旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

岩盤浴

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之) ※2017/4/27オープン

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)深谷市の深谷花園温泉花湯の森、国済寺天然温泉美肌の湯の2店舗のほか、ホテルやショートゴルフ場などを展開する株式会社リゾート花湯の森。このたび集大成とでも言うべき、本格的な日帰り温泉リゾート施設を4/27にオープンさせた。熊谷市内を東西に横切る国道17号バイパスに面し、敷地面積は約7,200坪(東京ドーム半分)のビッグスケール。館内の岩盤浴エリアを「温活cafeネスト」と名付け、関東最大級を自称する。オープンから2週間経ち、平日にもかかわらず駐車場はほぼ満車の大盛況だ。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)正面の門には「いろはのゐ」「たかの友梨」と二大テナントの看板。肝心の「花湯スパリゾート」とはどこかに書いてあったのか、気づかなかった。フロントでは利用形態を選択し、ICタグ付きのロッカーキー、受付レシートを貰う。今回は温活カフェネストコースを利用。女性スタッフは可愛らしい着物をお召しで、安っぽいスパ銭とは一線を画す。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)長く一直線の廊下の先にリネンカウンターがあって、ここでタオルセット、館内着、大判タオルの一式を受け取る。途中には男女別のうたた寝処、ボディケア受付などがあり、もう片方は中庭に面している。ウッドデッキで読書なんかをしてみたら賢く見られそうだが、あいにくの小雨模様。待ち合わせがてらの足湯も楽しそう。目の前に映る光景は花湯の森とよく似ているし、雰囲気やコンセプトはおがわ花和楽の湯雅楽の湯といった埼玉屈指の人気店を意識しているのだろうか。

浴室は温泉使用の湯船のほか、ジャグジーなど、全体的にゆったりとした空間。露天側を全面ガラス張りとし、奥行きのある眺めと明るさを確保している。地下1,500mから湧出した温泉は、若干黄色っぽくもあるが、透明感ある単純泉。サウナ室は緩く6段のベンチ。テレビをはさんで遠赤+ロッキー。ロウリュの開催に期待したいし、水風呂はもっと冷たくしてほしい。せっかくスペースが空いているのだから、椅子も何脚か置けそう。現状ではちょっと惜しい。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)

広々とした露天は、喩えるなら高原別荘地の雰囲気。木立ちの中に屋根付きの湯船が点在し、小川も流れる。植栽や土盛りの具合いといい、造成完了後に急ごしらえで間に合わせた感が見て取れるが、それも新規オープン施設ならでは。季節の移ろいや年数を経て景色がどう変わっていくのか楽しみだ。シルク湯のほか、寝ころび湯、つぼ湯、岩風呂ときて、源泉の非加熱かけ流しは檜風呂にて。ちょっとぬるめが心地よい。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)温活cafeネストは館内着(岩盤浴着兼用)での利用が条件。無数に並んだテレビ付きリクライニングシートのエリアと、ヒマラヤ岩塩や富士溶岩など8種類からなる岩盤浴エリアに分かれている。サーバーを置いてコーヒーと紅茶は飲み放題としているが、温活の字のごとく、温かい飲み物しかない。冷たいジュースを飲みたくても、わざわざ館内中ほどの自販機まで買いに行かねばならず面倒。フリーWi-FiやインターネットPC、約1万冊の漫画や雑誌など、アイテム自体に目新しさは無い。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)岩盤浴エリアでのロウリュウは平日3回開催(12:00/18:00/21:00)。銅羅が開始の合図だ。室温67℃のハンデがありながらも「灼熱」を自称するにはおこがましく、合いの手の「わっしょいわっしょい」は埼玉流かもしれないが、おふざけの度がすぎる。初めての客ばかりだからいまは喜んでるけれど、他店を見て基本をもっと研究してほしいし、店のコンセプトにもそぐわない。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之食事は「讃岐のだし匠 いろはのゐ」と「カフェ プルミエール」の2店。どちらも地元では名の知れた店のようだ。今回は前者に入ってみたが、いくら名物といえども、お品書きには讃岐うどんと天ぷらばかり。親子のみならず三世代も利用するであろうスパ銭においては、もっと幅広い選択肢を設け、あらゆる客層の満足を追求すべきではないのか。もちろん高級感やこだわりは理解できるが。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之特製天丼だし御膳と小うどん計1,580円を食したが、おなかいっぱいにはならない。スパ銭を訪ねる頻度、過ごし方、求めるものは人それぞれ。日常的に風呂だけ利用するならば、平日700円でとてもリーズナブル。広々とした露天風呂につかれば旅行気分も味わえる。のんびり過ごすなら館内着に袖を通し、ついでに岩盤浴も利用したならコスパ最強。つくづく食事が残念に思う。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)

花湯スパリゾート
源泉/熊谷天然温泉(単純温泉)
住所/埼玉県熊谷市上之1005 [地図]
電話/048-501-1126
交通/JR熊谷駅よりバス「龍渕寺前」または「宿裏」停徒歩約10分
     国道17号線(熊谷BP)上之交差点至近
     ※無料駐車場約220台分あり
料金/入浴コース(平日)大人700円、小学生以下400円
            (休日)大人800円、小学生以下500円
     温活cafeネストコース(平日)大人1,180円、(休日)1,280円
     朝風呂(休日のみ6:00〜9:00)大人600円、小学生以下400円
     ※20時以降は夜割、コース料金より100円引き
     ※深夜延長料金:金土祝前日のみ1,200円
時間/日〜木10:00〜翌2:00
     金土祝前日10:00〜翌9:00

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町) ※2017/4/24オープン

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)秩父といえば埼玉県を代表する緑豊かな観光地にして、三十四箇所霊場の札所巡り、昨年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された秩父夜祭(秩父神社例大祭)なども有名だ。また、地域広範に温泉が湧出し、ドライブがてらの湯めぐりも楽しい。そんな秩父の玄関口が西武秩父駅。池袋から特急レッドアローなら最短78分の旅。この春からは横浜との間に直通列車S-TRAIN(休日限定)が運行している。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)西武秩父駅は3月にリニューアルされ、そして4/24には駅直結型の温泉複合施設「秩父駅前温泉 祭の湯」が新規オープンした。土産物などを扱うちちぶみやげ市、名物のわらじかつやホルモンなどが味わえるフードコート、週末は宿泊利用も可能な温泉施設からなり、延床面積約1129坪(うち温泉施設約970坪)のビッグスケールだ。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)朱塗りの外観に無数の提灯、唐破風屋根に神社幕を意識した暖簾、ロゴには秩父の「ち」「父」をデザインする芸の細かさ。夜もなかなか素敵で、祭りの山鉾や賑わいを彷彿とさせる。

温泉施設ではまず下足箱の鍵をフロントに預け、リストバンドを受け取る。岩盤浴の受付もこちらにて。階段またはエレベーターで2階に上がると、長い廊下が続き、右手にボディケアや岩盤浴室、左手にリクライニングシートと畳敷きの休憩室、奥に脱衣所と浴室がある。館内は和風旅館の趣きで、なんだかわくわくする。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)浴室内には人工炭酸泉とシルク湯、ジャグジーがあり、よくあるスーパー銭湯の雰囲気。目新しさも特筆すべきこともない。サウナ室はベンチが3段、温度計は86℃を指しており、マイルドな熱さだが、5分も経てば滝のような発汗。自動ロウリュを導入し、水がジュワっと滴り落ちるも、さほど熱気は上がらず。たまたまやって来たスタッフに頻度を聞くと、「わからない」との返答。珍しいのはテレビのチャンネルがNHK-BS1であること。昼間は海外の話題ばかり。水風呂17℃で、室内にもベンチを置いてくれたら良いのに。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)

露天の花見湯、つぼ湯、寝ころび湯は「熊本復興キャンペーン」と称し、黒川温泉を人工的に再現。ほんのり白濁した硫黄泉だが、皆が期待している温泉はこれではないはず。本来売りにすべき温泉は小さな岩風呂でのみ使用しており、5〜6人も入ればいっぱい。

地下2,000mも掘削したというのに、湧出量が毎分6.1リットルとは想定外の少なさだったのではなかろうか。分析表の「灰色を呈し、灰色の浮遊物、沈殿物あり」との表記も、循環濾過の過程により実際には何も感じられず。もっとも露天の雰囲気は素晴らしく、旅情も相まってのんびりさせてくれる。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)

岩盤浴はフリータイム制。オープン直後とはいえ、定員11名の室内は平日でほぼ満床。空きがあるかバタバタとドアを開けられては落ち着かない。土日やGWのパンクは目に見えているが、何か策は練っているのだろうかと心配になる。もうひとつ小部屋もあるが、こちらは寝る用ではないからほぼ無人。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)施設規模のわりには、1階のレストランはこじんまりとしたもの。イチオシのわっぱ飯と十割蕎麦のセットを注文。メニューは決して多くはないが、ご当地ものなどツボを押さえているのは嬉しい。途中退館してフードコートを利用することも可能だ。秩父名物のわらじかつ、ホルモン、さらにはジェラート、たこ焼きなど7店舗と充実している。家族づれには気楽で良いかもしれない。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)リクライニングシートはテレビ、読書灯、コンセント付き。地上波だけでなくBSも観られるから、野球好きならパリーグの試合も。西武ライオンズを応援させたい目論見か。有料のプレミアムラウンジ(女性専用あり)は2時間制で半個室型。週末には予約制の宿泊利用にも使用される。ハイキングや札所巡りなど、泊まりで秩父を訪ねたい方には重宝するのかも。温泉以外にプラスアルファの要素が多いから、過ごし方の幅が広がるし、のんびりとしてしまう施設だ。



西武秩父駅前温泉 祭の湯
源泉/西武秩父駅前温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物冷鉱泉)
住所/埼玉県秩父市野坂町1-16-15 [地図]
電話/0494-22-7111
交通/西武秩父線西武秩父駅前
     秩父鉄道御花畑駅より徒歩5分
     国道140号線(彩甲斐街道)西武秩父駅前交差点至近
     ※祭の湯専用駐車場39台分(近隣に提携Pあり)2時間無料
料金/(平日)大人980円、こども600円
     (休日)大人1,080円、こども710円
     ※大人は中学生以上、こどもは3歳〜小学生
     朝風呂(休日のみ6:00〜9:00)大人760円、こども500円
     深夜追加料金(金・土・祝前日の24:00以降)2,490円
     プレミアムラウンジ宿泊(金・土・祝前日の20:00以降)3,460円
     岩盤浴は別途平日380円、休日440円
時間/月〜木・日・祝10:00〜23:00
     金・土・祝前日10:00〜24:00
     宿泊(金・土・祝前日)20:00〜翌9:00

SPA&HOTEL 和(東京都大田区西蒲田)

SPA&HOTEL 和(東京都大田区西蒲田)蒲田といえば温泉銭湯のイメージだが、ラグジュアリーなひと時を過ごしたいならば、SPA&HOTEL 和(なごみ)をおすすめしたい。JR西口駅前のドンキホーテ裏手に位置し、スロット店の上階(3階〜9階)。蒲田の雑踏に似つかわしくない、おしゃれなエントランスはビル型施設のよいお手本。高級感が漂い、やや緊張するが、女性は好みそう。

SPA&HOTEL 和(東京都大田区西蒲田)エレベーターで4階へ。ややこじんまりとしたフロントでまずは入館料を支払う。通常料金2,300円はハイソな部類だが、今回は東京ウォーカーの半額クーポンを使用。ロッカーキーと、タオル・館内着のセットを受け取り、男性は3階へ(女性は5階)。

SPA&HOTELとは言うけれど、大浴場のよくある雰囲気ではなく、むしろSPAメインの施設。会社帰りのサラリーマンと思しき客の姿がちらほら。料金のせいか客は少ないが、静かに過ごしたい人にはうってつけ。浴室内には黒湯の温泉と、白湯のジャグジーが1つずつ。露天風呂はわずかに外気を感じるのみだが、ここも温泉。源泉は敷地内より湧出しており、文字通りの黒湯。肌ざわりもよい。

サウナ室は薄暗く、どことなくラグジュアリーな雰囲気。サウナマットはヤン車のモコモコみたいな質感。なぜか給気口が上段ベンチの頭上にあるので、そこだけ避ければいい汗がかける。水風呂は小さいが2つあって、キンキンの15℃と、おそらく非加熱18℃の源泉使用。おのずとサウナは最低2セット、温泉だけで冷温交互浴も楽しい。

SPA&HOTEL 和(東京都大田区西蒲田)ところで、ホテルの客室は3フロア全16室。ダブルベッドルームがメインだから、たとえば羽田空港の前後泊など、観光客にも最適。安上がりに宿泊したい人や終電を逃したサラリーマンには、リクライニングシートの休憩室がおすすめ。「お泊まりパック」なら深夜割増と延長料金が込々で3,900円。ちなみに温泉名でもある弘城温泉、すなわちヒロキは階下のスロット店、隣接するパチンコ店、飲食店など蒲田で手広く事業を展開している。

SPA&HOTEL 和(東京都大田区西蒲田)

SPA&HOTEL 和
源泉/弘城温泉(ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉)
住所/東京都大田区西蒲田7-4-12 [地図]
電話/03-5710-2222
交通/JR京浜東北線蒲田駅西口より徒歩1分
料金/レギュラー(平日5時間)大人2,300円、子供1,600円
     レギュラー(休日5時間)大人2,600円、子供1,850円
     ※延長料金1時間ごと300円
     ※深夜割増(24:00〜5:00)1,050円
     スピード(平日1時間)大人1,250円、子供1,050円
     スピード(休日1時間)大人1,550円、子供1,250円
     モーニング(5:00〜8:00)平日・休日とも1,600円
時間/11:00〜翌9:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ