旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

四万温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

御夢想の湯(群馬県中之条町四万)

御夢想の湯(群馬県中之条町四万)四万温泉は四万川に沿って、中之条市街地側から温泉口、山口、新湯、ゆずりは、日向見の各温泉街に分かれている。このうち、日向見地区は旅館数軒の小さな温泉街だが、ここには「御夢想の湯」という共同浴場がある。「永延3年頃、源頼光家臣四天王の一人、日向守碓氷貞光の夢まくらに童子が立ち、四万の病脳を治す霊泉を教えたという伝説から名付けられた古湯。また延暦頃、坂上田村麻呂が東夷征伐の途中に入浴されたという伝説もある。四万温泉の発祥の地とされている」。

平成18年に建て替えられたそうで、建物はまだ新しく、お堂を模した和風の外観。ほかの共同浴場と比べて規模が大きい。そのわりには脱衣所の棚は4人分と少なく、湯船も3人でいっぱいという大きさ。脱衣所から見下ろす構造で浴室があり、数段下っていく。湯船は大きな石をくりぬいてつくっている。ほかの共同浴場よりお湯は熱めだ。川沿いに建っているが、窓の外には雑木林の景色。

日向見薬師堂御夢想の湯の向かいには、国指定重要文化財の日向見薬師堂(⇒中之条観光協会)があり、観光客の多くはこちらを見物し、ついでに「日向見薬師の足湯」につかるというコース。御夢想の湯につからずに帰っていくのはもったいない。観光客を意識した共同浴場だと言えるので、ぜひ立ち寄ってひとっ風呂してみてほしい。

御夢想の湯
源泉/四万温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/群馬県吾妻郡中之条町四万 [地図
電話/0279-64-2321(四万温泉協会)
交通/JR吾妻線中之条駅よりバス約40分「四万温泉」停下車約1.9km
料金/寸志
時間/9:00〜15:00

四万温泉協会

四万温泉の共同浴場についての記事
山口露天風呂
上の湯
河原の湯
御夢想の湯

河原の湯(群馬県中之条町四万)

河原の湯(群馬県中之条町四万)四万温泉に点在する共同浴場のうち、新湯地区にあるのが「河原の湯」だ。温泉街を流れる四万川と新湯川の合流地点、萩橋のたもとにあって、バスターミナルの真向かいというわかりやすい場所。共同浴場の真上は、散策の休憩スポットとして活用されている。ほかに上の湯、御夢想の湯、山口露天風呂という共同浴場もあるが、一番人気はここ河原の湯かもしれない。観光客でも寸志で利用することができる。

河原の湯(群馬県中之条町四万)萩橋のわきの階段を下りていくと出入口の扉がある。川側に小さな脱衣所があるため、残念ながら浴室からは川を眺めることができない。しかも通気のための窓が上にあるだけなので、なんだか薄暗い。浴室内の床や湯船には石板タイルを使用しているが、奥の壁は河原の石積みを活用。外壁といい、全体が石づくりな感じ。木目が印象的な上の湯とは対照的な雰囲気だ。

湯船は4〜5人でいっぱいな大きさ。お湯はちょっと熱めで、注ぎ口からは飲泉もできる。ほんのり金気臭がして澄んだ感じはしないが、身体の中から温まる。観光客1人と、ほかに地元のおじさん2人がいたが、あとからやってくる人も絶えない。さすがGWなのか、それとも河原の湯の人気の証か。

河原の湯
源泉/四万温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/群馬県吾妻郡中之条町大字四万 [地図
電話/0279-64-2321(四万温泉協会)
交通/JR吾妻線中之条駅よりバス約40分「四万温泉」停下車徒歩1分
料金/寸志
時間/9:00〜15:00

四万温泉協会
ふだん着の温泉(NHK)

四万温泉街(新湯地区)塩之湯飲泉所
四万温泉街(新湯地区)と塩之湯飲泉所

積善館河原の湯のすぐ近くには「積善館」という旅館がある。創業は元禄7年(1694年)。本館は群馬県指定文化財、山荘などは国指定有形文化財に指定されている。
詳細は⇒中之条町観光協会


塩の湯新湯地区の温泉街の裏手で「塩の湯」という共同浴場を見つけたが、ここは地元住民専用であるらしい。





四万温泉の共同浴場についての記事
山口露天風呂
上の湯
河原の湯
御夢想の湯

上の湯(群馬県中之条町四万)

上の湯(群馬県中之条町四万)かつて四万温泉の「山口露天風呂」(⇒記事)をご紹介したが、同じく山口地区にあるのが「上の湯」という共同浴場。三木屋旅館の隣にあり、地元組合員が管理しているが、観光客でも気軽に利用することができる。無人施設なので、入口の箱に寸志を入れる。建物はまだ新しく、掃除も行き届いているのできれい。脱衣所は棚とベンチしかなく、浴室も湯船と2人分の洗い場があるのみ。

上の湯(群馬県中之条町四万「木と石でできた共同浴場」というだけあって、腰高の位置までは石板タイルを使用しているが、そこから上は小屋組にいたるまでふんだんに木目を活かしている。これから渋みを増していくことだろう。2つある湯船はどちらもほぼ同じ大きさだが、手前はちょっと熱めで42〜43℃といったところか。奥はそれより1〜2℃低め。

朝いちばんに訪れたのだが、たくさんお湯をあふれさせてしまい申し訳ないというべきか、贅沢な気分というべきか。山口地区の旅館に宿泊する方も、ぜひ早めにチェックインし、散策がてら上の湯でひとっ風呂してみてはいかがだろうか。

上の湯
源泉/四万温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/群馬県吾妻郡中之条町大字四万 [地図
電話/0279-64-2321(四万温泉協会)
交通/JR吾妻線中之条駅よりバス約40分「山口」停下車徒歩1分
料金/寸志
時間/9:00〜15:00

四万温泉協会

四万温泉の共同浴場についての記事
山口露天風呂
上の湯
河原の湯
御夢想の湯

四万温泉山口露天風呂(群馬県中之条町四万)

山口露天風呂(群馬県中之条町四万)四万温泉は群馬県を代表する温泉街のひとつで、吾妻線中之条駅より40分ほどの距離にある。不便な場所にもかかわらず、四万川沿いには数多くのホテルや旅館が建ち並ぶ。開湯には2つの説があり、源頼光の家臣碓井貞光が発見したとも、坂上田村麻呂が発見したとも言われている。いずれにせよ温泉地としての歴史は古く、四万温泉の名は「四万の病を治す霊泉」に因んでいるという。温泉街は中之条市街地側から温泉口、山口、新湯、ゆずりは、日向見の5地区に分かれており、碓井貞光が日向守であったことから、日向見地区に限っては日向見温泉と呼ばれることがある。共同浴場は御夢想の湯(日向見)、河原の湯(新湯)、上の湯(山口)の3軒と、今回ご紹介する混浴の山口露天風呂がある。

その名のとおり山口地区にあり、やまぐち館第二寮と旅館いずみやの間にある小さな階段を、四万川の河原のほうへと下りていく。すると真正面の川岸にはまさしく露天風呂とあずま屋風の屋根が見える。2枚のつい立が目隠しになっているが、対岸からは確かにそこが露天風呂であることがわかる。四万川に架かる小さな橋は、その露天風呂のためだけにあり、橋を渡ったら露天風呂の裏手に建つ脱衣所へ。寸志を入れる箱と、男女別に分かれた室内には棚とカゴ、ベンチがある。

山口露天風呂(群馬県中之条町四万)山口露天風呂(群馬県中之条町四万)山口露天風呂(群馬県中之条町四万)

大小の岩を並べてつくった湯船は4つあり、脱衣所側にお湯が注がれたお湯が川側のほうへと流れていくので、川側の2つの湯船はぬるめ。何時間でも入っていられそうな気持ちよさだが、脱衣所に貼り紙には「利用は1時間以内」とある。1つ1つの湯船を隔てるようにして目隠しがなんとなく設けられているので、カップルで訪れたときなどは互いのプライバシーを多少は保てるのかもしれない。川側の湯船からはすぐ目の前に四万川の流れを、そして対岸に建ち並ぶ旅館の客室側を眺める。開放感がありすぎて、しかも混浴なので女性には落ち着かないかもしれないが。すべてはこの立地ゆえの特性だと思って楽しむしかない。風に吹かれながら、そして川の流れに耳を澄ましながらの入浴は気持ちがいい。寸志で利用できるのもありがたいことで、四万温泉を訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてほしい。

四万温泉山口露天風呂
源泉/四万温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/群馬県吾妻郡中之条町大字四万 [地図
電話/0279-64-2321(四万温泉協会)
交通/JR吾妻線中之条駅よりバス約40分「山口」停下車徒歩1分
料金/寸志
時間/9:00〜21:00

四万温泉協会

四万温泉の共同浴場についての記事
山口露天風呂
上の湯
河原の湯
御夢想の湯
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ