旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

共同浴場

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン

高齢者温泉交流館(静岡県伊豆の国市寺家)

高齢者温泉交流館(静岡県伊豆の国市寺家)伊豆長岡温泉の賑わいに比べ、住宅地に湧く韮山温泉は地元住民の利用がメイン。かつての「めおと湯の館」は、高齢者温泉交流館と名を変え、文字通り、お年寄りの交流の場として活用されている。ただし、夕方17時以降は年齢制限なく、市内外を問わず誰でも利用できる。客はオープン前から行列を作り、そのまま洗い場を埋め尽くす。

市営の公共施設らしく、館内はまるで公民館のような雰囲気。券売機でチケットを購入して受付に提示。畳敷きの休憩室のわきを通って浴室へ。中庭を挟んで男女が向き合っている。浴室内にはシャンプーやボディソープを備え付けていないため、各々が持参すべし。

湯船は高温、ぬる湯、半身浴の3つが並んでいる。ほかにスチームサウナがあって、轟音とともに頻繁かつ激しく蒸気を噴き出している。室内からは中庭を眺めるが、外には出られず、とくに美しい景色でもなく。昼間は採光を兼ねているのかもしれない。

高齢者の客ばかりで、顔見知りの輪があちこちにあった。その中には背中に素敵な絵を描いている人も。狩野川の対岸、長岡の温泉街とは違った温泉風情があり、ローカルな雰囲気に触れたい人にはおすすめ。しかも入浴料が安い。韮山温泉には他に「韮山温泉館」もあるが、そちらも地元利用がメインの施設だ。

高齢者温泉交流館(伊豆の国市)

高齢者温泉交流館
源泉/韮山温泉(単純温泉)
住所/静岡県伊豆の国市寺家679-6 [地図]
電話/055-949-3737
交通/伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅より徒歩8分
   国道136号線「南條」交差点より約600m
   ※無料駐車場あり
料金/大人310円、小人150円
時間/一般開放17:00〜19:30(日曜日は10:00〜19:30)
   毎週月曜日と祝日は休館

世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)

伊豆半島の温泉場に共同浴場は付き物だと言えるが、湯ヶ島温泉街の外れにある世古の湯はローカルな雰囲気満点。湯ヶ島温泉だと以前ご紹介した河鹿の湯は狩野川のほとりに位置し、国道414号線(下田街道)から訪ねやすい立地だが、こちらは狩野川西岸の県道59号線を奥へと進む。旅館も民家も乏しい川べりの道で、目指すは湯ヶ島温泉バス停(転回所)。ゲートボール場のわきの階段を河原へと降りていくと、青い屋根の小さな建物が見える。そこが世古の湯だ。

世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)
世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)

「地元班・大口寄付者以外」は管理費として1回100円以上を志納箱に納める。もちろん無人施設。手前が男湯で、脱衣所の窓には裸の人影が見えるし、入口の扉も半分開けっ放し。ほかに建物がなく、この立地ならではだと言える。脱衣所は棚と籠があるのみで、壁には寄付者の一覧表が掲げられている。

世古の湯(静岡県伊豆市天城湯ヶ島)浴室は地元住民と思しきおじいさんばかり5〜6人の客。狭い浴室には水2つとお湯1つの蛇口、熱めとちょっと熱めの湯船が2つ。無色透明の源泉はかけ流しだが、東日本大震災のあと源泉温度が上がったという話も。さすがに長湯していられないほどの熱さだ。窓から外を見下ろすと、ごろごろとした石の河原。のどかな景色と昔ながらの共同浴場の風情。わざわざ訪ねるだけの価値はあるが、あまり有名になってほしくないという思いもある。

世古の大湯
源泉/湯ヶ島温泉(カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉)
住所/静岡県伊豆市天城湯ヶ島1964 [地図
電話/なし
交通/伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から湯ヶ島温泉行きバスで約40分、終点下車
料金/100円以上
時間/7:00〜9:00、11:00〜21:00

河鹿の湯(静岡県伊豆市湯ヶ島)

河鹿の湯(静岡県伊豆市湯ヶ島)湯ヶ島温泉は中伊豆を代表する温泉地で、古くから湯治場として知られていたという。狩野川の渓流を目の前にして建つ湯本館は、川端康成が『伊豆の踊り子』を執筆した宿で、明治5年創業の老舗旅館。川端康成は大正から昭和の始めにかけて何度も訪れているという。そして、湯本館に隣接するのが共同浴場の「河鹿の湯」だ。

河鹿の湯(静岡県伊豆市湯ヶ島)どん突きの立地といい、簡素な佇まいといい、まさに共同浴場の趣き。温泉街の宿泊客のみならず、観光客の立ち寄りも受け付けてはいるが、「お気軽に」といった歓迎ぶりは見られない。脱衣所は棚とカゴがあるのみで、浴室は楕円形の湯船1つにカランが6つ。かえるのオブジェの下にパイプがあって、そこから絶えずお湯が注がれ、湯船からあふれ続けている。お湯は熱めで45℃くらい。

窓の外に川の流れを一望する。共同浴場といえば景色などお構いなしの施設が多いなか、ここは地の利を活かした素敵な施設。中伊豆観光のついでに立ち寄ってみてはいかがだろうか。

河鹿の湯
源泉/湯ヶ島温泉(カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉)
住所/静岡県伊豆市湯ヶ島1650-3 [地図
電話/0558-85-1056(伊豆市観光協会天城支部)
交通/伊豆箱根鉄道修善寺駅よりバス約30分「湯ヶ島温泉口」停徒歩5分
料金/大人250円、子供100円
時間/13:00〜22:00、毎週水曜日定休

伊豆市観光協会天城支部
伊豆市観光協会
河鹿の湯(イズハピ)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ