旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

ロウリュ

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)東海地方の空の玄関口といえば、セントレアこと中部国際空港。海上に浮かぶ空港(人工島)を臨む、知多半島側は常滑市りんくう町。開港に合わせて開発が進み、その中心がイオンモール常滑。東海3県最大の敷地規模を誇り、年間約850万人が来館するという。その敷地の一角にあるのが、常滑温泉マーゴの湯。ちょっと変わった名前は、1号店のある岐阜県関市の名刀孫六に因んでいるという。

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)独立して店舗を構えており、屋外型テーマパーク(ワンダーフォレストきゅりお)を隔てて、その向こうにあるイオンモールまで歩けば5分ほど。そんなにかからないかもしれないけれど、気持ち的に。ちょうどよく真ん中に車を置けば便利なのだろうけど、休日など繁忙日は駐車場もいっぱいになってしまうのだとか。おそるべしイオンモールの集客力。それに加えて、夏はモール裏手のりんくうビーチも海水浴客で賑わうという。(写真はモール内にあった世界最大級の招き猫)

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)マーゴの湯は3階がフロント。下足箱の鍵にバーコードが付いており、フロントで入館料金を登録。館内での飲食など含め、すべて退館時に精算する。浴室は2階にあって、ならば1階は下足箱以外に何があったのかと。おそらく機械室や配管が通っているのだろうけど。

もうすぐ3周年を迎える店とあって、館内はいまどきだし、綺麗だし、浴室などよくまとまっている印象。立地や施設の充実ぶりでも集客できるのに、レギュラー&毎月のイベントも多彩で、頭が下がる思い。天空の湯(アジアンリゾート風)、潮風の湯(和風)と名付けられた浴室は、毎週水曜日に男女入れ替え。

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)訪ねた日は男湯が天空の湯。どちらも湯船のラインナップは変わらないようで、まず室内のメインはシルク湯。露天に面した窓を大きく開け放っていたので、半露天のように風が通り抜ける。さっと浸かったあとは、露天風呂へ。炭酸泉のまわりのデッキや、眺める植栽がアジアンリゾートを意識しているのだろう。ほかにジェットバス、硫黄の湯ときて、地元常滑焼の壺湯。スーパー銭湯の壺湯=常滑焼といっても過言でないほど、高いシェア率を誇っている。調べてみると、常滑焼の歴史は平安末期と古く、壺といえば常滑なのかもしれない。

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)

さらに、露天にはサウナ室もある。惜しくもロウリュには間に合わず、しかし終わった直後の高温多湿のむわっと感。石積みのヒーターを囲んでコの字にベンチ2段を設け、通常時でも90℃のしっかりとした熱さ。水風呂がすぐとなり、つまり屋外にあるのはポイント高し。水温は17℃を切っており、海辺の風に吹かれながらの外気浴もいい感じ。

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)食事はカウンター注文のセルフ方式。スーパー銭湯らしく、家族でも利用しやすい品揃えにして、味噌煮込みうどんやきしめんといったご当地メニューも。休憩室はごろ寝スペースに、地域最大級の漫画14,000冊。入館料のみで楽しめるとあって、漫画好きなら一日過ごせてしまうかも。プラス300円支払えば、リラックスルームを使用できる。テレビ付きのリクライニングシートで惰眠をむさぼるもよし、半個室のボックス(下の写真。公式サイトより転載)にこもるもよし。なによりここは大人のみの空間。館内着でくつろげる。

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)ところで、名前は常滑温泉だが、実際には温泉が湧出しているわけでも運んできているわけでもない。東海地方以西ではこの表記にも寛大な気がする。そもそも温泉であるか否かではなく、地元客やふらっと立ち寄った客が、お湯に癒され、館内で寛げるかどうか。買い物や行楽ついで、仕事帰り(夜割あり)、何の予定もない休日など、家族あるいはひとりで。さまざまなシーンで楽しめる。

常滑温泉 マーゴの湯
住所/愛知県常滑市りんくう町2-20-3 イオンモール常滑 [地図]
電話/0569-38-0126
交通/名鉄空港線 りんくう常滑駅より徒歩10分
     名鉄常滑線 常滑駅より徒歩14分
     国道247号線「原松町」交差点より約1.8km
     知多横断道路「りんくうIC」降りてすぐ
     ※駐車場約4,000台分あり(6時間無料)
料金/(平日)大人800円、小人400円
     (休日)大人900円、小人450円
    リラックスルーム利用料300円(中学生以上・館内着レンタルあり)
時間/10:00〜24:00、年中無休

ロウリュは、4の付く日と毎週金曜日に開催
4の付く日:男湯11:30/14:30/19:30/21:30、女湯11:00/14:00/19:00/21:00
毎週金曜日:男湯19:30/21:30、女湯19:00/21:00

湯あそびひろば6・3の湯(愛知県西尾市今川町)

湯あそびひろば6・3の湯(愛知県西尾市今川町)小京都の湯での熱波甲子園まで、ちょっと時間があったので、同じ西尾市内、しかも直線距離にして1.6kmほどの場所にある6・3の湯へ。この2店舗はコンセプトが大きく違うけど、実は姉妹店。小京都の湯が和風の趣きなのに対して、こちらは「湯あそびひろば」。一風変わった店名の6・3は、そのままロクテンサンと読む。その由来はオフロナイトニッポンの動画にて。



温浴施設は1階、系列のスイミングスクールは2階で営業しており、脱衣所でも行き来ができる。中2階はアカスリ。浴室にはあらゆる種類のジャグジーがあって、浴室と露天合わせて全15種類。あらゆる世代が楽しめる、気軽さが売りのスーパー銭湯だ。しかし、開店早々だと年配客の姿が多く、湯船もサウナも常連客の社交の場。

湯あそびひろば6・3の湯(愛知県西尾市今川町)

男性サウナ室では平日4回、休日5回もロウリュを開催。若いお兄さんの担当だったが、基本に忠実だし、タオルもパンパン鳴るし、なかなかレベルが高い。水風呂は腰までの深さで、しかも青いタイルの視覚効果もあって爽快感あり。ひんやり感にいつまでも浸りたいなら、露天のクールバス(残念ながら9/19で終了)。その隣には入浴剤が3日ごとに替わるイベント湯もあるし、デッキで寝ころびながらテレビを観る人も。

湯あそびひろば6・3の湯(愛知県西尾市今川町)風呂あがりに食事。日替わりランチは550円と超安い。しかもメニューはカレンダーにまとまっているから、食事も楽しみで来店する客も多くいるだろうな(メニューを考えるスタッフは大変そう)。休日は200円でモーニングもやっているというし、素晴らしき名古屋文化圏。通常メニューもリーズナブルだから、家族で来店しても安心。スーパー銭湯はこうあってほしいという理想形。

湯あそびひろば6・3の湯
住所/愛知県西尾市今川町大城3-1 [地図]
電話/0563-65-6326
交通/名鉄西尾線 西尾駅東口より徒歩13分
     国道23号線(岡崎BP)「西尾東」ICより約4km
     ※無料駐車場あり
料金/(平日)大人580円、小学生330円、乳幼児230円
     (休日)大人630円、小学生380円、乳幼児280円
時間/10:00〜24:00(休日は8:00〜24:00)
     毎月第3水曜日定休(変更あり)

熱波甲子園で優勝したんだが!!!

熱波甲子園ひさしぶりの3連休は名古屋へ行こうと計画していたら、熱波甲子園西日本大会が開催されることを前日になって知り、どうしようかなと。知らない人が大勢いるところは苦手だが、名古屋に居ながらにして「西尾市(小京都の湯)は素通りかよ」と突っ込まれてもめんどくさいし。コミュ障を理由に行かない理由を考えていたが、バイトの子たちが「行かない理由はないですよね」と。

見物客のつもりで前売券を買ったのに、「今日は熱波師として参加するんでしょ」とみんなから説得され、偶然にも同じTシャツを着ていた五塔熱子さんからも「一緒にやりましょうよ」と、即席チーム「サウナイキタイ」を結成。しかし、何をやるのかよくわからないまま、13時に大会開始。入場行進で意気込みをと言うけれど、まだそんなに意気込んでなかったし。




サウナ皇帝井上さんによる「サウナの賛美歌」のあとは、秋山温泉渡辺支配人による始球式。聞き間違いだったかな、始球式って言うけど球ないし。競技はトライアスロンとパフォーマンスの2部門で争われ、合計得点を競う。トライアスロンとは知識、テクニック、風速の3種目のこと。知識(クイズ)はさっさと勝ち抜けし、テクニックと風速は熱子さんに託す。




さすがの一言に尽きるのだが、問題はそのあとのパフォーマンス。各チーム持ち時間3分といっても、なんせ即席コンビだし、まわりは強敵揃い。笑いを取ってくるし、タオルさばきも上手いし。がっくり肩を落とし(熱子さんはどうだったかわからないけど)、いよいよ結果発表。



どうしてこういうノリになってしまうのでしょう、温浴業界は。
「準優勝、秋山温泉!」にざわめきが起こり、渡辺支配人の超絶美技を超えるチームなんてあるのかと。さては笑いを取っていたチームなのか、それがどのチームなのかわからないけれど、うわー4位か5位か…熱子さんに申し訳ないなぁと思っていたら…



「優勝、サウナイキタイ!」と、名前を呼ばれて、びっくり。
熱子さんの実力パネスゲーし、熱子さんおかげなのだけど、びっくりしすぎてわけがわからない。熱子さんすごく喜んでいたし、なんだか夢を見ているようで。ツイッター、FB、LINEの通知がやばかったし、11/19(月)にはチャンピオンカーニバルをやるらしいし。まさかすぎる展開。


大会に出場した熱波師の皆さんは素晴らしいタオルさばきをするし、店舗を盛り上げようとがんばっているので、ぜひ体感してみてほしいです。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ