旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

日帰り入浴

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷) ※2017/7/15オープン

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)中国の景勝地になぞらえて名が刻まれたことから、大磯は湘南発祥の地とされている。日本で初めて海水浴場が開設されたのも大磯。近代の政財界の大物はこぞって別荘を構え、避暑地ランキング第1位にも輝いた。1953年には大磯ロングビーチホテル(プリンスホテルの前身)が開業。芸能人の水泳大会にご記憶ある方も多いだろう。開業64年を迎え、大磯プリンスホテルでは客室を含むホテル本体をリニューアル。そして湘南の海を一望するスパ施設が誕生した。

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)かねてよりホテル内には大浴場があり、日帰り入浴客も受け付けていたが(記事)、約1年間の休止を経て、スパ棟を新設。THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)(サーマルスパ エス ウェーブ)として7/15より、まずは宿泊客限定で運用開始。そして9/1より、日帰り入浴客も利用できる運びとなった。ロングビーチは抜群の知名度を誇るも、夏季限定のイメージから、目指すは通年型の「大人のリゾート」へ。

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)
THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)宿泊客の早朝利用も見据えて、施設のオープンは朝6時。我が家から30分足らずで到着したが、早すぎたか人影もなく、さっそく不安。ネックとなるのは4,500円の高額料金(宿泊客は無料)。ホテルならではの上品な接客と、館内の洒落た雰囲気に呑み込まれてはいけない。都心の一等地や高級リゾート地でもあるまいし、それに見合う価値はあるのだろうかと。

受付は3階フロントにて。プリンスクラブのポイントカードがあれば、入館料3,800円。入会金や年会費は不要だという。そんな話を聞いたらカードを作らない理由が思い付かない。しかも、手続きは後日郵送かウェブでも良いという。施設は裸で利用する温泉エリア(3階)、水着で利用するスパエリア(4階)に分かれており、レンタル品にはタオルのほかにガウンが付く。しかしこのバッグが大きくて、ロッカーの半分を占めるようでは困ったものだ。

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)温泉エリアには内風呂と露天風呂が1つずつ、そして洗い場を設けている。室内からでも窓越しに海を眺め、露天風呂は一段低い位置にあるから視界に入らない。全体をモノトーンでまとめ、シックで上質な雰囲気だ。大磯温泉は土地柄もあって塩分を多く含むも、ぬるめに沸かしているから長く浸かっていられる。朝も早過ぎたか貸切状態。ちなみに小学生以下は温泉エリアのみの利用となるが、小学生2,000円の料金設定は拒んでいるようなものかと。

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)
THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)

フロアマップを見てもなんだかよくわからないのがスパエリア。おしゃれすぎる空間だ。パノラミックサウナの室内は広々として、しかも明るく、もはやサウナの名を借りた自由な発想。室温は50℃にも満たず、サウナーには常温レベルのぬるさだが、おしゃべりしたり、ごろ寝したりと30分も過ごせば良いのかなと。切り取った景色は高級リゾートのよう。しかしもう一方の眺めはまるっきしの田舎。むしろこれが大磯町の景色。

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)薄暗い室内の岩盤浴では爆睡してしまったので、あまり記憶はない。手持ちのバスタオルを敷いて寝転ぶが、フロア数か所に交換用があり、早い話がバスタオルは使い放題。パノラミックサウナと岩盤浴の側には、雪降るアイスルーム。ぬるい、ひんやりは若いカップルには最高でしょうけど、ガツンと熱い、キンキンに冷たいを求め、フロアの反対側にあるフィンランドサウナへ。

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)薄暗い室内はBGMもテレビもなし。たまに廊下の話し声が聞こえるのみ。カラカラ系の約80℃で、焼き板の焦げたにおいが気になるし、アロマ水でのオートロウリュorセルフロウリュがあったら最高だろう。隣接する約15℃の水風呂とともに、ひとり独占して往復。数人いた水着ギャルはオープンエアーでバカンス気分。雨脚と雷鳴は激しくなっても、サウナには寄り付かず。

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)
THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)

リゾート気分を満喫したい客の目当てはインフィニティプール。室内から屋外へと広がり、さらに目の前に広がる海、遥か向こうの水平線との一体感。澄み切った青空の下ならば、3色の青の鮮やかさにきっと心奪われるだろう。めったに雪が降らない土地柄にせよ、冬の時期や悪天候に屋外はつらい。ファイヤープレイスとして暖炉を設けたおしゃれラウンジのほか、カフェバーに並んでわずかな休憩スペース。しかもカフェバーは12時オープンだから、せめて自販機くらい置いていただかないと。

1階にあるレストランバーの宣伝もされなかったし(そもそも気づかなかったし)、リクライニングシートやワークスペースといった諸施設はなく、高い料金の元を取ろうにも過ごしづらい。もちろん宿泊客にとっての付加価値は高く、大磯を訪ねる理由づけになるのかもしれないが。最後に、平塚のグリーンサウナならば、2回行ってもお釣りがくると記しておきたい。

TERMAL SPA S.WAVE(サーマル スパ エス ウェーブ)
源泉/大磯温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物強塩泉)
住所/神奈川県中郡大磯町国府本郷546 大磯プリンスホテル内 [地図]
電話/0463-61-1111 (代表)
交通/JR東海道線大磯駅よりバス13分「大磯プリンスホテル」下車
     国道1号線大磯警察署交差点より350m
     西湘バイパス大磯西ICより1.2km
料金/大人4,500、小学生2,000円、未就学児無料
     SEIBU PRINCE CLUB会員は大人3,800円、小学生1,500円
     宿泊客は無料(大人のみ別途入湯税150円)
     ※小学生以下は温泉フロア(3階)のみ利用可能
     ※スパエリア(4階)は水着を着用のこと
時間/6:00〜24:00(ビジター最終受付17:00)

甲府昭和温泉ビジネスホテル(山梨県昭和町押越)

甲府昭和温泉ビジネスホテル(山梨県昭和町押越)さすが湯処甲府だけあって、国道20号沿いのホテルには「温泉」の二文字をよく見かける。宿泊客のみならず、日帰り入浴を受け入れているホテルも多いようだ。甲府昭和温泉ビジネスホテルも入浴のみ可。しかしここは昭和町、そして大通りからは外れた場所にある。ビジネスホテルとは言うけれど、都会のそれとは似て非なる、ややくたびれた佇まい。名湯の予感がする。

自動ドアが開くと「いらっしゃいませ」と自動アナウンス。フロントで料金を支払うと、「スタンプカードはお作りしますか?」。風呂のみ客が多い証だろう。受付開始まもなくの朝6時過ぎに訪ねたが、浴室内は掃除の真っ最中。

甲府昭和温泉ビジネスホテル(山梨県昭和町押越)洗い場にカラン7つ、大小の温泉浴槽と水風呂、サウナもあるが、浴室内には湯治場風情が漂う。温泉はコポコポと飛沫を上げて噴き出し、ざあざあとかけ流し。烏龍茶のような色味で、大きな浴槽は40℃弱、小さな浴槽はちょろちょろ加水していることもあって人肌程度にぬるい。熱めの湯との声もあり、ボイラーが立ち上がったばかりだったのか。(写真は甲府昭和温泉ビジネスホテル公式サイトより転載)

サウナ室は狭く定員2名、小石6つを載せた貧弱なストーブ。温室かと思うぬるさで、温度計を見れば70℃しかなく、しかし針は少しずつ進んでいた。どこまで温度が上がるのか、じっと座っているのも退屈なので、80℃まで達したところで退室。かけ湯として溜めているのかと思ったら、それが水風呂。全然冷たくもない。

甲府昭和温泉ビジネスホテル(山梨県昭和町押越)風呂あがりの休憩スペースを談話室と名付けるのは昔の感覚だが、あるだけ親切。泊り客でないのにフロントロビーのソファで寛ぐのは気が引けるから。洗濯機や漫画本など、コインランドリーに来ているような錯覚に陥るが、長期滞在客が多いのだろう。ちなみに素泊まり4,000円からとリーズナブル。温泉巡りの拠点として検討しても良いだろう。

甲府昭和温泉ビジネスホテル
源泉/ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉
住所/山梨県中巨摩郡昭和町押越2223 [地図]
電話/055-275-7755
交通/JR身延線国母駅より徒歩15分
     国道20号線(甲府BP)国母立体交差点より約1.6km
     ※無料駐車場30台分あり
料金/大人500円、小学生400円
時間/6:00〜23:00、年中無休

Gensen Cafe -The Ryokan Tokyo YUGAWARA(湯河原町宮上) ※2017/2/24オープン

 Gensen Cafe <The Ryokan Tokyo YUGAWARA>(湯河原町宮上)外国人観光客をいかにして獲得するか、観光地や諸施設の課題なのかもしれない。湯河原の温泉街から外れた一軒宿でも、外国人受けするコンセプトならば話題にもなるし、自ずと日本人も引き寄せられる。コテコテともいえる日本観を詰め込んだ「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」は開業1周年を迎え、このたび2/24に館内に「Gensen Cafe 」をオープンさせた。「人をダメにする温泉カフェ」のキャッチコピーのもと、温泉入浴とカフェの利用をセットにした「手ぶらdeほっこりパック」は2,000円(オープニングキャンペーン1,500円〜3/31まで)。

 Gensen Cafe <The Ryokan Tokyo YUGAWARA>(湯河原町宮上)湯河原温泉も広範囲に旅館が点在するとはいえ、The Ryokan Tokyoがあるのは高台の若草山分譲地内。観光客とは無縁の生活居住地だ。駐車場は宿泊客限定のため、観光会館や万葉公園のある藤木橋から道を分かれ、急坂を北へと歩いて上るが、かなり息が切れる。街灯は殆どなく、夜は真っ暗なので注意されたし。

伏見稲荷の鳥居を模したエントランスゲート、枯山水の庭園、漢字一文字ずつ入った提灯を竿燈に見立て、強烈なインパクトを放つ。フロントでは「ほっこりパック」の受付はカフェでと告げられたが、カフェではフロントでお待ちくださいと言う。いきなりたらい回しにされ、説明も何もなく待たされることしばし。若いスタッフばかりで、オペレーションなど改善すべき点は多々あると感じた。

Gensen Cafe <The Ryokan Tokyo YUGAWARA>(湯河原町宮上)浴衣か作務衣かを選び、タオルと一緒にバッグに入れて手渡される。浴室は階段を下る。扉を開けて気付いた。企業保養所のリノベーションだと。湯船1つにカラン6つ。窓の外に植栽の緑を半分、空を半分眺め、壁一面には桜咲く富士山。かけ流しの温泉はぬるめだと感じたが、じんわりと温まる。(写真はThe Ryokan Tokyo YUGAWARA公式サイトより転載)

Gensen Cafe <The Ryokan Tokyo YUGAWARA>(湯河原町宮上)カフェは少人数スペースを基本として衝立で仕切られており、丸いちゃぶ台、そしてヨギボー。人をダメにするソファ、快適で動けなくなるソファとのこと。確かに沈み込みが大きく、座るのか寝るのか不思議な感覚ではある。ほっこりパックにはドリンク代が含まれており、カウンターで注文する。スタッフの接客で感心したのは、3種類あるコーヒーの説明だ。小田原のアメイズコーヒーより豆を取り寄せているという。軽食も注文することができ、17時以降はバータイムとなる。外国人はもとより、若い女子が好みそうな空間だ。湯河原はちょっと遠いが、未体験の寛ぎが得られることだろう。



The Ryokan Tokyo YUGAWARA

Gensen Cafe
源泉/湯河原温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/足柄下郡湯河原町宮上742 The Ryokan Tokyo YUGAWARA [地図]
電話/0465-63-3498
交通/JR東海道線湯河原駅よりバス10分「藤木橋」停徒歩10分
     県道72号線「藤木橋」より約500m
     ※駐車場は宿泊客限定のため藤木橋付近のコインパーキング利用
料金/手ぶらdeほっこりパック2,000円
     (オープニングキャンペーン1,500円〜3/31まで)
時間/(月〜木)14:00〜22:00、(金)14:00〜23:30
     (土日祝)10:00〜23:30、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ