旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

スーパー銭湯

おふろの王様 東久留米店(東京都東久留米市八幡町)

おふろの王様 東久留米店(東京都東久留米市八幡町)福岡県に久留米市が既にあったから東久留米市。安易な考えだと思うが、そもそもこの辺りを走っていると、小さな市が集まっているせいか、自分がいまどの市にいるのかわからない。郊外の住宅地風景がどこまでも続くが、おふろの王様そのものが郊外との相性良し。平日の夕暮れ時、幼な子をつれた客が目立つ。これぞスーパー銭湯の理想的な在り方。

おふろの王様 東久留米店(東京都東久留米市八幡町)腹が減っては戦はできぬとばかりに、まずは食事。券売機で食券を買い求めてのセルフサービス。呼び出し端末は37番、奇しくも下足箱も37番。画一的にも思えるチェーン店なのに、ご当地名物の武蔵野うどん(All About グルメ)をメニューに加えており、店内ブースでの手打ち実演もたまには行なっているのだろうか。せっかく来たなら食さねば。

脱衣所と浴室は階段を上がって2階。ジャグジーや電気風呂などが数多く並び、全体的にぶくぶくしているのはスーパー銭湯らしい浴室風景。流行りの人工炭酸泉はこの店になく、その代わり人気なのは不感温度風呂。露天には岩風呂、絹の湯、寝ころび湯。高い塀に囲まれているせいか開放感はあまりなく。

サウナは2室。遠赤ヒーターの高温サウナ(90℃)と、釜風呂という名の中温スチーム塩サウナ。備長炭水風呂(17℃)を含めて、良くも悪くもスーパー銭湯の域を脱さず平均点。

おふろの王様 東久留米店(東京都東久留米市八幡町)

今回は利用しなかったが岩盤浴(別料金)もあり、ひと通りのアイテムは揃っているのだが、車移動で近隣ならば温泉の湧く花小金井店のほうが良さそう。地元の方は使い分けているのだろうか。

おふろの王様 東久留米店
住所/東京都東久留米市八幡町3-14-4 [地図]
電話/042-479-2603
交通/西武池袋線東久留米駅西口よりバス「前沢十字路」停徒歩3分
     清瀬駅南口、ひばりヶ丘駅南口からもバス便あり
     都道4号線(所沢街道)「前沢」交差点より約180m
     ※大型無料駐車場あり
料金/(平日)大人680円、小学生300円、幼児200円、3歳以下無料
     (休日)大人780円、小学生350円、幼児250円、3歳以下無料
     岩盤浴は平日330円、休日440円、小学生以下は利用不可
時間/10:00〜25:00、年中無休

湯の郷かずさ(千葉県木更津市潮見)

湯の郷かずさ(千葉県木更津市潮見)木更津市のスーパー銭湯はこれまでにかずさのお風呂屋さんMINANO-BAを訪ねたが、最後の1軒は湯の郷かずさ。ここは男性専用施設として知る人ぞ知る、サウナきさらづつぼや(通称つぼやサウナ)の至近距離にある。公式サイトを見れば比較的新しい店だと感じるが、現地を訪ねてみれば、よくある大衆店の佇まい。広大な駐車場も、週末にはいっぱいになるのだろうか。

湯の郷かずさ(千葉県木更津市潮見)入館するとすぐ右手には食事処。券売機で食券を購入すると、直ちにオーダーが入るシステム。食事だけの利用もできるようだが、メニューの少なさに頭を悩ます。

入館料も券売機で支払い、フロントでは下足箱とロッカーの鍵を引き換える。湯あがりの待ち合いを兼ねた畳敷きの休憩所もあって、家族づれでも気楽な雰囲気だ。脱衣所ロッカーにタオルを掛けるのはマナー違反とされているけれど、ここでは「よく絞ってからおかけください」との表記。扉の内側にはフックもある。客と店舗の妥協策か、これなら扉も痛まないし、床も濡れない。

湯の郷かずさ(千葉県木更津市潮見)

浴室内にはジャグジーを備えた大きな湯船が1つ。洗い場のカランはお湯と水の押しボタン、シャワーは固定式。プラ椅子代わりの石。スーパー銭湯創生記の産物であることは一目瞭然。サウナ室はゆったりと真四角の空間に、ベンチをコの字型2段に配置。大きな遠赤ヒーターで、95℃のカラカラ。浴室側とは別の扉を開けると、露天に水風呂。

水風呂は男湯のみ。畳1帖ほどの大きさが2つ並んでおり、「天然水風呂」を謳う。常時吐水の溢れあり。外気に触れながらの17℃は意外と冷たい。その隣の源泉ぬる湯は光明石による人工温泉。源泉の名はどうかと思うが、30℃を下回るとぬる湯ではなく、ちょっと肌寒い。サウナの後にじっくり身体を冷やすもよし、備長炭風呂との冷温交互浴もよし。

湯の郷かずさ(千葉県木更津市潮見)上総名水岩風呂、六角形のバイブラ湯はややぬるめ。露天は塀に囲まれているから景色は望めないが、お湯のぬるさもあって長湯してしまう。地下水は飲用許可を得ており、弱アルカリ性(pH8.1)の滑らかさ。とはいえ、わざわざ遠方より訪ねる店でもなく、どこにでもある大衆店。帰り道で何となしに抽選券を見たら、抽選番号が車のナンバーと同じ。運命を感じるから、抽選結果を確認すべく、年明けに再訪せねばなるまい。

湯の郷かずさ
住所/千葉県木更津市潮見5-7-1 [地図]
電話/0438-30-2345
交通/JR内房線木更津駅西口よりバス「県営住宅」停すぐ
     国道16号線「市役所前」交差点より約450m
     ※無料駐車場210台分あり
料金/(平日)大人730円、子供360円
     (休日)大人830円、子供530円
     (夜間割引)大人のみ平日20:00から530円
     ※子供は小学生以下
時間/10:00〜23:30(日祝は10:00〜23:00)、年中無休

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)スーパー銭湯の外観といえば和風の趣が多いなか、洋風というだけでも一目置いてしまう。それでいてスパと名乗るわけでなく、国済寺天然温泉とややお堅い。地名でもある国済寺は臨済宗南禅寺派、室町時代創建の古刹。しかし、観光で訪れる寺ではなさそう。国道17号線をはさんで向かい側にはハナホテル深谷があって、そこに隣接するのが美肌の湯。

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)深谷市内には深谷花園温泉花湯の森、熊谷市内には花湯スパリゾートと近距離に姉妹店があって、いずれも人気施設。それに引き換え美肌の湯は大衆的で、公式サイトにいたってはJimdoによる手作り。どうやらオープンの経緯が異なるらしく、もとは「湯めぐり浪漫館」といい、温泉湧出を機に名を改めたようだ。あとから開業したホテルの、大浴場としての性質も併せ持つ。

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)入館したら食事処の全体が見渡せる、スーパー銭湯らしいつくり。脱衣所と浴室は男女で反転しており、これまた体育館のように広々。ジャグジーがやたらとぶくぶくしているせいか、ちょっと塩素臭はきつく感じた。人気はやはり炭酸泉だ。露天風呂では地下1,134mから湧出した温泉をかけ流しで使用。重炭酸ソーダとメタケイ酸を多く含むことが、美肌の湯の名の由来。そこまでの温泉らしさを実感しなかったが。

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)塩サウナとロッキーサウナの2室あるのは高得点。ロッキーサウナについては「県内でも数少ない低温で〜」とパンフレットにあるが、温度計はキリよく100℃ちょうどを表示。ベンチや背板などに年季を感じさせる。汗を流さず水風呂にドボンする客が多く、それも含めて大衆的。安くて気軽さが売りの施設ならではか。

風呂あがりにゆっくり休憩するなら、2階のリラックスルームへ。テレビ付きのリクライニングシートが並ぶ。利用料金には館内着やタオルセットも含まれているが、せめて入浴料と同等、もっと言えば安く設定してほしいものだ。

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)

国済寺天然温泉 美肌の湯
源泉/国済寺温泉(単純温泉)
住所/埼玉県深谷市国済寺510-1 [地図]
電話/048-571-8888
交通/JR高崎線深谷駅より徒歩20分
     国道17号線「国済寺」交差点至近
     ※無料大型駐車場あり
料金/(平日)大人600円、小人300円、幼児200円
     (休日)大人700円、小人350円、幼児200円
     ※小人は6歳〜12歳、幼児は3歳〜5歳(2歳以下は無料)
     ※2階リラックスルームは平日800円、休日1,000円(中学生以上)
時間/10:00〜24:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。鶴巻温泉。twitter@bikke4126

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ