旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

日帰り入浴

ホテルシーアンドアイ郡山(福島県郡山市堤下町)

ホテルシーアンドアイ郡山(福島県郡山市堤下町)郡山市内だと磐梯熱海温泉が有名だが、市街地でも各地に温泉が湧出している。郡山駅から最も近いところではホテルシーアンドアイで、「街なか100%天然温泉」がキャッチフレーズ。県道17号線と格下げになった感もあるが、目の前は昔の国道4号線。市街地の延長上にあり、駅から歩いても15分程度。ビジネスや観光の拠点としても利便性が高い。

ホテルC&I(福島県郡山市堤下町)温泉だけの利用も可能で、日帰り温泉の幟旗も出しているが、公式サイトには料金や時間等の詳細は載っておらず、知る人ぞ知る存在か(サウナイキタイを参照した)。おまけにパンフレットの写真とは異なり、これについてはじゃらんを参照のこと。ともかく、案内された通りに2階の浴室へ。11時頃に訪ねたが、ほかに客はおらず終始貸切。

ホテルシーアンドアイ郡山(福島県郡山市堤下町)いかにもビジネスホテルの大浴場といった雰囲気だが、趣きが少し異なるのは、筆文字フォントで壁に大きく掲示した温泉紹介。源泉非加温(冷泉)と加温の2つの湯船があって、長湯や交互浴の効果が述べられている。薄濁りでタイルも変色し、いかにも効き目ありそう。ちなみに源泉は30.5℃で、毎分183リットル湧出。かけ流しで使用している。

ホテルシーアンドアイ郡山(福島県郡山市堤下町)そして、冷泉をより引き立たせるためのサウナ室。じっくりと汗を流し、さらにじっくりと身体を冷やす。しばらく不感温度の状態を楽しみながら、冷えてきたと思ったら加温した温泉に浸かる。温泉だけの交互浴よりも、温度の上下幅があるぶん、じっくり温泉が沁みわたる気がする。温泉もサウナも温かさ、冷たさのバランスが良く、レベルが高い。

ホテルシーアンドアイ郡山(福島県郡山市堤下町)休憩室はご覧の通り。広々として何も無くて、とても長居して寛げる雰囲気ではない。畳敷きの方がまだリラックスできそうな気もするし、そもそも宿泊客は部屋で寛げばよいだけの話。立ち寄り客は、さっとおいとまするのが粋というもの。さんざん長湯したのだから。

ホテルシーアンドアイ郡山(福島県郡山市堤下町)

ホテルシーアンドアイ郡山
源泉/郡山療養温泉あさかの湯(ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/福島県郡山市堤下町12-7 [地図]
電話/024-927-1119
交通/JR郡山駅よりバス約5分「堤下」停徒歩1分
     福島県道17号線沿い(文化通り入口交差点より約200m)
料金/大人850円、子供350円
時間/9:00〜21:00

健康ランド&ホテル スターらんど(山梨県都留市下谷)

健康ランド&ホテル スターらんど(山梨県都留市下谷)泰安温泉からより道の湯に行くつもりが、道を間違え、そして見つけたスターらんどの看板。途端に山が迫り、山を切り崩した採石場があったりと、いきなり山あいの景色。土地勘がないのでさっぱりわからないが、国道沿いでも駅前でも何でもない地で、健康ランドとホテルの二枚看板。宴会もできる多目的室や大広間を設け、ビジネス旅館やサークル合宿と何でも対応。

健康ランド&ホテル スターらんど(山梨県都留市下谷)もうすぐ四半世紀を迎える施設だけあって、古びた感じは否めないし、客層もまたしかり。フロントのお姉さんの愛想の良さが常連を惹き付けているのかも。スチールロッカーは扉の外れた箇所もあったりするが、そんなことお構いなしに荷物を入れている客も。ロッカーの鍵は下足箱の鍵と引き換えだったはずだが、いったいどうなっているのか。

浴室は奥に行くほど薄暗く、平日の昼間で客の少ないせいもあって、ひっそり感も。無人の湯船ではバイブラがぶくぶくしている。名物は薬草風呂で、男女とも19種類を自家配合。男湯は蕃椒をやや多めに、女湯は艾葉(ヨモギ)と実母散をやや多めにしているという。いかにも効きそうな匂いがプンプンし、ぬるめの湯加減も相まって、健康に良さそう。(薬草風呂のこだわりはこちらで)

健康ランド&ホテル スターらんど(山梨県都留市下谷)

サウナもクラシカルスタイル。「富士の溶岩を使い、遠赤外線効果を高めました」と。そんなことはさておき、100℃超えの乱暴な熱さだし、そもそもマットが熱すぎて座れない。そのあとの水風呂は14℃と冷たく、落差が凄すぎて疲れる。かつての露天風呂はお湯が抜かれたままで、そこが外気浴スペース。しかし都留市の冬は寒すぎた。

健康ランド&ホテル スターらんど(山梨県都留市下谷)昼ごはんがてらより道のつもりが、ランチタイムのラストオーダーに間に合わなかったのは痛恨の極み。プチリニューアルした場所もよくわからなかったし、何かと一見客には戸惑いのある施設だが、通い慣れていくうちにじわじわと親しみを感じていくのだろう。和気あいあいとした健康ランドのイメージには遠いが、薬草を無農薬栽培して自家配合する店なんて、他にあるのだろうか。療養目的で通い詰める客がいてもおかしくない。

健康ランド&ホテル スターらんど(山梨県都留市下谷)


健康ランド&ホテル スターらんど
住所/山梨県都留市下谷2450-1 [地図]
電話/0554-45-6711
交通/富士急行線 赤坂駅より徒歩15分
     国道139号線(富士みち)「赤坂」交差点より約850m
     ※無料駐車場100台分あり
料金/大人580円、3歳〜小学生330円
     22時以降:大人500円
     早朝風呂:大人500円(タオル付き)
時間/5:00〜8:00、9:00〜24:00

蒲田黒湯温泉 ホテル末広(東京都大田区西蒲田) ※2018/12/30閉館

蒲田黒湯温泉 ホテル末広(東京都大田区西蒲田)蒲田といえば黒湯だが、これを「Black Spa」と名付ける、ありそうで無かった発想。蒲田駅南口を降りてすぐ。昭和の趣きを色濃く残す外観にして、空港の玄関口としての土地柄、外国人観光客の利用も多いのだろう。パンフレットの裏面はしっかりと英語表記。チープでファンタスティックなスパホテルを体験してもらえたら何よりだ。

蒲田黒湯温泉 ホテル末広(東京都大田区西蒲田)フロントには穏やかな初老の男性。想像通りで安心する。入浴料金を支払って、タオル大小とロッカーの鍵を受け取る。浴室はすぐ隣にあって、狭い空間ではあるがカラン6つに立ちシャワー、そして3帖ほどの大きさの湯船。透明感の全くない、文字通りの黒湯。約42℃で沸かしており(湧出温度17.6℃)、滑らかな肌ざわりが素晴らしい。

FC3EE5BE-3BA3-4045-B57E-6ED5E139B5F5サウナはベンチ3段、定員5人程度の狭さ。湯船にさっと浸かっておくのは正解だった。ストーブは威力をあまり発揮せず、なんだかぬるい。温度計を見れば78℃で途方に暮れるが、せっかく来たからと二度目に入った時には82℃と及第点。そもそも水風呂がないのだし、熱さを求める声がないのかも。浴室の隅には椅子2脚を置いた小空間もあって、小石が敷き詰められ、少しむわっとする。どうやらスチームサウナのつもりらしい。ちなみに、サウナは男湯のみ。

温泉とサウナだけでは90分を持て余すし、蒲田駅周辺には温泉銭湯もいくつかある。タオル付きとはいえ1,100円は微妙な金額だが、黒湯とともにノスタルジックな雰囲気に浸れると思えば、これもまた都内においては貴重な体験。そしてこのホテル末広、昭和21年開業と古い歴史を持つが、今年いっぱいでの閉館を予定しており、タイムリミットはあと2週間だ。

蒲田黒湯温泉 ホテル末広(東京都大田区西蒲田)

蒲田黒湯温泉 ホテル末広
源泉/蒲田黒湯温泉(ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉)
住所/東京都大田区西蒲田8-1-5 [地図]
電話/03-3734-6561
交通/JR京浜東北線・東急大井町線・多摩川線 蒲田駅南口より徒歩1分
     京急蒲田駅より徒歩13分
料金/1,100円(90分)
時間/日帰り入浴は6:00〜9:00・12:00〜24:00

閉館のお知らせ閉館のお知らせ(公式サイトより
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ