旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

ロウリュ

スパ&サウナ ホテル日立プラザ(茨城県日立市幸町)

スパ&サウナ ホテル日立プラザ(茨城県日立市幸町)大浴場を備えたビジネスホテルは割合的に少ないと思うが、さらにサウナ付きならぐんと数は減るはず。そのサウナがセルフロウリュ可能とあればどうか。日本国内どこを探しても、ホテル日立プラザが唯一ではなかろうか。希少かつ貴重な存在だが、宿泊客のみならず外来客も利用できるとあって、日立市へと常磐道をすっ飛ばす。

スパ&サウナ ホテル日立プラザ(茨城県日立市幸町)日立駅より徒歩5分。日立製作所に向かう途中にホテルはあるから、出張の際に宿泊利用する客も多いことだろう。フロントで入浴利用したい旨を申し出るが、ふと見れば親切にもポスターを貼っている。

タオル持参ならスパ銭並みの入浴料金。支払いを済ませ、エレベーターで2階へ。早朝6:30過ぎに訪ねたが、外来客はおろか宿泊客の姿もなく、贅沢にも独り占め。

スパ&サウナ ホテル日立プラザ(茨城県日立市幸町)脱衣所に入ってまず驚くのは、リクライニングシートが並んでいること。宿泊客は自分の部屋で寛げば良さそうだが、ひとっ風呂浴びたあとすぐに休憩ができる。もちろん外来客にとってはありがたい。少ないけど漫画もあるし、自販機、マッサージチェアも。というわけで、さっそくテンションが上がる。さらに浴室に入れば、湯船は炭酸泉。もう完全にビジネスホテルの域を超えている。

スパ&サウナ ホテル日立プラザ(茨城県日立市幸町)そして、その裏側はサウナエリアとでも言うべきか。フィンランドから直輸入したユニット型サウナ、広々とした水風呂、立ちシャワー2か所、ウォータークーラー、デッキチェアからなる空間。サウナ室内は薄暗く、水風呂の滝の轟音が窓越しに聞こえてくる。ベンチ2段4〜5人ほどの広さで、小さなストーブを設置。バルト海の海底から採取した火成岩(香花石)を使用しているというから、本場さながらのサウナ浴が楽しめる。

8スパ&サウナ ホテル日立プラザ(茨城県日立市幸町)セルフロウリュは5分に1回。柄杓1杯でほんのり湿度が加わり、5分経過してからの2杯目にはしっかりと熱気が広がる。3杯目はさすがにキツい。シャワーで急速冷却し、水風呂に身を沈める。流れ落ちる滝が涼し気で、しかも深さは80cmあるから、多少のぬるさは気にならない。朝から3セットを繰り返し、結局は最後まで貸し切り。ホテルを出ると日立製作所に出勤する人の波。セルフロウリュの素晴らしさを教えてあげたい。

スパ&ホテル ホテル日立プラザ
住所/茨城県日立市幸町2-3-25 [地図]
電話/0294-21-7111
交通/JR常磐線日立駅中央口より徒歩5分
     国道6号線〜国道245号線「幸町三丁目」交差点より約100m
     ※無料駐車場30台分あり
料金/男性850円、女性500円
時間/男性6:00〜8:30(週末は9:00まで営業)、17:00〜24:00
     女性6:00〜9:00(土・日のみ営業)、17:00〜23:00(金・土のみ営業)

ドシー五反田(東京都品川区東五反田) ※2018/4/20オープン

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)サウナはあるのに水風呂はない。その一点で賛否両論の話題となったドシー恵比寿。その2号店が4/20に、五反田東口にオープンした。恵比寿同様にここもカプセルホテルの改装物件で、もとはセントラルインと言ったそうな。カプセルホテルも競争の時代。豪華キャビンを売りにするか、はたまたサウナの付加価値を売りにするか。もちろん後者は大歓迎。ドシー五反田はサウナだけでも利用できる。

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)東口から至近距離なのに、キャバクラや風俗案内所の客引きが凄まじい。そんな繁華街の角地に建つ、素っ気ないほどシンプルな外観が、ドシー五反田。1階はガラス張りで、内装を剥がしたままのコンクリ打ちっ放し。テーブルのようなものがフロント代わりで、台帳に名前と電話番号を記入する。料金を支払い、タオルの入ったバッグを受け取ったら、地下1階へ。

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)ロッカーは縦長スチール製で、上下2段。恵比寿で評判の悪かった収納力も、ここでは安心。靴を入れるビニール袋もある。通路を挟んでサウナとウォームピラーがあって、奥にシャワーブース。バスタオルはフックに掛けておくのが賢いかも。どこもかしこも内装工事に着手する以前の状態かと。しかしこれで良しなのだろう。やらない美学もあるはずだ(理解は人それぞれ)。

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)サウナ室からは斬新な発想しか感じない。階段状に5段のベンチを設け、下段の1〜2段目のみ2人掛け、上段は1人掛け。最上段は天井直下で、背の高い人は頭をぶつけそう。温度計は100℃を指していたけれど、そもそも中段に付いており、セルフロウリュのあとの最上段はやけどレベルの熱さ。温度計の数字が当てにならない逆パターン。

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)ウォームピラーをわかりやすく言えば、打たせ水。水温10℃、15℃、20℃、常温の4ブースあるからお好みで。ずっと打たれていたいが、節水意識が働いてしまう。休憩用にベンチ1つ、さらに階段を上がると外気浴スペースとしてベンチ1つ。本来の用途は避難通路で、通りを行きかう人の会話が聞こえてくる。サウナにまつわる諸要素を現状に当て込んだ感があるけれど、(型にとらわれない)自由があって面白い。短時間の立ち寄りサウナに適している。

ドシー五反田 ※男性専用
住所/東京都品川区東五反田1-20-15 [地図]
電話/03-3447-5255
交通/JR山手線・東急池上線・都営浅草線 五反田駅より徒歩3分
料金/1,000円(1時間、以降1時間ごとに500円)
時間/13:00〜翌9:00、年中無休

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町) ※2018/4/13オープン

千葉都市モノレール千葉駅からモノレールに乗り、スポーツセンター駅で下車。すぐ目の前には、幼稚園の頃に住んでいたマンションが。佇まいや当時遊んだ公園は変わらずとも、掲示板には老人会のお知らせ。懐かしさと感傷に浸りつつ、通っていた幼稚園の角を曲がれば、4/13にグランドオープンした蘭々の湯。一目で玉岡設計とわかる外観、そして館内も「どこかで見たことある」アイテムがいっぱい。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)下足箱の鍵にはICタグが付いており、フロントで入館登録する。岩盤浴利用の場合は、エリア入口の受付にてセットを受け取る。浴室は2階にあって、待合いスペースにはテレビやソファを設けている。これだけでも初期型スパ銭を凌駕するが、さらにはリクライニングシートが並ぶ休憩室も。入館料だけで利用できるとは、コストパフォーマンスの高さを早くも実感。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)浴室に入ったらすぐにサウナ。室温は86℃で若干乾燥気味の頃合いに、自動ロウリュウで湿度を上げてくれる。さらには3時間おきに(1日5回)、スタッフによるロウリュウも開催。うちわ熱波は「よいしょーよいしょー」と威勢がいい。水風呂は深いしバイブラありで、17℃の表示よりも冷たく感じる。バイブラは身体が流されるほどの激しさだ。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)白湯は奥に電気風呂を設え、さらには炭酸泉やジャグジーも。露天に出るとアクリルの円型プールがあって、「池に入らないでください」と。太鼓の音が響き渡り、屋根の上の大きな樽がひっくり返って、豪快に水が流れ落ちる。川越市の小江戸はつかり温泉と同じ演出だ。お気づきの方もいると思うが、姉妹店。千葉県内だと習志野市の菜々の湯も。

テレビを観ながらの円型風呂では、地下1,000mから湧出した温泉が楽しめる。琥珀色に輝き、塩分を多く含む。温泉を使用しているのはこの湯船だけで、ほかには壺湯4つと、部屋の作りに寝湯が並んだ洞窟風呂。塩サウナでも毎時00分に自動ロウリュウがあり、霧雨のごとく水をかけ続ける。もうもうと蒸気が立ち込め、やがて室内は真っ白に。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)さて、次は岩盤浴。温度の異なる3室とロウリュウサウナ、雪降るクールルーム、漫画コーナー、リクライニングシートの休憩室など充実した内容。ヨガ映像を流したり、別料金だがインストラクターによるホットヨガを開催したりと、最近の話題もしっかり押さえている。これで平日600円はコスパ高すぎ。岩盤浴エリアだけで半日は過ごせそう。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)競うようにしてどんどん進化を遂げる岩盤浴エリアでのロウリュウ。蘭々の湯のプロジェクションマッピングによる映像演出はすごかった。スタッフが登場し、「音、光、アロマ、熱波をお楽しみください」と。ファイヤー!ロウリュウ!と客と掛け合い、場を盛り上げ、一体感を生み出しながら、バシャバシャとアロマ水をかけていく。

その結果、多少の痛みを伴う激熱な仕上がりに。ひと昔前なら女性客はキャーキャー言って逃げ出していたものだが、ロウリュウ人気もすっかり定着したか、皆さん熱さに強い。(露天風呂とマッピングロウリュウの写真は公式サイトより転載)

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)食事は卓上のタッチパネルで注文する。メニューブックの作りからしてポップで、ファミレス的な気軽さがいい。入浴と岩盤浴と食事を合わせて3,000円足らず。のんびり1日過ごせるから満足度は高い。

すぐ近所には深夜3時まで営業の極楽湯もあり、まるで和と洋の一騎打ち。互いに相乗効果を生み出し、稲毛から千葉県のスパ銭を盛り上げてほしい。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)

Spa Resort 蘭々の湯
源泉/稲毛温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/千葉市稲毛区園生町445-2 [地図]
電話/043-206-1126
交通/千葉都市モノレール スポーツセンター駅より徒歩6分
     国道16号線「スポーツセンター」交差点より約100m
     京葉道路穴川ICより約700m
     ※大型駐車場あり
料金/(平日)大人750円、小人400円
     (休日)大人850円、小人400円
     岩盤浴は別途大人平日600円・休日700円、小人は平日休日とも400円
      ※小人は小学生以下、2歳まで入場無料
      ※岩盤浴は3歳から利用可
時間/9:00〜25:00、年中無休


カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。鶴巻温泉。twitter@bikke4126

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ