旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

日帰り温泉

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)北条五代の城下町、小田原。東海道線や小田急線などが乗り入れる小田原駅から、繁華街を小田原城方面へ。その道すがらにあるのが小田原お堀端・万葉の湯。もともとは写真現像を本業としていた会社だが、いまや万葉の湯を全国に9店舗、箱根湯本天成園湯河原ニューウェルシティといったリゾート型施設も展開。その本社のお膝元にあるのが、ここ小田原館だ。繁華街の立地とあって、駐車場は地下に設けている。

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)下足を袋に入れ、フロントで入館受付。そもそもがハイソな料金体系なので、ネットのクーポンを利用。よほど常連に見えたのか、説明は何一つなく、ロッカーキーのリストバンドを受け取り、そして更衣室へ。浴衣か甚平に着替えたら、館内はエレベーターでの上下移動。浴室は5階にあって、階段を上がると屋上には露天風呂。ビルのつくりであるせいか、天井は低め。平日だからか客は少なく、静かでがらーんとした印象。

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)ロウリュ炭サウナは消臭効果を狙ったものか、しかし炭の香りが鼻に残る。やや低めにも感じる温度だったが、ヒーター(イズネス)との距離が近いせいか、オートロウリュは暴力的すぎる。ハーブスチームサウナのドアを閉めない客がいるし、水風呂では汗を流すどころか、頭から、タオルも、とたまたまなのか客のマナーはひどい。

浴室に内風呂と半露天風呂、屋上露天に岩風呂や樽風呂など。湯船ごとにはっきりとした温度差があったら良いのだが。雰囲気を言うならば、観光ホテルの大浴場のよう。温泉は湯河原からの運び湯だが、風呂よりも飲食目当ての客が多いのか、長湯して温泉を楽しむような客の姿はなく。

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)飲食は他店と共通するメニューばかりだが、小田原らしく地魚料理や旬のメニューで趣向を凝らしている。金額も一丁前だし、客層がわりと高めなのも納得できる。館内の休憩施設としては、テレビ付きリクライニングシートの仮眠室、ヨギボーを置いた読書室、キッズスペース、貸切個室など。終電を逃した客やビジネス利用も想定できるが、普段づかいとして数時間を過ごすのではなく、半日ないし一日を過ごしたい施設。そのつもりでないと入館料の元は取れない(と言っている時点で貧しいが)。

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)
小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)

小田原お堀端 万葉の湯
源泉/湯河原温泉万葉の湯(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/神奈川県小田原市栄町1-5-14 [地図]
電話/0465-23-1126
交通/東海道線・小田急線・箱根登山線・大雄山線 小田原駅東口より徒歩1分
     国道255号線「大工町通り」交差点より約350m
     国道1号線「小田原市民会館前」交差点より約500m
     駐車場142台分あり(5時間まで無料)
料金/大人2,300円、小学生1,200円、幼児900円、3歳未満無料
     深夜3時以降は別途大人1,700円、小学生・幼児1,000円
     ※料金は税別
時間/24時間、年中無休

みさかの湯(山梨県笛吹市成田)

みさかの湯桃やぶどうの一大産地として知られる山梨県笛吹市。市内には笛吹川が流れ、笛を吹くのが上手な少年の哀しい言い伝えに由来するのだとか。笛吹市は石和温泉で有名な石和町、中央道一宮御坂ICの一宮町、御坂町などの合併により誕生。そして、石和町になごみの湯、一宮町にももの里温泉、御坂町にみさかの湯と、市内には3軒の公営温泉が営業している。

みさかの湯(山梨県笛吹市成田)今回訪ねたのはみさかの湯。地域の特産でもあるバラを栽培しており、毎週月曜日には女性浴室でバラ風呂を行っているという。それ以外は何処にでもありそうな、のんびりとした温泉施設。市民は割引料金で利用でき、さらに17時以降はお得とあって、仕事を終えたおじいさん達が続々やって来る。フロントで料金を支払うと入浴券を渡されるが、これはロッカー施錠にも使用する。

みさかの湯(山梨県笛吹市成田)大きく窓を設けていることもあって、浴室は煌々と明るく、そして広々としているけれど、なんだか殺風景なのは公共施設特有と言えるかも。大きな湯船にバイブラやジャグジーがあったり、ほかに打たせ湯があったり。露天風呂もまた特筆すべきこともなく、結論から言えば、地元住民の健康増進が主たる目的なのかと。

そんな中でも、わざわざ訪ねるべき理由を挙げれば、サウナが3室もあることだ。高温サウナ、塩サウナ、ミストサウナと、それぞれが地元のおじいさん達の社交場と化していた。観光客より地元客に特化した施設ならではの光景と言える。さすがに水風呂は1つで2人サイズ。温度設定やコンディション、マナーといった細かい話はさておき、サウナ3室はじゅうぶん施設の売りになり得るはず。

みさかの湯(山梨県笛吹市成田)贅沢なほど広い館内を持て余しているのも公共施設ならでは。休憩室として畳敷きの大広間が2室。片方にあった食堂は営業を取りやめ、その代わりに設置したのがセブンイレブン自販機。カップラーメンやお菓子など入っているもので、安いサウナ店やオフィスビルにありがちな自販機。県内初の設置としてアピールしているけれど、観光客には地元のおいしい店の案内図でも配った方が喜ばれるはずだが。

みさかの湯
源泉/単純温泉
住所/山梨県笛吹市御坂町成田2200 [地図]
電話/055-261-6166
交通/国道20号線(勝沼BP)「成田」交差点より約650m
     ※無料駐車場120台分あり
料金/(市外1日券)大人720円、小学生410円
     (市外・夜間券17時以降)大人520円、小学生310円
時間/10:00〜22:00、毎月第2・第4火曜日定休(祝日の場合は翌日)

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)おふろの王様は、東京・神奈川・埼玉に10店舗を展開。このたび花小金井店を訪ねたことで、ようやく全店舗を制覇。花小金井という地名は、玉川上水の桜並木に由来するのだとか。江戸時代より花見の名所として賑わったが、いまは小金井公園。江戸東京たてもの園、スポーツ、バーベキューなど、多くの都民が憩う。おふろの王様花小金井店は、小金井公園の北に位置し、行楽ついでの立ち寄りにも便利だ。

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)

フロントでは料金支払いと同時に、精算用リストバンドを受け取る。岩盤浴も利用するなら、脱衣所の手前のカウンターにて受付。この店の自慢は、地下1,500mより湧出する茶褐色の温泉。平日とはいえ浴室は賑わっており、どの湯船も隙間に割って入るようだが、一番人気は温泉を使用した炭酸泉。露天の岩風呂は一部をかけ流しにしており、こちらも人気。

サウナですらも、気づけば四方を囲まれるほど。何の特徴もない遠赤外線ヒーターのサウナだが。そして、露天側のスチームサウナにいたっては、ドアを開けたら白みがった狭い空間に、立ち客の姿も。

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)

階段を上がって2階は岩盤浴エリア。リクライニングシートの休憩室は、岩盤浴の利用客専用と誰でも利用可に分かれている。テレビ付きで寛げるが、階下の騒がしさがたまに気になる。それ以外にごろ寝できる広間を2か所設け、はたまた健康器具2種類を置いてみたり、女性専用のセルフエステコーナー(泥パック)を設けたりと他にはない特色も。個性の異なる岩盤浴3室とクールルーム。浴室の賑わいはよそに、岩盤浴は混み合うこともなく、マナーの良い客ばかりだから静かに過ごせる。対価に見合った内容と言えるかも。

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)食事処はフルサービスで客席も多い。休日などは家族づれで賑わうのだろう。一人用のカウンター席も2か所に設けている。隣接する休憩所が広くないせいか、平日でもごった返しており、やや騒がしい。しかし、これも活気あるスーパー銭湯ならではの光景と思えば微笑ましい。気兼ねなく過ごせる施設として地元に定着し、確固たる人気を築き上げているようだ。

おふろの王様 花小金井店
源泉/王様温泉花小金井の湯(ナトリウム−塩化物泉)
住所/東京都小平市花小金井南町3-9-10 [地図]
電話/042-452-2603
交通/西武新宿線花小金井駅より徒歩13分
     都道15号線(小金井街道)「鈴木町」交差点より鈴木街道を約1.1km
     ※無料大型駐車場あり
料金/(平日)大人960円、小学生400円、幼児300円、3歳以下無料
     (休日)大人1,160円、小学生500円、幼児400円、3歳以下無料
     ※岩盤浴は別途750円
時間/9:00〜24:00
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ