旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

日帰り入浴

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

隠れ湯の宿 川の家(千葉県大多喜町葛藤)

漫画家つげ義春は鄙びた鉱泉宿を好み、若かりし頃は全国各地を旅している。その旅のなかでも、”年金暮らしの下見”を兼ねて訪ねたのが養老渓谷。房総半島の中央に位置し、新緑や紅葉の渓谷散策もさることながら、黒褐色の温泉人気も高い。現在10軒の宿が養老渓谷温泉郷として点在し、このうち1軒だけぽつりと離れているのが川の家だ。

隠れ湯の宿 川の家(千葉県大多喜町葛藤)

渓谷めぐりのメインアクセスとなる県道81号線から細い道へと折れる。素掘りのトンネルは昼間でも薄暗く、ゴツゴツとした岩肌と鬱蒼とした雰囲気が不安をかき立てる。やがて見える光の先は養老川の渓谷だ。川の家は断崖絶壁の川べりに建つ。建物の土台はH鋼で支えられ、よく見ると一部は空中にせり出している。


この続きは、いかす温泉天国(まぼろしチャンネル)にて
「No.19 川べりの鄙び宿に、侘しい洞窟温泉」



隠れ湯の宿 川の家
源泉/養老温泉(ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉)
住所/千葉県夷隈郡大多喜町葛藤932 [地図]
電話/ 0470-85-0021
交通/小港鉄道養老渓谷駅より徒歩25分
料金/日帰り入浴1,000円
時間/日帰り入浴11:00〜14:30

箱根仙石原プリンスホテル(箱根町仙石原)

箱根仙石原プリンスホテル(箱根町仙石原)秋には黄金色のススキ目当てに、多くの観光客が訪れる仙石原高原。その西側には古くに開発された高級別荘地が広がり、果ては大箱根カントリークラブ。コースに隣接して建つのは箱根仙石原プリンスホテル(昨年4月にホテル大箱根より名称変更)。洋風の佇まいが印象的なリゾートホテルで、14:00〜18:00の間に限って日帰り入浴も受け付けている。

箱根仙石原プリンスホテル(箱根町仙石原)フロントで入浴料金を支払うと、「階段かエレベーターで1つ下の2階へ」とのこと。格式高い雰囲気漂うレストランを横目にして緊張するが、2階に降りると「この先は宿泊客限定」の立て札に足止めを食らう。しばし思案の末に構わず行くと浴室はあった。料金にはフェイスタオルとバスタオルのレンタルも含んでおり、脱衣所に用意されている。

かつては内湯1つのみで、窓越しに庭と接していたが、現在はそこがシンプルモダンな中庭に。その先はルーバー越しに露天風呂を配置。緑を間近に眺め、高原に吹く心地よい風に乗って草花のにおいも感じられる。お湯はぬるめなので、姥子温泉の滑らかな泉質を堪能できる。露天風呂の湯船に隣接して腰掛け湯もあり、狭く薄暗い空間で瞑想気分に浸るもよし。

宿泊客のチェックインよりも前に訪ねたなら、独り占めして優雅な時間を過ごすことができそう。ゴルファーだけでなく、美術館めぐりを楽しむ人にも教えてあげたい温泉だ。

箱根仙石原プリンスホテル
源泉/新姥子温泉(単純温泉)
住所/箱根町仙石原1246 [地図]
電話/0460-84-6111
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス約35分「仙石高原」停徒歩9分
     国道138号線「仙石原」交差点より約2.5km
     ※無料駐車場あり
料金/大人1,500円、小学生750円、未就学児無料
時間/日帰り入浴は14:00〜18:00、年中無休

ヒルトン小田原リゾート&スパ(小田原市根府川)

ヒルトン小田原リゾート&スパ(小田原市根府川)高級リゾートホテルなど日頃は縁遠いが、ただいま発売中の横浜ウォーカー3月号(スパ&スーパー銭湯特集)のクーポン持参で半額とあっては、この機会を逃すわけにはいかない。緊張しながらも旧国道134号線(県道740号線)より、根府川の小高い山の中腹へと車を走らせていく。辺鄙な地におよそ似つかわしくないホテルこそ、ヒルトン小田原リゾート&スパだ。

ヒルトン小田原リゾート&スパ(小田原市根府川)もとは雇用・能力開発機構が建設した「スパウザ小田原」という勤労者福祉施設で、のちに小田原市が8億5000万円の格安にて取得し、ヒルトンはこれを賃借している。さらに調べてみると、1980年代の日米貿易摩擦に遡る。オレンジ輸入自由化の煽りをくらって、みかん林の減反がなされ、その跡地利用として建設されたのがスパウザ小田原というわけだ。やがて時を経て、ヒルトンとして再オープンしたのは2004年のこと。

ヒルトン小田原リゾート&スパ(小田原市根府川)リゾートホテルとあって、全172室の客室のほかにバンケットホールや宴会場など、また 約73,000坪(横浜スタジアム9個分)を誇る広大な敷地にはパターゴルフ場や屋内外のテニスコートなどを備えている。ホテルの建物は、本館棟・バーデ棟・スポーツ棟に分かれており、このうち温泉大浴場があるのはバーデ棟。日帰り入浴を利用するなら本館フロントにて代金を支払い、ロッカーキーを受け取ってから移動する。

ヒルトン小田原リゾート&スパ(小田原市根府川)
(写真はヒルトン小田原リゾート&スパ公式サイトより転載)

バーデ棟は円型建物なので、浴室内の湯船は円弧を描いた窓ガラスに面している。標高183mといってもピンとこないが、眼前に相模湾を見渡すロケーションだ。温泉は無色透明、ぬるめながらも塩分を多く含むからよく温まる。小さな露天風呂では風が心地よい。サウナは3帖にも満たない窮屈な空間を活かしてか、壁づたいに熱気が発生するボナサーム式。水風呂もある。

ホテルの宿泊客あるいはフィットネスの利用客がメインなのだろう。通常料金は高くて気軽に利用できるものではないが、今回のようにクーポンがあれば、話のネタとして一度訪れてみたら良いだろう。

ヒルトン小田原リゾート&スパ
源泉/根府川温泉(ナトリウム - 塩化物強塩泉)
住所/小田原市根府川583-1 [地図]
電話/0465-29-1000
交通/JR根府川駅より無料送迎バス約5分
   ※無料駐車場326台分あり
料金/大人1,700円、小人1,000円(小学生以下)、3歳以下無料
時間/日帰り入浴は9:00〜21:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ