旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

日帰り温泉

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)スーパー銭湯の外観といえば和風の趣が多いなか、洋風というだけでも一目置いてしまう。それでいてスパと名乗るわけでなく、国済寺天然温泉とややお堅い。地名でもある国済寺は臨済宗南禅寺派、室町時代創建の古刹。しかし、観光で訪れる寺ではなさそう。国道17号線をはさんで向かい側にはハナホテル深谷があって、そこに隣接するのが美肌の湯。

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)深谷市内には深谷花園温泉花湯の森、熊谷市内には花湯スパリゾートと近距離に姉妹店があって、いずれも人気施設。それに引き換え美肌の湯は大衆的で、公式サイトにいたってはJimdoによる手作り。どうやらオープンの経緯が異なるらしく、もとは「湯めぐり浪漫館」といい、温泉湧出を機に名を改めたようだ。あとから開業したホテルの、大浴場としての性質も併せ持つ。

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)入館したら食事処の全体が見渡せる、スーパー銭湯らしいつくり。脱衣所と浴室は男女で反転しており、これまた体育館のように広々。ジャグジーがやたらとぶくぶくしているせいか、ちょっと塩素臭はきつく感じた。人気はやはり炭酸泉だ。露天風呂では地下1,134mから湧出した温泉をかけ流しで使用。重炭酸ソーダとメタケイ酸を多く含むことが、美肌の湯の名の由来。そこまでの温泉らしさを実感しなかったが。

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)塩サウナとロッキーサウナの2室あるのは高得点。ロッキーサウナについては「県内でも数少ない低温で〜」とパンフレットにあるが、温度計はキリよく100℃ちょうどを表示。ベンチや背板などに年季を感じさせる。汗を流さず水風呂にドボンする客が多く、それも含めて大衆的。安くて気軽さが売りの施設ならではか。

風呂あがりにゆっくり休憩するなら、2階のリラックスルームへ。テレビ付きのリクライニングシートが並ぶ。利用料金には館内着やタオルセットも含まれているが、せめて入浴料と同等、もっと言えば安く設定してほしいものだ。

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)

国済寺天然温泉 美肌の湯
源泉/国済寺温泉(単純温泉)
住所/埼玉県深谷市国済寺510-1 [地図]
電話/048-571-8888
交通/JR高崎線深谷駅より徒歩20分
     国道17号線「国済寺」交差点至近
     ※無料大型駐車場あり
料金/(平日)大人600円、小人300円、幼児200円
     (休日)大人700円、小人350円、幼児200円
     ※小人は6歳〜12歳、幼児は3歳〜5歳(2歳以下は無料)
     ※2階リラックスルームは平日800円、休日1,000円(中学生以上)
時間/10:00〜24:00、年中無休

片岡温泉(三重県菰野町菰野)

近鉄湯の山温泉駅たまには名古屋に行きたいなぁと高速バスのサイトを開いたら、深夜便が残り1席だったので、すかさず予約。帰りの便も確保し、往復で3,700円。杉崎高速バスは素晴らしき庶民の味方だ。

名古屋駅前には6時前に到着するので、今回はその足で近鉄電車に乗り、はるばる湯の山温泉へ。四日市から乗った湯の山線は3両編成、単線のワンマン列車。途中駅で高校生が降り、終点湯の山温泉駅で降りたのは自分一人。

片岡温泉(三重県菰野町菰野)湯の山温泉街はバスかタクシーでさらに山を上るが、目指すは片岡温泉。線路沿いを戻り、歩くこと10分弱。2012年10月にオープンしたアクアイグニスという複合商業施設にある。窯焼きのパン屋、レストラン、チャペル、いちごのビニールハウス、そして宿泊棟を併設した温泉施設。すべてがスタイリッシュに設計され、いちいちフォトジェニック。田舎おしゃれにもほどがある。

片岡温泉(三重県菰野町菰野)早朝だというのに入浴客の姿は多い。共同浴場レベルかと勝手に想像していたのは申し訳なく、館内や浴室の雰囲気はスパ銭レベル、いやそれ以上。浴室に大きな湯船1つ、露天には3つ。ジャグジーやバイブラといった設備はなく、こんこんと温泉をかけ流しているだけ。ちなみに露天は大樽風呂、寝湯、半身浴というラインナップ。通好みだ。

片岡温泉(三重県菰野町菰野)温泉は地下1,200mより毎分780リットル湧出し、加温、加水、循環なし。つまり、100%源泉そのままの状態を楽しめる。シャワーでも温泉を使用。かすかな硫黄のにおいとぬめり感があるも、湯あがりの肌はすべすべ。一点だけ気になると言えば、竹林をイメージした露天風呂の、すぐ傍で新名神高速道路が工事中。完成したとき視界はどう変わるのか。

片岡温泉(三重県菰野町菰野)畳敷きの休憩室には大小さまざまなクッションがあって、自由きままに寛げる空間。テーブル席の傍らにある木箱はライブラリー。

クリエイティブな発想とスタイリッシュなデザインは随所に感じられ、それでいてシンプルで居心地がよい。家具やインテリアなどには、第一線で活躍する美術家、デザイナーが多数参加しているという。建物一つ一つにしても、まるで建築雑誌の作品集から飛び出してきたかのよう。温泉もしかりだが、あらゆる分野の一流がここに集まっている。

アクアイグニスを運営するのは東京の不動産会社。約2年前の情報だが、御殿場アウトレットにほど近い静岡県小山町にも複合リゾートを計画しているという。

片岡温泉(三重県菰野町菰野)片岡温泉(三重県菰野町菰野)
片岡温泉(三重県菰野町菰野)片岡温泉(三重県菰野町菰野)

アクアイグニス案内図

片岡温泉
源泉/湯の山片岡温泉(単純温泉)
住所/三重県三重郡菰野町菰野4800-1 [地図]
電話/059-394-7733
交通/近鉄湯の山線湯の山温泉駅より徒歩8分
     東名阪道四日市ICより国道477号線(湯の山街道)経由で約6.9km
     ※無料駐車場600台分あり
料金/大人600円(中学生以上)、子供300円、3歳未満無料
時間/6:00〜24:00、年中無休

名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋) ※2017/10/1オープン

名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋)秦野市は神奈川県中西部に位置し、県内5番目に広大な面積を誇る。しかし、北側半分は丹沢山地で、その魅力は登山上級者に知られるところ。低山ハイキングなら秦野駅〜弘法山〜鶴巻温泉駅の半日コースが人気のようだ。帰りは弘法の里湯へ。逆ルートなら、弘法山の山裾にオープンした「名水はだの富士見の湯」に立ち寄るのもよいだろう。

名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋)市営施設としては2軒目となるが、こちらはクリーンセンター(ごみ処理場)の余熱を利用した施設。指定管理者制度によって運営を民間委託しているが、働いているのは地元のパートさん。弘法の里湯と同様に、入浴料金を市民と市外で分けているが、「どこから来ましたか?」と簡単に尋ねられるだけ。登山の格好をしていれば明らかに市外なのだろうけど。

名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋)券売機でチケットを購入し、下足箱の鍵とともにフロントに提示。1階には貸切浴室のほか、地元物産品の販売も。階段またはエレベーターで2階に上がると、食堂を挟んで男女の浴室を配置。ウォーターサーバーには「秦野の名水を使用しております」との旨。施設名にも「名水」の名が付いており、秦野盆地湧水群の日本名水百選をPRしたい狙いだろう。入浴使用では分析の結果、メタケイ酸が温泉法の規定を満たしている。

名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋)

浴室はコンパクトでシンプルな印象。2つある内湯は、一方がバイブラ&ジャグジー。もう一方は窓に面して明るい雰囲気。そして、露天は岩風呂風。あいにくの曇り空で富士山を眺めることはできなかったが、丹沢の山なみと、市内あちこちに建つマンションを遠望する。個人的には見慣れた景色だけど、都会の人には緑豊かなロケーションを実感してもらえるはず。

サウナは10人座れば精一杯。小型ヒーターではガツンと来る熱さもなく、温度計は86℃を指しているけれど、テレビを観ながら15分。水風呂が狭く、浅く、しかも全然冷たくないのは困りもの。バランスが取れていると言えばそれまでだけど、外気浴まで含めたら、1セット30分もかかってしまうではないか。

名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋)食堂はメニューがまだ揃っていないのか、品数少なく、無難なところで日替り定食にしたら、「麻婆豆腐とチキン南蛮のどちらにしますか?」と。ちなみにチキン南蛮とはどこにも書いていないし、貼り出してもいない。パートのおばちゃんの、慣れていない接客も微笑ましい。休憩室にはリクライニングシートがあり、まさかのフリーWi-Fi完備。ついでに言えば、本数は少ないものの無料送迎バスの運行もあるし、屋外には無料で利用できる足湯もある。公共施設にしては過剰サービスではなかろうか。民間委託とはいえ市民の税金で建設したわけだから。

名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋)名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋)

秦野市伊勢原市環境衛生組合

名水はだの富士見の湯
源泉/秦野温泉(温泉法上の温泉)
住所/秦野市曽屋4553-1 [地図]
電話/0463-82-1026
交通/小田急線秦野駅よりバス「末広小学校前」停徒歩8分
     秦野駅南口、渋沢駅などから無料送迎バスあり
     国道246号線「名古木」交差点より約1km
     ※駐車場67台分あり(施設利用時間内は無料)
料金/(平日:市内)大人600円、こども300円
     (平日:市外)大人800円、こども400円
     ※市内とは秦野市に在住・在勤・在学、伊勢原市民(在住)
     ※3時間まで。延長料金は1時間につき大人100円、こども50円
     (休日:市内)大人800円、こども400円
     (休日:市外)大人1,000円、こども500円
     ※3時間まで。延長料金は1時間につき大人200円、こども100円
時間/10:00〜22:00、毎月第2水曜日定休(祝日の場合は翌日)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ