旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

スーパー銭湯

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町) ※2017/4/24オープン

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)秩父といえば埼玉県を代表する緑豊かな観光地にして、三十四箇所霊場の札所巡り、昨年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された秩父夜祭(秩父神社例大祭)なども有名だ。また、地域広範に温泉が湧出し、ドライブがてらの湯めぐりも楽しい。そんな秩父の玄関口が西武秩父駅。池袋から特急レッドアローなら最短78分の旅。この春からは横浜との間に直通列車S-TRAIN(休日限定)が運行している。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)西武秩父駅は3月にリニューアルされ、そして4/24には駅直結型の温泉複合施設「秩父駅前温泉 祭の湯」が新規オープンした。土産物などを扱うちちぶみやげ市、名物のわらじかつやホルモンなどが味わえるフードコート、週末は宿泊利用も可能な温泉施設からなり、延床面積約1129坪(うち温泉施設約970坪)のビッグスケールだ。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)朱塗りの外観に無数の提灯、唐破風屋根に神社幕を意識した暖簾、ロゴには秩父の「ち」「父」をデザインする芸の細かさ。夜もなかなか素敵で、祭りの山鉾や賑わいを彷彿とさせる。

温泉施設ではまず下足箱の鍵をフロントに預け、リストバンドを受け取る。岩盤浴の受付もこちらにて。階段またはエレベーターで2階に上がると、長い廊下が続き、右手にボディケアや岩盤浴室、左手にリクライニングシートと畳敷きの休憩室、奥に脱衣所と浴室がある。館内は和風旅館の趣きで、なんだかわくわくする。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)浴室内には人工炭酸泉とシルク湯、ジャグジーがあり、よくあるスーパー銭湯の雰囲気。目新しさも特筆すべきこともない。サウナ室はベンチが3段、温度計は86℃を指しており、マイルドな熱さだが、5分も経てば滝のような発汗。自動ロウリュを導入し、水がジュワっと滴り落ちるも、さほど熱気は上がらず。たまたまやって来たスタッフに頻度を聞くと、「わからない」との返答。珍しいのはテレビのチャンネルがNHK-BS1であること。昼間は海外の話題ばかり。水風呂17℃で、室内にもベンチを置いてくれたら良いのに。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)

露天の花見湯、つぼ湯、寝ころび湯は「熊本復興キャンペーン」と称し、黒川温泉を人工的に再現。ほんのり白濁した硫黄泉だが、皆が期待している温泉はこれではないはず。本来売りにすべき温泉は小さな岩風呂でのみ使用しており、5〜6人も入ればいっぱい。

地下2,000mも掘削したというのに、湧出量が毎分6.1リットルとは想定外の少なさだったのではなかろうか。分析表の「灰色を呈し、灰色の浮遊物、沈殿物あり」との表記も、循環濾過の過程により実際には何も感じられず。もっとも露天の雰囲気は素晴らしく、旅情も相まってのんびりさせてくれる。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)

岩盤浴はフリータイム制。オープン直後とはいえ、定員11名の室内は平日でほぼ満床。空きがあるかバタバタとドアを開けられては落ち着かない。土日やGWのパンクは目に見えているが、何か策は練っているのだろうかと心配になる。もうひとつ小部屋もあるが、こちらは寝る用ではないからほぼ無人。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)施設規模のわりには、1階のレストランはこじんまりとしたもの。イチオシのわっぱ飯と十割蕎麦のセットを注文。メニューは決して多くはないが、ご当地ものなどツボを押さえているのは嬉しい。途中退館してフードコートを利用することも可能だ。秩父名物のわらじかつ、ホルモン、さらにはジェラート、たこ焼きなど7店舗と充実している。家族づれには気楽で良いかもしれない。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)リクライニングシートはテレビ、読書灯、コンセント付き。地上波だけでなくBSも観られるから、野球好きならパリーグの試合も。西武ライオンズを応援させたい目論見か。有料のプレミアムラウンジ(女性専用あり)は2時間制で半個室型。週末には予約制の宿泊利用にも使用される。ハイキングや札所巡りなど、泊まりで秩父を訪ねたい方には重宝するのかも。温泉以外にプラスアルファの要素が多いから、過ごし方の幅が広がるし、のんびりとしてしまう施設だ。



西武秩父駅前温泉 祭の湯
源泉/西武秩父駅前温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物冷鉱泉)
住所/埼玉県秩父市野坂町1-16-15 [地図]
電話/0494-22-7111
交通/西武秩父線西武秩父駅前
     秩父鉄道御花畑駅より徒歩5分
     国道140号線(彩甲斐街道)西武秩父駅前交差点至近
     ※祭の湯専用駐車場39台分(近隣に提携Pあり)2時間無料
料金/(平日)大人980円、こども600円
     (休日)大人1,080円、こども710円
     ※大人は中学生以上、こどもは3歳〜小学生
     朝風呂(休日のみ6:00〜9:00)大人760円、こども500円
     深夜追加料金(金・土・祝前日の24:00以降)2,490円
     プレミアムラウンジ宿泊(金・土・祝前日の20:00以降)3,460円
     岩盤浴は別途平日380円、休日440円
時間/月〜木・日・祝10:00〜23:00
     金・土・祝前日10:00〜24:00
     宿泊(金・土・祝前日)20:00〜翌9:00

島田蓬莱の湯(静岡県島田市旭)

島田蓬莱の湯(静岡県島田市旭)静岡県は東西に広く、関東に住んでいると西に進むにつれ、静岡市から先はぼんやりとした位置関係となる。電車でも車でも、大井川を越える辺りが島田市と覚えておけば何かの役に立つかも。「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」とは東海道に架橋が禁止されていた時代。大雨でもあれば、島田宿と対岸の金谷宿はたいそう賑わったという。明治12年になってようやく架けられたのが蓬莱橋。世界一長い木造歩道橋としてギネスブックにも認定されている。(8年前のブログ記事

島田蓬莱の湯(静岡県島田市旭)今回は蓬莱橋に因んだ、島田蓬莱の湯へ。平成11年オープンのオールドスタイルとでも言うべきスーパー銭湯だ。広々としたフロアに物販陳列棚、小上がりの休憩スペース、ボディケア受付、ゲーム機などを設け、わざとか否かごちゃごちゃ感を演出。ボディケアは2社が競い合い、パンフレットなどに滋和堂、リバース東京と社名を記しているのは珍しい。

島田蓬莱の湯(静岡県島田市旭)フロントのすぐ隣の暖簾をくぐると脱衣所。ロッカーは100円リターン式。大きな湯船からは窓越しに露天風呂を眺めるが、よく見たら引き違いの扉を1か所設けており、その下を開口にしている。お湯に浸かりながら、露天風呂へと直接行き来ができるのだ。雨風の日のお湯の汚れは気にならないのだろうか。もちろん別に出入口も設けている。

露天には壺湯のほか、人工炭酸泉も。壁には蓬莱橋が描かれている。立て札で蓬莱橋の歴史などを解説くれるが、「ここに蓬莱橋を復元致しました。露天風呂に架けられたこの蓬莱橋〜」の一節はちょっと意味不明。蓬莱橋を描いただけではないのか。

島田蓬莱の湯(静岡県島田市旭)

サウナからも露天風呂を望める。3段式のボナサームで温度計は85℃、湿度計も設置しているのは珍しく、針は20%を指していた。ほかにスチーム塩サウナもある。水風呂はざあざあと溢れており、洗面器を受け皿にするのは良いアイデアだ。サウナのあとの掛け水はその洗面器を利用。スーパー銭湯にしては広めで、絶えず吐水しているから冷んやり。

島田蓬莱の湯(静岡県島田市旭)

岩盤浴は通路と階段を経て別棟にある。おそらく増築したのだろう。専用の休憩スペースは2か所あって、階段手前にはワンダーコアやバランスボールなどが並ぶ。壁のすぐ裏側は食事処だから、張り切ってトレーニングするのも憚られる。岩盤浴は手前がおしゃべりOK、奥がおしゃべりNGの2室。平日はフリータイム制だが、休日は60分or90分の時間・席指定制で、さらには女性専用エリアも設けている。平日の昼間はほぼ貸し切りだったが、休日はかなり利用客が多いのだろうか。それにしても強気な岩盤浴料金設定。西焼津の姉妹店、笑福の湯のほうが設備充実だしリーズナブル。しかし、だ。@nifty温泉のクーポンを見逃す手はない。入浴と岩盤浴のセットで1,000円なのだから。

島田蓬莱の湯(静岡県島田市旭)

島田蓬莱の湯
住所/静岡県島田市旭2-1-30 [地図]
電話/0547-34-4126
交通/JR島田駅よりバス5分「旭町」停下車
     国道1号線(藤枝BP)野田ICより約2.6km
     ※無料駐車場あり
料金/(平日)大人670円、子供310円
     (休日)大人770円、子供360円
     ※子供は3歳〜小学生、3歳未満は入浴不可
     ※岩盤浴は別途平日670円、休日90分870円・60分670円
時間/6:00〜24:00、年中無休

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)小田急沿線住民にとって池袋は未知の大都会。サンシャインシティですらまともにたどり着けないのだから、その隣のタイムズスパ・レスタはなおさらのこと。コインパーキングでお馴染みのタイムズが運営する「大人のスパ施設」で、18歳未満は入館不可。ビルの外観は素っ気ないものだが、エレベーターの扉が11階で開いたら、目の前に広がる高級感。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)中庭を眺めるゆったりとした空間は、まるでリゾートホテルのロビーのよう。アロマの香りが漂い、ヒーリング音楽が耳に心地よく(空間音響設計)、桜色のLED照明を使用するなど随所に上質なこだわりが。入館受付を済ませ、タオルと館内着のセットを受け取るも、教えてもらわなきゃ脱衣所の場所すらわからない。スタッフの説明も丁寧で、物腰もやわらか。素晴らしい。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)浴室内には2か所にジャグジー、季節の入浴剤を使用した白湯。窓を多く設けた明るい室内に、究極までにシンプルに計算され、美しささえ感じさせる湯船の配置。モノトーンの配色が目にも優しい。露天には円型のホワイトイオンバス(シルキーバス)と2つの釜風呂。池袋で露天風呂は贅沢だし、雑踏の一切を遮断した別世界がここにあった。大都会でバリバリ仕事するのは御免だが、ビジネスマンにとって最高の癒しとなるだろう。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)サウナ室と水風呂のコンディションは感動レベル。温度計は約90℃を指しており、個人的にはいちばんの好みかも。頭と足元では約10℃の温度差が生じ、頭ばかりのぼせて我慢できないのが常なのに、レスタのサウナは全身が均一に温まる。心なしか背中がよく温まるようにも。もしサウナが苦手だとしても、無理なく大量発汗できそうだ。サウナストーンの遠赤外線効果だけでなく、換気口による微妙な空気の流れ、壁タイルの輻射熱と調湿効果なども関係するのか。どこに座っても熱のよどみを感じることはなかった。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)水風呂は約16℃で、冷たさが全身をマイルドに包み込むのは、こちらも推測すると円型浴槽の対流に関係するのか。水風呂から上がって、室内の椅子に腰かけてみる。極限まで身体を冷やしたのに寒くならず、むしろ体内から温かさがよみがえる。体温と室温がイコールの状態で心地よい。もちろん、2セット目、3セット目も同じ状態。自分の身体にベストマッチするサウナを見つけた気分だ。毎時30分にはオートロウリュが作動し、平日は19時にアウフグースを開催(金曜・日曜は1日2回、土曜は3回)。せめてあと2〜3回は増やしてほしい。(サウナ室と水風呂の写真はタイムズスパ・レスタ公式サイトより転載)

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)レストランは1つ下の10階にある。窓の外には商業ビルが建ち並ぶが、夜のほうが景色としては良いのかも。メニューブックには洒落た料理の数々が載っており、場末の大衆サウナなら2食は行けちゃう金額。旬の食材の味を活かし、見た目にも良く、そして身体にも良さそう。悩みに悩んで魚介と春野菜のセイロ蒸しを注文。不味いわけがない。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)隣り合うのは、ボディケア利用客の専用ラウンジ。ここに座るのがステータスと捉える客もいるだろう。リラックスラウンジにはテレビ付きリクライニングシートが並び、男女共用で52席。ほかに有料ラウンジ(18席)、女性専用ラウンジ(30席)も。午睡のつもりが、薄暗い照明下では爆睡になってしまいそう。18歳未満を入館不可としているにせよ、客はみな上品な方々ばかりと見受けられる。店のコンセプトがしっかりしているから、おのずと客も選ばれるのだろうか。

高級スパゆえ敷居も高いが、1年にいっぺんは奮発して訪ねたい。自分に合った最高のサウナを楽しむためにも(と言いつつ好みは変わるかもしれないけれど)。各地方都市に名店あれど、ようやく東京No.1を見つけた気分だ。

タイムズスパ・レスタ
住所/東京都豊島区東池袋4-25-9 [地図]
電話/03-5979-8924
交通/東京メトロ有楽町線東池袋駅2番出口より徒歩3分
     JR・西武・東京メトロ池袋駅東口より徒歩8分
料金/平日2,750円、休日3,100円
     深夜割増料金500円/60分ごと(最大2,500円)
     スピード利用(90分)平日1,800円、休日2,150円
時間/11:30〜翌9:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ