旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

伊東温泉

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

和田湯<和田寿老人の湯>(静岡県伊東市竹の内)

和田湯<和田寿老人の湯>(静岡県伊東市竹の内)伊東市街地に10軒ある共同浴場をご紹介するのも、和田湯でおしまい。伊東駅の南東約1kmの位置にあり、バイパスではないほうの国道135線に面している。建物は市内の共同浴場でも1、2の規模を誇り、「和田湯会館」という名称。1階に浴室、2〜3階は財産区の会議室。外観は擬洋風で、2008年に新築された。外壁側面には「徳川将軍家献上の名湯、伊東最古の和田の大湯」と記されている。慶長3年(1598)に湯小屋が建てられたのが発祥で、三代将軍家光の時代には船でお湯が運ばれ、湯治に使用されたという。また、玄関前の石碑によると、昭和11年に伊東を訪れた種田山頭火は、滞在中にたびたび和田湯で入浴したという。このようなことから、和田湯は伊東を代表する共同浴場だと言える。

和田湯<和田寿老人の湯>(静岡県伊東市竹の内)通りをはさんで駐車場は12台分。しかし昼間から満車状態。徒歩でもひっきりなしに客が訪れる。ほとんどが地元住民だが、ローカル色は薄いので観光客も利用しやすいはず。入館するとロビーの先に小さなフロントがあって、暖簾が2つかかっている。券売機はフロントの真向かい。暖簾をくぐると脱衣所で、下足棚はその一角にある。ロッカーは室内にL字型にしつらえてあるが、その多くは鍵が付いていない。地元の人は身軽な格好で来るので、カゴを使う人も多い。

浴室は左右に7人ずつの洗い場、中央に湯船という配置で、出入口側には2つの立ちシャワーもある。男湯の場合、カランにシャワー(ホース式)が付いているのは右手側のみ。カラン自体がやや高い位置にあり、しかも温度調整可能な混合栓であるため、そのまま蛇口の下で髪を洗うこともできる。そのせいか右手側の人は椅子を使うけど、左手側の人は床に直接あぐらをかいて座る。湯船からあふれたお湯が床をかけ流しになっているので、石鹸の泡なども気にならないかも。しかしシャワーを使うか否かで世代が分かれているような気も。

湯船は4帖大といったところで、成分表によると源泉は44.1℃の混合泉。やわらかい肌ざわりで、ぽかぽかと温まる。浴室自体が湯気でつつまれていることもあり、のぼせ気分になったのはひさしぶり。客が多いから慌しくなっちゃうけど、せっかく来たからには湯船でゆっくりしたいし。ホテルの大浴場もいいけど、町の共同浴場もぜひどうぞ。

和田湯<和田寿老人の湯>
源泉/伊東温泉(単純温泉)
住所/伊東市竹の内2-2-16 [地図
電話/0557-37-0633
交通/JR伊東線・伊豆急伊東駅より徒歩13分
     ※駐車場12台分あり
料金/大人300円 小学生100円
時間/14:30〜22:30、毎週水曜日定休 (奇数月に臨時休業有り)

伊東七福神の湯(伊東観光協会)
伊東温泉の共同浴場(グーグルマップ)

伊東温泉の共同浴場についての記事
湯川第一浴場 <子持湯>
湯川第二浴場 <湯川弁天の湯>
湯川第三浴場 <汐留の湯>
松原浴場 <松原大黒天の湯>
和田湯 <和田寿老人の湯>
岡湯 <岡布袋の湯>
小川湯 <小川布袋の湯>
鎌田湯 <鎌田福禄寿の湯>
芝の湯 <毘沙門天芝の湯>
あらいの湯 <恵比寿あらいの湯>

鎌田湯<鎌田福禄寿の湯>(静岡県伊東市宮川町)

鎌田湯(静岡県伊東市宮川町)伊東市街地に10ヶ所ある共同浴場のうち、もっとも外れた場所にあるのが鎌田湯だ。といっても南伊東駅からは徒歩圏内。周囲は住宅地で夜になると人通りもまばら、当然薄暗い。温泉街の風情とは無縁であるため、利用するのは地元住民ばかり。ここまで訪れる観光客はよっぽどの温泉好きだと言えるだろう。はたまた伊東温泉競輪の帰りに訪れる客とか…。

財産区の鎌田会館を併設しており、「馬場の平 スコリア採取断固反対」というスローガンが掲げられていた。財産区は、いわゆる町内会や自治会とは違い、地方自治体をもっと小単位にしたもの。温泉管理だけではなく、こうした活動にも協力しているようだ。

玄関をくぐるとホールがあって、正面にフロント。券売機でチケットを購入して提出する。脱衣所~浴室があるのは鎌田会館の1階部分。壁一面にロッカーがあって、その数は多いのだが、鍵が付いているのはそのうち3分の1程度。流しとベンチ、天井から吊るされた扇風機があるだけのシンプルな脱衣所だ。

浴室の真ん中に4帖ほどの大きさの湯船が1つ。そして湯船を囲むようにして三方に10個のカランが並んでいる。椅子の数が足りていないので、多くの人は床にべたっと座って身体を流す。ケロリン桶を常備しているが、家から持参する人も多い。ローカル浴場によくある光景だ。常に10人ほどが出たり入ったりしていたもんだから、湯船のお湯はぬるかった。だけどよくあったまる、そんな温泉だった。

鎌田湯<鎌田福禄寿の湯>
源泉/伊東温泉(単純温泉)
住所/静岡県伊東市宮川町1-2-16 [地図]
電話/0557-36-3665
交通/伊豆急南伊東駅より徒歩5分
料金/大人200円、小人130円
     家族風呂は600円(50分)
時間/14:00~22:00、毎週水曜日定休

伊東七福神の湯(伊東観光協会)
鎌田湯(イズハピ)
伊東温泉の共同浴場(グーグルマップ)

伊東温泉の共同浴場についての記事
湯川第一浴場 <子持湯>
湯川第二浴場 <湯川弁天の湯>
湯川第三浴場 <汐留の湯>
松原浴場 <松原大黒天の湯>
和田湯 <和田寿老人の湯>
岡湯 <岡布袋の湯>
小川湯 <小川布袋の湯>
鎌田湯 <鎌田福禄寿の湯>
芝の湯 <毘沙門天芝の湯>
あらいの湯 <恵比寿あらいの湯>

岡湯<岡布袋の湯>(静岡県伊東市桜木町)

岡湯<岡布袋の湯>(静岡県伊東市桜木町)伊東温泉の共同浴場は財産区会館を併設しているのが一般的で、ここ岡湯もまたしかり。商店街の一本裏手の住宅街にあり、いわゆる「ビル銭湯」のような外観だ。暖簾を出しているところが共同浴場で、右手側に出っ張っている部分が家族風呂(500円・600円)。正面は5台分の駐車スペースだが、裏手にも駐車場を用意しており、日が暮れた頃には多くの客が訪れていた。

暖簾は男女別だが、たたきの部分でつながっていて、その真ん中に券売機が置いてある。外来客や回数券はここで券を購入し、その裏側の番台に提出する。扉を開けると脱衣所。ロッカーに鍵が付いているのは半分だけ。ベンチと流しがあり、番台側に設置されたテレビの声が聞こえてくる。

浴室は中央に狭い通路を挟んで湯船が2つ。三方の壁側にカランが並んでいる。設備や内装などは簡素だが、湯船が2つある時点でほかの共同浴場の倍の広さ。そして、湯船はいずれも2m四方の大きさで、左側の湯船のほうが若干お湯が熱いような気もする。多くの方が出入りするので、たまたまそうだったのかもしれないが。常連客どうしが湯船のふちに腰掛けておしゃべりしたり、家族づれで訪れていたり、ほのぼのする空気感であった。

岡湯から伊東駅までの帰り道には、大型ホテルがいくつも建ち並んでいる。ここは「365日同一料金」でおなじみの伊東園ホテルグループの発祥の地で、本館や別館など3つの建物がある。こうした格安ホテルに泊まりつつ、共同浴場めぐりというのも楽しいだろうな、と思う。

岡湯<岡布袋の湯>
源泉/伊東温泉(単純温泉)
住所/静岡県伊東市桜木町2-2-16 [地図]
電話/0557-36-3670
交通/JR伊東線・伊豆急伊東駅より徒歩15分
料金/大人250円、小学生以下無料
     家族風呂は500円(小)、600円(大)
時間/14:00〜21:00、毎週火曜日定休

伊東七福神の湯(伊東観光協会)
伊東温泉の共同浴場(グーグルマップ)

伊東温泉の共同浴場についての記事
湯川第一浴場 <子持湯>
湯川第二浴場 <湯川弁天の湯>
湯川第三浴場 <汐留の湯>
松原浴場 <松原大黒天の湯>
和田湯 <和田寿老人の湯>
岡湯 <岡布袋の湯>
小川湯 <小川布袋の湯>
鎌田湯 <鎌田福禄寿の湯>
芝の湯 <毘沙門天芝の湯>
あらいの湯 <恵比寿あらいの湯>

小川湯<小川布袋の湯>(静岡県伊東市末広町)

小川湯<小川布袋の湯>(静岡県伊東市末広町)伊東温泉は大型旅館が広い範囲に点在しており、温泉街としての情緒はあまりない。格安料金で知られる伊東園グループのホテルは中心街に、テレビCMで有名なハトヤは伊東駅からずっと南の高台に位置する。ホテルの周辺は戸建が建ち並ぶ住宅街だったりして、それだからか浴衣姿で町を散策する人を滅多に見ない。平日ばかり訪れるから?宿泊客も共同浴場に立ち寄ってみたら面白いと思うのだが…。

小川湯<小川布袋の湯>(静岡県伊東市末広町)さて、小川湯は住宅地の一画にある共同浴場で、外観は古びたアパート。地図にも「小川荘」と記されている。1階に温泉管理組合の事務所を併設しており、2階はアパートとして貸しているようだ。目の前に近づくまで共同浴場だとはわからなかった。しかも開店後でもなぜか暖簾は外に出さないという…。小さな番台にはおじいさんが座っていたのだが、ガラスで囲まれた受付窓口方式とでもいうべきか、しかも貼り紙だらけでおじいさんのお顔が見えない。しかし常連客なら声で判別できるのだろう。

脱衣所には2ヶ所に分かれて木製ロッカーが配置されている。ほかにベンチと流し。テーブルの上にきれいに並べられた花と松ぼっくりで季節感を演出している。壁にはチラシなどがベタベタ貼ってある。

浴室には湯船が1つとカランが6つ。いままで訪れた伊東の共同浴場は、浴室の真ん中に湯船があって、そのまわりを洗い場が囲んでいたが、ここでは湯船が壁にくっついている。そしてその左右に洗い場という配置。湯船は細長の台形をしており、大きさとしては1.5帖ほどで、けっこう深い。ほかの共同浴場よりもお湯はぬるめで、やわらかい感じもする。ほぼ貸切状態だったので、のんびりしてしまった。市内に10ヶ所ある共同浴場のなかでは、立地といい雰囲気といい、もしかしたら「穴場」ではないだろうか。

小川湯<小川布袋の湯>
源泉/伊東温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/静岡県伊東市末広町2-17 [地図
電話/0557-36-3655
交通/JR伊東線・伊豆急伊東駅より徒歩10分
料金/大人250円、中人170円、小学生130円
時間/16:00〜21:00、毎週木曜日定休

伊東七福神の湯(伊東観光協会)
伊東温泉の共同浴場(グーグルマップ)

伊東温泉の共同浴場についての記事
湯川第一浴場 <子持湯>
湯川第二浴場 <湯川弁天の湯>
湯川第三浴場 <汐留の湯>
松原浴場 <松原大黒天の湯>
和田湯 <和田寿老人の湯>
岡湯 <岡布袋の湯>
小川湯 <小川布袋の湯>
鎌田湯 <鎌田福禄寿の湯>
芝の湯 <毘沙門天芝の湯>
あらいの湯 <恵比寿あらいの湯>

湯川第三浴場<汐留の湯>(静岡県伊東市湯川)

湯川第三浴場(静岡県伊東市湯川)湯川第三浴場(静岡県伊東市湯川)

伊東市湯川には3ヶ所の共同浴場があって、今回ご紹介するのは第三浴場。市街地の北側、国道135号線沿いに位置し、別名「汐留の湯」と言う。かつてこの地域が汐留町と呼ばれていたことに由来し、平成11年のアンケートによって名付けられた。「湯川たのしみ会憩いの家」を併設し、玄関前のベンチではお年寄りが集って会話するなど、ほのぼのとした光景にまず出会った。

湯川第三浴場(静岡県伊東市湯川)中に入ると番台式の銭湯っぽいつくり。しかし銭湯の番台と比べるとやけに低く、そしておばちゃんは常連客とおしゃべりしながら編み物をしていた。国道側からはロードサイドの共同浴場といった印象だが、一本裏の路地に回れば庶民的な住宅地。脱衣所には町内のお神輿の写真が飾られ、地元色あふれる雰囲気を感じることができる。もともとロッカーに鍵があったようだが、いまは付いていない。番台に言えば鍵付きスチールロッカーを貸してくれるようだ。

浴室は約2m四方の湯船を囲んで、ぐるりと三方にカラン(お湯しか出ない)を設置。男女の境の上部は半透明の型板ガラスで視界を遮っている。夕暮れ時とあって訪れる人は多く、湯船では足を屈めながらの入浴。源泉かけ流しであることは言うまでもない。「イズハピ」の情報によると、国道側の男湯からは海を眺めるというし、夏は海水浴客の利用も多いという。

湯川第三浴場<汐留の湯>
源泉/伊東温泉(単純温泉)
住所/伊東市湯川4-1-6 [地図
電話/0557-36-0070
交通/JR伊東線・伊豆急伊東駅より徒歩6分
料金/大人250円、小学生100円、幼児50円
時間/14:00〜22:00、毎週金曜日定休

伊東七福神の湯(伊東観光協会)
湯川第三浴場<汐留の湯>(イズハピ)
伊東温泉の共同浴場(グーグルマップ)

伊東温泉の共同浴場についての記事
湯川第一浴場 <子持湯>
湯川第二浴場 <湯川弁天の湯>
湯川第三浴場 <汐留の湯>
松原浴場 <松原大黒天の湯>
和田湯 <和田寿老人の湯>
岡湯 <岡布袋の湯>
小川湯 <小川布袋の湯>
鎌田湯 <鎌田福禄寿の湯>
芝の湯 <毘沙門天芝の湯>
あらいの湯 <恵比寿あらいの湯>
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ