旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

ロウリュ

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

なごみの湯(東京都杉並区上荻)

なごみの湯(東京都杉並区上荻)最近ロウリュを体験していないなぁと、荻窪のなごみの湯へ。事前にホームページで確認したところ、岩盤浴(ヒーリングスパ)では1時間おきに、熱さレベル5段階のスケジュールで開催している。入館料2,000円とはハイソな部類だが、タオルや館内着のセットが付いて、リクライニングシートでのんびり過ごせると思えば、都内では貴重な存在か。

新宿から荻窪までは最短10分。そして、荻窪駅西口から徒歩1分という利便性の良さ。岩盤浴が割引きとなる20時以降を狙って訪ねたら、フロントには客が列をなしていた。地下1階・地上5階建のビルは、男女の浴室、食事処、岩盤浴などがフロアごとに分かれている。まずは入館受付を済ませ、男湯のある4階へ(女湯は2階)。フロントで渡されるカードは、ロッカーの扉に挿し込む。館内での飲食などは、鍵に付いたバーコードを使用する。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)

浴室にはジャグジー、バイブラ湯、炭酸泉、水風呂とひと通り揃っている。室内はスーパー銭湯によくある合理的な配置ではなく、むしろコンパクトな健康ランド。茶褐色の温泉は半露天の湯船とつぼ湯のみで使用。ぬるめの湯加減だから長湯して楽しめる。高い塀に囲まれているのは場所柄やむを得ず、わずかに外気を感じるのみ。

サウナは3室。ロッキーサウナは板を張り替えたばかりか、真新しい木の香りが漂う。ボナサウナは壁の裏から熱気が対流するが、換気が悪く、蒸されたサウナマットから嫌なにおいがした。ほかにスチームサウナがある。ちなみに女性はロッキーサウナとミストサウナの2室がある。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)岩盤浴は5階にあって、まずは目当てのアツアツ熱風隊ロウリュウ(レベル4)を体験。開始前から今や遅しと客が待ち構え、20人程が集まった。円形の室内中央に置かれたサウナストーブにアロマ水をかけ、1周しながらタオルで熱気を回旋、客に熱気を送りながらもう1周という流れ。これを4回に分けて行うのだから、滝のように汗が噴き出す。ヒーリングロウリュウ(レベル1)では、天井からシャワー状に水が降り注ぐ。

ロウリュウは盛況だったのに、岩盤浴室はまばらにしか客はおらず。床がタイル張りの岩盤浴室は3階にもあるが、わざわざ移動するのが面倒。色彩効果を演出したベンチ型(カップルシート)の部屋と、岩塩を敷きつめたドーム型の部屋もあるが、岩盤浴のイメージではなくて戸惑う。むしろリラックス空間だと思えばよいか。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)地下1階のレストルームには、テレビ付きのリクライニングシートが並ぶ。深夜料金を支払えば朝まで滞在できるから、気軽な宿代わりにもなる。女性専用として2階と5階にも部屋も設けており、女性に優しい店だとも言える。また、リクライニングシートは追加料金で事前予約も可能だ。休憩スペースに関しては、家族や仲間でわいわい過ごすには適さず、独りまたは少人数向け。今回は慌ただしく時間が過ぎて行ってしまったが、半日ないし1日を満喫するつもりなら、遠くの温泉地よりアクセス良好な荻窪となるのだろうか。

なごみの湯
源泉/武蔵野温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/東京都杉並区上荻1-10-10 [地図]
電話/03-3398-4126
交通/JR中央線・東京メトロ丸ノ内線荻窪駅西口より徒歩1分
料金/大人2,000円、小人1,050円、幼児530円
     ※大人は中学生以上、小人は4歳〜小学生、幼児は3歳以下
     ※岩盤浴は平日450円、休日1日券800円・時間制450円
     朝風呂入館(5:00〜9:00)1,250円
     深夜料金(25時以降滞在)1,350円
時間/10::00〜翌9:00(休日は9:30〜翌9:00)

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)ツイッターのタイムラインに頻繁に名前の出る、所沢のベッド&スパ。ウインズラジャ(閉店した戸塚の姉妹店)からSAUNA BARを経て、今年5月にオープンしたメンズサウナだ。ケロサウナ、地獄ロウリュ、強冷水風呂など、サウナ好きを惹きつけるワードに心が躍る。所沢駅東口より徒歩1分とアクセスも良く(池袋や新宿より30分前後)、都内のサウナー諸兄はいますぐ下り電車に飛び乗るべし。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)野球観戦以外では初めて訪ねた所沢。西武鉄道本社のある東口は、いわゆる駅裏だが、ひときわ洒落た雑居ビルの3〜4階にベッド&スパはある。「宿泊に求める最もシンプルなもの、それはベッドとお風呂。私たちはこの2つのエレメントにこだわることで、最上の空間を演出しました」と、コンセプトは立派だ。ちなみにキャビンベッドは96室。

今回はサウナ3時間利用。料金設定は都心並みだが、それだけ期待して良いということか。受付を済ませたら4階のロッカーへ。タオルや館内着はロッカーの中に準備されており、すぐ隣接して浴室があるから、サウナ店によくある「いったん着替えて」の手間はない。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)浴室に入ると、まずは不感温度バイブラ。人肌程度のぬるさとバイブラの刺激が心地よく、うとうとしてしまう。この湯船はいわゆるローマ風呂で、ドーム天井に古代神殿風の円柱が立つ。さらにジャグジーの吐水口はライオンなのだから、おのずとテンションが上がってしまう。

露天風呂にはよしずが掛けられ、ほんのり外気を感じるのみだが、耳を澄ませばかすかに聞こえる西武電車と(開かずの)踏切音。露天風呂うんぬんよりサウナ店で、しかも駅前店で外気浴できるとは素晴らしい。高温浴だけで3つもあればサウナ目的でない客も満足するだろうし、なにより1つ1つが個性的だ。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)サウナは2室。フィンランドサウナは丸太小屋の雰囲気で、「木の宝石」と呼ばれるケロ材(樹齢200年以上の立ち枯れたパイン材)を使用しているのだとか。通路を挟んでベンチが向かい合い、テレビを観るには首が少々つらいが、手前上段はテレビに向いて背板が付いた特等席だ。

もう1室は、唐辛子エキスも使用した、ちょっと熱めのスチームサウナ。こちらでは毎週金曜日(時間は当日告知)に「地獄ロウリュ」が行われている。宣伝POPには「拷問」「苦行」の文字もあり、閻魔によってどのような修羅場が繰り広げられているものか、機会があったら参加してみたい。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)じっくりサウナを楽しんだら強冷水風呂へ。なんと驚きの13℃だ。最初は気合を入れて冷たさに挑むも、2回目、3回目は10秒と経たずに心が折れる。

最近は水風呂の水温だけを語り、冷たければ冷たいほど良しとするおかしな風潮が見受けられるが、深さや広さや設備などの条件によって、水温が同じでも体感は異なる。そして、ここを訪ねてあらためてわかったこと、それは自分は冷たすぎる水風呂よりも、(例えば20℃でもいいから)長く浸かっていたい、と。我慢の一瞬よりも長い快楽を求めたい。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)休憩スペースは3階に充実している。ゲームコーナーはトレーニングルームを兼ねており、エアロバイクやロデオボーイなどで鈍った身体に鞭を打つのも良し。喫煙所を兼ねた鉄道ビューラウンジは眼下に所沢駅を見下ろし、発着する西武電車を眺める。ご丁寧に時刻表を貼っているが、なにしろ本数は多い。そしてサウナといえば、リクライニングシートで過ごすまどろみのひととき。時間延長しようかすごく悩んだ。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)レストランは深夜3時まで利用可。通路を隔てておしゃれなバーラウンジまである。4種類ある定食は1,000円で大盛り無料、味噌汁お代わり自由。「Wとんかつ」「からあげ祭り」など男心をくすぐる文字が並ぶ。ちょっと高めの入館料も、最後には満足感でいっぱい。岩盤浴(無料)は時間が無かったから、またこんど。いまどきの雰囲気で品が良く、なおかつ浴室や館内施設のどれをとっても丁寧に作りこまれている。とても中古物件の改装とは思えないほどに。野球ファンなら西武ドームの観戦と組み合わせて、最高の1日が過ごせるはずだ。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)

ザ・ベッド&スパ所沢 ※男性専用
住所/埼玉県所沢市くすのき台1-13-1 [地図]
電話/04-2996-6677
交通/西武池袋線・新宿線所沢駅東口より徒歩1分
     車の場合は提携駐車場あり(ウインズ24パーキング)
料金/3時間1,800円、6時間2,300円、12時間3,300円
     朝得2時間900円(受付5:00〜9:00)
時間/24時間、年中無休

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井) ※2016/12/20オープン

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)今年5月末をもって惜しまれつつも閉店したグランローザ潮の湯だが、長い沈黙の時を経て、12/20に「のだ温泉ほのか」としてグランドオープンした。ほのかは北海道内で6店舗を展開する温浴チェーンで、道外では千葉蘇我店(湯の郷ほのか)に続く2店舗目。グランローザは岩盤浴に特化した施設だったから、これをどう活かし、どう変わったのか非常に興味深い。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)外観にはど派手な「ほのか」のネオンが輝く。贅沢なほど広々としたロビーは相変わらずだ。入館料には「湯着」が含まれており、これを着て岩盤浴を利用できるし、もちろん館内着にしても良い。個人的には濡れて冷たくなった服は嫌だし、風邪をひいてしまいそうだ。タオルは持参したものを使うとして、となれば岩盤浴の大判タオルだ。

「身長以上の大きさのタオルはお持ちですか?」とマニュアル通りの質問を投げかけられるも、はたしてどの程度の人が持参してくるのか、逆に問いたい。ましてやオープン2日目だ。そういえば蘇我店でも同じ質問をされたなぁと思い出しながらも、追加料金は100円。それでも入浴プラス岩盤浴で1,300円ならば良心的。ICタグ付きのロッカーキーに登録し、飲食代金などと合わせて全て後払い。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)

浴室の設備仕様はさすがにいじりようがなく、昔のままでほっとする。源泉使用で「琥珀の湯」と名の付いた湯船は、以前のまま加水した合わせ湯だろうか、琥珀というより透明。ほかにジャグジーと水風呂、高温サウナではいまのところロウリュの開催予定なし。浴室内が閑散とし、静まり返っているのは宣伝不足で客が少ないせいか。いや、グランローザ時代もそうだった気もする。

露天風呂にはテレビが設けられ、源泉使用の岩風呂に客は集中していた。「潮の湯」の名を残したことに敬意を表したい。デッキチェアもテレビの方を向き、新たに壷湯も2つ新設。また、入浴剤を使用したイベント湯は美白の湯となった。肝心の温泉はといえば、地下1,310mから湧出し、泉温46.7℃は千葉県1位、湧出量毎分450リットルは6位。塩分を多く含む淡黄色の湯だ。

789FFEFB-9F32-4C5D-91B7-EA055CF7AA31岩盤浴はかつて脱衣所から直接出入りしたが、改装によって出入口は男女共通の1か所に。通路に岩塩を敷きつめることはやめたが、岩盤浴というよりむしろ岩塩浴(入口にもそう書いてあった)。大きく分けると温度の異なる2室とクールルームがある。

さすがに39℃では汗もほとんどかかずに熟睡。それならばと50℃でうとうとしていたら突然の館内放送。19時より岩盤浴サウナでロウリュを開催します、と。おしゃべりしながらソフトな熱波で楽しませてくれるのだが、さすがに15分以上は長すぎてぐったり。とはいえ、ぜひ定期開催を願いたい。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)さらに2階にも岩盤浴を新設したから驚いた。こちらはいずれも床はタイル張りで、高温室(確か60℃)、女性専用室、ホットヨガ室の計3室。リクライニングシートの休憩室もあり、他所と比較すればこれだけでもじゅうぶんな内容だ。ホットヨガはモニターの映像を見ながら行うが、最近の流行りのツボを押さえたのはさすがだ。あいにくの貸切状態が惜しいが、いずれファンも定着するだろう。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)温浴チェーンは数あれど「ほのか」で良かったと言えば、わくわくする食事メニューだ。北海海鮮丼、成吉思汗、知床鶏といった北海道の味もあり、料金設定は比較的リーズナブル。広すぎる室内には、6人掛けのテーブルがずらりと並ぶし、カウンター席や畳席もある。夜ピークを避けたつもりが、客がまばらで寂しすぎた。壁にいくつもテレビを据え付けているが、各チャンネルを見せてくれなくて結構だし、ほのかほどテレビの多い店は他にない。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)多くのリクライニングシートが並び、畳敷きの仮眠室、PCコーナー、無料Wi-Fiなど、この上なく充実。キッズスペースやゲームコーナーもあるが、メインターゲットは若年〜中年の独りないし少人数だろう。休憩スパースや岩盤浴のを利用するとなれば長時間滞在は必至だし、そもそも風呂だけの利用なら(例えば仕事帰り)、同じ野田市内の 野天風呂湯の郷七光台温泉を訪ねた方が安いし気楽だ。岩盤浴ありきで他所と差別化するのも否定しないが、夜間割引を設定するなどして時間で区切るか、はたまた入浴と岩盤浴で料金を分離するか、検討の余地はいかがなものか。

のだ温泉ほのか
源泉/花井温泉(ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/千葉県野田市花井1-1-2 [地図]
電話/04-7123-4126
交通/東武野田線野田市駅または梅郷駅より徒歩15分
     国道16号線「野田市駅入口」交差点より約750m
     ※無料駐車場あり
料金/(平日)大人1,200円、子供400円、幼児無料
     (休日)大人1,400円、子供500円、幼児無料
     ※大人は中学生以上(湯着付き)、子供は3歳〜小学生(館内着付き)
時間/9:00〜25:00、年中無休

かんなの湯(埼玉県神川町小浜)

かんなの湯(埼玉県神川町小浜)埼玉県神川町にはおふろcafe白寿の湯以外に日帰り温泉施設がもう1軒あって、それが「地域最大級1万坪のスパリゾート」を謳う、かんなの湯だ。2つの店の距離は4km足らず。人口わずか1万5千人の小さな町に何故?という疑問。調べてみると、かんなの湯はかつて「アカシアの湯」と言い、埼玉県が運営していたようだ。経営不振による閉鎖後は秩父市の土木建築会社を経て、現在は小江戸はつかり温泉七福の湯などを展開する本久が運営。

かんなの湯(埼玉県神川町小浜)

神流川のほとりにキャンプ場、農産物直売所、野球場、グランドゴルフ場などを備えた「神川ゆ〜ゆ〜ランド」の中にある。キャンプもハイシーズンなら賑わうだろうが、この時期の平日は広大な駐車場もがらーんとしていた。

かんなの湯(埼玉県神川町小浜)長時間滞在あるいは手ぶら派を意識した料金設定なのだろう。タオルセットのレンタル込みとはいえ、埼玉県のど田舎(失礼!)で入館料1,000円オーバーはいかがなものか。岩盤浴も利用するか迷ったが、その合計額は都市部の施設と比べて同等か割高だ。

館内には「ロウリュウ開催中」のポスターが目立つが、岩盤浴で平日5回、浴室サウナで平日6回とは気合いたっぷり。タイミングよく浴室での10時開催に間に合ったが、参加者わずか3名とは寂しい。サウナストーンにアロマ水をかけ、よいしょよいしょと5回うちわで扇ぐも、噴き出した汗が流れるよりも早く、たったの2〜3分で終了。

浴室内の中央にある円型湯船は、その名もずばり、源泉内湯。パンフレットによれば、「日本武尊が東征の際に創祀したと伝えられる金鑚神社の鎮座する神川町の地下1,500mから湧き出た源泉を汲み上げた天然温泉」と、歴史ロマンを無理やり絡める。無色透明、泉温26.6℃で個性なし。以前の運営会社によって登録商標もなされた「スパークリングシャワー湯」は、一般的にはシルク風呂と呼ばれるもの。ほかにジャグジーや電気風呂もある。

かんなの湯(埼玉県神川町小浜)

露天の広々とした炭酸泉ではテレビを眺めながらの入浴。つぼ湯は4つ並んでいる。それよりも気になるのは、やたらとゴージャスな外観の塩サウナだ。石積みで洞窟のように奥行きがあるのかと思えば、内部はいたって普通というギャップに驚く。

かんなの湯(埼玉県神川町小浜)休憩スペースとしてはリクライニングシート、畳敷きの仮眠室、食事処を兼ねた大広間(テーブル席)と選択肢があるのは嬉しい。大広間は喫茶メインなので、食事はメニューが少なすぎて頭を悩ますが、別にレストランも完備している。厨房も共通ならば、メニューの一部も共通。大広間はセルフ式なのに、レストランはフルサービスで、共通するメニューは同じ価格。それならばとメニューの品数の多いレストランを利用したが、隣接するこども広場のゲーム機がやかましい。

かんなの湯(埼玉県神川町小浜)神川ゆ〜ゆ〜ランドの諸施設を1日満喫するつもりなら、ついでの立ち寄りもおすすめしたい。家族づれでも楽しめるだろう。ただし、温泉好きなら白寿の湯の素晴らしさは言うまでもなく、岩盤浴が目当てなら都市部にほかの選択肢はたくさんある。スパリゾートというわりに、実際はどこにでもありそうなスーパー銭湯風情だし、せっかく神川町に来たのだからもっと田舎らしさがあっても良いのに。と、書き進めていたところ、10/7より新料金に改定。タオルセット無しとなり、さらに利用しやすくなった。

かんなの湯
源泉/神川温泉かんなの湯(ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉)
住所/埼玉県児玉郡神川町小浜1341 [地図]
電話/0495-77-5526
交通/国道462号線「新宿」交差点より県道22号線で約2.7km
料金/(平日)大人780円、小学生300円、未就学児無料
     (休日)大人880円、小学生350円、未就学児無料
     (夜割20:00〜)平日大人600円・休日大人650円
時間/9:00〜22:00(休日は23:00)、年中無休

蔵の湯 鶴ヶ島店(埼玉県鶴ヶ島市新町)

蔵の湯 鶴ヶ島店(埼玉県鶴ヶ島市新町)関越道と圏央道が交わる鶴ヶ島市は、人口7万人の小さな都市。市内を走る東武越生線の一本松駅は乗降人員1日4,000人余りのローカル駅に過ぎないが、南口は土地区画整理事業によって街並みが整備されている。その外れにあるのが蔵の湯鶴ヶ島店。東松山店川越店(小江戸はつかり温泉)の姉妹店で、その名のごとく蔵を2つ並べた外観。鶴ヶ島店だけは岩盤浴がなく、そのぶん小ぶりだ。

蔵の湯 鶴ヶ島店(埼玉県鶴ヶ島市新町)ロウリュウを売りにしているのは他店同様だが、開催時間をホームページに明記していないのも他店同様。しかし朝8時開店だから、早めに行けばいずれかの時間に体験できるだろうと一か八かの賭け。玄関先に「初めてご来館のお客様」と手書き看板を出しているが、システムはいたってシンプルだ。券売機方式で、脱衣所は100円リターン式のロッカー。

ロウリュウの開催時間はサウナ室入口に掲示。男性は、9:30 11:30 14:30 16:30 18:30 21:30 23:30の7回。朝からひとっ風呂のおじいさんから帰宅の遅いサラリーマンまで、あらゆる客層に対応する親切心は素晴らしい。サウナストーンにジョウロでアロマ水をかけ、団扇とタオルを使って熱気を回旋していく。11:30の回は常連さんばかり。「お客様に熱気は届いていますかー?」(拍手)、「お客様に香りは届いていますかー?」(拍手)と、阿吽の呼吸で進み、最後は一人一人に「よいしょよいしょー」と扇いでいく。

蔵の湯 鶴ヶ島店(埼玉県鶴ヶ島市新町)

浴室内には電気風呂やジャグジーのほか、腰掛け湯、源泉ぬる湯、源泉水風呂がある。水風呂は「17℃を目安に冷却してます」とあったが、温度計は15℃を下回っていた。体感的にはそれほどでもないが、やはりロウリュウありきの設定なのか。露天の円形風呂にはテレビを設置。炭酸泉、つぼ湯、スチームサウナもある。地下1,200mから湧出する温泉は個性に乏しい。

セルフ方式の食事処のわきには、数人分のごろ寝スペースも。大勢でわいわいするには向かないが、ひとっ風呂してのんびりするには申し分なし。さすが地元客の憩い湯として繁盛しているわけだ。

蔵の湯 鶴ヶ島店
源泉/蔵の湯鶴ヶ島温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/埼玉県鶴ヶ島市新町3-5-4 [地図]
電話/049-271-2614
交通/東武越生線一本松駅より徒歩約10分
     国道407号線「圏央鶴ヶ島入口」交差点より約1.5km
     ※無料駐車場170台あり
料金/(平日)大人600円、小人360円
     (休日)大人700円、小人360円
     ※小人は小学生以下、3歳以下は無料
時間/8:00〜25:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ