旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

サウナ

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)リーズナブルな料金設定のサウナ施設があると聞き、大森へ。この界隈はみづほの独擅場と言えるが、今回の目的地、リードイン大森は商店街の裏手にあって、こぎれいではあるが、こじんまりとした施設。看板もおとなしく、なかなかの穴場感が漂う。サウナ利用でも細かな料金設定があり、今回は3時間休憩にて。券売機でチケットを購入し、フロントで下足箱とロッカーの鍵を引き換える。

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)まずは地下1階の浴室へ。飾り気のない室内にジャグジー付きの湯船。だいぶ年季を感じさせるサウナは、テレビもない無音の空間。あるのは砂時計1つ。ドラム缶のようなストーブで、温度計は90℃を指す。バスタオルをマット代わりに敷いているが、それでは乱雑になってしまい、そこだけが減点材料。

水風呂はバスタブを利用したもので、かつてシャワーブースだった位置に、給水管を伸ばして設置。混合水栓の水量では冷たさを期待できるはずもなく。おまけに休憩用の椅子の1つもないし、いぶし銀のサウナを引き立たせる方法は何かないものか。

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)浴室に隣接して休憩室があり、リクライニングシートや喫煙所も。そして、缶ビール片手にコンビニ弁当やカップラーメンで食事を済ます姿。ちょっと出歩けば飲食店は無数にあるが、これもよくある光景だ。5階の休憩室は漫画図書館(1万冊以上)と、パソコンを並べてのインターネットコーナー。漫画喫茶を意識しながらも、お風呂やカプセルで優位を謳う。

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)カプセルを利用するつもりはなかったが、「利用しますよね?」と聞かれたら「そうですね」としか言いようがない。時間を持て余したことだし、せっかくだから横になってみる。とくに感動もない普通のカプセルだが、仮眠目的なら早々と潜り込むべきだったか。結局は時間ギリギリになって慌てて退館。サウナ目的で訪ねるなら休憩もせず1時間でじゅうぶんかもしれないし、しかし2時間や3時間のほうがお得な気もするし、この料金設定は悩ましい。

カプセルホテル リード・イン大森 ※男性専用
住所/東京都大田区大森北1-27-1 [地図]
電話/03-3298-2323
交通/JR京浜東北線 大森駅東口より徒歩4分
     京急 大森海岸駅より徒歩10分
料金/朝の休憩プラン1,900円(5:00〜10:00)
     リフレッシュプラン1,900円(10:00〜17:00)
     3時間休憩プラン1,500円(7:00〜24:00)
     入浴2時間休憩プラン1,100円(24時間)
     入浴1時間休憩プラン700円(5:00〜9:00・11:30〜22:00)
時間/24時間

ドシー五反田(東京都品川区東五反田) ※2018/4/20オープン

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)サウナはあるのに水風呂はない。その一点で賛否両論の話題となったドシー恵比寿。その2号店が4/20に、五反田東口にオープンした。恵比寿同様にここもカプセルホテルの改装物件で、もとはセントラルインと言ったそうな。カプセルホテルも競争の時代。豪華キャビンを売りにするか、はたまたサウナの付加価値を売りにするか。もちろん後者は大歓迎。ドシー五反田はサウナだけでも利用できる。

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)東口から至近距離なのに、キャバクラや風俗案内所の客引きが凄まじい。そんな繁華街の角地に建つ、素っ気ないほどシンプルな外観が、ドシー五反田。1階はガラス張りで、内装を剥がしたままのコンクリ打ちっ放し。テーブルのようなものがフロント代わりで、台帳に名前と電話番号を記入する。料金を支払い、タオルの入ったバッグを受け取ったら、地下1階へ。

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)ロッカーは縦長スチール製で、上下2段。恵比寿で評判の悪かった収納力も、ここでは安心。靴を入れるビニール袋もある。通路を挟んでサウナとウォームピラーがあって、奥にシャワーブース。バスタオルはフックに掛けておくのが賢いかも。どこもかしこも内装工事に着手する以前の状態かと。しかしこれで良しなのだろう。やらない美学もあるはずだ(理解は人それぞれ)。

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)サウナ室からは斬新な発想しか感じない。階段状に5段のベンチを設け、下段の1〜2段目のみ2人掛け、上段は1人掛け。最上段は天井直下で、背の高い人は頭をぶつけそう。温度計は100℃を指していたけれど、そもそも中段に付いており、セルフロウリュのあとの最上段はやけどレベルの熱さ。温度計の数字が当てにならない逆パターン。

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)ウォームピラーをわかりやすく言えば、打たせ水。水温10℃、15℃、20℃、常温の4ブースあるからお好みで。ずっと打たれていたいが、節水意識が働いてしまう。休憩用にベンチ1つ、さらに階段を上がると外気浴スペースとしてベンチ1つ。本来の用途は避難通路で、通りを行きかう人の会話が聞こえてくる。サウナにまつわる諸要素を現状に当て込んだ感があるけれど、(型にとらわれない)自由があって面白い。短時間の立ち寄りサウナに適している。

ドシー五反田 ※男性専用
住所/東京都品川区東五反田1-20-15 [地図]
電話/03-3447-5255
交通/JR山手線・東急池上線・都営浅草線 五反田駅より徒歩3分
料金/1,000円(1時間、以降1時間ごとに500円)
時間/13:00〜翌9:00、年中無休

サウナイーグル(愛知県知立市宝町)

サウナイーグル(愛知県知立市宝町)名古屋から名鉄で20分ちょっと、知立駅に到着。駅前は再開発真っただ中の様子。新築マンションがそびえ、あとは飲食店の雑居ビルが数軒。西に歩くとすぐに薄暗くなって、やがて国道155号線とぶつかる。交差点から見えるド派手な電飾がイーグルだ。パチンコ店、ボウリング場、メンズサウナからなる複合店で、明らかに車での来店を想定しているのだろう。とぼとぼ歩いて来る人のほうが珍しいのかもしれない。

サウナイーグル(愛知県知立市宝町)広い駐車場の片隅にサウナのエントランスがある。大都市圏の駅前サウナは縦にフロアを積み重ねているが、イーグルは横に広い。広すぎてあちこちにフロアマップが掲げられている。ロッカーも無数にある。さっそく館内着に袖を通し、そして浴室へ。館内着をしまう棚が設えてあり、タオルは使い放題。週末のせいか、遅い時間なのに大勢の客で賑わっていた。

サウナイーグル(愛知県知立市宝町)浴室に入ってすぐにサウナ室。一人用マットがあるのに誰も使わず、普通より長いフェイスタオルを腰に巻いている人も。横に広い室内にはテレビをはさんで、遠赤ヒーターと石積みストーブを設置。

通常時94℃でも熱いが、スーパーロウリュの時間は100℃まで上がっていた。「日本一過激なロウリュ」の謳い文句は伊達じゃない。アロマ水を3回に分けてかけ、それぞれ回旋のあとにうちわで3発ずつ。リクエスト数に応じたおかわりは、最後の一人になるまで続く。ロウリュの時間は赤い照明が灯り、演出面も秀でている。

サウナイーグル(愛知県知立市宝町)水風呂は18℃とやや拍子抜けするが、広いし深いから気持ちがいい。清涼休憩室(クールルーム)もあるし、不自然な通路の先に外気浴スペースもある。人肌ほどのぬるま湯でうとうとし、バイブラ湯、ジャグジー、檜風呂と、ひと通りのツボは押さえている。これだけ大きな施設だと露天風呂があればと思うが、そこはサウナ店らしさか。

8C3CDACC-F1BA-4E4C-933A-48A5B84EAC87居酒屋ダイニングというだけあって、レストランは遅い時間でも呑み客で賑わっていた。メニューの内容も本格的。談話ルームの奥の麻雀室からはジャラジャラと聞こえてくるし、毎週土曜日には競馬塾なるイベントも。レストエリアにはリクライニングシートが数多く並び、奥に行くにつれて迷路のよう。2階には簡易マットの仮眠室も。

サウナイーグル(愛知県知立市宝町)翌朝、ハッと目覚めたら「おはようロウリュ」(土日のみ6:30)のすぐ直前。半分寝ぼけたまま参加するが、朝だから手加減など一切なく、ロウリュのやり方は通常と一緒。痛いほどの刺激を受け、そして水風呂で意識を覚醒させる。参加者が多いのも意外に思うが、つくづくロウリュあっての店だなと。地方都市にしては強気な料金設定だが、ショートコースや時間帯の割引きがあれば嬉しいかも。



サウナイーグル ※男性専用
住所/愛知県知立市宝町塩掻58 [地図]
電話/0566-82-2814
交通/名鉄名古屋本線知立駅より徒歩9分
     国道155号線(豊田南BP)沿い。無料大型駐車場あり
料金/2,370円(翌日AM12:00まで)
     深夜料金1,000円(AM2:00から加算)
時間/24時間、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。鶴巻温泉。twitter@bikke4126

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ