旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

日帰り温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン

木更津天然温泉 MINANO-BA(千葉県木更津市羽鳥野)

木更津天然温泉 MINANO-BA(千葉県木更津市羽鳥野)フィットネスジムと温浴施設は相性が良く、都市部によくある営業形態。その多くが施設利用を会員限定としているが、木更津市のMINANO-BA(みなのば)はビジターでもスパ利用できる貴重な施設。とはいえ一見わかりにくいホームページは、会員優先のポリシーゆえか。ちなみに子供の利用は不可。そもそも木更津市でフィットネスとの複合とは違和感あるが、現地は新興の大型分譲地。ハイソな雰囲気が漂う。

4木更津天然温泉 MINANO-BA(千葉県木更津市羽鳥野)オープンは2015年11月。MINANO-BAという名前からしておしゃれだが、建物はスタイリッシュで緊張する。まるで軽井沢のようなリゾート感だ(行ったことないけど)。フィットネスのほかにレストランを併設し、裏にはこじゃれた公園も。木更津市内ではつぼやサウナかずさのお風呂屋さんを訪ねたが、明らかに客層は異なる。というより極端すぎる。

木更津天然温泉 MINANO-BA(千葉県木更津市羽鳥野)受付では下足箱の鍵と引き換えに、ロッカーキーとタオルセットを受け取る。料金は後払い。やはりフィットネス会員の割合が多いようで、勝手がわからずにいると、スタッフの男性が脱衣所の手前まで案内してくれた。

浴室内と露天風呂には黒褐色の温泉を使用した湯船が1つずつ。「温泉の性質上、湯の華が…」云々とは言うけれど、明らかに管理が悪く、汚れが浮き、露天風呂にいたってはこの日は綿毛だらけで入る気にならなかった。網ですくうか、強制的にオーバーフローさせるよう助言するも、バイト君は果たして理解できたか。そして、温浴のエキスパートは居らんのか。

木更津天然温泉 MINANO-BA(千葉県木更津市羽鳥野)

露天には独立したサウナ小屋があり、ボナサーム+細長い石積みストーブ。ロウリュも開催しているような記載もあるが、時間等の詳細は書いておらず。明るくきれいな室内でひたすらマイルドな発汗を楽しみつつも、そのあとがいけない。すぐわき、つまり露天に一人用の壺水風呂があるも、見たところ誰もかけ水をせずに頭までドボン。紳士淑女の施設かと思っていたが。

木更津天然温泉 MINANO-BA(千葉県木更津市羽鳥野)わずかな広さだが、テレビと庭を望むリクライニングの休憩室も。ビジター利用だと長居するのも気持ち的に憚られるが、予想外の寛ぎをしばし満喫。コンパクトでシンプルだけど店の雰囲気は素晴らしく、会員利用を前提としているせいか客の質もよい。フィットネス付帯施設としての総合点は高いものと思われる。しかし、天然温泉は単なる付加価値か。温浴施設として見ると惜しい点は多々あった。

木更津天然温泉 MINANO-BA
源泉/温泉法の温泉
住所/千葉県木更津市羽鳥野6-21-4 [地図]
電話/0438-90-8090
交通/JR内房線木更津駅よりバス「羽鳥野6丁目」停徒歩3分
料金/(平日)大人1,000円、中学生800円
     (休日)大人1,100円、中学生900円
     ※小学生以下利用不可、料金は消費税別途
     ※スパ入浴料金にはタオルセットレンタル含む
時間/10:00〜23:00(休日は10:00〜22:00)

武甲温泉(埼玉県横瀬町横瀬)

武甲温泉(埼玉県横瀬町横瀬)秩父市の東側に接する横瀬町。山好きには武甲山で知られているのかも。標高1,304m、日本二百名山のひとつに数えられ、セメントの材料でもある石灰の採掘も行なわれている。秩父の基幹産業はこの山ありきか。そして、武蔵+甲州=武甲かと思いきや、日本武尊が甲を納めたことに由来するという。歴史ロマンはさておき、そそられるのは道端の看板だ。これぞ田舎風情。

武甲温泉(埼玉県横瀬町横瀬)武甲温泉は横瀬川の川っぺりに建つ。すぐ傍にある別館は田舎のビジネス旅館風情。登山者の需要だろうか。オートキャンプ場もある。

入浴前に軽く腹ごしらえ。畳敷きの大広間は旅情をかきたてる。横になってうたた寝している客もちらほら。自由な雰囲気がいい。せっかくならご当地ものを食べたかったが、そもそもメニューが少なすぎた。セルフ形式だけど、おばちゃんの食堂といった雰囲気。

武甲温泉(埼玉県横瀬町横瀬)浴室には硫黄泉(硫化水素)特有のかすかな甘い香りが漂う。室内と露天に1つずつ温泉を使用した湯船がある。無色透明の循環ろ過なので個性はあまり感じられない。鉱泉の多い秩父地方にあって、源泉35℃、湧出量は毎分61.5リットル(祭の湯の10倍!)は恵まれている。しかし、売りは炭酸泉のようだ。疲れは癒せるかもしれないが、都会から来た客が望むのは風情ある湯だと思う。露天風呂は塀に囲まれているが、のどかな緑の風景を満喫。もうちょっと温かったらなお良し。

武甲温泉(埼玉県横瀬町横瀬)熱いサウナと冷たい水風呂のバランスが良く、常に貸し切り状態はもったいない。訪ねたのは4月終盤。まだゴールデンウィークではないのに、料金は特定日扱い。それが災いしてか、それともオープンしたばかりの祭の湯の影響か、客はまばら。いくら武甲温泉のほうが入館料は安いとはいえ、コストパフォーマンスの違いは明白だ。ポーチ付き販売タオル310円とか、返却されない100円ロッカーといった昔感覚はいかがなものか。そして、田舎らしさ老舗感らしさを売りに客を呼び込めばよろしいかと。

武甲温泉(埼玉県横瀬町横瀬)

武甲温泉
源泉/秩父湯元 武甲温泉(単純硫黄泉)
住所/埼玉県秩父郡横瀬町横瀬4628-1 [地図]
電話/0494-25-5151
交通/西武秩父線横瀬駅より徒歩10分
     国道299号線「横瀬町役場前」交差点より約700m
     ※無料駐車場150台分あり
料金/(平日)大人700円、小学生以下400円、2歳以下無料
     (休日)大人800円、小学生以下500円、2歳以下無料
時間/10:00〜22:00、年中無休

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎) ※2017/6/1オープン

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎)一昨年末の酒々井温泉湯楽の里、昨年末の佐倉染井野温泉澄流に続き、去る6/1には成田市に湯けむり天然秘湯龍泉の湯が新規オープンし、北総地域がにわかに活発だ。多くの施設では事前に情報を掴むのに、今回知ったのはオープン当日。公式サイトの公開はオープン数日経ってから。積極的に告知しないのは、秘湯感を煽る狙いか。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎)現地を訪ねてみれば、県道成田安食バイパスからの取付道路は未整備。成田湯川駅方面への短縮道路は整備中。敷地内に小さな農産物直売店があるのみで、見渡す限り畑と田んぼ。街はずれもいいところだが、秘湯と呼ぶにはちょっと違和感。ちなみに龍泉の湯は、この地域にまつわる龍の伝説にちなむ。源泉は地下911mの掘削によるが、なるほど龍の恵みというわけか。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎)入館したら券売機でチケットを購入。フロントに下足箱の鍵を預け、リストバンドを受け取る。裏側にバーコードは付いておらず、自販機や食事は現金精算。ロッカーは100円リターン方式。リストバンドは何も役割りを果たさない。フェイスタオルも購入したが、店の名前が地味にプリントされているだけ。スタッフは地元の主婦を集めたのか、スパ銭特有の若々しさはなく、平日とあってか客の年齢層も高め。現時点では惜しい点ばかりだ。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎)浴室は湯船から建具上端までを黒タイル張りとし、その上は白木の板張り、天井は小屋組あらわし。どことなく佐倉染井野温泉澄流に似た雰囲気だ。室内にはジャグジーと温泉浴槽(一角に電気風呂あり)。幅2間の窓越しには露天のつぼ湯、その先に雑木林の緑を眺める。温泉は無色透明、泉質は強塩温泉なのに個性に乏しい。湧出量は毎分2,000リットルと記されていたが、それならば豪快にかけ流してほしいものだ。

露天風呂は炭酸泉、温泉浴槽、つぼ湯5つが並ぶ。植栽をふんだんに配し、庭石や石灯籠で和風庭園を思わせる。時おり飛行機のジェット音が聞こえるも、静かでのどかな雰囲気を満喫できる。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎)

サウナ室にはikiストーブを設置し、温度計は85℃を指していた。サウナの熱さに慣れない人でも、無理なく発汗できる温湿のバランスの良さ。毎時00分と30分にはストーブにスポットが当たり、シャワー状に自動ロウリュが始まる。湿度がぐっと上がって発汗を促すも、もうちょっと水の量が多ければよいが。水風呂17.5℃だが、湯船が浅いぶん体感的には物足りず。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎)ご家族やグループの湯あがりの待合いは和風庭園を眺めるロビーにて(3枚目の写真・外部デッキは喫煙所)。おひとり様なら2階のリクライニングシートで、テレビを見ながらのんびり過ごすもよし。遠路はるばるやって来たのだから、半日過ごすつもりでないと勿体ないかも。しかし、小さな子供づれには向かない店かもしれない。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎)食事処は1階にあり、かまど飯専門店とは言うけれど、まさか選択肢が5つしかないとは。しかもいいお値段。固形燃料の火が消え、炊き上がるまで約20分。しかし炊けていないというアクシデントが連発。空調を気にしているが、そうではなく固形燃料のせい。スタッフのてんやわんやの光景を見ていると、夏休みの繁忙期が心配になる。しかし、パートの主婦たちが張り切ってこそ、ソフト面での強みを生み出しそう。伸びしろに期待したい。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯
源泉/松崎温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/千葉県成田市松崎1249 [地図]
電話/0476-28-4126
交通/成田スカイアクセス成田湯川駅より徒歩15分
     国道408号線「土屋」交差点より約1.8km
     ※無料駐車場180台分あり
料金/(平日)大人880円、小学生以下500円
     (休日)大人980円、小学生以下500円
時間/9:30〜24:00、月1回不定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ