旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

スーパー銭湯

レッツ高浜(愛知県高浜市神明町)

レッツ高浜(愛知県高浜市神明町)スーパー銭湯のネーミングもさまざまだが、レッツ高浜の爽やかさと気軽さに勝るものはない。目抜き通りの一本裏手とやや不利な立地ながら、大きな「ゆ」のネオンが眩しく、リーズナブルな雰囲気を思わせる。階段を上がると間仕切りもないワンフロアの大空間で、フロント、休憩スペース、レストランに分かれている。券売機でチケットを購入し、暖簾をくぐって脱衣所へ。

レッツ高浜(愛知県高浜市神明町)設計会社や年代によって既視感を憶えることもあるが、浴室は神奈川県の湯快爽快ちがさきと瓜二つ。真四角の浴室の周囲に洗い場を設け、石の長椅子、プッシュ式のカラン、シャワーフックの位置が高く、腕をめいっぱい伸ばさざるをえないのはご愛嬌。浴室中央にジェットバスやバイブラ湯を配置しており、炭酸泉や替わり湯が無いのは残念。(浴室の写真は公式サイトより転載)

レッツ高浜(愛知県高浜市神明町)露天風呂は岩風呂と打たせ湯、円型風呂。ここでもまた拡張する前の湯快爽快を懐かしく思い出す。高い塀に囲まれているけれど、テレビを観ながら入浴できる。むかしは熱波甲子園でも活躍するほどロウリュに力を入れていたけれど、いまはやっていない様子。そもそもサウナ室は遠赤ヒーターだし、室内温度も極めてオーソドックス。

レッツ高浜(愛知県高浜市神明町)休憩室のリニューアルと引き換えに、食事処は縮小したのか、軽食コーナー風のこじんまり感。利用客の少なさに比例してかメニューも少ないが、ナシゴレンやガパオライスといったエスニック料理へのこだわりが謎。リーズナブルを売りにするならば、スタッフの知恵と手づくり感によって、もっと親しみやすく楽しい空間づくりができるはず。店内や公式サイトでもアピールされているK’s GROUPは、岡崎市などでラブホテルを複数運営する会社。相乗効果を生み出すアイデアがあってもよいのかなと。

レッツ高浜
住所/愛知県高浜市神明町8-19-1 [地図]
電話/0566-52-9826
交通/名鉄三河線三河高浜駅より徒歩17分
     国道419号線「吉浜小学校東」交差点より約800m
     ※無料駐車場あり
料金/(平日)大人570円、小学生300円、幼児200円
     (休日)大人620円、小学生350円、幼児250円
      ※幼児は3歳〜小学生未満
時間/10:00〜24:00、年中無休

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)おふろの王様は、東京・神奈川・埼玉に10店舗を展開。このたび花小金井店を訪ねたことで、ようやく全店舗を制覇。花小金井という地名は、玉川上水の桜並木に由来するのだとか。江戸時代より花見の名所として賑わったが、いまは小金井公園。江戸東京たてもの園、スポーツ、バーベキューなど、多くの都民が憩う。おふろの王様花小金井店は、小金井公園の北に位置し、行楽ついでの立ち寄りにも便利だ。

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)

フロントでは料金支払いと同時に、精算用リストバンドを受け取る。岩盤浴も利用するなら、脱衣所の手前のカウンターにて受付。この店の自慢は、地下1,500mより湧出する茶褐色の温泉。平日とはいえ浴室は賑わっており、どの湯船も隙間に割って入るようだが、一番人気は温泉を使用した炭酸泉。露天の岩風呂は一部をかけ流しにしており、こちらも人気。

サウナですらも、気づけば四方を囲まれるほど。何の特徴もない遠赤外線ヒーターのサウナだが。そして、露天側のスチームサウナにいたっては、ドアを開けたら白みがった狭い空間に、立ち客の姿も。

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)

階段を上がって2階は岩盤浴エリア。リクライニングシートの休憩室は、岩盤浴の利用客専用と誰でも利用可に分かれている。テレビ付きで寛げるが、階下の騒がしさがたまに気になる。それ以外にごろ寝できる広間を2か所設け、はたまた健康器具2種類を置いてみたり、女性専用のセルフエステコーナー(泥パック)を設けたりと他にはない特色も。個性の異なる岩盤浴3室とクールルーム。浴室の賑わいはよそに、岩盤浴は混み合うこともなく、マナーの良い客ばかりだから静かに過ごせる。対価に見合った内容と言えるかも。

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)食事処はフルサービスで客席も多い。休日などは家族づれで賑わうのだろう。一人用のカウンター席も2か所に設けている。隣接する休憩所が広くないせいか、平日でもごった返しており、やや騒がしい。しかし、これも活気あるスーパー銭湯ならではの光景と思えば微笑ましい。気兼ねなく過ごせる施設として地元に定着し、確固たる人気を築き上げているようだ。

おふろの王様 花小金井店
源泉/王様温泉花小金井の湯(ナトリウム−塩化物泉)
住所/東京都小平市花小金井南町3-9-10 [地図]
電話/042-452-2603
交通/西武新宿線花小金井駅より徒歩13分
     都道15号線(小金井街道)「鈴木町」交差点より鈴木街道を約1.1km
     ※無料大型駐車場あり
料金/(平日)大人960円、小学生400円、幼児300円、3歳以下無料
     (休日)大人1,160円、小学生500円、幼児400円、3歳以下無料
     ※岩盤浴は別途750円
時間/9:00〜24:00

ヘルシースパ サンロード(甲府市大里町)

ヘルシースパ サンロード(甲府市大里町)地元山梨県内を主力に店舗展開する、クスリのサンロード。5月には新規事業として「ヘルシースパサンロード」をオープンした。かつて大滝温泉の名で営業していた店舗をリニューアルしたもので、既存の温泉に加え、フィットネスジムの新設と、食の魅力で近隣施設との差別化を図る狙い。外観にかつての面影を残すものの、館内はかなり洗練された印象だ。

場所の目印となるのが、皮肉なことにドラッグストア大手のウエルシア。国母駅から徒歩20分と歩けない距離ではないが、広大な駐車場が車社会を思わせる。下足箱と脱衣所ロッカーの鍵を引き換え、脱衣所へ。真新しいロッカーが並び、浴室も大滝温泉の頃を思い出せないくらい、すべてを改装。

ヘルシースパ サンロード(甲府市大里町)浴室でまず目を引くのが横長に5帖ほどの広さの水風呂。残念ながら温度計は23℃を指していたが、これだけの広さはスーパー銭湯ではまず見ないし、ゆったりと手足を伸ばし、長く浸かっていられるから、むしろ冷えすぎに注意。

サウナはこれまた横長の室内に、ベンチが上下2段。緑の照明がおしゃれ。オートロウリュは毎時00分作動のようだが、平常時でも湿度は高め。心地よい蒸され感だ。

ヘルシースパ サンロード(甲府市大里町)

炭酸泉以外は内湯、露天風呂とも、茶褐色の温泉を使用。浴室看板やパンフレットには「太陽のエネルギーが宿る温泉」「とてつもないパワーが宿るネオスポット」といった説明があり、薬局ならでは角度から温泉への思いが伝わってくる。露天には岩風呂や壺湯など、室内には非温泉の人工炭酸泉も。

ヘルシースパ サンロード(甲府市大里町)湯あがりの休憩は、男女脱衣所の前に待ち合いを兼ねた小空間。ソファとテレビと自販機と。レストランはフロントの前を通過するので、誘引性で劣るぶん、食事だけの利用も可としている。山梨県内の他の温泉施設のように畳敷きの大広間などはなく、ごろ寝して過ごすのんびりした施設ではない。温泉×フィットネス×食をテーマに、健康への道しるべを作るというコンセプトは素晴らしく、山梨県内では一歩先を行くスタイルだと言える。

ヘルシースパサンロード



ヘルシースパ サンロード
源泉/ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉
住所/山梨県甲府市大里町4144-4 [地図]
電話/055-243-1126
交通/JR身延線国母駅より徒歩20分
     JR中央本線甲府駅よりバス20分「大里南団地」停すぐ
     国道20号線(甲府BP)「国母立体」交差点より約3km
     ※無料駐車場約200台分あり
料金/(平日)大人780円、小人350円
     (休日)大人880円、小人350円
     ※消費税別途、小人は3歳〜小学生
時間/9:00〜24:00、年中無休

※水風呂、サウナ、浴室の写真は公式サイトより転載
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ