旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

ロウリュ

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町) ※2018/4/13オープン

千葉都市モノレール千葉駅からモノレールに乗り、スポーツセンター駅で下車。すぐ目の前には、幼稚園の頃に住んでいたマンションが。佇まいや当時遊んだ公園は変わらずとも、掲示板には老人会のお知らせ。懐かしさと感傷に浸りつつ、通っていた幼稚園の角を曲がれば、4/13にグランドオープンした蘭々の湯。一目で玉岡設計とわかる外観、そして館内も「どこかで見たことある」アイテムがいっぱい。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)下足箱の鍵にはICタグが付いており、フロントで入館登録する。岩盤浴利用の場合は、エリア入口の受付にてセットを受け取る。浴室は2階にあって、待合いスペースにはテレビやソファを設けている。これだけでも初期型スパ銭を凌駕するが、さらにはリクライニングシートが並ぶ休憩室も。入館料だけで利用できるとは、コストパフォーマンスの高さを早くも実感。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)浴室に入ったらすぐにサウナ。室温は86℃で若干乾燥気味の頃合いに、自動ロウリュウで湿度を上げてくれる。さらには3時間おきに(1日5回)、スタッフによるロウリュウも開催。うちわ熱波は「よいしょーよいしょー」と威勢がいい。水風呂は深いしバイブラありで、17℃の表示よりも冷たく感じる。バイブラは身体が流されるほどの激しさだ。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)白湯は奥に電気風呂を設え、さらには炭酸泉やジャグジーも。露天に出るとアクリルの円型プールがあって、「池に入らないでください」と。太鼓の音が響き渡り、屋根の上の大きな樽がひっくり返って、豪快に水が流れ落ちる。川越市の小江戸はつかり温泉と同じ演出だ。お気づきの方もいると思うが、姉妹店。千葉県内だと習志野市の菜々の湯も。

テレビを観ながらの円型風呂では、地下1,000mから湧出した温泉が楽しめる。琥珀色に輝き、塩分を多く含む。温泉を使用しているのはこの湯船だけで、ほかには壺湯4つと、部屋の作りに寝湯が並んだ洞窟風呂。塩サウナでも毎時00分に自動ロウリュウがあり、霧雨のごとく水をかけ続ける。もうもうと蒸気が立ち込め、やがて室内は真っ白に。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)さて、次は岩盤浴。温度の異なる3室とロウリュウサウナ、雪降るクールルーム、漫画コーナー、リクライニングシートの休憩室など充実した内容。ヨガ映像を流したり、別料金だがインストラクターによるホットヨガを開催したりと、最近の話題もしっかり押さえている。これで平日600円はコスパ高すぎ。岩盤浴エリアだけで半日は過ごせそう。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)競うようにしてどんどん進化を遂げる岩盤浴エリアでのロウリュウ。蘭々の湯のプロジェクションマッピングによる映像演出はすごかった。スタッフが登場し、「音、光、アロマ、熱波をお楽しみください」と。ファイヤー!ロウリュウ!と客と掛け合い、場を盛り上げ、一体感を生み出しながら、バシャバシャとアロマ水をかけていく。

その結果、多少の痛みを伴う激熱な仕上がりに。ひと昔前なら女性客はキャーキャー言って逃げ出していたものだが、ロウリュウ人気もすっかり定着したか、皆さん熱さに強い。(露天風呂とマッピングロウリュウの写真は公式サイトより転載)

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)食事は卓上のタッチパネルで注文する。メニューブックの作りからしてポップで、ファミレス的な気軽さがいい。入浴と岩盤浴と食事を合わせて3,000円足らず。のんびり1日過ごせるから満足度は高い。

すぐ近所には深夜3時まで営業の極楽湯もあり、まるで和と洋の一騎打ち。互いに相乗効果を生み出し、稲毛から千葉県のスパ銭を盛り上げてほしい。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)

Spa Resort 蘭々の湯
源泉/稲毛温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/千葉市稲毛区園生町445-2 [地図]
電話/043-206-1126
交通/千葉都市モノレール スポーツセンター駅より徒歩6分
     国道16号線「スポーツセンター」交差点より約100m
     京葉道路穴川ICより約700m
     ※大型駐車場あり
料金/(平日)大人750円、小人400円
     (休日)大人850円、小人400円
     岩盤浴は別途大人平日600円・休日700円、小人は平日休日とも400円
      ※小人は小学生以下、2歳まで入場無料
      ※岩盤浴は3歳から利用可
時間/9:00〜25:00、年中無休


SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア(千葉県浦安市千鳥)

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア(千葉県浦安市千鳥)舞浜と聞いて一般的にはディズニーリゾートを連想するけれど、サウナ好きなら舞浜ユーラシア。ケロサウナやビューサウナなどサウナの充実は素晴らしく、リゾートホテルの域を超えている。近隣に浦安万華鏡やお台場大江戸温泉物語があるせいか、地下1,700mから湧出する温泉についてはあまり話題を聞かず。ともかくとして、用事もないのに舞浜を訪ねるのは気恥ずかしくもあったが、気づけば埋立地の風情。これより先は物流倉庫が並ぶ。

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア(千葉県浦安市千鳥)本館と新館の2棟が並んで建ち、地上10階建の規模の大きさに圧倒される。道路側の本館3階にスパの受付。ホテルのフロントも兼ねているから、接客するのはまさにホテルマン。今回は公式サイトに載っていた「ポンペイプラン」のクーポンを利用。岩盤浴と入館がセットで1,230円も安くなる。丁寧な説明を受けたのち、岩盤浴セットを受け取り、さらには次のカウンターで館内着を選んで持っていく。

吹き抜けの階段にトロピカルムードを感じつつ、4階へ。フェイスタオルとバスタオルは脱衣所の入口にある。浴室に入るとまずは半円形の湯船。黄褐色の温泉を使用しており、塩分を多く含み、じんわりと温まる。アトラクションバスは各種ジャグジーの集合体。

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア(千葉県浦安市千鳥)奥の方にサウナが3室まとまっている。ケロサウナの室内はさながらログハウスのよう。北極圏にある樹齢200年以上の立ち枯れたパインのことをKEROと呼ぶそうだ。木肌が銀色に光沢を放つことから、シルバーパイン、あるいは「木の宝石」とも呼ばれる。ケロサウナといえばザ・ベッド&スパ所沢もそうだが、もともとは姉妹店。さらに言えば、横浜にあった戸塚温泉ラジャの湯も併せて三姉妹。

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア(千葉県浦安市千鳥)フィンランドサウナも薄暗くて雰囲気よく、そしてケロよりはちょっと熱め。テレビでは国会中継が流れていたが、音声も字幕もないと理解不能。カルダリウムはいわゆるスチームサウナで、あまり好みではないが雰囲気に負けた。三者三様とでも言うべきか、どれもオシャレで外国のサウナのようだな、と。女湯のほうはケロサウナのほか、ドーム風呂ハンマム、ラコニウムがあるようで、どんなサウナか気になる方は、テルマリウムの製品情報にて。

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア(千葉県浦安市千鳥)サウナが3室あるのに水風呂1つは残念だが、温泉の冷や湯が良かった。不感温度よりも涼し気な30℃ちょっと。気持ちよく冷や湯につかるために、あえてサウナで身体を温めるといった逆転現象が生じる。露天岩風呂は38℃のぬる湯で、泥水のように濁っているが、夕暮れ時に照明が灯るとまさに「黄金の湯」。温泉好きを必ずや満足させてくれるだろう。

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア(千葉県浦安市千鳥)岩盤浴は50分間の予約・入れ替え制。特筆すべき点はあまりないし、通常の追加料金1,030円に見合っているかと言えば、それはビューサウナがあってこそ。眼下に浦安市運動公園の野球場を、そしてディズニーリゾートを遠くに眺める。ぬるくて退屈だなぁと思っていたところに、いきなりロウリュが始まった。毎時50分開催だという。タオルによる横回旋・縦回旋のみだが、室内にはアロマの香りが広がり、優しい心地よさ。(ケロサウナ以下4点の写真は公式サイトより転載)

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア(千葉県浦安市千鳥)ビューサウナでは毎月27日にアウフグースの開催(14:50〜)もあるようだが、浴室のケロサウナでは毎日2回開催。定刻ギリギリに向かったらほぼ満室の大盛況。ガタイのいいお兄さんがバスンバスンとタオルを振り下ろすたびに、重低音の残響。そして熱風が襲ってくる。1人5回ずつを2セット、20人の客を相手にするのは相当なスタミナの持ち主だ。

アウフグースの開催時間は公式サイトに載っておらず、もったいないの言葉に尽きる。サウナ好きを集客できると思うし、もっと話題にされて然るべき。

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア(千葉県浦安市千鳥)昼ピークを避けたつもりが、軽食メニューのみの提供時間となってしまい残念だったが、限定してもなお女性支持率は高そうだ。リクライニングシートで微睡んでいたら、いつしか日が暮れてしまったが、ここで一日過ごす休日もいい。ディズニーが目的であれば、ホテルの客室は本館と新館合わせて289室。しかしチープに泊まるなら、リクライニングまたは仮眠室にて。いくつかクーポンもあるし、若いカップルなどにもおすすめだ。

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア
源泉/ラジャ舞浜温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/千葉県浦安市千鳥13-20 [地図]
電話/047-351-4126
交通/JR京葉線舞浜駅北口時計台より無料送迎バス5分(20分間隔)
     国道357号線「舞浜」交差点より約1.6km
     ※駐車場はスパ利用で5時間まで無料
料金/(平日)大人2,060円、小人1,030円
     (休日)大人2,570円、小人1,540円
     朝風呂:大人1,030円、小人510円 ※5:00〜9:00
     深夜追加料金:大人1,540円、小人1,030円 ※深夜2時以降
     岩盤浴は別途1,030円(50分間・入れ替え制)
時間/11:00〜翌9:00、年中無休

ドシー恵比寿(東京都渋谷区恵比寿) ※2017/12/16オープン

ドシー恵比寿(東京都渋谷区恵比寿)都内におけるカプセルホテルのオープンは珍しくないが、サウナもあって、セルフロウリュ可能とあれば話題沸騰。しかし水風呂は無く、ウォームピラーだという。ツイッターでは早くも賛否両論が飛び交っており、どんなものか想像がつかないから行くしかない。恵比寿駅東口より歩いてすぐ。こじんまりとしたビルの2階にフロントがある。

ドシー恵比寿(東京都渋谷区恵比寿)さっそくサウナ仲間とばったり。感想を聞いたら「イマイチ…」。そして「いまなら貸切ですよ」と。フロントで料金を支払い、タオルの入ったバッグを受け取る。男性は3階へ。

壁はベニヤ合板、床はコンクリート(モルタル)仕上げ。極端なまでに金をかけない姿勢は潔いが、施工途中の現場を訪ねているかのよう。よく見ればマジックで床に何やら書いてある。職人さんもまさか仕上材を貼らないとは思っていなかっただろう。下駄箱がないので靴は邪魔にならないところに置き、ロッカーは奥行きがないから満足に物が入らない。

ドシー恵比寿(東京都渋谷区恵比寿)シャワーブースの先にサウナ室。その前にウォームピラーが並ぶ。石積みのストーブをはさんで両側にベンチが2段。温度計は98ドシーを指していた。バケットにはミント水が入っており、小さなラドル1杯をかけ、砂時計(15分計)をひっくり返してください、と。やけに乾いているので1杯では足りず、蒸気も立たず、3杯くらいからじわじわと湿度と熱気が感じられる。天井が低いせいか、それ以上かけると痛さが増す。

ドシー恵比寿(東京都渋谷区恵比寿)そして、水風呂代わりのウォームピラーである。15℃、20℃、25℃、30℃、常温の5つが並んでおり、要するに打たせ水。ボタンに触れると水が30秒間流れ落ちる仕組み。腰掛けて使うにも身体全体を冷やすにはまどろっこしくて、シャワーブースに移動。こちらは幅広のシャワーヘッドもあるし、もちろん温度調整もできる。節水の罪悪感もあるけれど、こちらの方が効率がいい。

ドシー恵比寿(東京都渋谷区恵比寿)セルフロウリュ好きにはお勧めしたいが、サウナと水風呂でととのいたい愛好家には物足りない店だろう。しかし、ととのい目的ではなくサウナでさくっと気分転換と考えたらどうか。たとえばリーズナブルにカプセルホテルに泊まった客が、シャワーのついでにサウナに入る。ちなみにここは「ホテルシエスタ」というカプセル&ビジネスホテルだったようで、もともとあったカプセルベッドを使用しているらしい。経費をかけずに新機軸で話題をさらっていく、ナインアワーズの新たな試み。来年は五反田に2号店を予定しているという。

ドシー恵比寿
住所/東京都渋谷区恵比寿1-8-1 [地図]
電話/03-3449-5255
交通/JR山手線・埼京線・地下鉄日比谷線 恵比寿駅東口より徒歩1分
料金/サウナ1,000円(1時間)、以降1時間ごとに500円
     仮眠1,500円(1時間)、以降1時間ごと500円
時間/サウナ13:00〜翌9:00、仮眠13:00〜21:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。鶴巻温泉。twitter@bikke4126

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ