旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

岩盤浴

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)野球観戦で東京ドームはしょっちゅう行くのに、スパラクーアを訪ねるのは今回が初めて。ライトスタンド裏手の商業ビル5階〜9階で営業している。巨人軍の庭で、かつ高級スパであるからしてエレベーターに乗る以前から緊張する。6階のフロントでは、横一列に並んだスタッフが一斉に手を挙げる。「左から2番目の受付にお進みください」と案内役も。まるで野球のチケットカウンターか、はたまた遊園地のアトラクション。こんな温浴施設は初めてだ。

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)タブレットで説明を受け、リストバンドを受け取る。脱衣所入口のカウンターでは館内着とタオルセットを受け取る。ロッカーは番号指定で、ICタグをタッチして開閉。ずらりと並んだロッカーのいちばん奥に浴室入口。大型施設すぎて気持ちが落ち着かない。

ジャグジーもいくつかあるが、メインは温泉を使用した大浴槽だ。地下1,700mより湧出し、薄っすらと茶褐色。塩分を多く含むため、乾燥するこの時期は若干ヒリヒリする。湯船が浅めなのは好みが問われるところだが、長く浸かりたいなら半身浴、あるいは寝湯で。

曲線を描いた湯船が印象的な室内から、さながら屋上庭園といった雰囲気の露天風呂へ。こちらはぬる湯、あつ湯の2つ。時折り聞こえてくるのは、悲鳴を乗せ、轟音とともに滑り落ちるジェットコースター。塀で完全に遮断せず、せっかくならチラ見でもと思うのだが、ラクーアならではのやかましさだ。

サウナは愛好者泣かせの個性的な3室。2回ずつ計6回セットも入ってしまったから、いくら時間があっても足りない。オールドログは約100℃で、山小屋をイメージした静かな小空間。スタジアムは階段状で最上段は約90℃、テレビを観ながら。村田や長野など巨人の選手のバットを入口に飾っている。ヴィルデンシュタインは約80℃で、ロウリュを1日5回開催している。

アロマ水をかけ、タオルで熱気を回旋するだけのシンプルな内容。だからこそ真価が問われる。満員の客を前にして、熱波師の腕の見せ所だ。この日16時の回では、最初の1杯目でわかった。「熱いやつが降りてくる」と。ひさびさに刺激の強いロウリュを味わった。2つある水風呂は、どちらかもっと冷たくてもよいと思った。

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)奮発して訪ねたので、少しでも得をしようとランチパックを利用。なかなか男一人じゃベトナム料理なんて食べる機会もないが、実質1,000円で堪能できるとはありがたい。ふと見渡せばカップル率も高いが、リクライニングシートの空きなど全く無くて、カップルが仲良く寛げないと思えば可哀想だが、これが人気店の現実。まったりしていないで風呂に入りなさいと言いたいが、風呂に入って食事したってせいぜい3時間くらいだから、ショートコースの料金設定があればよいのに。

パンフレットを見ると、8階〜9階のヒーリングバーデ(岩盤浴)をイチオシしているが、入館料と合わせ、さらに食事したら5,000円なんてあっという間。さすが東京はデートも高くつくなと若いカップルを心配する。WBCの試合前とあって、ここから隣の東京ドームへ向かう同志も多数。スーツ姿のサラリーマンも多く、さまざまな客が、さまざまな目的で訪ねるようだ。

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)

東京ドーム天然温泉 スパラクーア
源泉/小石川温泉(ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/東京都文京区春日1-1-1 東京ドームシティLaQua5〜9F [地図]
電話/03-5800-9999
交通/東京メトロ丸の内線・南北線後楽園駅より徒歩1分
     都営地下鉄三田線春日駅より徒歩2分、三田線水道橋駅より徒歩3分
     JR中央線・総武線水道橋駅より徒歩6分
料金/大人2,634円、小学生以上18歳未満1,836円、小学生未満は入館不可
     深夜割増料金(1:00〜6:00)1,944円加算
     休日割増料金(土・日・祝・特定日)324円加算
     ヒーリングバーデは別途864円(11:00〜23:30)
時間/11:00〜翌9:00(18歳未満は11:00〜18:00)、年中無休  

キャナル・リゾート(名古屋市中川区玉川町)

キャナルリゾート(名古屋市中川区玉川町)名古屋はスーパー銭湯の激戦区だ。首都圏にも進出し、いまや飛ぶ鳥落とす勢いの竜泉寺の湯。名古屋近郊でチェーン展開する喜多の湯。ほかにも強豪施設が数ある中で、2014年末にオープンして一躍話題となったのがキャナルリゾートだ。クチコミサイト@nifty温泉の東海地区トップに君臨し、その人気ぶりはこちらにもちらほら聞こえてくる。

キャナルリゾート(名古屋市中川区玉川町)現地を訪ねてみれば、テーマパークを思わせる外観演出にまず驚く。夜のイルミネーションも素敵だ。エントランスに流れるメロディーは、♪キャナルキャナルリゾート〜 48.8℃の奇跡〜。やや強引な歌詞であるけれど、なんだかご機嫌だ。そして、フロントには入館と精算の客が入り混じって長蛇の列。平日の夕方でこんな光景を見せつけられると、休日の混雑が心配になる。フロントの対応人員を増やすか、オペレーションをシンプルにすれば渋滞はいくらか解消できそうだが。

キャナル・リゾート(名古屋市中川区玉川町)長い廊下の先には畳コーナーとソファのある小空間。風呂のみ利用だとここが休憩スペースとなるが、大型施設には見合っていない気も。とはいえ、岩盤浴利用の割合も高いだろうし、そちらにはリクライニングシートなど充実した内容と広さ。食事処もゆったりとしており、まるでパーキングエリアのフードコートのよう。なぜか人影まばらで、もっと客を呼び込みたいところだが、いかんせんメニューの少なさはいかがなものか。

キャナル・リゾート(名古屋市中川区玉川町)

浴室内のメインは炭酸泉。電気風呂、ジャグジー、入浴剤を使用した季節湯も。「48.8℃の奇跡(=天然温泉)」は露天風呂のみ。上下2段の流れの湯(テレビ設置)、壷湯、腰掛湯、寝ころび湯と、目新しい発想や仕掛けは特になし。温泉は無色透明で、地下1,000〜1,200mより毎分240リットル湧出。名古屋の温泉事情について詳しく知らんが、「奇跡」が意味するのは泉温か泉質か。有名温泉地と同じ泉質とアピールするも、非火山性・化石海水型なら海に近い各地に湧く。

キャナル・リゾート(名古屋市中川区玉川町)

期待していたほどのリゾート感はなく、肩透かしを食らった気分だが、サウナだけは満足いくレベル。広い室内にはストーブ2基、突き刺す熱さだ。ロウリュは11:30、15:30、19:30、23:30の毎日4回開催。「キャナル〜」「熱波!!」の合いの手で扇ぎ進めるが、熱気でやけどしそう。熱波師のトークと技術次第では、もっと盛り上がるはず。ほかに塩サウナも。一人用のキンキン水風呂があるのも面白い発想だし、露天にも水風呂があるから、そのまま外気浴するもよし。

キャナル・リゾート(名古屋市中川区玉川町)
(パンフレット表紙の誤植に気付いているのだろうか…奇跡の“天燃”温泉リゾート)

岩盤浴エリアの大型化、休憩スペースを含めた充実ぶりは近年の流行と言える。とかくキャナルの広さには驚いた。「5種類の本格岩盤浴」のうち1室は雪降るクールルームだが、ほか4室は雰囲気や趣向が異なる。リクライニングシートや1万冊のコミックコーナーなどでのんびり過ごす客が多く、平日夕方ですら空きをうかがうよう。4月の増設を待ち望む声も多そうだ。

「今話題!!芸能人に人気の溶岩石を使用!!」の謳い文句にミーハーぶりを感じるが、「奇跡の天然温泉リゾート」「有名温泉地と同じ」など、派手な表現を名古屋の人は好むのか。館内のサイン表示も大きくわかりやすく、首都圏民にわかりやすく喩えるなら、竜泉寺の湯の洋風版。客層と同様に若く、勢いのある店だ。リゾートなのだから、もっとはじけちゃってもいいのに。


キャナルリゾートの紹介は7:46まで(情報混浴サウナステーション2015.9)

キャナル・リゾート
源泉/玉川天然温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/名古屋市中川区玉川町4-1 [地図]
電話/052-661-9876
交通/金山駅・名古屋駅・桜山駅から無料送迎バスあり
     ※運行ルートや出発時間など詳しくはホームページを参照のこと
     ※無料駐車場約340台分あり
料金/(平日)大人700円、子供300円
     (休日)大人800円、子供350円
     ※大人は中学生以上、子供は4歳〜小学生、3歳以下無料
     岩盤浴は平日大人700円・子供300円、休日大人800円・子供350円
時間/9:00〜25:00(金・土・祝前日は2:00まで、土・日・祝日は8:00から)
     年中無休

※岩盤浴とリゾートラウンジの新設に伴い、4/3〜4/25は休館

なごみの湯(東京都杉並区上荻)

なごみの湯(東京都杉並区上荻)最近ロウリュを体験していないなぁと、荻窪のなごみの湯へ。事前にホームページで確認したところ、岩盤浴(ヒーリングスパ)では1時間おきに、熱さレベル5段階のスケジュールで開催している。入館料2,000円とはハイソな部類だが、タオルや館内着のセットが付いて、リクライニングシートでのんびり過ごせると思えば、都内では貴重な存在か。

新宿から荻窪までは最短10分。そして、荻窪駅西口から徒歩1分という利便性の良さ。岩盤浴が割引きとなる20時以降を狙って訪ねたら、フロントには客が列をなしていた。地下1階・地上5階建のビルは、男女の浴室、食事処、岩盤浴などがフロアごとに分かれている。まずは入館受付を済ませ、男湯のある4階へ(女湯は2階)。フロントで渡されるカードは、ロッカーの扉に挿し込む。館内での飲食などは、鍵に付いたバーコードを使用する。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)

浴室にはジャグジー、バイブラ湯、炭酸泉、水風呂とひと通り揃っている。室内はスーパー銭湯によくある合理的な配置ではなく、むしろコンパクトな健康ランド。茶褐色の温泉は半露天の湯船とつぼ湯のみで使用。ぬるめの湯加減だから長湯して楽しめる。高い塀に囲まれているのは場所柄やむを得ず、わずかに外気を感じるのみ。

サウナは3室。ロッキーサウナは板を張り替えたばかりか、真新しい木の香りが漂う。ボナサウナは壁の裏から熱気が対流するが、換気が悪く、蒸されたサウナマットから嫌なにおいがした。ほかにスチームサウナがある。ちなみに女性はロッキーサウナとミストサウナの2室がある。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)岩盤浴は5階にあって、まずは目当てのアツアツ熱風隊ロウリュウ(レベル4)を体験。開始前から今や遅しと客が待ち構え、20人程が集まった。円形の室内中央に置かれたサウナストーブにアロマ水をかけ、1周しながらタオルで熱気を回旋、客に熱気を送りながらもう1周という流れ。これを4回に分けて行うのだから、滝のように汗が噴き出す。ヒーリングロウリュウ(レベル1)では、天井からシャワー状に水が降り注ぐ。

ロウリュウは盛況だったのに、岩盤浴室はまばらにしか客はおらず。床がタイル張りの岩盤浴室は3階にもあるが、わざわざ移動するのが面倒。色彩効果を演出したベンチ型(カップルシート)の部屋と、岩塩を敷きつめたドーム型の部屋もあるが、岩盤浴のイメージではなくて戸惑う。むしろリラックス空間だと思えばよいか。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)地下1階のレストルームには、テレビ付きのリクライニングシートが並ぶ。深夜料金を支払えば朝まで滞在できるから、気軽な宿代わりにもなる。女性専用として2階と5階にも部屋も設けており、女性に優しい店だとも言える。また、リクライニングシートは追加料金で事前予約も可能だ。休憩スペースに関しては、家族や仲間でわいわい過ごすには適さず、独りまたは少人数向け。今回は慌ただしく時間が過ぎて行ってしまったが、半日ないし1日を満喫するつもりなら、遠くの温泉地よりアクセス良好な荻窪となるのだろうか。

なごみの湯
源泉/武蔵野温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/東京都杉並区上荻1-10-10 [地図]
電話/03-3398-4126
交通/JR中央線・東京メトロ丸ノ内線荻窪駅西口より徒歩1分
料金/大人2,000円、小人1,050円、幼児530円
     ※大人は中学生以上、小人は4歳〜小学生、幼児は3歳以下
     ※岩盤浴は平日450円、休日1日券800円・時間制450円
     朝風呂入館(5:00〜9:00)1,250円
     深夜料金(25時以降滞在)1,350円
時間/10::00〜翌9:00(休日は9:30〜翌9:00)

所沢温泉 湯楽の里(埼玉県所沢市下富)

所沢温泉 湯楽の里(埼玉県所沢市下富)所沢市街地より北に川越方面へ。所沢温泉湯楽の里は県道沿いにあるが、さほど交通量が多いわけでなく、どちらかと言えばのどかなロケーション。そんな周囲の環境とマッチするがごとく、生い茂る木々と和風の佇まいにしばし目を奪われる。立派な長屋門は駐輪場に、蔵はカットハウスに転用され、おそらくは立派なお屋敷の名残りだろう。

所沢温泉 湯楽の里(埼玉県所沢市下富)しかし館内は典型的かつ大衆的なスーパー銭湯の雰囲気で、大空間は仕切りもなく食事処の奥の方まで見渡せる。さっそく券売機でチケットを購入し、いざ浴室へ。ジャグジー各種が並び、腰掛湯、白湯、水風呂、人工炭酸泉。やけに広い高温タワーサウナ、価格高騰によりよもぎの使用中止となったスチームサウナ。よくある光景だから特筆すべきことはない。

所沢温泉 湯楽の里(埼玉県所沢市下富)

露天風呂では地下1,700mの大深度掘削により湧出した、無色透明の温泉を使用している。2つ並んだ岩風呂は源泉掛け流しと循環式。さらには壷湯と寝湯も。同じ所沢市内の施設ならば埼玉スポーツセンター天然温泉の方が、泉質、雰囲気ともに好みだが、こちらはぐるりと塀に囲まれているも木立を眺めながらの入浴。樹齢100年のけやき、かしの木とは立派なものだ。チェーン店だからと高をくくってはならぬ。

岩盤浴は今回利用しなかったが、35分間の入替制かつ予約制。個人的には時間に縛られたくないが、入館料と食事代もセットになった得々プランは魅力的(平日・会員限定)。客入りも良く、なにしろ回転が速いのは、地元の通い湯として定着している証だろう。ごろ寝できる休憩室もあるから、ゆっくりと過ごすこともできる。

所沢温泉 湯楽の里
源泉/湯楽の里所沢温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/埼玉県所沢市下富604 [地図]
電話/04-2943-0126
交通/西武新宿線新所沢駅または本川越駅よりバス「下富」停徒歩5分
     県道6号線(川越所沢線)「下富」交差点より約400m
     ※無料大型駐車場あり
料金/(平日)大人740円、小学生以下410円
     (休日)大人870円、小学生以下460円
     ※岩盤浴は別途410円(予約制35分)
時間/9:00〜25:00、年中無休

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)ツイッターのタイムラインに頻繁に名前の出る、所沢のベッド&スパ。ウインズラジャ(閉店した戸塚の姉妹店)からSAUNA BARを経て、今年5月にオープンしたメンズサウナだ。ケロサウナ、地獄ロウリュ、強冷水風呂など、サウナ好きを惹きつけるワードに心が躍る。所沢駅東口より徒歩1分とアクセスも良く(池袋や新宿より30分前後)、都内のサウナー諸兄はいますぐ下り電車に飛び乗るべし。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)野球観戦以外では初めて訪ねた所沢。西武鉄道本社のある東口は、いわゆる駅裏だが、ひときわ洒落た雑居ビルの3〜4階にベッド&スパはある。「宿泊に求める最もシンプルなもの、それはベッドとお風呂。私たちはこの2つのエレメントにこだわることで、最上の空間を演出しました」と、コンセプトは立派だ。ちなみにキャビンベッドは96室。

今回はサウナ3時間利用。料金設定は都心並みだが、それだけ期待して良いということか。受付を済ませたら4階のロッカーへ。タオルや館内着はロッカーの中に準備されており、すぐ隣接して浴室があるから、サウナ店によくある「いったん着替えて」の手間はない。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)浴室に入ると、まずは不感温度バイブラ。人肌程度のぬるさとバイブラの刺激が心地よく、うとうとしてしまう。この湯船はいわゆるローマ風呂で、ドーム天井に古代神殿風の円柱が立つ。さらにジャグジーの吐水口はライオンなのだから、おのずとテンションが上がってしまう。

露天風呂にはよしずが掛けられ、ほんのり外気を感じるのみだが、耳を澄ませばかすかに聞こえる西武電車と(開かずの)踏切音。露天風呂うんぬんよりサウナ店で、しかも駅前店で外気浴できるとは素晴らしい。高温浴だけで3つもあればサウナ目的でない客も満足するだろうし、なにより1つ1つが個性的だ。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)サウナは2室。フィンランドサウナは丸太小屋の雰囲気で、「木の宝石」と呼ばれるケロ材(樹齢200年以上の立ち枯れたパイン材)を使用しているのだとか。通路を挟んでベンチが向かい合い、テレビを観るには首が少々つらいが、手前上段はテレビに向いて背板が付いた特等席だ。

もう1室は、唐辛子エキスも使用した、ちょっと熱めのスチームサウナ。こちらでは毎週金曜日(時間は当日告知)に「地獄ロウリュ」が行われている。宣伝POPには「拷問」「苦行」の文字もあり、閻魔によってどのような修羅場が繰り広げられているものか、機会があったら参加してみたい。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)じっくりサウナを楽しんだら強冷水風呂へ。なんと驚きの13℃だ。最初は気合を入れて冷たさに挑むも、2回目、3回目は10秒と経たずに心が折れる。

最近は水風呂の水温だけを語り、冷たければ冷たいほど良しとするおかしな風潮が見受けられるが、深さや広さや設備などの条件によって、水温が同じでも体感は異なる。そして、ここを訪ねてあらためてわかったこと、それは自分は冷たすぎる水風呂よりも、(例えば20℃でもいいから)長く浸かっていたい、と。我慢の一瞬よりも長い快楽を求めたい。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)休憩スペースは3階に充実している。ゲームコーナーはトレーニングルームを兼ねており、エアロバイクやロデオボーイなどで鈍った身体に鞭を打つのも良し。喫煙所を兼ねた鉄道ビューラウンジは眼下に所沢駅を見下ろし、発着する西武電車を眺める。ご丁寧に時刻表を貼っているが、なにしろ本数は多い。そしてサウナといえば、リクライニングシートで過ごすまどろみのひととき。時間延長しようかすごく悩んだ。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)レストランは深夜3時まで利用可。通路を隔てておしゃれなバーラウンジまである。4種類ある定食は1,000円で大盛り無料、味噌汁お代わり自由。「Wとんかつ」「からあげ祭り」など男心をくすぐる文字が並ぶ。ちょっと高めの入館料も、最後には満足感でいっぱい。岩盤浴(無料)は時間が無かったから、またこんど。いまどきの雰囲気で品が良く、なおかつ浴室や館内施設のどれをとっても丁寧に作りこまれている。とても中古物件の改装とは思えないほどに。野球ファンなら西武ドームの観戦と組み合わせて、最高の1日が過ごせるはずだ。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)

ザ・ベッド&スパ所沢 ※男性専用
住所/埼玉県所沢市くすのき台1-13-1 [地図]
電話/04-2996-6677
交通/西武池袋線・新宿線所沢駅東口より徒歩1分
     車の場合は提携駐車場あり(ウインズ24パーキング)
料金/3時間1,800円、6時間2,300円、12時間3,300円
     朝得2時間900円(受付5:00〜9:00)
時間/24時間、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ