旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

サウナ

The Sauna(長野県信濃町野尻)

The Sauna(長野県信濃町野尻)根っからのインドア人間なので、昨今流行しているアウトドアサウナは苦手だが、食わず嫌いも良くないなと。長野市内から国道18号線を北へ、新潟県との県境をなす県北の信濃町。信濃尻湖がいつしか野尻湖と呼ばれるようになったとか。木立ちの湖畔に建つゲストハウスLAMP野尻湖。この敷地内にあるのがThe Saunaで、今年2月にオープンした。

The Sauna(長野県信濃町野尻)宿泊せずともサウナ利用はできるが、基本的には予約制。1日5回のスケジュールから選ぶ。平日だが貸切で埋まっており、予約が取れたのは16時の回。高原地帯かつ豪雪地帯。日が傾くとぐっと冷える。ゲストハウスにはきのこ採りのグループが帰ってきたところで、周囲の自然を活かし、カヤックやスノーシューなど多くのプログラムが行われているようだ。

The Sauna(長野県信濃町野尻)参加者は老若男女の幅が広いように感じたが、ゲストハウス自体はおしゃれで若者向けの雰囲気。働いているスタッフも若く、いまどきのアウトドアブームを象徴しているのか、アイデアと手づくり感にあふれていた。時間になって、水着への着替えを済ませたら、屋外のサウナ小屋へ。1坪ほどのログハウスで、奥には石を満載にした薪ストーブ。ベンチはストーブより高い位置に設けているので、セルフロウリュしたときの熱対流をすぐさま実感できる。

The Sauna(長野県信濃町野尻)薄明かりのなか、ロウリュをすると、水の弾ける音、ヴィヒタのスモーキーな香りに包まれる。通常で80℃ほどだが、ロウリュ3杯くらいから湿度がぐっと上がる。沢の水を引いた水風呂は、15℃くらいと聞いたが、全身がギュッと締まる。野尻湖はもう少し水温が高いというが、足元の泥濘みを抜けるまでに断念。それでも夏場の湖水浴は、気持ちが良さそうだ。

The Sauna(長野県信濃町野尻)このサウナを一から作り上げたのは、野田クラクションべべーさん。直々にロウリュをしてもらい、歓談のひとときを過ごしたが、情熱と行動力には頭が下がる思い。本来、フィンランドにおけるサウナは、厳しい自然と共生する術だし、ここでは自然を楽しむ手段のひとつ。The Saunaの名前に余計なものがないように。縁遠く苦手と思っていたアウトドアの世界だが、野田さんの優しい語り口調と人柄もあって、少し見方が変わったような気がする。



The Sauna(長野県信濃町野尻)

The Sauna(長野県信濃町野尻)






The Sauna
住所/長野県上水内郡信濃町野尻379-2 [地図]
電話/026-258-2978
交通/国道18号線「野尻湖」交差点より約1.3km
     上信越道信濃町ICより約2.3km
料金/大人1,500円、小学生以下1,000円
時間/第1部11:00〜13:00、第2部13:30〜15:30、第3部16:00〜18:00
     第4部18:30〜20:30、第5部21:00〜23:00
     毎週月曜日・火曜日定休(祝日の場合は営業)

HEARTSカプセルホテル&スパ(福岡市博多区博多駅前)

HEARTSカプセルホテル&スパ(福岡市博多区博多駅前)博多拠点の長距離バスターミナルは2か所あって、ツアーバスと地元でないバス会社はHEARTSバスステーションから発着する。高層マンションの1階にバスターミナル、2階にカプセルホテルとカフェ。博多駅まで徒歩3分とアクセスも良く、長距離バスから電車、飛行機への乗り継ぎにも利便性を発揮。カプセルホテルは今年1月8日にオープンしたばかりで、「博多こころ温泉」は入浴料600円とリーズナブルに利用できる。

HEARTSカプセルホテル&スパ(福岡市博多区博多駅前)コンシェルジュデスクの本来の業務は、バスの発着案内だろう。カウンターの片隅でスパ利用を受け付けている。「カフェを通って…コピー機の隣に…貴重品はロッカー室へ…」とひと通りの説明を聞き、とにもかくにもエスカレーターで2階へ。浴室に隣接した脱衣所には鍵付きロッカーがないので、かばんなどはロッカー室に預ける。脱衣所とロッカー室はどちらもカードキーをタッチすることで扉が開く。

HEARTSカプセルホテル&スパ(福岡市博多区博多駅前)最新のカプセルホテルによくあるコンパクトサイズの浴室だが、窓から明るい日差しが降り注ぐ。博多こころ温泉はいわゆる人工温泉で、岡山県阿部鉱山から産出した光明石を使用しているという。無色透明だし効果効能もよくわからないが、宿泊の決め手にする人もいるだろう。コンパクトなサウナ室にはテレビもなく、熱さもやや物足りないが、小さなヒーターの頑張りは伝わってくる。

HEARTSカプセルホテル&スパ(福岡市博多区博多駅前)しばらく浴室を独り占めしていたのに、雰囲気からしてサウナガチな客がやって来て、そうすると悩ましいのは水風呂問題。ひとりサイズのぬるい水風呂は、しばし独占していたい。サウナ室でぼんやり考えていたら、ガチ客は渾身の1セットをキメて退室。あとでお声掛けいただいたら、九州を代表するサウナーさんで、「九州サウナ放浪記」というブログも運営。これからカフェで打ち合わせだというから、コワーキングサウナとしての活用術も。好立地で何事をも兼ね備えるコスパ優良施設だ。

HEARTSカプセルホテル&スパ ※サウナは男性のみ
住所/福岡市博多区博多駅前4-14-13 [地図]
電話/0570-064-820
交通/JR博多駅博多口・地下鉄博多駅西16番出口より徒歩5分
料金/600円、アメニティ付きは800円
時間/6:00〜12:00、13:30〜24:00

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)博多駅の博多口を出ると、さっそく目の前に「カプセル サウナ」の看板が飛び込んできた。駅前サウナとは言うけれど、大都市でこの好立地は珍しい。下見がてら寄ってみるが、外観はホテルそのもので、サウナ利用に関する宣伝や料金表示などは一切なく、不安な気持ちになる。公式サイトなどで下調べし、夜になって再び現地へ。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)広々としたロビーに、長いカウンター形式のフロント。大型ホテルの雰囲気だが、エントランスより入ってすぐに下足ロッカーがあったり、その鍵と引き換えにロッカーキーを渡されたりと、普通のホテルとはシステムが一風異なる。サウナ利用客のロッカーは2階にあって、ご丁寧にロッカーキーのバンドにも「2F-○○○」と記載してある。館内着に着替えたら11階の浴室へ。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)ホテルの大浴場にあらず、もはやスーパー銭湯の雰囲気。なんとなく年季は感じさせるけど。ちょうどロウリュが始まるタイミングに、慌てて入室。ikiストーブにアロマ水をかけ、三つ折りにしたバスタオルで扇いでいく。ホテルだから上品なロウリュを想像していたが、スーパー銭湯寄りの元気のよさ。もうひとつ、足湯つきのぬるいサウナ室も。ロイヤルサウナと名付けた頃は、画期的だったのだろうと想像してみたり。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

浴室内には入浴剤使用の日替わり湯、ジャグジー、打たせ湯などもあり、さらに階段を上がると露天風呂も。駅前立地にしてこの充実ぶりは素晴らしいの一言。休憩室にはリクライニングシートがずらりと並び、さらには床に毛布を敷いて雑魚寝をする強者も。なるほど安宿という認識なのか。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

どうやらカプセルが主体のホテルのようで、エレベーターには「個室カプセル」「連結カプセル」との謎のフロア表記。前者は机もあって、後者は一般的にイメージするカプセルホテルの雰囲気。カプセル料金すらも抑えたい人はリクライニングシートと、懐具合でチョイスする感じで。

ホテルキャビナス福岡 ※男性専用
住所/福岡市博多区博多駅前2-18-1 [地図]
電話/092-436-8880
交通/JR福岡駅博多口より徒歩1分
料金/ロイヤルサウナ2,200円
     120分サウナ1,100円
     モーニングサウナ1,200円(4:00〜11:00)
     ※消費税別途
     ※深夜0時〜4時に入館・滞在の場合は深夜料金486円加算
時間/24時間営業
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ