旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

スーパー銭湯

スーパー銭湯やまの湯(水戸市笠原町)

やまの湯(水戸市笠原町)水戸市のスーパー銭湯を検索すると、チェーン店や大型店入り混じって4件がヒット。その中でもやまの湯は、現地を訪ねてみれば老舗の佇まい。市街地近郊にありながらも広大な駐車場を備え、その一角に店舗を構える。エントランスは2階にあって、階段の両脇をよく見ればアヒルが3羽ずつきれいに並んでいる。なんという几帳面さだろうか。

やまの湯(水戸市笠原町)券売機でチケットを購入し、今度は1階に降りていく。すると鹿がお出迎え。サトシと名付けられ、いろいろとプロフィールも書いてあるが、突然すぎて戸惑う。支配人さんの名前をもじっていることを、実は知っているが。

浴室は和風風呂と洋風風呂が男女日替わり。ジャグジーがあちこちでブクブクしており、これまさにスーパー銭湯ならではの光景。炭酸泉を筆頭に、湯船の種類はバラエティに富んでいる。露天風呂での売りは水素風呂。炭酸泉のような気泡を実感できないため、入浴効果は信じるしかない。毎日のように通うことが健康への近道なのだろう。いかにも地元のスーパー銭湯とあってか、常連率も高く、あちこちで四方山話に花を咲かせている。

サウナは2室。スチームサウナはもわっとした空間。たいていの店では温度計を天井付近に設置するのに、ここはだいぶ低い位置。40℃の数字だけ見ればぬるく感じるが、よその店なら50℃弱とおそらく一般的な温度。ドライサウナは遠赤ヒーターの90℃で、ベンチ2段に約20人ほどの広さ。ベンチの板を最近張り替えたらしく、ほんのり白木の香りが漂う。

やまの湯(水戸市笠原町)

スーパー銭湯も最近では冷たい水風呂の時代。17℃前後とする店が多いなか、ここは15.5℃と気合いが入っている。浅めなのが残念だが、常時吐水で流れがあるから、余計に冷たく感じる。露天の一角に外気浴コーナーを設け、やはり常連憩いの場と化していた。

やまの湯(水戸市笠原町)再び2階へ。漫画をずらりと並べたり、キッズコーナーを設けたりと、出来うる限りの工夫が見て取れる。いまいち謎なのはトレーニング器具の充実ぶりだ。これもやはり支配人の趣味なのだろうか。スポーツジムに通わずともここで、しかも入館料だけで利用できる。そもそも平日なら520円と、地域性もあろうが、安くて気楽に過ごせる店。幅広い世代が楽しめる、スーパー銭湯らしさが支持されているのだろう。

スーパー銭湯やまの湯
住所/茨城県水戸市笠原町144-1 [地図]
電話/029-244-1126
交通/国道50号線(水戸BP)「笠原町東」交差点より約300m
     ※無料駐車場350台分あり
料金/(平日)大人520円、小学生310円、幼稚園児以下210円
     (休日)大人620円、小学生360円、幼稚園児以下260円
時間/10:00〜25:00、毎月第3月曜日定休(祝日の場合は翌日)

天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば(静岡市駿河区古宿)

天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば(静岡市駿河区古宿)大江戸温泉物語もいまや日本全国35か所で、さまざまな形式の温浴施設と宿泊施設を展開する。静岡市内で運営するのは、日本平の南麓にある天下泰平の湯すんぷ夢ひろば。静岡市内では駿府天然温泉天神の湯おふろcafe bijinyuと並ぶ大型施設だ。うすら寂しい山の中腹にあって、真っ暗な道に突如広がる大駐車場。その奥に現れた入場門は、さながら時代劇のセットのよう。

天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば(静岡市駿河区古宿)館内では現実社会からかけ離れた空間が広がり、カップルや家族づれなら一日楽しめるはず。スーパー銭湯のつもりで入浴だけを目的とするならもったいない。広々とした浴室は、天下の湯(男湯)、泰平の湯(女湯)と名付けられ、男湯ならば元服の湯〜天下統一の湯〜江戸移城の湯といった具合に、8つある湯船を徳川家康の歴史になぞらえている。とはいえ、エピソードが記されているだけで、湯船そのものに仕掛けはないのだが。

天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば(静岡市駿河区古宿)浴室と露天風呂とは全面ガラス張り仕切られており、昼間なら明るく開放的だろう。夜の露天風呂は広すぎて薄暗い。8つある湯船のうち、温泉を使用しているのは男女とも内湯の1つだけ。売りはむしろ2週間ごとに入れ替わる人工温泉や、露天風呂の自然薬草の湯。サウナと水風呂もあるのに、館内案内図に記載されない哀しさ。おまけ扱いか。

ほかに、岩盤浴や夏期限定の水着露天ゾーンも。宿泊用の客室もあるが、テレビ付きリクライニングシートの広々とした仮眠室もあり、オーバーステイの追加料金で翌朝までの滞在が可能(仮眠室翌8時まで、館内利用翌10時まで)。安価だし、収容人数も多いから、いざという時に役立ちそうだ。

天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば(静岡市駿河区古宿)
天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば(静岡市駿河区古宿)

天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば
源泉/すんぷ竹千代の湯(カルシウム・ナトリウム−塩化物冷鉱泉)
住所/静岡県静岡市駿河区古宿294 [地図]
電話/054-237-4126
交通/国道150号線「古宿」交差点より約500m
     ※無料駐車場461台分あり
料金/(平日)大人700円、小人400円、幼児無料
     (休日)大人900円、小人400円、幼児無料
     ※オーバーステイ(24時以降)平日1,000円、休日1,500円
     ※岩盤浴は別途300円
時間/6:00〜24:00

湯〜トピアかんなみ(静岡県函南町柏谷)

湯〜トピアかんなみ(静岡県函南町柏谷)湯〜トピアは「湯の場所」であると同時に、理想郷の意味も込められているのだろう。住宅地から外れた高台に位置し、その立派な佇まいはいかにも町営施設。ユートピアでもなく、かといってディストピアでもなく、簡単に言えば町民憩いの健康増進施設。温泉とプールをメインに、会議室ではヨガやストレッチなどの教室も開講している。伊豆半島の付け根にありながらも、観光客向けの要素はあまりなかった。

湯〜トピアかんなみ(静岡県函南町柏谷)入館料で温泉とプールのどちらも利用でき、お得感もあろうが、今回はもちろん温泉のみ。箱根の湯、伊豆の湯は偶数月に男女入れ替えとなるが、パンフレットを見る限りでは浴室の設備仕様は変わらない。箱根の湯の露天風呂からは富士山を眺めるようだが、霞みがかっているし、日が暮れたら真っ暗。浴室内にはジャグジーや寝湯などを備えており、露天風呂はゆったりとした広さ。これらは温泉を使用しているが、無色透明だし個性には乏しい。

湯〜トピアかんなみ(静岡県函南町柏谷)公共施設にしては珍しく、サウナは2室。ボナサームの高温サウナは湿度高めで、ちょっと嫌な臭いも。テレビもなく、ほかの客を観察していると、びしょ濡れで入室〜タオルを絞るの流れ。オンドルサウナはリクライニング状の背もたれが付いた4人分の空間。こちらは温度低めで、やはりベンチはびちゃびちゃ。小さく浅い水風呂に浸かり、浴室内の椅子に腰掛けるも、湯船からあふれ続ける熱いお湯。最初から露天で外気浴すれば良かっただけの話。日が暮れると館内は人影まばら。田舎の夜は早いのだ。

湯〜トピアかんなみ(静岡県函南町柏谷)

湯〜トピアかんなみ
源泉/柏谷温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/静岡県田方郡函南町柏谷259 [地図]
電話/055-970-0001
交通/伊豆箱根鉄道伊豆仁田駅より徒歩20分
     国道136号線(下田街道)「大場川南」交差点より約2.1km
     ※無料駐車場115台分あり
料金/大人700円、小学生300円、未就学児無料
     ※3時間以内
時間/10:00〜21:00、毎週火曜日定休(祝日の場合は翌日)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ