旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

川原湯温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

笹湯(群馬県長野原町川原湯) ※2011/10/6閉鎖

笹湯(群馬県長野原町川原湯)川原湯温泉には前回ご紹介した王湯のほかに、笹湯という共同浴場がある。王湯が観光客向けの建物と立地であるのに対し、笹湯は典型的な地元住民向け。温泉街の通りには面しておらず、聖天様露天風呂の看板の斜向かいにある建物のわきの階段を下っていく。言葉でも説明しにくいが、現地ではもっとわかりにくい。道路から見下す場所に建つ古びた木造の建物が笹湯で、そこまでに至る途中には八ツ場ダム建設で立ち退きを余儀なくされたのか、建物の基礎だけが数棟分残っている。物悲しい風景を眺めていたら、ふいに工事関係者に声を掛けられた。「観光客ですが…」と言ったら、「そうですか。良かった良かった…」と。いったい何が良かったのか…。

笹湯(群馬県長野原町川原湯)笹湯(群馬県長野原町川原湯)笹湯(群馬県長野原町川原湯)

笹湯は無人施設で、入口には料金箱が設置されている。聖天様露天風呂と同様に、地元の子供達が周辺の清掃をしており、入浴料金の一部が活動資金に充てられているという。脱衣スペースと浴室との間には仕切りもなく、一体の空間となっている。二面採光であることに加え、勾配天井で明るく開放感もある。備品もきれいに整頓されており、好感が持てる。

笹湯(群馬県長野原町川原湯)川原湯温泉の源泉は高温であるため、「湯かげんを確かめてからお入りください」と書いてある。掛け湯したら熱くて驚いたが、それもそのはず、ホースから水が出ていない。王湯では「水は絶対に止めないで!!」とあったが、笹湯では「水を止めておいてください」とあるのだ。確かに誰もいないのに水を出しっぱなしではもったいない。しかしこれでは熱くて入浴不可能。蛇口を全開にして桶で攪拌するが、それ以上に熱湯が出ているし、熱くて手を突っ込むことすらできない。さんざん頑張っても状況はよくならず、仕方なく桶にお湯と水を1:1で混ぜて何度か掛け湯。それを繰り返してごまかすことにした。これまで幾度となく熱湯にチャレンジしてきたが、熱すぎて入浴を断念したのは初めて。笹湯、恐るべし。温度計を持って行かなかったことを後悔した。

川原湯温泉観光協会

笹湯
源泉/川原湯温泉(含硫黄-カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉)
住所/群馬県吾妻郡長野原町大字川原湯 [地図
電話/0279-83-2591(川原湯温泉観光協会)
交通/JR吾妻線川原湯温泉駅より徒歩10分
     関越自動車道渋川伊香保ICから国道17~353~145号経由で約40km
     ※川原湯温泉街に無料駐車場何ヶ所かあり
料金/大人300円、子供200円
     休憩室利用の場合は大人600円、子供300円(入浴料込み・4時間以内)
時間/10:00~17:00

川原湯温泉についての記事
聖天様露天風呂
王湯
笹湯

(追記-2011/10/13)
八ッ場ダム建設に伴う代替地移転が進み、利用者が減ったため、2011年10月6日をもって閉鎖しました。今後は移転していない住民らが自主管理しながら使用し、将来は代替地に新築される予定とのこと。
温泉ファンに惜しまれ「笹湯」閉館(YOMIURI ONLINE-2011/10/12)

王湯(群馬県長野原町川原湯)

王湯(群馬県長野原町)八ツ場ダムは建設されるのか中止されるのか、政治の思惑に翻弄されっぱなしの群馬県川原湯温泉。しかし着々と工事は進められており、平日などは人通り少なく静かな温泉街に重機の音だけが響き渡る。以前は「聖天様露天風呂(⇒記事)」だけ訪れたが、今回は王湯と笹湯という2つの共同浴場へ。まずは王湯の話から。

王湯(群馬県長野原町)川原湯温泉の発見には諸説あるが、その1つは源頼朝が建久4年(1193)に発見したという説だ。王湯の玄関先には「笹竜胆(ささりんどう)」の紋が掲げられているが、これは源氏の家紋なのだという。王湯は斜面に建っていて、館内の階段を下ると脱衣所、さらに階段で下ると浴室がある。脱衣所から浴室を見下ろす格好だが、浴室から見上げると、実際は脱衣所がせり出している構造だ。浴室の隅にはドアがあって、屋外に通じている。観光客は玄関から入館するが、地元住民は道路から浴室へと直接出入りしているようだ。ドアのわきには下足棚もあるし、外側の小空間には脱衣籠も置いてある。(写真のドアは女湯へと通じている)

王湯(群馬県長野原町)浴室には3帖ほどの湯船とカランが2つ。湯船には3本の管からお湯が注がれているが、川原湯温泉の源泉は71.6℃の熱湯であるため、蛇口からは水も絶えず注がれている。「水を止めたら熱くてとても入れません。子供づれの人は特に湯の温度を確かめて入ってください。水は絶対に止めないで!!」という手書きの注意書きが貼ってある。聖天様露天風呂で熱いのは覚悟していたが、熱さとしては我慢できる範囲。お湯を飲んでみると、多少の塩気とともにほのかに硫黄の香りがした。

王湯(群馬県長野原町)王湯(群馬県長野原町)王湯(群馬県長野原町)

王湯には露天風呂もあり、いったん服を着て渡り廊下で移動する。ここも湯船1つで内風呂に比べれば幾分ぬるい。すぐ近くに建つ旅館と雑木林に面しているため、景色は聖天様露天風呂に敵わないが、格安の入浴料で趣の異なる2つのお湯を堪能できる点ですでに満足。川原湯温泉散策では外すことのできない共同浴場だけに、ぜひ訪れてみてほしい。

川原湯温泉観光協会

王湯
源泉/川原湯温泉(含硫黄-カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉)
住所/群馬県吾妻郡長野原町大字川原湯 [地図
電話/0279-83-2591(川原湯温泉観光協会)
交通/JR吾妻線川原湯温泉駅より徒歩12分
     関越自動車道渋川伊香保ICから国道17~353~145号経由で約40km
     ※川原湯温泉街に無料駐車場何ヶ所かあり
料金/大人300円、子供200円
     休憩室利用の場合は大人600円、子供300円(入浴料込み・4時間以内)
時間/10:00~18:00、1/1と1/20定休

川原湯温泉足湯川原湯神社
王湯の近くにある新源泉と足湯、そして川原湯神社。

川原湯温泉についての記事
聖天様露天風呂
王湯
笹湯

聖天様露天風呂(群馬県長野原町川原湯) ※2013/6/30閉鎖

八ツ場ダムの問題で全国的に名が知れ渡ることとなった川原湯温泉。2009年度の本体着工を目前にして人気が再燃したかと思えば、民主党政権下では一転してダム建設の工事中止を明言。ダムの底に沈むとされていた温泉街であるため、すでに転出または廃業した旅館も多く、現地はすっかり寂れてしまっている。地元ではダム建設(温泉街の移転)を望む声が高く、政治の思惑に翻弄された状況下であるが、今後の動向は気になるところだ。

川原湯温泉の歴史は古く、源頼朝が狩りの帰りに発見したのが始まりだとされている。吾妻川南側の斜面に温泉街はあり、現在9軒の旅館が営業している。いずれも新温泉街への移転を前提として営業していたため、ややくたびれた感じは否めず、よく言えば昭和レトロの面影も感じさせる。すでに廃業した旅館などは基礎部分だけを残しており、温泉街を通り抜ける道路から見れば歯抜けのような感じも。小さな温泉街であるが、王湯と笹湯、そして混浴の聖天様露天風呂という共同浴場が点在する。佇まいやロケーションで個性の異なる3つの施設だが、今回は聖天様露天風呂をご紹介したい。

聖天様露天風呂(群馬県長野原町川原湯温泉)聖天様露天風呂(群馬県長野原町川原湯温泉)聖天様露天風呂(群馬県長野原町川原湯温泉)

温泉街の東、山水という旅館わきにある階段を上っていく。通りの向かい側にあるのは、“盆栽とお食事”という不思議な組み合わせの「乃久ち」という店。小さな看板が目印だ。木造の簡素な建物で、棚だけの脱衣所と湯船が1つあるのみ。無人施設なので、入浴料の100円は料金箱に入れるのだが、100円玉でないと鐘が鳴らない仕組み。風呂のまわりは地域の子供たちが清掃しており、入浴料金の一部が活動資金に充てられているという。

聖天様露天風呂(群馬県長野原町川原湯温泉)源泉は80℃ほどあるらしく、ホースで水を加えながら注いでいる。お湯は無色透明だが、糸くずのような湯の花が舞っている。飲んでみるとほんのり塩気あり。新緑には早い時期だったが、枯れ枝の向こうには吾妻川の対岸の山の景色が見える。ダム建設のため、中腹まで法面保護工事がなされている。露天風呂の東側の谷底を流れる吾妻川の支流では、いまでもダム建設の関連工事が行われており、トントントン…という作業の音が響き渡っている。また、時おり電車の走る音も聞こえてくる。「ダムは不要、ダム工事が必要 自民党、国交省」という落書きは、地元の人にどう映るのだろうか。

聖天様聖天様聖天様(聖天神社)は30mほどさらに高台にあり、夫婦和合や子授けの神として崇められている。ここでも男根や女性器を模った木像が並べられており、毎年5月にはお祭りが行われているという。

聖天様露天風呂
源泉/川原湯温泉(カルシウム・ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/群馬県吾妻郡長野原町川原湯温泉 [地図
電話/0279-83-2591(川原湯温泉観光協会)
交通/JR吾妻線川原湯温泉駅より約10分
     関越自動車道渋川伊香保ICから国道17〜353〜145号経由で約40km
     ※川原湯温泉街に無料駐車場何ヶ所かあり
料金/100円
時間/(12月〜3月)7:00〜19:00、(4月〜11月)7:00〜20:00

(追記-2013/9/4)
聖天様露天風呂は八ッ場ダム建設のため、2013/6/30をもって閉鎖されました。



王湯(群馬県長野原町川原湯温泉)王湯 ⇒記事
川原湯温泉のシンボルというべき共同浴場で、源氏の紋「笹竜胆」が目印。別棟には露天風呂を備えている。
料金/大人300円、子供200円
時間/10:00〜18:00、1/1・1/20は休み


笹湯(群馬県長野原町川原湯温泉)笹湯 ⇒記事
聖天様露天風呂の看板の斜向かいにある階段を下っていく(消火栓が目印)。昔ながらの風情を残している。
料金/大人300円、子供200円
時間/10:00〜17:00

川原湯温泉観光協会



川原湯温泉川原湯温泉川原湯温泉
川原湯温泉やんば館やんば館
やんば館やんば館やんば館
やんば館やんば館やんば館
やんば館やんば館やんば館

写真は川原湯温泉街、八ツ場ダム広報センター「やんば館」、建設中の橋梁など。
吾妻線の上に見えるのは、付け替え道路の国道145号線。立派な橋梁は県道と国道をつなぐ予定。

八ッ場ダム広報センター「やんば館」(国土交通省八ッ場ダム工事事務所)
住所/群馬県吾妻郡長野原町大字林1593-3 [地図
電話/0279-82-0279
料金/無料
時間/9:30〜16:30、年中無休(12/29〜1/3は休館)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ