旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

伊豆長岡温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン

弘法の湯 長岡店(静岡県伊豆の国市長岡)

弘法の湯 長岡店(静岡県伊豆の国市長岡)伊豆長岡の温泉街でひときわ目を惹くド派手な施設。それが弘法の湯だ。古奈と長岡に2店舗を構えるが、派手なのは長岡店。豪華なイルミネーションで飾り、毎日がクリスマスのよう。それでいて公式サイトでは「閑静な佇まいでくつろぎのひととき」と言っているのだから、いったい何処が?と突っ込みを入れたくなる。旅館と呼ぶにはカジュアルだし、日帰り入浴としての利用方法や雰囲気は健康ランドにも似ている。

弘法の湯 長岡店(静岡県伊豆の国市長岡)しかしここは伊豆長岡の温泉街。脱いだ靴は下足箱に入れてくれるし、券売機でのチケット購入もしかり。ややこしい館内利用の案内まで、すべてをフロント係がやってくれた。たまたまなのだろうか。日帰り入浴、しかも1,000円の夕暮れ入浴(16時以降)なのにここまでされるとは恐縮する。館内案内図を渡され、まずは2階の13番へ。

弘法の湯 長岡店(静岡県伊豆の国市長岡)広い館内は1つ1つの部屋に番号が振ってある。13番は男性の更衣室。ここで浴衣に着替え、(スーパーマーケットのような)カゴにフェイスタオル、バスタオルを入れて持ち運ぶ。入浴の手引き通りに、岩盤浴→ミストサウナ→ラドン温泉の順で回ることにした。

岩盤浴は1階、土産物コーナー裏手の通路の先にある。男女別で、扉を開けるとカゴを置く棚と着替え用の浴衣がずらり。岩盤浴も浴衣で利用するのだ。この店では浴衣は何度でも替えられるが、フェイスタオルとバスタオルは最初の1組のみ。岩盤浴は低温多湿が主流と思うが、ここでは霧が降り注ぐ。さすがにやりすぎな気もするが。

弘法の湯 長岡店(静岡県伊豆の国市長岡)浴室内ではミストサウナがかなりの広さを占めており、岩盤浴室に似た感じで1人分にブースが仕切られている。ミストサウナというだけあって大量の霧があちこちから降り注ぐ。岩盤浴とミストサウナの違いは霧の量と、根本的に浴衣か裸か。どちらも床には御影石を、壁にはバード・ガスタイン鉱石を使用し、降り注ぐ霧は北投石を通した温泉水。

そしてラドン温泉。湯口の真下には箱詰めされた北投石があって、そのラジウム効果を謳ったもの。よくあるラドン温泉は部屋として囲っているが、ここは浴室の壁にバード・ガスタイン鉱石を使用しているため、全体がラドン室という考え。換気扇を回していないため、多少もわっとし、岩盤浴とミストサウナのあとだからぐったりする。露天風呂からは石積みの崖を眺める。外気に触れるありがたみを実感した。

日帰り入浴客専用の休憩室は畳敷き大広間。ストーンセラピールームとは怪しげだが、室内にはバード・ガスタイン鉱石を設置し、発生するラジウム効果が狙い。リクライニングチェアで仮眠することができる。嬉しいのは無料で利用できるマッサージチェアがあることだ。唯一の不満は、食堂の夜の営業が早く終わってしまうこと(営業時間 7:00〜14:00 / 17:00〜20:00)。うっかり食べ損ねて、やはり地方の温泉場だと思い知らされた。

弘法の湯 長岡店
源泉/伊豆長岡温泉(単純温泉)
住所/静岡県伊豆の国市長岡1110 [地図]
電話/0120-2641-17
交通/伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅よりバス「温泉駅」停下車すぐ
   国道136号線(下田街道)「南條」交差点より約2.0km
   国道136号線(伊豆中央道)「長岡IC」交差点より約800m
   国道414号線「長岡IC東」交差点より450m
   ※無料駐車場あり
料金/大人1,800円、子供900円
   (夕暮れ入浴・16:00〜)大人1,000円、子供500円
   ※大人は小学生以上、子供は3歳以上未就学児、2歳以下無料
   ※食事付き、ルームレンタルなどのプランあり
時間/6:00〜24:00、年中無休

湯らっくすのゆ[長岡北浴場](静岡県伊豆の国市長岡)

伊豆長岡温泉では多くの宿で日帰り入浴を実施しているが、入浴のみとなると十数軒に限られる。詳細は伊豆長岡温泉観光ナビをご覧いただきたいが、手軽に温泉を楽しむとすれば共同浴場がおすすめ。長岡地区には今回紹介する「湯らっくすのゆ」や「長岡南浴場」、源氏山東側の古奈地区には「あやめ湯」がある。

湯らっくすのゆ[長岡北浴場](静岡県伊豆の国市長岡)湯らっくすのゆはもともと長岡北浴場と言ったが、平成17年のリニューアルオープンを機に名称変更となった。同じくリニューアルされた南浴場が共同浴場の雰囲気を残しているのに対し、こちらは観光客を意識してか、隣接する「湯らっくす公園」には無料の足湯があり、また駐車場も備えている。また、南浴場が15時からの営業開始なのに対し、こちらは朝湯と13時以降であるため宿泊目的でない人も立ち寄りやすいのだ。大人300円の料金も魅力と言える。

南浴場やあやめ湯と同様、小さな券売機でチケットを購入する。脱衣所ではカゴを利用するが、ホールの一角に貴重品ロッカーがある。また畳敷きの休憩室もあるので、湯上りに寛いだり、待ち合わせにも利用できる。

浴室は横長の湯船1つとカラン4つ。お湯は43〜44℃に設定されているが、これは伊豆長岡のスタンダード。慣れない人にはピリピリ熱めに感じることだろう。扉を開けると露天風呂ではなく、ベンチが1つ置いてあるだけ。よしずで目隠ししている。洗い場には石鹸などの常備はないが、フロントで購入可能(ただし石鹸のみ)。こうした点が共同浴場の名残か、日帰り入浴を実施している旅館に気を遣ったのか、いずれにせよ長湯する施設ではないため客の回転は速い。

湯らっくす公園足湯伊豆長岡温泉伊豆長岡温泉

伊豆観光の締めにさっと立ち寄るのもよいだろう。湯らっくす公園の近くには国民新聞社主催の「全国温泉十六佳選当選」(昭和5年3月)の石碑が残されている。伊豆長岡が古くから親しまれてきた温泉であることの証であろう。

湯らっくすのゆ[長岡北浴場]
源泉/伊豆長岡温泉(単純温泉)
住所/静岡県伊豆の国市長岡157-5 [地図
電話/055-948-0776
交通/伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅よりバス8分「宗徳寺前」停下車すぐ
料金/大人300円、小学生200円
時間/6:00〜10:00、13:00〜21:00
     毎週火曜日定休

湯らっくすのゆ(伊豆の国市役所)
湯らっくすのゆ(イズハピ)
湯らっくす公園足湯(ほかなび.jp 東海版)
ようこそ伊豆の国へ(伊豆の国市観光協会)
伊豆長岡温泉観光ナビ(伊豆長岡温泉旅館協同組合)

長岡南浴場(静岡県伊豆の国市長岡)

長岡南浴場(静岡県伊豆の国市長岡)伊豆長岡温泉の共同浴場のうち、今回は源氏山西側の長岡地区にある長岡南浴場をご紹介したい。温泉街は温泉駅バス停から北に伸びているが、南浴場はその入口に位置し、ゆもとや旅館脇に引っ込んで建っている。もともとは地元の大衆浴場組合が運営していたが、伊豆の国市によって平成21年1月にリニューアルオープンした。こじんまりとしているが、こぎれいな施設であるため、近隣の旅館やホテルの宿泊客も立ち寄りやすいはず。

長岡南浴場(静岡県伊豆の国市長岡)券売機でチケットを購入し、脱衣所ロッカーの鍵を受け取る。浴室はカラン4つと湯船2つ。もちろん源泉かけ流し。奥の湯船はちょっと熱めに感じたが、手前はさらに熱くて44〜45℃はあるのではないか。ほかに客がいなかったせいかもしれないが、熱さもまた共同浴場らしさだと言える。じっと我慢でお湯と格闘すべし。

伊豆長岡温泉長岡温泉街の北浴場はリニューアルを経て「湯らっくすのゆ」と改称したが、ここ南浴場はなおも昔のままの名称を引き継いでいる。素朴さを好むなら南浴場がおすすめだ。

(写真は長岡南浴場付近から眺めた温泉街)


長岡南浴場
源泉/伊豆長岡温泉(単純温泉)
住所/伊豆の国市長岡1082-2 [地図
電話/055-947-2260
交通/伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅よりバス「温泉駅」停徒歩1分
料金/大人300円、小人200円
時間/15:00〜21:00、毎週水曜日定休

長岡南浴場(伊豆の国市観光協会)
長岡南浴場(イズハピ)
伊豆長岡温泉観光ナビ(伊豆長岡温泉旅館協同組合)
伊豆の国市観光協会
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ