旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

スーパー銭湯

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

ゆめみ処おふろの王様 相模原店(相模原市南区大野台) ※2017/12/31閉店予定

ゆめみ処おふろの王様 相模原店(相模原市南区大野台)ざぶん相模原店としてオープンし、ゆめみ処ここち湯相模原店を経て、ゆめみ処おふろの王様相模原店へ。運営会社とともに名前を変えるも、定期借地権満了によって今年いっぱいで15年の歴史に幕を閉じる。市内鵜野森の町田店は、ややこしい温泉権を解決し、姉妹店としてオープンさせたが、近接エリアに2店舗も要らなかったか。地代で折り合いがつかなかったか、それとも更新しないことを前提に町田店をオープンさせたのか。チェーン店ビジネスの裏側で置き去りにされる客の声も気になる。

ゆめみ処おふろの王様 相模原店(相模原市南区大野台)看板を付け替えるたびに一応の改修はしているのだろうけど、基本的な空間設計や設備は変わらない。まずは券売機でチケットを購入する。ワンフロアの館内にはカットハウス、ボディケア、自販機コーナーがあって、食事処(テーブル席と座敷)が半分を占める。戸建住宅と同じく、廊下を極力設けないことが広さを確保するコツ。暖簾をくぐり、階段を上がると男女の脱衣所、浴室。

ゆめみ処おふろの王様 相模原店(相模原市南区大野台)

洗い場は押しボタン式のカランとシャワー。温度や流量調整できないが、さほど不便でもないし、古さも感じさせない。入ってすぐのバイブラ湯は38℃のぬる湯にしており、小さいから混み合っている。ジャグジーもいくつか並んでいるが、全てが客で埋まっていた。人気がないのは人工ゲルマニウム温泉。アルミの箱に入って何やら沈められている。窓越しには露天風呂を眺め、そちらの黒湯の方が絶対に良いのだから、人気なしはやむなし。

サウナは4段タワー型で、テレビをはさんでヒーター2台。温度計は90℃を指し、欲を言えばもう少し熱さがほしい。なぜなら水風呂が16℃だから。深さもあるし、スーパー銭湯にしては気合いの入った冷たさだ。

ゆめみ処おふろの王様 相模原店(相模原市南区大野台)

露天風呂では温泉を使用している。地下1,200mより湧出し、文字通りの黒湯。循環利用の湯船とつぼ湯、そして源泉かけ流しの湯船。どちらに客が集うかは言うまでもなく。夏場は加温せず源泉そのままを楽しめる。屋外の両サイドにうたた寝デッキを設けているから、のんびり過ごしたい。

ゆめみ処おふろの王様 相模原店(相模原市南区大野台)食事はセルフサービス方式。平日はお勤め帰りか中年男性の晩酌する姿が目立つ。わずかな広さだが、ごろ寝スペースもあり、リーズナブルに過ごしたい日にはもってこい。一方で、週末は家族づれで賑わうのだろう。すごく期待することもないけれど、失望することもない。スーパー銭湯ならではの安心感があった。閉店まで残すところ3か月を切り、名残を惜しむ声が数多く聞こえてきそうだ。

ゆめみ処おふろの王様 相模原店
源泉/相模原の湯(ナトリウム ー塩化物・炭酸水素塩温泉)
住所/相模原市南区大野台3-20-19 [地図]
電話/042-730-2680
交通/小田急線相模大野駅、JR横浜線相模原駅よりバス「松が丘」停下車
     JR横浜線古淵駅よりバス「ゴルフ場前」停徒歩2分
     国道16号「大野台2丁目」交差点より約1.4km
     ※無料駐車場180台分あり
料金/(平日)大人700円、小人300円
     (休日)大人800円、小人350円
     ※大人は中学生以上、小人は4歳以上小学生以下
時間/9:00〜24:00、年中無休

かずさのお風呂屋さん(千葉県木更津市清見台南)

かずさのお風呂屋さん(千葉県木更津市清見台南)スーパー銭湯の名前もいろいろだが、「かずさのお風呂屋さん」は響きもよく、爽やかだ。まるで上総を代表するかのような長閑さも想像するが、木更津市内のなんてことはない高台の住宅地にある。外観からして年季を感じさせ、もちろん館内もしかり。スーパー銭湯特有の賑やかさ、あるいは和風テイストはなく、むしろ公共施設の払い下げ感。

かずさのお風呂屋さん(千葉県木更津市清見台南)入館したらまず下足箱がセオリーだが、鍵をかけなくても良いなら棚に仕舞う。入館料は受付にて現金払い。館内は洒落っ気ひとつなく、平日の昼下がりとあって閑散としている。客の年齢層も高めだ。脱衣所のロッカーはひと昔前のスチール製で、10円が必要。しかし返却されない。小銭も積もり積もって、新しいロッカーが買えますようにと願う。

かずさのお風呂屋さん(千葉県木更津市清見台南)浴室内にはジャグジーの類が並ぶも、ブクブクしているせいか塩素臭が気になる。スケールで白化し、何の湯船だか文字が読めない。露天では「小川のせせらぎ」を人工的に再現しているようだが、残念ながらせせらいでいるようには見えなかった。高い塀に囲まれ風情もないが、町のスーパー銭湯ならこんなもんか。とにかく大衆的で、いわば銭湯の拡大版。

かずさのお風呂屋さん(千葉県木更津市清見台南)サウナでは独自の文化をまざまざと見せつけられた。いわゆるタワーサウナというやつで、90℃のカラカラ仕様。ベンチの痛んだ箇所はDIY補修。それはさておき、客を見ていると面白い。マット4枚を最下段に並べて寝転ぶ人。はたまたマットをどかし、持参したバスタオルを敷く人。他所では滅多に見ない光景が、ここでは当然のように繰り広げられている。汗を流さず水風呂は当たり前。潜るのも当たり前。(露天風呂とサウナの写真はかずさのお風呂屋さん公式サイトより転載)

かずさのお風呂屋さん(千葉県木更津市清見台南)我が物顔の自由な客の振る舞いを目の当たりにすれば、ちょっと眉をひそめたくもなるが、かといってあちこち貼り紙づくしの店もつまらない。入浴やサウナのマナーの大半は、衛生管理やトラブル回避といった店の都合でもあるし、なによりも客が寛ぎ、満足しているのであればそれで良い。リラックスする場を提供することが、スーパー銭湯の本分。そんなことを考えた。

かずさのお風呂屋さん
住所/千葉県木更津市清見台南5-1-40 [地図]
電話/0438-97-2683
交通/JR内房線木更津駅よりバス「中央公園前」停徒歩1分
     国道16号線・410号線「長須賀」交差点より約1.9km
     ※無料駐車場200台分あり
料金/(平日)大人600円、小学生以下320円、幼児150円
     (休日)大人700円、小学生以下370円、幼児150円
時間/9:30〜24:30(休日は9:00〜24:30)
     毎月第3火曜日定休

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)房総四季の蔵は、観光客相手に地元の食事を提供し、農産物を販売するドライブイン感覚の複合型商業施設。敷地の一角には以前より足湯を設けていたようだが、昨年6月には新たに温浴棟(四季の湯)がオープンした。館山道君津IC至近にして市内中心部からもそう遠くなく、房総半島のドライブがてら立ち寄りたい施設だ。

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)料金は地元と一般にざっくりと分かれる。気になるのは地元の範囲だが、君津市、木更津市、富津市、鴨川市だったか。鴨川市だけ離れているようだけど本社があるから、と丁寧に説明してくださったが、地元でないから位置関係がよくわからない。そして、君津市にありながらなぜバリ島をイメージしたのか、男湯は和風露天風呂、女湯はバリ風露天風呂のようだ。館内にはガムランのBGMが流れる。

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)温浴施設としてはコンパクトな浴室だ。湯船1つ、足湯同様に黒褐色の鉱泉を使用しているのかと思いきや、いまだ利用許可申請中なのか、それとも何か理由があるのか温泉ではないようだ。大きく設けた窓の外には、植栽の緑が目にも鮮やか。露天の岩風呂は屋根付きだが、訪ねるなら晴れた日の昼間がいい。のんびりした雰囲気を満喫できれば、温泉か否かなど二の次だ。

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)露天の一角にあるサウナ室もコンパクト。ベンチ2段にマットを3枚敷いただけ。もう3枚敷けば倍の人数が座れるのに。小型ストーブは輻射熱が弱く、温度計が指す90℃よりも楽に過ごせる。そしてよりクリアに聞こえるガムランの調べ。クールダウンしようにも、水風呂なのか、掛け水に使うべく溜めているのか悩んでしまう。浸かってみたところで水深はヘソの下。相客のおじいさんはザブンと潜っていたが、どうりで吐水しっ放しだったわけだ。

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)四季の湯施設内にも食事処はあるが、そもそも平日とあってか閑散としており、隣接する和食レストランへ。こちらはなかなか賑わっていた。ランチの刺身定食はご飯のおかわり無料。そして無料の足湯の利用時間は10:00〜19:00、地下150mから湧出する冷鉱泉を使用している。時間に余裕がない方は足湯だけでもどうぞ。

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)
房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)

房総四季の蔵 四季の湯
住所/千葉県君津市三直170-1 [地図]
電話/0439-57-7011(房総四季の蔵)
交通/館山道君津IC至近
   ※無料駐車場187台分あり
料金/(平日)大人800円、小人400円
   (休日)大人900円、小人450円
   ※フェイスタオル付き、小人は小学生以下
   ※地元は平日大人600円・小人300円、休日大人700円・小人350円
時間/10:00〜24:00、年中無休

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ