旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

岩盤浴

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)おふろの王様は、東京・神奈川・埼玉に10店舗を展開。このたび花小金井店を訪ねたことで、ようやく全店舗を制覇。花小金井という地名は、玉川上水の桜並木に由来するのだとか。江戸時代より花見の名所として賑わったが、いまは小金井公園。江戸東京たてもの園、スポーツ、バーベキューなど、多くの都民が憩う。おふろの王様花小金井店は、小金井公園の北に位置し、行楽ついでの立ち寄りにも便利だ。

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)

フロントでは料金支払いと同時に、精算用リストバンドを受け取る。岩盤浴も利用するなら、脱衣所の手前のカウンターにて受付。この店の自慢は、地下1,500mより湧出する茶褐色の温泉。平日とはいえ浴室は賑わっており、どの湯船も隙間に割って入るようだが、一番人気は温泉を使用した炭酸泉。露天の岩風呂は一部をかけ流しにしており、こちらも人気。

サウナですらも、気づけば四方を囲まれるほど。何の特徴もない遠赤外線ヒーターのサウナだが。そして、露天側のスチームサウナにいたっては、ドアを開けたら白みがった狭い空間に、立ち客の姿も。

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)

階段を上がって2階は岩盤浴エリア。リクライニングシートの休憩室は、岩盤浴の利用客専用と誰でも利用可に分かれている。テレビ付きで寛げるが、階下の騒がしさがたまに気になる。それ以外にごろ寝できる広間を2か所設け、はたまた健康器具2種類を置いてみたり、女性専用のセルフエステコーナー(泥パック)を設けたりと他にはない特色も。個性の異なる岩盤浴3室とクールルーム。浴室の賑わいはよそに、岩盤浴は混み合うこともなく、マナーの良い客ばかりだから静かに過ごせる。対価に見合った内容と言えるかも。

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)食事処はフルサービスで客席も多い。休日などは家族づれで賑わうのだろう。一人用のカウンター席も2か所に設けている。隣接する休憩所が広くないせいか、平日でもごった返しており、やや騒がしい。しかし、これも活気あるスーパー銭湯ならではの光景と思えば微笑ましい。気兼ねなく過ごせる施設として地元に定着し、確固たる人気を築き上げているようだ。

おふろの王様 花小金井店
源泉/王様温泉花小金井の湯(ナトリウム−塩化物泉)
住所/東京都小平市花小金井南町3-9-10 [地図]
電話/042-452-2603
交通/西武新宿線花小金井駅より徒歩13分
     都道15号線(小金井街道)「鈴木町」交差点より鈴木街道を約1.1km
     ※無料大型駐車場あり
料金/(平日)大人960円、小学生400円、幼児300円、3歳以下無料
     (休日)大人1,160円、小学生500円、幼児400円、3歳以下無料
     ※岩盤浴は別途750円
時間/9:00〜24:00

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜) ※2019/8/20オープン

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)新習志野駅前のミスターマックスショッピングセンターに、温浴施設がこのたび新規オープンした。京葉線沿線で駅徒歩圏とは、貴重かつ待望と言えるだろう。電車はもちろん、東関東道や湾岸道路(国道357号線)のアクセスも良く、SC自体に大型立体駐車場を完備。基本は日帰り温泉でありながら、キャビンでの宿泊も可能とあって、ディズニーリゾート、幕張メッセ、マリンスタジアムなど多様な利用方法が考えられる。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)店舗は駐車場側のエレベーターで3階へ。下足箱の鍵がそのまま清算用リストバンドとなるシステムで、自動改札の通過で入館料が登録されるのだろうか。浴室利用のみならば、フロントをスルーしてそのまま館内へ。岩盤浴利用や子づれの場合はフロントに立ち寄って、売上を加算する。すべての客がフロントに立ち寄らないので、フロントの混雑回避と人件費の抑制には繋がるけれど、「いらっしゃいませ」の声掛けがないのは寂しい。

IMG_0421フロントのすぐそばにある更衣室は、岩盤浴や館内着を利用する客のために。もちろん浴室側には脱衣所もある。更衣室・脱衣所と呼び名を分けているけれど、以下の2点で悩ませるし、正解がわからない。ヾ簇徑瓩任いた汗を浴室で流し、濡れた岩盤浴着に再び袖を通す。岩盤浴でかいた汗を濡れた大判タオルで拭き、私服に着替える。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)広々としたホールの先に、岩盤浴エリア。温度の異なる2室は、いずれもセラミックタイル敷き。さらに55℃のサウナ室では、オートロウリュを2時間おきに開催。始まりも終わりもわからず、本当にロウリュが作動したのかわからずじまいで、正直いまいちな感じ。浴室サウナよりも広いので、スタッフによるパフォーマンスがあれば楽しいかも。クールルームは10℃の小部屋で、ほかに簡易的な休憩スペースをわずかに設けている。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)岩盤浴でうとうとしていたら、食事のラストオーダーを知らせる館内放送が。その大音量に飛び起き、メニューを見ながらあれこれ悩むも、気づいたら店じまいをしていた。ラストオーダーが21:30とは都会の施設ではあり得ないが、3分前とはいえ放送を流すだけ親切か。直営カフェのほか、はなまるうどんやCoCo壱番屋など計5店舗からなるフードコート形式。キッチンを中央に設け、温浴側と外部の双方から利用できる形式。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)看板の矢印に従い、通路をくねくね進むと浴室。ロッカーは当然ながら鍵付きで、いくつものリストバンドを手首に巻くことになる。脱衣所から風除室を経て左に露天風呂。右に浴室。湯船の数は多いけど、意外とコンパクトな印象も。サウナ室では1時間おきにオートロウリュが作動し、10秒×3回でそれなりの熱さに。最近のトレンドを意識して「ロウリュ」を掲げてはいるけれど、サウナや水風呂は極めて万人向け。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)露天風呂では茶褐色の温泉を使用し、源泉掛け流しの湯船もある。長湯禁物の注意書きもあるが、ほどほどのぬるさが眠気を誘う。テレビもあるが、その背後の大型スクリーンでは習志野市の観光紹介などを映し出している。

千葉工大とのコラボを通じ、新しい施設といえども近隣との繋がりで、積極的に地域色をアピール。ちなみに習志野市は、明治天皇が演習場を視察した際の「習え篠原」に由来するとか。篠原少将についてはご自身で調べてほしい。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)気づけば閉店間際。とはいえ、キャビン(カプセルホテル)に宿泊する客もいるから、人影まばらな館内。最後は自動精算機で支払いを済ませる。 ちなみに、キャビンは男性60部屋、女性46部屋の計108室で、宿泊は3,800円より(日にちによって異なる)。チープに夜を明かすならばリクライニングシートにて。入浴と深夜パックで平日2,700円。温泉、岩盤浴、サウナ、キャビンといいとこ取りの印象だが、賑わいとともに良くなっていきそうな店舗だ。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)


天然温泉 湯〜ねる
源泉/新習志野温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩泉)
住所/千葉県習志野市茜浜2-2-1 [地図]
電話/047-409-3726
交通/JR京葉線新習志野駅より徒歩2分
     国道357号線(湾岸道路)「香澄」交差点より約200m
     ※駐車場897台分あり
料金/岩盤浴プラン:平日1,300円、休日1,400円
     入浴プラン(大人):平日900円、休日950円
     入浴プラン(小人):平日400円、休日450円
     朝風呂(大人):平日500円、休日600円
     朝風呂(小人):平日300円、休日350円
     深夜パック(25時以降自動加算):平日1,800円、休日2,400円
時間/10:00〜25:00(深夜滞在可、朝風呂6:00〜8:00)

※露天風呂の写真は公式サイトより転載

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢) ※2019/6/15リニューアルオープン

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)両国国技館や江戸東京博物館などで知られ、多くの観光客が訪れる地で、都市型・滞在型スパといえば両国江戸遊。疲れを癒すもよし、翌朝まで営業しているので宿代わりにも。それなりの料金はするし、12歳未満利用不可だから、ハイソサエティな大人向けの施設だと言える。オープンから20年以上を経過しており、このたびコワーキングスペースの新設など、増改築を伴う大規模リニューアルを行った。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)大江戸線両国駅から錦糸町方面に伸びる「北斎通り」。この地で生まれた浮世絵師・葛飾北斎にちなむ。江戸遊は北斎通りに面して建ち、モダンな外壁が印象的。お隣の錦糸町と比べて街は穏やかで、江戸遊の館内もゆったりとした空気感。下足箱の鍵にICタグが付いており、受付後はそのまま精算用バンドとして使用する、最近よく見るシステム。入館料にはタオルセット、館内着、岩盤浴セットが含まれている。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)受付の際には「岩盤浴も利用しますか?」と訊かれたが、利用しないと割引になるのかは不明。ビルは5フロアからなり、階の移動はエレベーターか階段にて。1階がフロントと物販コーナー、2階が男性浴室、3階が食事処と一部休憩スペース、4階が女性浴室、5階が岩盤浴とボディケア。コワーキングスペースは2階と4階にそれぞれあるため、カップルでの利用には不向き。共用スペースとして新設しなかった理由はのちほど。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)長時間滞在をコンセプトにしており、数多くのロッカーのわりに、(平日の昼間ということもあって)浴室は空いていた。まず目に飛び込んでくるのは、壁に描かれた葛飾北斎の代表作、富嶽三十六景「神奈川波浪裏」。ほかに江戸を連想させるものはなく、浴室内にはジャグジー、あつ湯、炭酸泉。上空をわずかに見上げる露天エリアには薬湯と、寝湯のシルクバス。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)サウナは2室あって、約90℃のフィンランドサウナでは、ikiストーブがジュワっと頻繁に音を立てる。スタッフによるロウリュも15時・17時・19時の1日3回開催。一生懸命タオルで扇いでくれる。ベンチ下の照明が青、赤、黄色とグラデーションのように変わっていくさまがおしゃれだ。中温サウナはボナサームで70℃前後。冷たい水風呂でシャキッとしたあと、ベンチ1つしかなくては様子をうかがうよう。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)岩盤浴は3室あるが、ラドン岩盤浴のみ別途1,000円。ほか2室については収容人数にも限りがあるため、休日のみ予約制のようだ。温度、湿度、床暖房とも設定が低いのか、ちょっと物足りない印象。その代わりゆっくり寝ていられるけれど。休憩スペースとして椅子を並べて置いてあるだけで、もうちょっと何とかならんのかという印象も。(浴室、サウナ、岩盤浴の写真は公式サイトより転載)

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)館内着に袖を通し、コワーキングスペースへ。「湯work」と名前も洒落ており、目の前に広がるのは浴室そのもの。湯船やシャワーブースでどう過ごすかは使う人次第。サウナの電源はさすがに入っていないが、おじさんグループの在室中は熱気でやや曇っているようにも見えた。せっかくパソコンを持参したのに、ほかにコワーキングしている人はおらず。わざわざ浴室に見立てて造作したのかと思いきや、リニューアル前の浴室をそのまま転用。かつての脱衣所はリクライニングシートの休憩室に。(商店建築 -Designer's Showcase)

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)二八蕎麦や天ぷらを売りとした食事処は、上品な雰囲気とそれに見合った価格設定。施設全体としても綺麗で新しく、お湯に浸かったりするだけでなく、日がな一日のんびり過ごしたい人におすすめ。とりわけ、ワンランク上の快適性だったり、静かな空間を求める人には最適な環境。都市型かつ大人の隠れ家スパといった印象だ。



両国湯屋 江戸遊
住所/東京都墨田区亀沢1-5-8 [地図]
電話/03-3621-2611
交通/都営地下鉄大江戸線 両国駅 A3・A4出口より徒歩1分
     JR総武線 両国駅東口より徒歩5分
料金/大人2,700円、中人2,000円(12歳以上18歳未満)
時間/11:00〜翌9:00、年中無休
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ