旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

スーパー銭湯

源気温泉 万博おゆば(大阪府吹田市千里万博公園)

源気温泉 万博おゆば(大阪府吹田市千里万博公園)大阪万博から半世紀経ってもなお、万博公園といえば大阪だし、府民憩いの場として親しまれている。その万博公園の西に位置するのが、万博おゆば。単純にしてキャッチーな響きだ。姉妹店の八尾おゆば、風の湯など、ツルカメO&Eは直営と委託合わせて11店舗を展開。ツルカメといえば温浴業界では温水器のイメージだが、調べてみるとO&Eの前身は四国販売店。ハードからコンサルまで幅広く手掛けているのも納得だ。

IMG_4740オープン17年経っており、スーパー銭湯としては老舗。入店して全体が見渡せるような、ひと昔前の店舗設計。しかし綺麗だし古さは感じさせない。物販コーナーは売り場を広く設け、野菜や果物などをたくさん並べている。常に一定の売り上げがないと、この品揃えは難しいはず。地域に愛されている施設であることは容易に想像できる。

券売機でチケットを購入し、さっそく浴室へ。主浴槽のほか、ぬる湯、腰かけ湯、ジェットバスなど、バラエティに富んだ内容。サウナは男性側は遠赤ヒーター、女性側はロッキー、さらにどちらも塩サウナを備えている。

源気温泉 万博おゆば(大阪府吹田市千里万博公園)

露天風呂の替わり湯や炭酸泉もよいが、万博おゆばと言えば温泉なのかも。地下700mから湧出する温泉には鉄分を含んでおり、黄土色で鉄さび臭あり。湯船の縁は茶色になって、あふれ出た温泉が千枚田を作っている。大阪に温泉のイメージはなかったが、期待値をはるかに超える泉質だった。

食事は平日ランチならリーズナブルだが、グランドメニューはやや高級志向。スーパー銭湯で3,000円のステーキ御膳とは贅沢な話だ。ほかに岩盤浴(時間制・別料金)や小上がりの休憩スペースなどがあって、楽しく過ごせるアイテムは揃っている。

源気温泉 万博おゆば
源泉/万博温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/大阪府吹田市千里万博公園11-11 [地図]
電話/06-6816-2600
交通/阪急千里線・大阪モノレール 山田駅より徒歩10分
     国道423号線(新御堂筋)千里ICより約3km
     ※大型駐車場あり(3時間まで無料)
料金/(平日)大人800円、小人400円、乳幼児100円
     (休日)大人900円、小人450円、乳幼児100円
     ※小人は4歳〜小学生
     ※岩盤浴は50分コース700円、25分お試しコース400円
時間/10:00〜25:00、年中無休

天然温泉 満月(大阪市東淀川区小松)

天然温泉 満月(大阪市東淀川区小松)スーパー銭湯も時代とともに店舗の大型化が進み、近隣店との差別化を明確にすべくコンセプト型の傾向にある。郊外立地ならなおさらのこと。しかし、阪急上新庄駅前の天然温泉満月は、そんな流れとは逆をいく。駅前の優位性に加え、いつでも立ち寄れる深夜3時までの長時間営業。飲食やボディケアといった付帯サービスを省き、入浴のみで回転率や再来率を重視する。

天然温泉 満月(大阪市東淀川区小松)駅前コンパクト型ともいえる店舗だが、建物の設計には無駄がない。脱衣所を1階、浴室を2階に設け、階段で上下する。男湯と女湯は左右対称だ。浴室には温泉使用の主浴槽と電気風呂、さらにサウナと水風呂を配置。露天には温泉浴槽と炭酸泉を配置。浴室と露天とは、季節柄か窓を大きく開け放っており、狭い室内でありながらも開放感を生み出している。また、それぞれの湯船は小ぶりではあるが、飽きのこない湯船だけに数を絞っており、客も適度に分散している。

天然温泉 満月(大阪市東淀川区小松)温泉は淡黄色透明で、地下700mより毎分250L湧出。大阪の事情はよく知らないが、温泉掘削でも恵まれた立地といえる。遠赤外線サウナは狭さが有利となってほどほどに熱いし、青い照明による視覚効果で水風呂をより冷たく感じさせてくれる。そして、露天のウッドデッキでごろ寝もできる。風呂好きもサウナ好きも楽しめるはずだ。

天然温泉 満月(大阪市東淀川区小松)本来は儲け口といわれる付帯サービスをあえて省くことで、本質でもある温浴を重視。運営面でもシンプルだからこそ、付帯サービスの売り上げに影響されることなく、温浴の軸を太くしていけば安定した収益を得ることができる。早朝開店ならば、もっと利便性が高まるのではなかろうか。地方都市の駅前にもっと増えてほしいビジネスモデルだ。

天然温泉 満月(大阪市東淀川区小松)



天然温泉 満月
源泉/上新庄温泉(単純温泉)
住所/大阪市東淀川区小松1-12-29 [地図]
電話/06-6329-4126
交通/阪急京都線 上新庄駅北口すぐ
料金/(平日)大人680円、小人300円、乳児無料
     (休日)大人750円、小人350円、乳児無料
     ※小人は12歳未満、乳児は3歳以下
時間/10:00〜深夜3:00、年中無休

※浴室と露天風呂の写真は公式サイトより転載

幕張温泉 湯楽の里(千葉市美浜区美浜) ※2020/7/15オープン

幕張温泉 湯楽の里(千葉市美浜区美浜)総武沿線に比べると、京葉沿線は温浴施設の出店について魅力ある地域と言える。駅前にはタワーマンションが建ち並び、ロードサイドはショッピングモールの集客もあって、適度な車社会でもある。なにより沿線住民は高所得で、洗練された施設を好む。という勝手な仮説(想像)を打ち立て、海浜幕張へ。都心と成田空港の中間に位置し、アクセスしやすい街だ。

幕張温泉 湯楽の里(千葉市美浜区美浜)東京ベイエリアと呼べるのもここまでといった印象だが、千葉マリンスタジアムからJFA夢フィールドへと続く海浜公園の延長に、幕張温泉湯楽の里がオープンした。平日なのになかなかの盛況ぶりを見ると、地域の人たちは待ち望んでいたということか。下足箱の鍵はリストバンドに。自動改札機にICタグをタッチして入館する。最近流行りの方式。

幕張温泉 湯楽の里(千葉市美浜区美浜)岩盤浴の追加はフロントではなく、セルフ方式で行う。またもやICタグをタッチして、岩盤浴(館内着兼用)のサイズを選択。小窓が開くので、中のハンガーから取り出す。小窓の裏のリネン室にはスタッフがいるのだろう。ちなみに自動精算機で支払いするので、退館までスタッフとはひと言のやり取りもない。コンシェルジュ代わりにペッパーくんでも置いたら完璧なのに。

幕張温泉 湯楽の里(千葉市美浜区美浜)オーシャンビューはあとで堪能するとして、さっそく2階の浴室へ。もちろん露天風呂もオーシャンビューで、この時期は窓を開け放っているから浴室全体が開放感あって、広々とした印象。炭酸泉は一部に寝湯を設けており、常に空き待ち。サウナもウレタンマットの水洗いが間に合わず、室内もほぼ満席。オートロウリュは毎時00分に作動し、送風機も延々と作動する。加湿よりむしろ乾燥ではないかと。

幕張温泉 湯楽の里(千葉市美浜区美浜)

露天風呂の配置は、横須賀や酒々井を踏襲。一段高い円型湯船はかけ流しで、広々とした方は循環式。源泉は地下2,000mより湧出し、淡黄色透明。どういう理由か源泉供給は朝9時からと決まっているようで、完全換水したらオープンに間に合うのかと素朴な疑問。霞んでいたが、木更津から羽田空港まで東京湾をぐるりと一望。

幕張温泉 湯楽の里(千葉市美浜区美浜)岩盤浴エリアの入退場も自動改札機にて。岩盤浴はコンセプトの異なる2つの大部屋に分かれている。手前は室内中央にプルガマ(火釜)を設けており、スタッフによるロウリュをやったら面白そう。奥はナノミストロウリュを毎時開催しており、水春松井山手と同じく雲海を再現したようなもの。リクライニングシート、フリースペース、外気浴デッキと休憩室は充実しており、これだけの内容をもってすれば追加料金は安く感じるはず(そもそも安いのだが)。必然的に滞在時間が延びてしまうことは覚悟の上で。

幕張温泉 湯楽の里(千葉市美浜区美浜)

省人化の店舗にあって、食事処がフルサービスなのはあべこべにも感じてしまう。ひとりだから窓側のカウンターにしたけど、夜の海は真っ暗すぎるし、この店舗を最大限楽しむなら夕暮れ時までなのかも。朝イチからのんびり過ごしてからの千葉マリンなんて最高のコースだと思う。

幕張温泉 湯楽の里(千葉市美浜区美浜)


幕張温泉 湯楽の里
源泉/幕張温泉 湯楽の里(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/千葉県美浜区美浜26 [地図]
電話/043-205-4126
交通/JR京葉線海浜幕張駅より徒歩20分(無料送迎バスあり)
     国道14号線「幕張公園」交差点より約3.2km
     ※大型無料駐車場あり
料金/(平日)大人980円、こども450円
     (休日)大人1,200円、こども500円
      ※こどもは4歳〜小学生、3歳以下無料
      ※岩盤浴は平日300円、休日400円
時間/9:00〜24:00
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ