタイル張りで、高温室(確か60℃)、女性専用室、ホットヨガ室の計3室。リクライニングシートの休憩室もあり、他所と比較すればこれだけでもじゅうぶんな内容だ。ホットヨガはモニターの映像を見ながら行うが、最近の流行りのツボを押さえたのはさすがだ。あいにくの貸切状態が惜しいが、いずれファンも定着するだろう。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)温浴チェーンは数あれど「ほのか」で良かったと言えば、わくわくする食事メニューだ。北海海鮮丼、成吉思汗、知床鶏といった北海道の味もあり、料金設定は比較的リーズナブル。広すぎる室内には、6人掛けのテーブルがずらりと並ぶし、カウンター席や畳席もある。夜ピークを避けたつもりが、客がまばらで寂しすぎた。壁にいくつもテレビを据え付けているが、各チャンネルを見せてくれなくて結構だし、ほのかほどテレビの多い店は他にない。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)多くのリクライニングシートが並び、畳敷きの仮眠室、PCコーナー、無料Wi-Fiなど、この上なく充実。キッズスペースやゲームコーナーもあるが、メインターゲットは若年〜中年の独りないし少人数だろう。休憩スパースや岩盤浴のを利用するとなれば長時間滞在は必至だし、そもそも風呂だけの利用なら(例えば仕事帰り)、同じ野田市内の 野天風呂湯の郷七光台温泉を訪ねた方が安いし気楽だ。岩盤浴ありきで他所と差別化するのも否定しないが、夜間割引を設定するなどして時間で区切るか、はたまた入浴と岩盤浴で料金を分離するか、検討の余地はいかがなものか。

のだ温泉ほのか
源泉/花井温泉(ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/千葉県野田市花井1-1-2 [地図]
電話/04-7123-4126
交通/東武野田線野田市駅または梅郷駅より徒歩15分
     国道16号線「野田市駅入口」交差点より約750m
     ※無料駐車場あり
料金/(平日)大人1,200円、子供400円、幼児無料
     (休日)大人1,400円、子供500円、幼児無料
     ※大人は中学生以上(湯着付き)、子供は3歳〜小学生(館内着付き)
時間/9:00〜25:00、年中無休

佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市染井野) ※2016/12/18オープン

佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市染井野)京成臼井駅より南に下った染井野地区は、大手ディベロッパー2社の開発によるビッグタウンだ。整然とした街並みにはスーパーやホームセンターなどが出店し、さらにこのたび12/18に新規オープンしたのが、佐倉天然温泉 澄流(すみれ)。手掛けるのは株式会社楽久屋で、自社所有1号店。純和風の佇まいで、複数の棟を渡り廊下で繋ぐスタイルは、高級旅館の気分を味わえる。

佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市染井野)下足箱の鍵に付いているバーコードで入館登録を行い、入館料は館内利用分と合わせて退館時に支払う。脱衣所では好きなロッカーを使うが、鍵付きのバンドを2つ腕に巻くからややこしい。なお、脱衣所までの廊下はくねくねとし、いったんは外廊下を歩く。屋根の小屋組を見せる構造だが、なんだか違和感を覚えるのは、床が柔らかいクッションフロアだからか。

佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市染井野)
(佐倉天然温泉澄流Facebookページより転載)

浴室内には温泉主浴と名付けられた湯船のほか、バイブラ湯や電気風呂、ジャグジー、水風呂、そしてコンパクトながら高温サウナと塩サウナがある。1,000m以上を掘削して湧出した温泉は、酒々井温泉湯楽の里などと同じく塩分の濃さが特徴的。室内ではオレンジ色に輝いており、浅いところでは淡黄色の、喩えるならトロピカルなグラデーション。

佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市染井野)

それに対して、露天の岩風呂では泥水のような色をしている。空気に触れているせいか。上下2段のうち、上段は源泉かけ流しだ。寝ころび湯でも温泉を使用しており、ほかに人工炭酸泉も。竹林を間近に眺め、のどかな景色を楽しめる。はるばる訪ねた臼井の街は想像よりも都会だったが、北総台地の原風景をここに見た思いだ。

佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市染井野)浴室について補足するなら、高温サウナでは自動ロウリュを予定しているようだ。調整中との貼り紙に隠れていたが、おそらくは8:00から2時間おきに8回。手掛けによるロウリュもぜひ検討していただきたい。

岩盤浴は続き間で大小2室。手前の大きな部屋の自動ロウリュも稼働しておらず。奥の部屋では8種類の鉱石を使用。ほかに涼みの間と称する小空間もある。最近流行りの洒落た雰囲気ではないけれど、オーソドックスを良しとするのは岩盤浴に限ったことではなく、施設全体に共通する。

佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市染井野)岩盤浴の隣にはリクライニングシートの並ぶ休憩スペースもあるけれど、家族でわいわい寛げるような空気感ではなく、一人ないしは少人数がゆったりと過ごす空間。テレビなどの雑音もなく、静かな時が流れている。食事も多種多様なメニューを揃えてはいるけれど、年配客の好みはきちんと押さえている。オープンして間もなく、しかも平日の昼間は当然若い客層を見かけることもなく、そういった意味では大人向けの施設だと言える。

佐倉天然温泉 澄流
源泉/佐倉染井野温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩泉)
住所/千葉県佐倉市染井野4-7-3 [地図]
電話/043-497-2625
交通/京成臼井駅より約1.7km
     国道296号線「臼井台」交差点より約2.7km
     ※無料駐車場151台分あり
料金/(平日)大人800円、小人450円
     (休日)大人950円、小人550円
     ※大人は中学生以上
     ※岩盤浴は別途500円
時間/7:00〜24:00
     3月・6月・9月・12月の第2木曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ