旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

スーパー銭湯

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町) ※2018/4/13オープン

千葉都市モノレール千葉駅からモノレールに乗り、スポーツセンター駅で下車。すぐ目の前には、幼稚園の頃に住んでいたマンションが。佇まいや当時遊んだ公園は変わらずとも、掲示板には老人会のお知らせ。懐かしさと感傷に浸りつつ、通っていた幼稚園の角を曲がれば、4/13にグランドオープンした蘭々の湯。一目で玉岡設計とわかる外観、そして館内も「どこかで見たことある」アイテムがいっぱい。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)下足箱の鍵にはICタグが付いており、フロントで入館登録する。岩盤浴利用の場合は、エリア入口の受付にてセットを受け取る。浴室は2階にあって、待合いスペースにはテレビやソファを設けている。これだけでも初期型スパ銭を凌駕するが、さらにはリクライニングシートが並ぶ休憩室も。入館料だけで利用できるとは、コストパフォーマンスの高さを早くも実感。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)浴室に入ったらすぐにサウナ。室温は86℃で若干乾燥気味の頃合いに、自動ロウリュウで湿度を上げてくれる。さらには3時間おきに(1日5回)、スタッフによるロウリュウも開催。うちわ熱波は「よいしょーよいしょー」と威勢がいい。水風呂は深いしバイブラありで、17℃の表示よりも冷たく感じる。バイブラは身体が流されるほどの激しさだ。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)白湯は奥に電気風呂を設え、さらには炭酸泉やジャグジーも。露天に出るとアクリルの円型プールがあって、「池に入らないでください」と。太鼓の音が響き渡り、屋根の上の大きな樽がひっくり返って、豪快に水が流れ落ちる。川越市の小江戸はつかり温泉と同じ演出だ。お気づきの方もいると思うが、姉妹店。千葉県内だと習志野市の菜々の湯も。

テレビを観ながらの円型風呂では、地下1,000mから湧出した温泉が楽しめる。琥珀色に輝き、塩分を多く含む。温泉を使用しているのはこの湯船だけで、ほかには壺湯4つと、部屋の作りに寝湯が並んだ洞窟風呂。塩サウナでも毎時00分に自動ロウリュウがあり、霧雨のごとく水をかけ続ける。もうもうと蒸気が立ち込め、やがて室内は真っ白に。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)さて、次は岩盤浴。温度の異なる3室とロウリュウサウナ、雪降るクールルーム、漫画コーナー、リクライニングシートの休憩室など充実した内容。ヨガ映像を流したり、別料金だがインストラクターによるホットヨガを開催したりと、最近の話題もしっかり押さえている。これで平日600円はコスパ高すぎ。岩盤浴エリアだけで半日は過ごせそう。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)競うようにしてどんどん進化を遂げる岩盤浴エリアでのロウリュウ。蘭々の湯のプロジェクションマッピングによる映像演出はすごかった。スタッフが登場し、「音、光、アロマ、熱波をお楽しみください」と。ファイヤー!ロウリュウ!と客と掛け合い、場を盛り上げ、一体感を生み出しながら、バシャバシャとアロマ水をかけていく。

その結果、多少の痛みを伴う激熱な仕上がりに。ひと昔前なら女性客はキャーキャー言って逃げ出していたものだが、ロウリュウ人気もすっかり定着したか、皆さん熱さに強い。(露天風呂とマッピングロウリュウの写真は公式サイトより転載)

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)食事は卓上のタッチパネルで注文する。メニューブックの作りからしてポップで、ファミレス的な気軽さがいい。入浴と岩盤浴と食事を合わせて3,000円足らず。のんびり1日過ごせるから満足度は高い。

すぐ近所には深夜3時まで営業の極楽湯もあり、まるで和と洋の一騎打ち。互いに相乗効果を生み出し、稲毛から千葉県のスパ銭を盛り上げてほしい。

Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)Spa Resort 蘭々の湯(千葉市稲毛区園生町)

Spa Resort 蘭々の湯
源泉/稲毛温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/千葉市稲毛区園生町445-2 [地図]
電話/043-206-1126
交通/千葉都市モノレール スポーツセンター駅より徒歩6分
     国道16号線「スポーツセンター」交差点より約100m
     京葉道路穴川ICより約700m
     ※大型駐車場あり
料金/(平日)大人750円、小人400円
     (休日)大人850円、小人400円
     岩盤浴は別途大人平日600円・休日700円、小人は平日休日とも400円
      ※小人は小学生以下、2歳まで入場無料
      ※岩盤浴は3歳から利用可
時間/9:00〜25:00、年中無休


あさぎり温泉 風の湯(静岡県富士宮市上井出)

あさぎり温泉 風の湯(静岡県富士宮市上井出)富士山の西麓、朝霧高原の手前にぽつんと一軒あるのが風の湯。夏は涼しく爽やかな風が吹くのだろうか。春先の昼下がりは駐車場も疎らで、のんびりとした田舎の空気が流れていた。富士宮市街地より車で約20分、その距離以上に遠く感じた道のり。そして、飾りっ気なく、商売っ気すら感じない外観。まずはフロントで料金を支払い、入浴券を貰う。

あさぎり温泉 風の湯(静岡県富士宮市上井出)たいていの店では脱衣所や浴室内にウォーターサーバーを設置しているが、こちらは廊下にある。コップや湯呑みが並ぶさまは、まるで給湯室。飲用や浴用に使用するのはバナジウム水だ。血糖値を下げ、成人病の予防に効果的だという。そして看板にもあった無料の岩盤浴は、脱衣所の一角に設けた一人用のベッド。カーテンを閉じて利用する(しなかったけど)。

浴室に入ると大きな内風呂。あさぎり温泉と名が付くも、メタケイ酸が該当する冷鉱泉。無色透明で個性に乏しく、店としても温泉の効能や特性を謳うわけでもなく。やはり売りはバナジウム水なのだ。

洗い場の突き当りには水風呂があって、そのわきにさりげなくサウナ室。オリンピアの銘の付いた遠赤ヒーターは84℃までしか上がらず、いまいち温まりきらないまま水風呂へ。びっくりするほどキンキンに冷えていた。

あさぎり温泉 風の湯(静岡県富士宮市上井出)露天風呂は塀越しに雑木林を眺め、朝霧高原の雰囲気は微塵にも感じない。新緑の季節にでもまた訪ねたい。

館内には休憩室が3室あって、おばちゃん達が寛いでいた。食堂も気兼ねない雰囲気。土地柄もあろうが、オープン20周年と知って納得した。老舗の風格ではないか。

あさぎり温泉 風の湯(静岡県富士宮市上井出)

あさぎり温泉 風の湯
源泉/あさぎり温泉(温泉法の温泉)
住所/静岡県富士宮市上井出3470-7 [地図]
電話/0544-54-2331
交通/国道139号線「上井出IC」交差点より県道72〜71号線経由で約2.7km
     新東名高速道路「新富士IC」より約17.5km
     東名高速道路「富士IC」より約20km
     ※無料駐車場あり
料金/大人900円、子供500円(17時以降は大人600円、子供300円)
     ※子供は2歳以上小学生まで
時間/10:00〜22:00、毎週火曜日定休(祝日の場合は翌日)

センター南温泉 湯もみの里(横浜市都筑区茅ヶ崎南) ※2018/1/30オープン

センター南温泉 湯もみの里(横浜市都筑区茅ヶ崎南)神奈川県内に限らず全国的にもスーパー銭湯は飽和状態にあり、新規開店数は年々減少傾向。それでもなおオープンの一報とあれば、否が応でも期待と注目が集まる。場所はスパガーディッシュが独擅場とする港北ニュータウン。温泉と岩盤浴を売り物とし、価格帯も似通っているのは気になるところ。両店舗と地域にとって相乗効果が見込めれば良いが。

センター南温泉 湯もみの里(横浜市都筑区茅ヶ崎南)センター南の駅前は親子づれが多く、街並みも若い印象。それでいて湯もみの里は小学生以下を入館不可としている。施設によってコンセプトは様々だが、あえて大人向けの雰囲気を演出するでもなく、見る人によってはすぐわかる玉岡設計の色。フロントではICタグ付きのロッカーキーを、階段手前のカウンターではタオルと館内着のセット、岩盤浴(別料金)のセットを受け取る。2つのバッグでロッカーの中はごちゃごちゃ。

浴室に入るとまずは温泉使用の人工炭酸泉。「ここでしか味わえない」の表記に違和感を覚えるが、「当地から湧き出す〜」とあれば何も言えない。黄褐色の温泉は地下1,500mから湧出したという。塩分を多く含むこともあって、個人的好みで言えばもっと温めでも良いかなと。ほかに室内にはジャグジーとシルク風呂。

露天には壺湯や寝ころび湯、温泉を使用した湯船はオリンピック見たさの客が手前側を埋めていた。「湯もみの里」と呼ぶほどの温泉風情はなく、むしろ他所でも見たことあるようなスパ銭風情しか感じない。

サウナは86℃超を表示するが、実際はベンチ最上段で80℃ほど。いや、それよりも体感はもっと温い。天井高と奥行きを活かしてベンチの段数を増やせば良かったし、不意にプシャーっと作動する自動ロウリュも気休めでしかない。対して水風呂は16℃以下と攻めているが、アンバランスは否めない。

センター南温泉 湯もみの里(横浜市都筑区茅ヶ崎南)岩盤浴は趣向の異なる44℃(石)、45℃(タイル)、55℃(タイル)の3室と、7℃のクールルーム。コミックコーナーを含め、どの部屋もほぼ貸切状態とは寂しい。このうち55℃の部屋は石積みストーブを室内中央に置き、衝立を簡易ベンチすることも可能。ということは、将来的に着衣ロウリュを想定しているのか。隣接するリクライニングシートの休憩室は誰でも利用可能で、実際に岩盤浴エリアの自動改札のわきをすり抜けていく。途中で方針転換したのだろうか。

センター南温泉 湯もみの里(横浜市都筑区茅ヶ崎南)最上階には寝ころび座敷。閑散とした様が物悲しく、滞在型コンセプトは活かされていない。ぐるりと外に回り込んでデッキの先には足湯があるも、想定する客層に恵まれていないのも明らか。公式サイトもパンフレットもなく、店内の掲示板も持て余している。ついでに言えばスタッフも間を持て余している。オープニングのいまやるべきことは山ほどある。そして、どういう店づくりをしたいのだろうか。オープンして2週間経つのに、いまだ真っ新な印象を受けた。

センター南温泉 湯もみの里
源泉/ナトリウムー塩化物強塩温泉
住所/横浜市都筑区茅ヶ崎南4-3-1 [地図]
電話/045-942-2611
交通/横浜市営地下鉄センター南駅より徒歩7分
料金/平日1,240円(21:30以降980円)、休日1,490円
     ※小学生以下の入館不可
     岩盤浴は別途860円
時間/10:00〜25:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。鶴巻温泉。twitter@bikke4126

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ