旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

日帰り温泉

竜ヶ窪温泉 竜神の館(新潟県津南町谷内)

竜ヶ窪

新潟県中越地方の津南町。主な観光スポットといえば名水百選の竜ヶ窪。緑に囲まれた池はとても神秘的で、水は澄み、地域の生活用水として使用されているという。竜神にまつわる伝説もいくつか伝えられており、竜ヶ窪のほど近くにある「竜神の館」もそれに因んでいる。第3セクターの経営悪化によって1年半ほど休業していた施設を、今年4月に民間経営で再開。地域住民にとって待望の復活と言えるだろう。

竜ヶ窪温泉 竜神の館(新潟県津南町谷内)広々とした館内では地元農産物やお菓子などの販売のほか、食堂も営業。朝イチで訪ねているせいか客はまばらで、のんびりした雰囲気が漂う。竜神の湯、縄文の湯と名付けられた浴室は男女週替わり。訪ねた日は男湯が縄文の湯で、公式サイトによれば「鎮守の森をイメージした広々とした湯船」とのこと。ちなみに津南町には縄文時代の遺跡が多数あるらしい。

竜ヶ窪温泉 竜神の館(新潟県津南町谷内)湯船では無色透明の温泉を使用している。内湯と露天風呂は大きなガラス窓で仕切られているが、湯船は繋がっている。小さな開口部から移動しても良いし、もちろん扉も設けている。湧出量は毎分200リットルと豊富で、吐水口からは温泉がドバドバと豪快に注がれていた。カランやシャワーはもちろん、館内ではすべて名水百選の水を使用し、アピールにも余念がない。

竜ヶ窪露天風呂の広さを喩えるならば、ちょっとした公園の親水池のよう。ほとんどの時間を貸切で過ごしたので、贅沢を通り越して落ち着かず。小さな湯船は水風呂で、かなりの冷たさ。その隣の「スタッフオンリー」と書かれた小屋を覗いてみたら、案の定サウナだった。タイル張りの感じからして、おそらくはスチームサウナだったのか。今後はロウリュ仕様のサウナを計画しているらしく、冷たい水風呂と開放感ある外気浴が活躍しそう。

竜ヶ窪温泉 竜神の館(新潟県津南町谷内)食堂では餃子定食を注文。姉妹店のみつば湯楽院の人気メニューをここでも味わえる。客と店員は顔見知りらしく、ぎこちないやり取りが微笑ましく、田舎あるあるだなと。帰り道から眺めた津南の町並みは、のどかで旅情をかき立てる。サウナが完成する頃には館内の様子もちょっとはおしゃれになっているだろうか。期待が高まる。

竜ヶ窪温泉 竜神の館
源泉/竜ヶ窪温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/新潟県中魚沼郡津南町谷内7031 [地図]
電話/025-765-5888
交通/国道117号線「中津川橋」交差点より約5.2
     ※無料駐車場あり
料金/大人650円、小学生350円、未就学児200円、2歳以下無料
時間/10:00〜21:00(季節によって変更する場合あり)
     毎週火曜日定休(祝日や繁忙期は営業、振替休業あり)

※露天風呂の写真は公式サイトより転載

さがら子生れ温泉会館(静岡県牧之原市西萩間)

さがら子生れ温泉会館(静岡県牧之原市西萩間)相良牧之原ICでおなじみの旧相良町(現在は合併して牧之原市)。のどかな農村風景が広がり、地域ブランドである静岡牧之原茶の茶畑や製茶工場も見られる。ちなみに熊本県相良村の相良茶とややこしいが、肥後国を治めた相良氏は、遠江国発祥とのこと。歴史的にも繋がりがあるということか。そんな旧相良町には子生れ石の伝説があり、さがら子生れ温泉の名もそれに因んでいる。木々が鬱蒼とした小川に、岩から生まれ出るような石。子宝、安産など縁起の良い石として信仰を集めているとか。

さがら子生れ温泉会館(静岡県牧之原市西萩間)遠州七不思議のわりには地味だったなぁなどと思いつつ、子生れ温泉へ。地元住民の憩いの湯なのに、芝生を囲むように円弧を描いた建物は、田舎モダンそのもの。ほぼ全面をガラス張りとして光を採り入れ、天井は高さを確保しつつ板張りとするなど、公共施設らしくないのが特徴。浴室は荻の湯、愛鷹の湯があって、おそらく左右対称のつくり。ほかに家族風呂もある(2時間2,300円、予約制、別途入館料)。

さがら子生れ温泉会館(静岡県牧之原市西萩間)温泉は地下1,200mから湧出。内湯は大小2つに区切られていて、小さい方は源泉かけ流し。夕暮れ時とあってか、常連客で和やかな雰囲気。替わり湯はポンプ故障のため現在休止中。露天にはゆったりとした岩風呂があって、緑に囲まれたロケーションだ。サウナ室は定員8名で、ひとり用マットが8枚。空き待ちのベンチもあって、さぞや人気施設かと思いきや、単純に回転率がよろしくない様子。常連がのんびりとサウナを楽しんでいる。水風呂は半円形の小サイズだが、常時バシャバシャと水が注がれており、常温ながらも爽快感あり。

さがら子生れ温泉会館(静岡県牧之原市西萩間)というわけで混み始めてきたので食事処へ。静岡県で信州そばもどうかなぁと思いつつ、数少ないながらもリーズナブルなラインナップ。畳敷きの大広間のほか、予約制の個室があったりと公共施設ならでは。週末や繁忙期はいざ知らず、じゅうぶん活用されていないのがもったいない。海水浴やサーフィンなどが楽しめる相良サンビーチは、車で20分の距離。これからの季節は行楽帰りの立ち寄りにおすすめだ。

さがら子生れ温泉会館(静岡県牧之原市西萩間)



さがら子生れ温泉会館
源泉/ナトリウム−塩化物泉
住所/静岡県牧之原市西萩間672-1 [地図]
電話/0548-54-1126
交通/国道473号線バイパス西萩間ICより約1.2km
     ※無料駐車場あり
料金/大人550円、子供300円(3歳〜小学生)、3歳未満無料
時間/10:00〜21:00
     毎月第2火曜日、12/31・1/1定休

※露天風呂の写真は公式サイトより転載

アクアイグニス武蔵野温泉(埼玉県吉川市美南) ※2021/6/12オープン

アクアイグニス武蔵野温泉(埼玉県吉川市美南)三重県の湯の山温泉近郊にあるアクアイグニス菰野(片岡温泉)。のどかな田園風景の中に広がるおしゃれ複合施設に衝撃を受けたのが4年前。それからアクアイグニス関西空港、VISONをオープンさせ、関東初進出となるのがアクアイグニス吉川美南(武蔵野温泉)。駅前の大型ショッピングセンター、イオンタウン吉川美南の東街区という位置付けで、6/12にオープンした。

アクアイグニス武蔵野温泉(埼玉県吉川市美南)菰野とは趣きが異なるも、館内には一流シェフやパティシエがプロデュースするレストランなども。エントランスを別にして武蔵野温泉がある。内装や接客など、どことなく高級感が漂い、物販コーナーにもお高めな商品が並ぶ。それでいて入館料は地域相場よりもリーズナブル。仕事帰りや買い物ついでの普段づかいにもおすすめだ。

アクアイグニス武蔵野温泉(埼玉県吉川市美南)浴室は洗練された雰囲気。上下2段となった湯船には茶褐色の温泉。地下1,500mの大深度掘削だという。上段は源泉かけ流しで、濁り感あり。湯船に浸かって窓の外を眺めれば、下段の水面に植栽が鏡のように映る。すっきりとした露天スペースの一角にも温泉の湯船があって、高い塀に囲まれつつも外気にあたりながらの入浴。塩分を多く含むせいか、長湯だとのぼせやすいので適度な休憩を。願わくばもう少し温度を下げてほしい。奥まったところには薄っすらと湯を張った寝湯も。

アクアイグニス武蔵野温泉(埼玉県吉川市美南)ジャグジーやバイブラ湯などを備えておらず、流行りのサウナも水風呂もない。通好みの店舗として近隣とは一線を画すばかりか、浴室内にある白湯は、ルフロという、超濃縮温泉の素を使用した「クラフト温泉」。そして、ルフロを使用したミネラルミスト浴は、粉砕した鉱石の上に寝ころぶ、岩盤浴のようなスタイル。別途4,000円というから驚くし、どのくらいの利用があるのだろうか。

アクアイグニス武蔵野温泉(埼玉県吉川市美南)食事メニューは厳選しつつも上品さが感じられる。セルフサービスとすることで現実的な価格帯が実現できるのか、しかしながらトレイが大きく食器が重い。レストランスペースは124席のゆったり感。隣接する休憩スペースもモダンで、湯あがりの小休憩には良さそう。とはいえ店内の雰囲気からして、昼間はカップルや女性グループの支持が高そう。店内が賑わうのは夕方以降、仕事帰りの立ち寄り利用かと。

アクアイグニス武蔵野温泉
源泉/含よう素−ナトリウム−塩化物強塩泉
住所/埼玉県吉川市美南3-25-1 [地図]
電話/048-973-7900
交通/JR武蔵野線吉川美南駅西口より徒歩5分
     国道4号線「レイクタウン北」交差点より約5
    ※駐車場532台分あり(2時間以内は無料)
料金/(平日)大人650円、子供300円
     (休日)大人750円、子供350円
    ※子供は3歳〜小学生、3歳未満は無料
時間/9:00〜24:00、年中無休
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ