旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

伊豆長岡温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

ニュー八景園(静岡県伊豆の国市長岡)

ニュー八景園(静岡県伊豆の国市長岡)伊豆長岡温泉といえば中伊豆を代表する温泉地で、大型のホテルや旅館が建ち並んだいるのだが、そんな中にある「ニュー八景園」は日帰り温泉としてオールナイトで営業しているという。仮眠室を備えているためホテル代わりとして宿泊できるし、深夜の追加料金がかかるにしても、ホテルに宿泊することを考えれば断然安い。予約不要という気軽さもいい。こうした施設が温泉街にあるというのは珍しいが、うまく共存共栄しているのだろう。といったわけで現地を訪れてみた。

長岡の温泉街の南側に位置し、そして高台にあるため通りからは急坂を上っていく。訪れたのがすでに深夜だったためか坂道には電灯もなく、おまけに玄関先も薄暗い。「店仕舞いか?」と思わせる雰囲気だが、日帰り入浴の案内板が出ているのでまずはひと安心。小さなエントランスのみ独立した構造で、階段を上っていくとフロント階。ここは2階で、ロビーや土産物屋、食事処などがある。館内は半消灯状態で、フロントにいたお兄さんはなぜかジャージ姿。しかし物腰は柔らかく、丁寧に利用システムを教えてくれた。はじめに入館料を支払い、更衣室のロッカーキーとともに、浴衣やタオルが入ったバッグを受け取る。女性は浴衣の柄を数種類から選ぶことができる。そしてフロントの斜向かいにある更衣室へ。浴衣に着替えたら、エレベーターで6階にある浴室へ。

そういえば館内には、昨年末に箱根湯本にオープンした天成園のポスターが貼ってあった。これを見てわかったのだが、ニュー八景園も万葉倶楽部グループなのだ。じつは日帰り入浴はおまけで、本業はホテル。東館と西館から成る館内の3階〜5階は客室で、比較的安価な料金体系が魅力。で、東館に女性用、西館に男性用の浴室がある。脱衣所にもロッカー完備。さらに浴室の入口にはナイロンタオルやカミソリも用意してある。

浴室には大きな湯船が1つと横一列に並んだカラン。2面がガラス張りになっており、高台に建つ6階ということで温泉街を見下ろすロケーション。訪れたのが深夜だったため近隣のホテルの明かりはほとんど落ちており、きらびやかな夜景にはほど遠い。深夜0時には露天風呂の照明が消え、それ以降は月明かりが頼り。「天空風呂」の名の通り、空が間近に感じられるが、曇り空なのが残念。全長15mという大スケールの湯船は、手すりがガラス張りでしかも低い。空中庭園的な雰囲気は高所恐怖症とって、いじめ以外の何者でもない。そして夜空に浮かび上がる広告塔の看板。落ち着かないので再び浴室へと避難した。ちなみに露天スペースには円形のジャグジーと水風呂あり。サウナは10:00〜23:00のみ開放とのことで、残念ながら利用することができなかった。

リクライニングシートが並んだ仮眠室は1階にある。男湯のある西館からはくねくねとした通路を歩いて突き当り。シートには個別テレビつき。空調が効き過ぎているせいか、毛布をかけても寒くてなかなか眠れなかった。客が少なくて、室内が静まり返っていたのもなんだか落ち着かない。しかし行楽シーズンともなれば混み合うことも必至だろう。

ニュー八景園(静岡県伊豆の国市長岡)翌朝も天空風呂へ。「富士山をわがもの顔の」というキャッチコピーもあるのだが、残念ながら快晴とはいかず、従って富士山は見えず。その代わり小高い山々に囲まれた町の景色を一望。伊豆長岡でこのバノラマスケールは貴重だと言える。(写真は6階エレベーターホールからの眺め。露天風呂からも同じような景色を眺める)

ニュー八景園(静岡県伊豆の国市長岡)

ニュー八景園
源泉/伊豆長岡温泉(単純温泉)
住所/静岡県伊豆の国市長岡211 [地図
電話/055-948-1500
交通/伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅よりバス10分「温泉場西」停徒歩5分
     伊豆中央道長岡ICより約600m(国道414号線「長岡IC東」より約300m)
料金/平日:大人1,500円、子供800円
     休日:大人2,000円、子供800円
     (夜間料金)大人のみ平日1,000円、休日1,500円 ※17:00〜翌8:00
     (早朝料金)大人のみ1,000円 ※5:00〜8:00、浴衣なし
     (深夜料金)大人1,500円、子供800円 ※0:00以降
     ※子供は4歳〜小学生、3歳以下は無料
時間/10:00〜翌9:00、年中無休

あやめ湯(静岡県伊豆の国市古奈)

あやめ湯(静岡県伊豆の国市古奈)伊豆長岡温泉には共同浴場が3ヶ所ある。長岡地区の温泉街にある北浴場、南浴場の2ヶ所は近年リニューアルされたが、古奈地区のあやめ湯は昔ながらの風情を残している。県道129・131号線が交わる古奈交差点より西にわずかに入ったところにあり、暖簾や小さな看板、角に立つ道祖神が目印。屋号は長岡出身で源頼政と結婚したという美女、あやめ姫に因んで名付けられたという。

入れ違いで出てきたおじいさんに声を掛けられた。中にある券売機でチケットを買うように、とのこと。このおじいさんは本来なら番台に座っているべきお人なのだろうが、帰り際も外にいた。常にこういうスタイルなのだろう。番台の裏は脱衣所なので天井からのカーテンで仕切られているが、半分だけ開いていた。下足棚の上に設置されたテレビが見えるようにしているのだろう。ほかに客はおらず、当然誰も見ていないのだが。脱衣所には棚と籠、洗面台といたってシンプル。「サージンかみそり」のホーロー看板と小型自販機が渋さを添えている。地域が管理する共同浴場であるため、財産区民の名札や当番表が掲げられていた。

あやめ湯(静岡県伊豆の国市古奈)浴室はこぢんまりとしているが、中普請したらしく明るくてきれい。2帖大の湯船はタイル張りだが、縁には木をしつらえ、なかなか感じがいい。ちょっと熱めのお湯があふれている。カランはシャワー付きの混合栓が6つ。間仕切り壁は伊豆からの景色なのだろうか、富士山や渓流など4枚の電光写真パネルが掲げられている。室内には演歌やムード歌謡のBGMが流れ、共同浴場によくある鄙びた感じはまったくない。

駐車場は店舗前と県道交差点そばに2ヶ所あるので、ドライブ途中に気軽に立ち寄ることができる。伊豆長岡温泉では日帰り入浴を実施しているホテル・旅館がいくつかあるようだが、迷ったら共同浴場をおすすめしたい。

あやめ湯(伊豆の国市観光協会)

あやめ湯
源泉/伊豆長岡温泉(単純温泉)
住所/静岡県伊豆の国市古奈72-1 [地図
電話/055-948-3840
交通/伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅よりバス10分「長岡総合会館」停徒歩3分
     国道136号線「南條」交差点より県道131号線へ。「古奈」交差点至近
     ※無料駐車場付近にあり
料金/大人300円、小人200円(小学生以下)、休憩つき800円
時間/6:30〜9:00、13:00〜21:30、毎月22日定休


***そのほかの共同浴場***

湯らっくすの湯(長岡北浴場)
住所/伊豆の国市長岡157-5 [地図
電話/055-948-0776
料金/大人300円、小人200円
時間/6:00〜10:00、13:00〜21:00、毎週火曜日定休
※2005年リニューアルオープン、足湯併設

長岡南浴場
住所/伊豆の国市長岡1082-2 [地図
電話/055-947-2260
料金/大人300円、小人200円
時間/15:00〜21:00、毎週水曜日定休
※2009年リニューアルオープン、駐車場なし

南山荘(静岡県伊豆の国市長岡)

南山荘(静岡県伊豆の国市長岡)伊豆長岡温泉は源氏山という小高い山を挟み、東側の古奈地区、西側の長岡地区に2分されている。古奈地区の開湯は約1300年前に遡るというが、長岡地区の開湯は明治40年(1907)。どちらも大型ホテルや旅館が建ち並び、多くの宿泊客が訪れる。中伊豆を代表する温泉地を素通りすることはできないので、今回は南山荘という旅館で日帰り入浴した。長岡地区のメイン通りに位置し、「温泉場中」というバス停の正面。玄関先には「日帰り入浴」の文字も大きく出ていてわかりやすい。

南山荘(静岡県伊豆の国市長岡)南山荘は長岡地区きっての老舗で、明治43年(1907)創業。大正期には川端康成、昭和初期には北原白秋など、多くの文豪に愛された宿なのだという。8,000坪の広大な敷地を有し、なだらかな傾斜がそのまま本格的な日本庭園として整備されている。客室は離れの造りで、すべて長い廊下でつながっている。歴史ある旅館だけあって贅沢な平面配置だ。さぞかし高級なのかと思いきや、平成15年からは素泊まり・セルフサービスの宿に方針転換。1室1名なら6,000円とリーズナブルだ。そんな訳あってか、日帰り入浴客は玄関先の券売機でチケットを購入する。その隣に立派なフロントがあるのに、だ。

南山荘(静岡県伊豆の国市長岡)浴室は富士見風呂、露天風呂、内湯の石風呂の3ヶ所が離れた場所にある。富士見風呂は休日のみ男女入替制で開放するが、平日は別途2,100円(40分)の貸切風呂となる。露天風呂はタイミング悪く、温泉管調査のためこの日は休止中。といったわけで利用できるのは石風呂のみ。平日に訪れるとこうした事態がよくあるのだが、入浴料金を安くしてくれるわけでもなく、はっきり言って損した気分。ましてや雑誌で取り上げられていた露天風呂を楽しみにしていたから。

石風呂は湯船のふちに四国の青石を並べているが、底は研ぎ石仕上げというひと昔前の造り。5帖分の大きさで、大量のお湯が注がれている。室内は湯気で曇り、窓の外もよく見えない。左手に山の雑木林が迫っているが、正面は開けていて、眼下にはかつてプールがあったようだ。泉質うんぬんはさておき、この室内の雰囲気はまるで大衆宿で、満足度には乏しい。この宿のいちばんの売りは露天風呂だと思うが、それが体験できなかったのはとても残念だ。

南山荘
源泉/伊豆長岡温泉(単純温泉)
住所/静岡県伊豆の国市長岡1056 [地図
電話/055-948-0601
交通/伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅よりバス「温泉場中」停目の前
料金/大人500円、子供300円
時間/12:00〜17:00

※12/1〜2/28まで冬季のため露天風呂は休止するとのこと(12/31〜1/4を除く)


【動画】CM伊豆長岡温泉2009

伊豆の国市観光協会
伊豆長岡温泉旅館組合
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ