旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

サウナ

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)博多駅の博多口を出ると、さっそく目の前に「カプセル サウナ」の看板が飛び込んできた。駅前サウナとは言うけれど、大都市でこの好立地は珍しい。下見がてら寄ってみるが、外観はホテルそのもので、サウナ利用に関する宣伝や料金表示などは一切なく、不安な気持ちになる。公式サイトなどで下調べし、夜になって再び現地へ。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)広々としたロビーに、長いカウンター形式のフロント。大型ホテルの雰囲気だが、エントランスより入ってすぐに下足ロッカーがあったり、その鍵と引き換えにロッカーキーを渡されたりと、普通のホテルとはシステムが一風異なる。サウナ利用客のロッカーは2階にあって、ご丁寧にロッカーキーのバンドにも「2F-○○○」と記載してある。館内着に着替えたら11階の浴室へ。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)ホテルの大浴場にあらず、もはやスーパー銭湯の雰囲気。なんとなく年季は感じさせるけど。ちょうどロウリュが始まるタイミングに、慌てて入室。ikiストーブにアロマ水をかけ、三つ折りにしたバスタオルで扇いでいく。ホテルだから上品なロウリュを想像していたが、スーパー銭湯寄りの元気のよさ。もうひとつ、足湯つきのぬるいサウナ室も。ロイヤルサウナと名付けた頃は、画期的だったのだろうと想像してみたり。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

浴室内には入浴剤使用の日替わり湯、ジャグジー、打たせ湯などもあり、さらに階段を上がると露天風呂も。駅前立地にしてこの充実ぶりは素晴らしいの一言。休憩室にはリクライニングシートがずらりと並び、さらには床に毛布を敷いて雑魚寝をする強者も。なるほど安宿という認識なのか。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

どうやらカプセルが主体のホテルのようで、エレベーターには「個室カプセル」「連結カプセル」との謎のフロア表記。前者は机もあって、後者は一般的にイメージするカプセルホテルの雰囲気。カプセル料金すらも抑えたい人はリクライニングシートと、懐具合でチョイスする感じで。

ホテルキャビナス福岡 ※男性専用
住所/福岡市博多区博多駅前2-18-1 [地図]
電話/092-436-8880
交通/JR福岡駅博多口より徒歩1分
料金/ロイヤルサウナ2,200円
     120分サウナ1,100円
     モーニングサウナ1,200円(4:00〜11:00)
     ※消費税別途
     ※深夜0時〜4時に入館・滞在の場合は深夜料金486円加算
時間/24時間営業

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)ふと思い立って九州に行こうかと。閑散期の平日なら博多往復2万円台半ば。電車かバスに乗って、夕方には佐世保に着く。目指すはサウナサン。佐世保についての予備知識は何も持たず、観光の一切を目的としなかったが、神奈川でいえば横須賀っぽい雰囲気に親近感がわく。海あり坂道あり、駅前に国道が通っていて、人情味のある商店街を残しつつ、しゃれたショッピングモールも。ぶらぶら歩いていたらサウナサンに到着。

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)今回はカプセル利用。チェックインを済ませ、4階のロッカーで館内着に着替えを済ませる。と、そこに足立支配人が挨拶に来てくれて、「20時からロウリュやりますよ」と嬉しいサプライズ。サウナは1階にあるから、再びエレベーターで降りていく。サウナだけ利用の客は1階のロッカーを使用する。ちなみに、2階はレストランとリクライニングシートの休憩室。3階はマットと2段ベッドの仮眠室。好きな場所で、気を遣わずぐうたらできる。

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)

サウナ室の特徴といえば、石積みのストーブの前に足湯があること。サウナ室の構造やストーブによっては『顔ばかり熱くて、つま先は温まらない』ことがあるけれど、足もとから温めることで、より発汗が高まる。また、室内の湿度を適度に保っているのかも。最上段はややカラッとしていたけれど、4分おきのオートロウリュが熱さに変化をもたらす。サウナマットはしっかりとした厚みとともに、吸湿性と速乾性を兼ね備えており、聞けば特注品だという。

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)

灯りひとつの真っ暗な中で行われるロウリュがこれまたすごかった。スノーボールと水かけで湿度を高め、優雅にタオルが舞う。そして、パンパンと唸りを上げる扇ぎで、強烈な風が襲ってくる。さすが九州チャンピオン。

水風呂の温度計は13℃を下回っているのに、刺すような冷たさではなく、じんわり感が良い。吐水口の真下に設置した浄化装置には、竹炭、珊瑚、珪藻土を用い、かなりの試行錯誤を重ねたという。サウナのセッティングも手作業、あとで機械室も見せてもらったが、古い設備と複雑な配管をいたわりながら活用しており、頭の下がる思いだ。
⇒サウナサンで気持ち良い水風呂を作るまでの記録(サウナイキタイ)


スチームサウナでは袋詰めにした薬草を吹き出し口に吊るしていた。ほどよき蒸され感と、薬草の香りが健康効果を実感させる。ほかにジェットバスやバイブラ湯などがあり、総じてぬるめなので、風呂目的の客も満足できるはず。

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)レストランはカウンターとテーブル席。どれも美味しそうで、迷わせるメニューの数々。深夜1時まで営業しており、遅めの入館でも食いっぱぐれる心配はない。カプセルでぐっすり眠り、翌朝目が覚めたら、支配人はもうあちこち動き回っていた。喫煙所の掃除をしていると思ったら、浴室の片づけをしていたり、フロントで業者対応していたり。感心しながらのんびりと朝食を食べる。

昭和57年創業とのこと。施設は円熟味を増しているが、それを感じさせない清潔感と手入れの良さ。それに加えて若い姉弟のアイデアとホスピタリティで、将来に向けて若い客層の取り込みも。地方サウナ店の域にとどまらず、全国区の知名度と実力を誇る名店だ。

サウナサン ※男性専用
住所/長崎県佐世保市塩浜町6-15 [地図]
電話/0956-23-3000
交通/JR佐世保線・松浦鉄道 佐世保駅みなと口より徒歩7分
     国道35号線「戸尾町」交差点より約350m
     ※指定駐車場3時間無料サービスあり
料金/昼間基本料金2,050円(5:00〜17:00)
     夜間基本料金2,250円(17:00〜5:00)
     ※深夜加算料金350円(24:00〜5:00に入館または滞在の場合)
     ランチセットサウナ1,240円(90分間・11:00〜13:00来店)
     1時間サウナ1,200円(24時間受付・追加は300円/30分)
時間/24時間

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢) ※2019/6/15リニューアルオープン

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)両国国技館や江戸東京博物館などで知られ、多くの観光客が訪れる地で、都市型・滞在型スパといえば両国江戸遊。疲れを癒すもよし、翌朝まで営業しているので宿代わりにも。それなりの料金はするし、12歳未満利用不可だから、ハイソサエティな大人向けの施設だと言える。オープンから20年以上を経過しており、このたびコワーキングスペースの新設など、増改築を伴う大規模リニューアルを行った。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)大江戸線両国駅から錦糸町方面に伸びる「北斎通り」。この地で生まれた浮世絵師・葛飾北斎にちなむ。江戸遊は北斎通りに面して建ち、モダンな外壁が印象的。お隣の錦糸町と比べて街は穏やかで、江戸遊の館内もゆったりとした空気感。下足箱の鍵にICタグが付いており、受付後はそのまま精算用バンドとして使用する、最近よく見るシステム。入館料にはタオルセット、館内着、岩盤浴セットが含まれている。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)受付の際には「岩盤浴も利用しますか?」と訊かれたが、利用しないと割引になるのかは不明。ビルは5フロアからなり、階の移動はエレベーターか階段にて。1階がフロントと物販コーナー、2階が男性浴室、3階が食事処と一部休憩スペース、4階が女性浴室、5階が岩盤浴とボディケア。コワーキングスペースは2階と4階にそれぞれあるため、カップルでの利用には不向き。共用スペースとして新設しなかった理由はのちほど。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)長時間滞在をコンセプトにしており、数多くのロッカーのわりに、(平日の昼間ということもあって)浴室は空いていた。まず目に飛び込んでくるのは、壁に描かれた葛飾北斎の代表作、富嶽三十六景「神奈川波浪裏」。ほかに江戸を連想させるものはなく、浴室内にはジャグジー、あつ湯、炭酸泉。上空をわずかに見上げる露天エリアには薬湯と、寝湯のシルクバス。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)サウナは2室あって、約90℃のフィンランドサウナでは、ikiストーブがジュワっと頻繁に音を立てる。スタッフによるロウリュも15時・17時・19時の1日3回開催。一生懸命タオルで扇いでくれる。ベンチ下の照明が青、赤、黄色とグラデーションのように変わっていくさまがおしゃれだ。中温サウナはボナサームで70℃前後。冷たい水風呂でシャキッとしたあと、ベンチ1つしかなくては様子をうかがうよう。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)岩盤浴は3室あるが、ラドン岩盤浴のみ別途1,000円。ほか2室については収容人数にも限りがあるため、休日のみ予約制のようだ。温度、湿度、床暖房とも設定が低いのか、ちょっと物足りない印象。その代わりゆっくり寝ていられるけれど。休憩スペースとして椅子を並べて置いてあるだけで、もうちょっと何とかならんのかという印象も。(浴室、サウナ、岩盤浴の写真は公式サイトより転載)

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)館内着に袖を通し、コワーキングスペースへ。「湯work」と名前も洒落ており、目の前に広がるのは浴室そのもの。湯船やシャワーブースでどう過ごすかは使う人次第。サウナの電源はさすがに入っていないが、おじさんグループの在室中は熱気でやや曇っているようにも見えた。せっかくパソコンを持参したのに、ほかにコワーキングしている人はおらず。わざわざ浴室に見立てて造作したのかと思いきや、リニューアル前の浴室をそのまま転用。かつての脱衣所はリクライニングシートの休憩室に。(商店建築 -Designer's Showcase)

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)二八蕎麦や天ぷらを売りとした食事処は、上品な雰囲気とそれに見合った価格設定。施設全体としても綺麗で新しく、お湯に浸かったりするだけでなく、日がな一日のんびり過ごしたい人におすすめ。とりわけ、ワンランク上の快適性だったり、静かな空間を求める人には最適な環境。都市型かつ大人の隠れ家スパといった印象だ。



両国湯屋 江戸遊
住所/東京都墨田区亀沢1-5-8 [地図]
電話/03-3621-2611
交通/都営地下鉄大江戸線 両国駅 A3・A4出口より徒歩1分
     JR総武線 両国駅東口より徒歩5分
料金/大人2,700円、中人2,000円(12歳以上18歳未満)
時間/11:00〜翌9:00、年中無休
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ