旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

スーパー銭湯

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)スーパー銭湯の外観といえば和風の趣が多いなか、洋風というだけでも一目置いてしまう。それでいてスパと名乗るわけでなく、国済寺天然温泉とややお堅い。地名でもある国済寺は臨済宗南禅寺派、室町時代創建の古刹。しかし、観光で訪れる寺ではなさそう。国道17号線をはさんで向かい側にはハナホテル深谷があって、そこに隣接するのが美肌の湯。

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)深谷市内には深谷花園温泉花湯の森、熊谷市内には花湯スパリゾートと近距離に姉妹店があって、いずれも人気施設。それに引き換え美肌の湯は大衆的で、公式サイトにいたってはJimdoによる手作り。どうやらオープンの経緯が異なるらしく、もとは「湯めぐり浪漫館」といい、温泉湧出を機に名を改めたようだ。あとから開業したホテルの、大浴場としての性質も併せ持つ。

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)入館したら食事処の全体が見渡せる、スーパー銭湯らしいつくり。脱衣所と浴室は男女で反転しており、これまた体育館のように広々。ジャグジーがやたらとぶくぶくしているせいか、ちょっと塩素臭はきつく感じた。人気はやはり炭酸泉だ。露天風呂では地下1,134mから湧出した温泉をかけ流しで使用。重炭酸ソーダとメタケイ酸を多く含むことが、美肌の湯の名の由来。そこまでの温泉らしさを実感しなかったが。

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)塩サウナとロッキーサウナの2室あるのは高得点。ロッキーサウナについては「県内でも数少ない低温で〜」とパンフレットにあるが、温度計はキリよく100℃ちょうどを表示。ベンチや背板などに年季を感じさせる。汗を流さず水風呂にドボンする客が多く、それも含めて大衆的。安くて気軽さが売りの施設ならではか。

風呂あがりにゆっくり休憩するなら、2階のリラックスルームへ。テレビ付きのリクライニングシートが並ぶ。利用料金には館内着やタオルセットも含まれているが、せめて入浴料と同等、もっと言えば安く設定してほしいものだ。

国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)

国済寺天然温泉 美肌の湯
源泉/国済寺温泉(単純温泉)
住所/埼玉県深谷市国済寺510-1 [地図]
電話/048-571-8888
交通/JR高崎線深谷駅より徒歩20分
     国道17号線「国済寺」交差点至近
     ※無料大型駐車場あり
料金/(平日)大人600円、小人300円、幼児200円
     (休日)大人700円、小人350円、幼児200円
     ※小人は6歳〜12歳、幼児は3歳〜5歳(2歳以下は無料)
     ※2階リラックスルームは平日800円、休日1,000円(中学生以上)
時間/10:00〜24:00、年中無休

三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)

三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)おふろcafe湯守座の臨時休館に肩を落としつつ、路線バスで四日市駅まで戻ろうにも、次のバスまで30分以上待たされる。それならば1つでも先のバス停までと歩いていたら、やがてたどり着いたのが三滝温泉満殿の湯。三滝川の川べりにあって、近鉄の車窓からも見える。「ここまで来てスーパー銭湯…」と思わなくもないが、平日500円はリーズナブルすぎる。

三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)入館していきなりクレーンゲームやスロット機が並んでいたり、カットハウスがあったりと大衆的な一面を目の当たりにするが、安かろう悪かろうな感じはしない。むしろ明るくきれいで気楽な感じがして、高まる期待のまま2階の浴室へ。脱衣所から露天風呂が見えるのもよい。ジャグジー、電気風呂、炭酸泉など湯船の種類も多く、どこから攻めるべきか迷わせる。

三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)

遠赤ヒーターのタワーサウナに特筆すべきことはないが、水風呂2つはテンションが上がる。客の動きを見ていると、冷たい派とぬるい派に分かれるようだ。川べりにあるから露天には心地よい風が吹き抜けるし、椅子に腰かけ、炭酸泉に備え付けのテレビを観るのもいい。ちなみに露天にはシルク風呂(半身浴のバイブラあり)、一枚岩をくり抜いた巨岩風呂、独立した小屋風呂は入浴剤の日本酒の香りがぷんぷん。

三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)食事もリーズナブルだが、衝撃は選べるワンコインメニュー。入館料と合わせて1,000円でだらだら過ごせるとは、なんという庶民の味方か。畳敷きの休憩室は広々50帖以上、キッズコーナーもあるし、家族づれには良さそう。リクライニングしないけど、ソファタイプのリラックスチェアでのんびりテレビを観たり、うたた寝するも良し。首都圏なら間違いなく1,000円を超える充実度合いだ。

三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)

三滝温泉とはいうけれど、実際には温泉ではないようで、しかしそんなことは大した問題ではない。スタッフの接客対応も感じが良く、平日なのに賑わっているのも納得だ。

三滝温泉満殿の湯
住所/三重県四日市市末永町6-6 [地図]
電話/059-330-4126
交通/近鉄名古屋線川原町駅より徒歩3分
     近鉄名古屋線近鉄四日市駅よりタクシー約3分(約1.3km)
     国道1号線「滝川町」交差点より約700m
料金/(平日)大人500円、子供250円、3歳以下無料
     (休日)大人600円、子供300円、3歳以下無料
     ※子供は4才〜小学生
時間/(日〜木)9:00〜25:00、(金・土・祝前日)9:00〜26:00、年中無休

湯乃市 湘南ライフタウン店(藤沢市遠藤) ※2017/11/30閉店

湯乃市 湘南ライフタウン店(藤沢市遠藤)敷地が定期借地権の場合につきまとう期間満了問題。相模原市のおふろの王様相模原店は12月末に閉店するが、湯乃市湘南ライフタウン店も同様。こちらはもう間もなく11月末に閉店する。借地も契約内容によっては再合意の可能性もゼロではなかろうが、経営状況や設備更新などを考慮したら、閉店の決断も理解できないことはない。

湯乃市 湘南ライフタウン店(藤沢市遠藤)湘南ライフタウン店は「いこいの湯」としてオープンし、湯乃市に経営が移ったのは約7年前。看板を付け替えただけだから、オープン当初からの印象は変わらず。外観に古びたところもないし、それは館内もしかり。通りに面した1階から入館し、階段を上がって2階フロントへ。別の階段でまた1階に下りていく。エレベーターもあるが館内を上下するのはちょっと億劫な気も。ちなみに2階は食事処だから、飲食収入につなげたい狙いも見え隠れ。

湯乃市 湘南ライフタウン店(藤沢市遠藤)湯乃市といえばクレオパトラの炭酸泉。イスラエルから取り寄せた死海の塩を溶かし込んだもので、「肌からマグネシウムが吸収され、血中のアディポネクチン量が増加」云々。姉妹各店では誇らしげな大看板を設置しているが、ここではさりげなく、しかし読ませる感じで。湯船のサイズも他店より小さめ。いちばん大きい湯船は白湯で、ほかにジャグジーも。

湯乃市 湘南ライフタウン店(藤沢市遠藤)

タワーサウナというけれど、ベンチは3段L字型。ヒーターをベンチ下に設けたボナサームサウナで、室温は100℃近く。適度な湿度もあるし、スーパー銭湯のわりに意外と熱い。水風呂は16〜17℃設定。浅めなのは残念だが、スーパー銭湯のわりに意外と冷たい。スチーム塩サウナもあるが、個人的にスチームは好みでないので、今回はパス。露天には椅子もあるし、畳のごろ寝デッキも。サウナ環境はなにげに良い。

露天岩風呂は天然ヒマラヤ岩塩風呂。心なしか温まるような気もするけれど、円形の絹の湯も岩塩風呂に変更してしまってはつまらないような。寝湯では入浴剤の使用をやめてしまっただろうか、しかし寝湯の字のごとく爆睡してしまった。

湯乃市 湘南ライフタウン店(藤沢市遠藤)平日の昼下がりとあって、食事処はテーブル席も座敷もがらーんとしていた。メニューはA3サイズに収まるほどの少なさ。いこいの湯時代は自動石臼機で曳いた十割蕎麦を名物にしていたが、(湯乃市に限らず)スーパー銭湯は良くも悪くも大衆的。かき氷レモンに練乳をかける発想はなかったが、栃木県にはレモン牛乳あるし意外といける。

閉店後しばらくしたらこの建物は取り壊されてしまうのだろうか。地域のコミュニティスペースがひとつ無くなってしまうのは寂しい。ひと昔前の開店ラッシュによって誕生したスーパー銭湯も、いまや地域によっては飽和状態。定期借地権満了による閉店は今後相次ぐのかもしれない。

湯乃市 湘南ライフタウン店
住所/藤沢市遠藤695-5 [地図]
電話/0466-89-4126
交通/JR東海道線辻堂駅よりバス15分「駒寄」停徒歩3分
     相鉄・横浜市営地下鉄・小田急湘南台駅バス20分「滝の沢」停徒歩5分
     国道1号線「羽鳥交番前」交差点より約3.3km
     ※駐車場160台分あり(入浴で5時間無料)
料金/(平日)大人650円、小学生350円、幼児200円
     (休日)大人700円、小学生400円、幼児200円
時間/10:00〜24:00、毎月第2火曜日定休(祝日の場合営業)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ