旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

寸志

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

新穂高の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉) ※閉鎖中

奥飛騨温泉郷のうち、北アルプス山麓の広範囲に湧く温泉を新穂高温泉という。新穂高ロープウェイ乗り場・バスターミナルに至る県道475号線は蒲田川に併走しており、川沿いを中心に約40軒の温泉旅館が点在する。観光協会のホームページでは、源泉によって栃尾側から蒲田、中尾、新穂高にエリア分けしているが、源泉の数自体は豊富で、泉質も多様だ。

新穂高の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉)新穂高の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉)

新穂高を代表する温泉といえば、蒲田川に湧く「新穂高の湯」で、川を間近に眺める露天風呂だ。大きな岩で川と隔てていると言うべきか、野趣あふれるダイナミックなロケーションだ。混浴だが、男女別の更衣室あり・水着OKだという。中尾高原口バス停の近くに橋が架かっており、その真下に湯船が見える。この開放感はこの立地ならでは。さっそく入浴を、と思ったが門は閉ざされていた。

新穂高の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉)現地に詳細が出ていなかったので、インターネットで情報を調べてみると、昨年7月の豪雨で湯船の一部に損傷を受け、水位が上がらなくなってしまったのだとか。「新穂高温泉新着情報」(新穂高温泉観光協会)より。原因調査と修繕作業のため新シーズンを迎えた現在も閉鎖は続いたまま。ここまで来て非常に残念だが、仕方がない。いつの日か再開した時にはまた訪ねてみたい。

新穂高の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉)新穂高の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉)

新穂高の湯 ※閉鎖中
源泉/新穂高温泉(単純温泉)
住所/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉 [地図
交通/国道471号線「栃尾」交差点より新穂高ロープウェイ方面へ約5.5km
    JR高山本線高山駅からバス1時間25分「中尾高原口」停徒歩3分
料金/無料(清掃協力金200円程度)
時間/8:00〜21:00、4月下旬〜10月下旬のみ入浴可

新穂高温泉観光協会
奥飛騨温泉郷観光協会
岐阜県温泉協会

荒神の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾)

荒神の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾)平湯温泉から国道471号線を北に向かうと、福地温泉や新平湯温泉を経て、栃尾温泉に至る。神岡町(現飛騨市)や新穂高方面への分岐点にあたり、10数軒の民宿が建ち並ぶ小さな温泉街だ。開湯時期は不明だが、トチの木がたくさんあったことから栃尾の名が付いたという。蒲田川の河原に湧くのが「荒神の湯」で、ここは寸志で利用できる人気施設。「神代の昔、荒神様がこの世の様に、怒り、荒れた、民は荒神様を鎮めるためこの地に焼岳の御湯を溜めた、荒神様はこのお湯につかり心を癒し治まった。この後この世の民にさとしたと言う、言い伝えの癒しの湯です」(看板より。原文ママ)。

荒神の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾)荒神の湯の隣にある駐車場はあいにく満車だった。温泉や川遊びというより、明らかにオートキャンプを目的としている人たち。禁止事項として看板に書いてあるにもかかわらず、楽しくランチの真っ最中。その光景に呆れつつ、道向かいの駐車場へ。こちらは空いていた。荒神の湯は無人施設なので、寸志箱にお金を入れる。「防犯カメラ作動中」のステッカーが旅情を現実へと引き戻す。男湯は「ふれあいの湯」、女湯は「狭霧の湯」。脱衣所のカゴは足りていないので、たたんで棚に置いておく。おじさんを中心に、この日は客が多かった。

荒神の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾)岩風呂が道路側と川側に2つあるが、交互に使用しているという。この日は道路側の湯船。対岸には山がそびえ、立ち上がるとゆったりと流れる蒲田川を眺める。のんびりとした景色だ。湯船につかるなり、おじさんに「こっちはぬるいぞ」と声を掛けられた。それもそのはず、おじさんはホース(水が出ている)を抱えて入浴しているのだから。お湯は無色透明で、わずかに糸状の湯の花が舞っている。

会話から察するに、おじさんたちはオートキャンプをしながら旅している様子。安くて楽しめる場所をいろいろ知っているようだが、駐車場の件を考えるともやもやした気分。空いている日にゆっくりとお湯につかりたいなぁと思う。

荒神の湯
源泉/栃尾温泉(単純温泉)
住所/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾 [地図
電話/0578-89-2614(奥飛騨温泉郷観光協会)
交通/JR高山本線高山駅よりバス1時間20分
    JR篠ノ井線松本駅よりバス1時間45分
    国道471号線・県道475号線「栃尾」交差点至近
    (平湯温泉街より国道471号線で約9km)
料金/寸志(200円程度)
時間/8:00〜22:00

奥飛騨温泉郷観光協会
岐阜県温泉協会

平湯民俗館平湯の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯)

松本市街地より国道158号線をひたすら西へ。安房トンネルを抜けると岐阜県高山市(旧上宝村)。北アルプスの懐に湧く平湯、福地、新平湯、栃尾、新穂高の温泉を総称して「奥飛騨温泉郷」という。いちばん手前にあるのが平湯温泉で、乗鞍岳の北麓に位置する。平成9年の安房トンネルの開通によって長野県と岐阜県は通年通行が可能となり、また上高地や乗鞍岳の観光の拠点として駐車場が整備されている。

平湯温泉街には20数軒の旅館や民宿が建ち並んでいる。源泉の数は40以上、毎分13,000リットル以上の湧出量を誇る。まず訪れたのは、平湯神社に隣接する平湯民俗館。入母屋造りの農家・豊坂家住宅、合掌造りの若山家住宅が移築保存されている。若山家住宅は現在茅の葺き替え中につき、6月20日頃まで内部の見学不可。古農具や衣服、円空仏などが展示されているという。この平湯民俗館には露天風呂があって、入場者は誰でも利用できる。ネットの情報では入場料500円(民俗館のみ300円)とある一方で、無料(寸志)との記載もある。どちらが正しいのかよくわからないが、8:00に訪れた時点で受付小屋は無人だった。

平湯民俗館平湯の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯)平湯民俗館平湯の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯)
平湯民俗館平湯の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯)平湯民俗館平湯の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯)
平湯民俗館平湯の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯)平湯民俗館平湯の湯(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯)

露天風呂の前には寸志箱があった。脱衣所は棚とカゴ、100円ロッカーを設けている。民俗館に併設している露天風呂といっても本格的なもので、岩を組んでつくった湯船は楕円形で10人以上が利用できそうな大きさ。すでに5〜6人が入浴中だった。すぐ傍に小川が流れ、雑木林に囲まれた静かなロケーション。源泉は無色透明だが、湯船では一面の黄土色。かすかに鉄錆びのようなにおいも漂っている。これが寸志で利用できるというのだから、民俗館よりも温泉目当ての客が多いはず。平湯温泉には「ひらゆの森」や「神の湯」など日帰り利用できる施設もあるが、ここは間違いなく穴場の湯だと言えるだろう。

平湯温泉旅館協同組合
奥飛騨温泉郷観光協会
高山市観光情報(高山市観光課)
岐阜県温泉協会

平湯民俗館平湯の湯
源泉/平湯温泉(ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉)
住所/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯27-3 [地図
電話/0578-89-3578
交通/JR高山本線高山駅よりバス55分「平湯バスターミナル」徒歩4分
    長野道松本ICより国道158号線経由で約1時間
    東海北陸道飛騨清見ICより中部縦貫道・国道158号線経由で約45分
料金/寸志
時間/(夏)6:00〜20:00、(冬)8:00〜17:00、無休

野沢温泉の共同浴場(長野県野沢温泉村)

野沢温泉の発見には諸説あるが、その中には奈良時代に行基によって発見されたという説も。江戸時代には飯山藩主の松平氏が惣湯(大湯)に浴舎を建て、一般の人々にも湯治を許可したという。源泉は30以上あり、野沢菜を茹で上げる「麻釜」(おがま)はその代表格。共同浴場によっては洗濯場を併設しているところも。温泉は入浴だけでなく、地元住民の生活にも密接している。

麻釜(野沢温泉)

野沢温泉といえば「外湯めぐり」。温泉街に点在する13ヶ所の外湯(共同浴場)は、いずれも寸志で利用することができる。地元住民(湯仲間)が維持・管理する施設なので、共同浴場のマナーはしっかり守りましょう。

大湯(野沢温泉)大湯
野沢温泉のシンボルとも言える外湯で、温泉街の中心部にある。源泉は大湯。湯船は高温と超高温の2つある。含硫黄−ナトリウム・カルシウム−硫酸塩泉。


河原湯(野沢温泉)河原湯
もとは渓流沿いの窪地にあったことから「河原湯」の名が付いたという。大湯のすぐ近くにある。源泉は河原湯で、泉質は単純硫黄泉。


滝の湯(野沢温泉)滝の湯
温泉街の外れ、高台に立地。源泉は滝の湯で、単純硫黄泉。



十王堂の湯(野沢温泉)十王堂の湯(野沢温泉)十王堂の湯
閻魔堂の近くにある。1階は女湯、2階は男湯。源泉は大釜混合。


松葉の湯松葉の湯(野沢温泉)松葉の湯
松葉民宿街にある。1階は公衆トイレ、2階に共同浴場。源泉は大釜。


秋葉の湯(野沢温泉)秋葉の湯(野沢温泉)秋葉の湯
秋葉神社の近くにある。源泉は大釜。



新田の湯(野沢温泉)新田の湯
新田駐車場、西宮神社の近くにある。源泉は茹釜と下釜の混合。



中尾の湯(野沢温泉)中尾の湯
温泉街のいちばん手前にあり、13ヶ所の外湯のうち建物はいちばん大きい。湯船も2つある。源泉は茹釜と下釜の混合。


横落の湯横落の湯
横落交差点角の民宿組合事務所地下にある。源泉は茹釜と下釜の混合。



麻釜湯(野沢温泉)麻釜湯
観光協会事務所から麻釜に抜ける通り沿いにある。「あさがまのゆ」と読む。源泉は下釜。



真湯(野沢温泉)真湯
つつじ山公園の入口、野沢グランドホテルの近くにある。源泉は真湯で、単純硫黄泉。やや白濁したお湯に黒い湯の花。ここの泉質をNo.1と評価する声が高い。


上寺湯上寺湯
河原湯や麻釜の湯から西に歩いたところにある。熊の手洗湯の手前で、近くには洗濯場がある。源泉は丸釜。



熊の手洗湯熊の手洗湯
源泉:熊の手洗い湯
熊が傷を癒したという伝説からこの名が付いた。源泉は熊の手洗湯で単純硫黄泉。野沢唯一のぬる湯で40.2℃とあるが、実際はもっと熱かった。湯船は2つあって、もう一方では麻釜源泉を使用している。

野沢温泉観光協会
グーグルマップ(野沢温泉の共同浴場)

野沢温泉の共同浴場
住所/長野県下高井郡野沢温泉村 [地図
電話/0269-85-3155(野沢温泉観光協会)
交通/JR飯山線戸狩野沢温泉駅よりバス20分
     上信越道豊田中野ICより国道117号線経由で約25分
     ※温泉街に3ヶ所の村営駐車場あり(⇒詳細
料金/寸志
時間/(4月〜11月)5:00〜23:00、(12月〜3月)6:00〜23:00

⇒2007年6月の記事

御夢想の湯(群馬県中之条町四万)

御夢想の湯(群馬県中之条町四万)四万温泉は四万川に沿って、中之条市街地側から温泉口、山口、新湯、ゆずりは、日向見の各温泉街に分かれている。このうち、日向見地区は旅館数軒の小さな温泉街だが、ここには「御夢想の湯」という共同浴場がある。「永延3年頃、源頼光家臣四天王の一人、日向守碓氷貞光の夢まくらに童子が立ち、四万の病脳を治す霊泉を教えたという伝説から名付けられた古湯。また延暦頃、坂上田村麻呂が東夷征伐の途中に入浴されたという伝説もある。四万温泉の発祥の地とされている」。

平成18年に建て替えられたそうで、建物はまだ新しく、お堂を模した和風の外観。ほかの共同浴場と比べて規模が大きい。そのわりには脱衣所の棚は4人分と少なく、湯船も3人でいっぱいという大きさ。脱衣所から見下ろす構造で浴室があり、数段下っていく。湯船は大きな石をくりぬいてつくっている。ほかの共同浴場よりお湯は熱めだ。川沿いに建っているが、窓の外には雑木林の景色。

日向見薬師堂御夢想の湯の向かいには、国指定重要文化財の日向見薬師堂(⇒中之条観光協会)があり、観光客の多くはこちらを見物し、ついでに「日向見薬師の足湯」につかるというコース。御夢想の湯につからずに帰っていくのはもったいない。観光客を意識した共同浴場だと言えるので、ぜひ立ち寄ってひとっ風呂してみてほしい。

御夢想の湯
源泉/四万温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/群馬県吾妻郡中之条町四万 [地図
電話/0279-64-2321(四万温泉協会)
交通/JR吾妻線中之条駅よりバス約40分「四万温泉」停下車約1.9km
料金/寸志
時間/9:00〜15:00

四万温泉協会

四万温泉の共同浴場についての記事
山口露天風呂
上の湯
河原の湯
御夢想の湯
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ