旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

土肥温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

楠の湯共同浴場(伊豆市土肥)

楠の湯共同浴場(伊豆市土肥)西伊豆土肥に4軒ある共同浴場のうち、今回ご紹介するのは馬場地区の「楠の湯」。敷地内には「馬場(ばんば)湯の由来について」という色褪せた看板があり、それよると明治34年(1901)、馬場に古くから湧出していた「古湯」を浴舎改築して共同浴場としたことを起源とし、馬場は「温泉発祥の地」「事実上の元湯」だという。まぶ湯で知られる安楽寺や土肥神社の近くにあり、馬場区民は半額の料金設定としている。

楠の湯共同浴場(伊豆市土肥)管理人さんは隣接した小屋で休憩していたので、券売機で購入したチケットは無人の番台へ。脱衣所は棚とカゴを使用するが、鍵付きのロッカーも3つある。地域の子供たちの感謝の手紙も飾られているが、なにより目に付いたのは元巨人の吉村禎章が訪れた際の写真。平成9年1月というから選手としては晩年の頃だが、自主トレの合間に立ち寄ったという。

現在の建物は平成8年12月に開設された。内湯は3帖ほどの大きさで、カラン3つ(シャワー付き混合栓)とこじんまりしているが、庭に面して小さな露天風呂もあり、観光客でも気軽に立ち寄れる雰囲気と利便性。難点といえばお湯がかなり高温で、湯船では45℃くらいあるかも。地元の人でもホースの水で埋めていた。それに比べて露天風呂は若干だがぬるめ。まるで民家の庭先のような素朴な感じがいい。

楠の湯共同浴場(伊豆市土肥)楠の湯共同浴場(伊豆市土肥)

楠の湯共同浴場
源泉/土肥温泉(カルシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/静岡県伊豆市土肥795-2 [地図
電話/0558-98-1211
交通/国道136号線「土肥中浜」交差点より700m
料金/大人400円、子供300円(小学生以下)、洗髪料50円
時間/13:00〜21:00、毎月第2・4火曜日定休

楠の湯(イズハピ)
伊豆市土肥観光協会
といに恋(土肥温泉旅館協同組合)
土肥温泉民宿組合

弁天の湯<大薮共同浴場>(静岡県伊豆市土肥)

弁天の湯<大薮共同浴場>(静岡県伊豆市土肥)西伊豆の土肥は土肥金山や恋人岬で知られる町で、夏は海水浴も楽しめる。温泉は金鉱試掘の際に湧出したのが始まりで、昨年開湯400年を迎えた。土肥温泉発祥の「まぶ湯」は安楽寺の境内に現存し、見学することもできる。旅館や民宿は土肥港の周辺に建ち並ぶが、温泉街という風情はあまりない。共同浴場は4軒あって、いずれも地元住民の利用が多いが、もちろん観光客の利用も可能だ。このうち港の北側にあり、大薮区公会堂に併設しているのが「弁天の湯(大薮共同浴場)」。平成11年12月に開設。港側には駐車場も備えている。

弁天の湯<大薮共同浴場>(静岡県伊豆市土肥)券売機でチケットを購入し、受付に提出する。館内の奥にはロビーもある。共同浴場としては高めの料金設定だと思うが、回数券10枚つづり3,000円というのは実質的に地元料金ということか。脱衣所は棚とカゴだけなので、心配ならば貴重品ロッカーの利用がおすすめ(昼間はほかに客がいなかったため利用しなかったが)。浴室にはカラン4つと湯船が1つ。窓を大きくとっているため明るい日差しが入ってくる。

弁天の湯<大薮共同浴場>(静岡県伊豆市土肥)源泉は無色透明だが、湯口は温泉の成分が白い湯花となって固化している。海を目の前した立地だが、塩分の濃さはあまり感じない。むしろ源泉をそのまま投入しているため、お湯の表面は熱くてたまらない。源泉は47℃あり、かなりの量があふれ続けている。受付のおじさんいわく「出しっ放しだからもったいない話だよ」。ちなみに内風呂だけは水で埋めてもよいらしい。

弁天の湯<大薮共同浴場>(静岡県伊豆市土肥)露天風呂は「一枚岩のくりぬき風呂」と「岩風呂」が、定休日を境に男女月替わりとなる。写真は岩風呂。露天風呂といってもバルコニーのようなつくりで、簡単なフェンスで目隠しされているが、風が感じられるぶんお湯の熱さがしのげるかも。

弁天の湯<大薮共同浴場>(静岡県伊豆市土肥)露天風呂からは港を正面に眺める。土肥の夏は通りもこの浴場も海水浴客で賑わうのかもしれないが、それ以外の季節はのどか。昼ならばのんびりとお湯に浸かることができる。

わかりやすい立地といい、浴室からの景色といい、土肥で1ヶ所だけ訪れるとするなら「弁天の湯」をおすすめしたい。

弁天の湯
源泉/土肥温泉(カルシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/静岡県伊豆市土肥61-3 [地図
電話/0558-98-1807
交通/国道136号線「土肥中浜」交差点より県道17号線で550m
料金/大人500円、小人300円、未就学児無料
時間/10:00〜20:30、毎月第2火曜日定休

弁天の湯(イズハピ)
伊豆市土肥観光協会
といに恋(土肥温泉旅館協同組合)
土肥温泉民宿組合
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ